人気ブログランキング |

【例会報告】TOSSシグナス21年1月例会

先日行った第231回例会の報告です。

■TOSSシグナス

 2021年1月8日(金)19:00~20:55
 苫小牧市民活動センター

■内容

1.レポート検討

(1)(A4裏表2枚)青銅の三日間レポート
 児童の成長が素晴らしい!
 指針・方針を振り返り、3学期の計画を立てているところがよい。

(2)(A4 6枚)青銅の三日間レポート
 小学校の総まとめを意識した内容。
 今回もまた永久保存版。

(3)(A4 6枚)学年通信
 最終日までの予定が。
 各校のスケート学習の話題も。

(4)(A4 1枚)家庭学習計画書
 予定をたてることで、意識づけができる。

(5)(A4 5枚)初任者段階研修資料
 2年目、3年目の先生に向けて書いた資料。
 国語・物語教材の授業について。

(6)(A4 2枚)特別支援コーディネーター通信
 発達障害と不登校について。

(7)(A4 1枚)2学期終業式及び3学期始業式日程
(8)(A4 5枚)卒業式実施計画案
(9)(A4 6枚)令和3年度日課表について
(10)(A4 3枚)学級編成について
(11)(A4 2枚)年度末諸帳簿・書類の提出期日一覧
(12)(A4 2枚)令和3年度の学校行事予定作成について
(13)(A4 2枚)修了式・離任式について
(14)(A4 4枚)就学時健診の反省
(15)(A4 2枚)令和3年度修学旅行・宿泊学習の方向性
 教務主任関係のお仕事あれこれ

その他、
「GIGA成功への30チャレンジ」
「図解版・どんな子だって勉強できる子になれる」を紙1枚にまとめる
(水野正司先生作成)
など

次回例会は、
2021年2月5日(金)に行う予定です。
参加希望の方は、田上までご連絡を!

【例会報告】TOSSシグナス21年1月例会_e0252129_22083446.jpg

# by tosshkd | 2021-01-11 22:08 | 【胆振・日高】

【例会報告】第125回TOSS轍ZOOM例会

例会を行いましたので報告します。
■日時 令和2年12月19日 19:00〜20:10

■場所 自宅

■参加者13名

轍史上初の最多数の参加者。

⒈自己紹介からスタート

都道府県名と氏名と担当と積雪・気温自慢など
いつもは、道県しかないけれど、都道府県揃い踏み!
歴史に残る例会かも。

⒉授業・発表

①教科不明・6年生「読書指導」
読書指導についての授業で
日本の読書の歴史や海外の読書といった古今東西の読書に触れられているのが良い。
最後は、私たちの読書環境は恵まれているということでハッとする。

②教科不明・低学年「節分」
今、流行りの鬼滅の刃をモチーフに
綺麗なサイトで、先生の言葉も発声も綺麗。
本当にお手本にさせていただきたいような授業(対応)。
北海道の節分の様子(落花生を撒く、イワシを食べる風習が少ない)が出る。
本州との違いにみんな「へ〜」とどよめき
北海道は落花生を撒くことが多い。掃除が楽!
豆もそのまま食べられる。
鬼が藤の花を嫌いであることを知る。

③外国語・5年生 where〜?
実際は教科書のイラストが複雑すぎるので
それをシンプルなサイトに作り替えて
練習をしてから教科書に入るという意図を教えてくださった。
算数で言えば、助走問題のようなものかなと思った。
このような工夫は大事だと思う。
教科書を使うことは大前提だが、クラスにいる子どもが全て
できるわけではない。そこそ自分のクラス流に調理できるかが
教師の腕なのだろうと思った。
いうまでもなく、先生の授業は大変わかりやすく
流暢で美しい発声、笑顔も素敵だった。

④音楽・支援「まねっこあそび」

手遊び歌
先生に合わせて手拍子をする。
2パターンの叩き方をする。
最後は、白熊のジェンカに合わせる。
最初はなかなか合わなかった。
オンラインであれば、ミュートして練習させてもいい。
1パターンだけ練習をして、
できたら、2パターン目と増やしていく方が
子どもにはいいのかもしれない。​

⑤国語・1年「おおきなかぶ」
野口芳宏先生の模擬授業を追試。
読みを子どもたちに評価させる。
○×△の評定 評定させ、
△をつけた子にどうしてかを尋ねその子に読ませる。
2度繰り返しの言葉をどのように読ませるかを尋ねる。
そして実際にそのように読ませるという流れ。
読み方が変わるのがわかる。
教師が「大きく、強く」とかいうよりも
子どもに気づかせることで自発的に読み方が変わっていく。

⑥外国語活動・低学年「英語絵本暗唱」
クラスへ行った英語の暗唱の実践発表
指導の様子ドキュメンタリー風
保護者からの感謝の手紙も良かった。
学級の子が休み時間に普通に英語の絵本を読んでいる様子に驚いた。
先生が強制しているわけではなくごく自然に。
​どうしたらあのようになるのか時間があれば詳しくお聞きしたかったと思う。
絵本、大切。 いもとようこさんの英語絵本がお勧め。
教科書より自然な英語が使われている。

8時10分ごろ終了。

6本の授業・発表はどれも楽しく勉強になった。
積極的にコメントや感想を話してくださるので
主催した私としてはとてもありがたかった。
うまく捌ききれなかったり、途中で切れたりなど
バタついたが、皆さんに助けられた例会だった。
私自身、お年玉をいただいたような新年に相応しい豪華な例会となった。
受業してくださった先生、参加してくださった先生、
(また連絡ミス等でご迷惑をおかけした先生、ごめんなさい。)
ありがとうございました。



# by tosshkd | 2021-01-11 20:40 | 【胆振・日高】

TOSSフェルマータ第173回例会

173回例会を開催しました。

令和3年最初の例会は、

算数の基本形、国語の発問を

みんなで考える演習で

学ぶ楽しさを実感しました。

今年も学び続けます。

TOSSフェルマータ第173回例会

TOSSフェルマータ第173回例会_e0252129_17173166.jpg

令和3年1月11日(月・祝)10:00~12:00

若草つどいセンター

◇参加者4名

◇内容

1.『新版 授業の腕を上げる法則』読み合わせP.118122

①きちんとしてない子をきちんとさせるという仕事

②自己流は事故流

③人間としての基本とは何か

④一級の実践家はやらないことがなぜ広がっているのか

⑤トークンエコノミーと知的好奇心を削ぐ実践の違い

⑥ダメな教師の共通点を常に自分に向ける

2.模擬授業

小2 算数

3.発問づくり演習

小2 国語 「雪」

「うちで踊ろう(大晦日)」

次回例会は2月6日(土)午前

若草つどいセンターにて。


# by tosshkd | 2021-01-11 17:18 | 【胆振・日高】

【報告】読解力を磨く「図読法学習会」 札幌合同<拡大>例会

札幌地区TOSS・法則化サークルの石田晃大です。

1月7日(木)にZoomで札幌合同<拡大>例会を行いました。

藤原佳澄先生
吉田沙智先生
お二人をゲストにお迎えし、
図読法の最新実践と考え方を学びました。

また、参加いただいた先生方の模擬授業を3本。
人物以外の関係をどう扱うか。
図同士を比較させてどう読み取るか。
説明文で筆者と対象を使ってどのように図示するか。
3学期に向けて、最前線のチャレンジを検討できました。
【報告】読解力を磨く「図読法学習会」 札幌合同<拡大>例会_e0252129_21304829.png
太田千穂先生からは「図読」の背景と経緯。
そして、基本的な授業の流れまで、
「図読とは何か」を分かりやすくご紹介いただきました。

「図読が初めて。」
という先生方にも、
「やってみたい。」
と手応えや楽しさを感じていただけたのではないかと思います。

教材研究の視点としても、大変有用な方法です。
今回の例会で提案された授業やコンテンツを合わせると、
相当な情報量となりました。

今後も実践を寄せ合い、交流していきたいです。

----
札幌合同<拡大>例会

テーマ:今話題?の図読法を学ぼう!

日時:2021年1月7日(木)19:00〜20:00
会場:Zoomによるオンライン学習会

内容

(1)図読法について知ろう
  ①B問題のプロ 太田千穂先生が教える「図読って何?」
  ②藤原佳澄先生の実践(小1)
  ③吉田沙智先生の実践(中学校)

(2)図読法を用いた模擬授業
   模擬授業3学期教材        
   ①黒田先生(4年 初雪のふる日)
   ②佐藤先生(1年 ずうっと、ずっと、大すきだと)
   ③藤田先生(4年 ウナギのなぞを追って)
  
(3)図読法、何でも語ろう!
   模擬授業へのコメント。
   参加者の方から感想を交流しました。

参加者 21名

感想(LINEグループへの発信より)

(1)
素晴らしい例会でした。図読についてこんなに学べるなんて贅沢です。セミナー同様でした。低学年こそ図を用いて読み取っていくことが必要だなと思いました藤原先生の実践を拝見してパズルみたいに解けそうだなって思いました。皆様に楽しい授業をしていただき感謝いたします。また是非参加させてください。誠にありがとうございました。

(2)
ありがとうございました。登場人物を矢印でつなぐだけではなく、要約や文章構造図につながるのだということがよく分かりました。また、実態に合わせて考えていく、説明文にも使えるということも分かってよかったです。何より楽しく教材研究に取り組んで自分の力になるのがいいなあと思いました。とても勉強になりました。本当にありがとうございました。

(3)
今日はありがとうございました。とても楽しく有意義な時間でした。太田先生、藤原先生、吉田先生の講座で図読の意味を改めて理解しました。黒田先生、佐藤先生の授業では、要約や主題についてじっくりと考える大切さを学びました。私も授業させていただき、アドバイスもいただきありがとうございました。いただいたコメントを元に3学期がんばります。太田先生と石田先生の授業も受けたかったです。第二弾期待しています。ありがとうございました。

(4)
図読法学習会ありがとうございました。詳しいやり方を見るのは初めてでした。教科書の読み取りがとても分かりやすく感じました。「再話」させるところがいいな、と思いました。図読の書き方を自分でもやってみて、授業してみたいなと思います。今日はありがとうございました!

(5)
とても勉強になりました❗誰でもできる!って、すごい自信になりますね。太田先生の大造じいさんの若い先生向けのテキスト、私もほしいです!(笑)

(6)
教えている教師が,わかっている(わかっていると感じている)状態で指導に当たりたいものです。国語はやはり言葉を手がかりにして,作者・筆者が何を伝えようとしているのかを探る教科だと思います。言葉での整理を多く使ってきましたが,今回のように図示することで,一つの段落だけでなく,教材文全体の構造がくっきりしてくるところが特に印象に残りました。教師のわかっているというレベルも様々かとは思いますが,構造がはっきりすることで,何を子どもたちに求めていくかが,よりくっきりしてくるのではないでしょうか。教材文のわかりにくいところをはっきりさせるような場面や,前後の文の関係性をはっきりさせるようなところで,この手法を使ってみたいかな・・・。今日は,本当にありがとうございました。

(7)
有り難うございました。とても贅沢な時間を過ごすことが出来ました。学ぶことに感謝することは勿論ですが、コロナ禍の中で首都圏に緊急事態宣言が出される中で先生方と、学びで繋がれたのとても嬉しかったです。

(8)
千穂先生の解説で図読って何だったのかをあらためて確認することができました。藤原先生の実践は教材分析力が素晴らしく参考になりました。吉田先生の実践は図読の可能性を感じました。図にするだけで分かるなんて本当にすごいですね。皆さん、難しいことを分かりやすく伝えておられて、勉強になりました。真史先生の図読にも驚きました。対比を図読で考えるのは、新しいと思いました。教材研究になる。との話も正にその通りと思いました。藤田先生、初めて説明文の図読授業を受けました。新鮮でした。説明文でやってみたいと思いました。皆さんの感想を伺って、図読のよさと授業での取り入れ方、そして図の作成が目的になってはいけないことを心に留めました。このような会を設けてくださってありがとうございました。第2回もやりたいですね!


以上です。

# by tosshkd | 2021-01-07 21:32 | 【札幌市】

グレードアップセミナー12月「教師力・人間力を高めるⅡ」


NPO TOSS石狩 在田裕子です。

「グレードアップセミナー第5回12月講座」を行いました。
『尊敬される教師になる』をテーマに
8月からスタートしたこのセミナーとうとう本日最終回を迎えました。
「教師力・人間力を高める」を話題に
さまざまな観点からお話いただきました。

どんな話題でも具体的なエピソードがあり、
それがとても感動的で深い納得を得られます。
日常の現実的なことから、
広い視野でとらえた世界のことまで、
わかりやすく話してくださり、
1時間15分、集中が途切れることはありませんでした。

来年2021年も開催が決まっています。
伴先生に、札幌のおいでいただく予定です!
多くの方と、このような貴重なひとときを
共有できればと願っています。


来年も!とお考えの方、お申し込み、お待ちしています。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScl6S5ERbg3rI4GnRvygbk6jJX9Eus-KjDK88-nG-euG2G_1g/viewform

HP
https://sites.google.com/toss2.com/grade-up2020/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

以下報告です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
【グレードアップセミナー】
1 日時
令和2年12月27日(日)20時00分〜21時15分
ZOOMによるオンラインセミナー

2 内容 「教師力・人間力を高めるⅡ」
  QA

3 参加者 一般70名 
  事務局   12名
  講師     1名
  計     83名

4 参加者の感想(抜粋)

グレードアップセミナー12月 感想

今回も広い視野で物事を見ることの大切さを学ばせていただきました。連続の講座であったことも学びが繋がっていく感じがしています。

頭の中の霧が晴れるようなセミナーでした。ありがとうございました。
一つ一つのお話がすべて納得できました。たとえば、できごとがすべて自分の磨き砂と捉える。ありがとうございました。

"伴先生のお話を伺うと本質は何か,何が最も大切なのか考えさせられます。

職場の同僚との付き合い方,子どもへの接し方など,本質を見失わずにいきたいと思いました。

最初の苦手なことに対する子どもへの指導が大変勉強になりました。他にも得意なことを黄金の3日間で見つけることの大切さもよくわかりました。ありがとうございました。

2021年が激動の1年になること,そのための心構えと準備を怠らずに前に進んで行くことを学ぶことができました。2020年の学び収めとしてこれほどまでに貴重な時間は他にありません。本当にありがとうございました。


教師としての在り方を学ぶことができる数少ないセミナー。教師としてのマインドセットとして最適。これからもよろしくお願いします。

苦手を克服させようとする教育について、どうやって得意を見いだすか、苦手を感じさせない授業、好かれる戦略、統率する手法、が痛快で印象的でした。しかし印象的で終わらせないで、我々は実践しなければならない。職人なんだから、実践で語る、今日も学ばせていただきました。

"女をあげる生き方をしたいと思いました。そのような考え方をして生きてきていなかったので、挑戦します子どもの得意なことをうんと認めて、優しくて好かれる先生になりたいと強く思いました。
世界が大きく変わる時代の目撃者として慌てず学んでいきたい、日々学びだと思います。
素晴らしいセミナーを本当にありがとうございます。"

"「ぶれない」ということを卒業式時のトイレを例にお話しされたのがぐっときました。

来年に向けて覚悟ができました。ありがとうございます。

磨き砂の話が一番心に残りました。今までいろんなことがあったり、これからいろんなことがあるとは思いますが、すべてが意味があると思って教師修行を続けていこうと思います。女子の武士道という本、読んでみます。今年も本当に有り難うございました。リアルタイムでの伴先生のお話が毎月聞けるのは本当に勉強になりましたし、心のリセットにもなりました。ありがとうございました。

「男は度胸」を具現化できるように毎日を生きていきます。自分に起こるすべての事を磨き砂と受け止め、面構えのいい大人になります。今日も伴先生のお話で元気をいただきました。ありがとうございました。

伴先生のお話の中にあった、指導者としてブレないことの大切さ、自分にはできていないことだったので、とても響きました。
また、そのために10年、20年かかるとおっしゃっていただき、少し安心をしました。いますぐにでもできなければならないことだと思っていたので、失敗など、様々な経験を経て、ぶれない人になるということを知りました。

"集団を率いる中でブレないこととは、言ったことを守る。伴先生のたとえにお手洗いに行くことがありました。「教頭先生が卒業式ではトイレに行ってはいけないといっても、子どもたちとの約束を守る」それがブレないと言うことを教わりました。

人が離れていくのを感じたとき、伴先生はどのように動くか。
 「真っ当なことをやったら、人は離れていく」
 だから、一定数(の仲間)とやっていく。そういう仲間とやっていくことが実があると学びました。私は、それが自分にとっての幸せだと思いました。
黄金の三日間に「特に問題ある子」にフォーカスするお話が良かったです。
 
"エジソンのエピソードが特に心に残りました。

また、激動の2021年に向けて、しっかり準備していこうという心構えも出来ました。
ありがとうございました。"

伴先生のお話のなかで、特別支援学級を担当した時、これまでで輝いていた時間だったということが印象に残りました。世界が大きく変化している時に、準備できることをリストアップして実行していけるようにします。

"苦手を伸ばすとばばを引くというのが印象的でした。

良いことだけにフォーカスして子どもを見ていく。3日のうちにその子の得意を見つけ、取り上げ、みんなの前で褒める。本質はどうでもいい。錯覚させる。自分の子どもを預けるなら、子どもを元気にさせる教師に預けたいと思うはず。

 伴先生が教師として最も幸せだったと感じられたのが、「やまなし」実践をした時でも、最後の学級担任の数年間でもなく、特別支援学級担任の4年間だったという話に感銘を受けました。逆境こそ成功、成長のチャンスなのだということを体現されている姿勢、言い訳せずに前進していく姿勢に畏敬の念を抱きました。

今日もありがとうございました。たくさん勉強になりました。ぶれない事の難しさ大変さを感じました。困るのも勉強と言うことで、自分を磨いていきたいと思います。今までありがとうございました。



# by tosshkd | 2020-12-27 22:28 | 【石狩】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】
NPO TOSS石狩
TOSS北海道中央事務局

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧