【例会報告】TOSSシグナス18年4月例会

先日行った第198回例会の報告です。

■TOSSシグナス
 2018年4月4日(水) 19:00~20:55
 苫小牧市民活動センター

■内容

 1.黄金の三日間レポート検討

 (1)(A4 5枚)
    ~どんなクラスにしたいか、ゴールのイメージを明確に、
     各教科での方針をしっかり立て、学級の組織を作っている。
     多くの人に参考にしてもらいたいレポート。

 (2)(A4 11枚)
   ①黄金の三日間
   ②学級通信2号分(+過去の通信も)
   ③時間割
   ④2018年タイムライン
    ~3日間の予定を時系列で示しているのが分かりやすい。
     また、タイムラインを作ることによって、
     1年間の見通しをもって取り組める。

 (3)(A4 12枚)
   ①黄金の三日間
   ②6学年 年度始めの学年会議
   ③1年生の朝のお世話について
   ④春休みチェックリスト
   ⑤給食当番の仕事掲示
   ⑥教室掃除の仕事の手順掲示
   ⑦外国語活動室等の仕事の手順掲示
    ~持ち上がりの6年生担任。
     前の学年のシステムを残しながら、新しいことに対応する。

 2.レポート検討
 (1)(A4 4枚) 学級懇談会資料
    ~涙、涙の最後の懇談会。
     子供達の成長の跡がうかがえます。

 (2)(A4 1枚) 学年通信
    ~シンプルで見やすく、必要な情報が盛り込まれた紙面構成。

 (3)(A4 6枚)
   ①「お話を、そうぞうしながら読もう」学習計画
   ②「音読はっぴょう会をしよう」学習計画
    ~校内研究に即した学習計画。
     リーダーが率先して取り組む姿勢がすばらしい!

 (4)(A4 3枚) 日案
    ~毎日の計画。システムがすごい!
     ノート1冊にまとめる情報活用が秀逸。
     質問攻め。
  
 (5)(A4 3枚) 外国語活動推進通信1~3
    ~新しいポジションのお仕事。
     外国語活動に関わる様々な情報提供を行う。

 (6)(A4 1枚) ALT活用カレンダー
    ~校務分掌のお仕事。

 (7)(A4 1枚) 田上流「仕事術6ヶ条」
    ~教え方セミナーの資料。 
     定時退勤のできる仕事術について。

 (8)(A4 1枚) 新学期準備をスムーズに進める仕事術
    ~教え方セミナーの資料。
     3月中にすること、4月に入ってすることのポイントを紹介。

 (9)(A4 1枚) 田上学級奮闘記
    ~教え方セミナーの資料。
     特別支援を要する子への様々な原理原則をまとめたもの。

(10)(A4 1枚) 短い時間で最大限の効果をあげる授業づくり
    ~教え方セミナーの資料。
     教材研究の時間が短くても、すぐに授業ができるポイントを紹介。

(11)(A4 2枚) 国語エース
    ~松崎先生のチームのお仕事。
     「海、売ります」の問題。

(12)(B4 7枚) 和の国・日本
    ~北陸中央事務局ライセンスで受検した、A表の指導案。
     二段に昇段。

その他、
「小学校に入るまでにできてほしいこと」、
保護者会資料 向山洋一が提唱する「向山式 ペアレンティングスキル10」
郵便テキスト・セミナーチラシ
ALL北海道教え方セミナーチラシ
第3期教育振興基本計画について(答申)
小学校プログラミング教育の手引き など

 次回例会は、2018年5月11日(金)に行う予定です。
 参加希望の方は、田上までご連絡を!

# by tosshkd | 2018-04-07 00:00 | 【胆振・日高】

【報告】TOSS石狩教育サークル 黄金の三日間例会をしました。

e0252129_23044941.jpg
新年度を万全に向かえるため、
「黄金の三日間例会」をしました。
1年間の学級経営を決める大切な春休み。
新採用や胆振や日高の方など、
合計18名の皆様にご参加いただきました。

今回は、例会の様子を動画にしました。
例会開始から高杉先生のレポート検討の様子まで、
一部をホームページで公開します。
ぜひ、春休み中の視聴をお勧めします。
ご自身の「黄金の三日間計画の作成」の参考になれば幸いです。

動画はホームページより
TOSS石狩教育サークル ホームページ

------
TOSS石狩教育サークル 黄金の三日間例会

日時:2018年4月3日(火)18時〜21時

場所:北広島市花ホール 会議室

参加者
サークル員 11名
見学 6名
学生 1名
計 18名

内容
1 教え方セミナー講座検討
2 小野セミナー内容検討
3 模擬授業
4 黄金の三日間レポート検討(所信表明、日記、当番システム、席替えなど)


# by tosshkd | 2018-04-03 23:05 | 【石狩】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・3/31(土)・仕組みづくり講座

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー第4弾。
D会場は《仕組みづくり講座》でした。

午前C会場に続き白石区民センターで実施しました。
e0252129_20105614.jpg
子どもが生き生きと活動し、褒める場面がたくさん生まれる学級づくり。
そのためには、子どもを動かす仕組みが必要です。

一年間の学級の仕組みをどのように設計するか。
そのうちやろう・・・ではなく、4月の最初に一気に仕組みを作る。

当番や係活動、仲間づくりなど一つ一つの場面に分け、
具体的な設計の方法を学級の映像を交えてご紹介しました。

4月の新学期準備に活かせる内容が満載でした。

具体的な仕組みづくりが知れるということで、
当日申し込みも含めて、たくさんの方の参加がありました。

次回、EF会場は4月7日(土)。
「授業スキル」と「対応スキル」に特化した講座です。

こちらもご期待ください!

以下、報告です。


----------
D会場 学級を安定させる 《仕組みづくり講座》

1 日時:3月31日(土)午後 14:00〜16:30

2 会場:札幌市白石区民センター 視聴覚室

3 講座内容

14:00〜14:10 講座1 新学期までの準備チェックリスト
14:10〜14:25 講座2 みんなが満足する給食のシステム
14:25〜14:40 講座3 子どもがどんどん動く 掃除時間のコーディネート
14:40〜14:50 講座4 子どもも教師も快適な教室を作ろう
14:50〜15:00 講座5 最初に子どもに決意を語ろう
(休憩10分)
15:10〜15:20 講座6 係活動で子どものやる気を引き出す
15:20〜15:30 講座7 指導は集団を味方に付けて行う
15:30〜15:45 講座8 子どもの仲が良くなる秘密兵器 百人一首
15:45〜16:00 講座9 趣意説明で子どもをやる気にさせる
(休憩10分)
16:10〜16:30 講座10 Q&A

4 参加人数
(1)参加者 14名
(2)事務局  7名
(3)合計  21名

5 感想(アンケートから)

☆小学校 1年目 女性
黄金の3日間がとても大切だとは知っていましたが、具体的にどうしていいのか分からない部分がたくさんあり、不安だったので、イメージをもつことができてとても勉強になりました。所信表明の場面を実際に見る機会はなかなかないのでとても参考になりました。自分も伝えたいことをしぼって練習をしっかりしようと思いました。また、自分は講座7のような指導の場面うまく作ることができなかったので、具体的に知ることができてよかったです。講師の方々のお話を聞いて意欲を高めることができました。

☆小学校 8年目 男性
どの講座も、大変勉強になりました。特に高杉先生の「詰め」の仕方、目からウロコでした。ちょっとした距離の違いで、こんなにも効果が違うんですね。一つ一つ行為を考えさせられます。今年は、距離も意識した対応していきます。身に付けられるように努力致します。本日は、後輩と一緒に来ました。後輩もものすごく刺激を受けていました。どんどん広めていきたいと思います。

☆小学校 男性
高杉先生の講座が最もためになりました。教室の様子を動画で見られたのもよかったです。

☆小学校 31年目 男性
毎年これらのセミナーに参加させていただくことで、年度始めの確認とモチベーションを上げることにつながっています。いずれの講座も大変よかったです。特に、在田先生の所信表明が貴重でありがたかったです。この部分をこれだけたっぷりまとめてお聞きできる機会はこれまでありませんでした。〈目線(本当にちゃんと合わせますね)〉〈笑顔と厳しい表情の使い分け〉〈強調したい局面で立ち位置を変えること〉〈語気を変えることで集中を促すこと〉〈一文が短いこと〉他にもまだあることと思います。素晴らしかったです。

☆中学校 1年目 女性
私は中学校教諭4月から2年目で初担任になるのですが、今日の講座でやらなければならないことが明確になったので、本当に来て良かったなと思いました。いろいろマネさせていただきます。

☆幼稚園 2年目 女性
どの活動でもそうですが、子どもたちを常に動かして、手持ち無沙汰にならないよう、4月からまた子どもたちと関わっていきたいと思いました。今は小学校教諭免許を取得中で学校教育について、全く知識がないので、これから沢山学ばせて頂こうと思います。

☆小学校 7年目 女性
初めて参加しましたが、学ぶことが多く来てよかったと思いました。学級経営について、当番の仕組みや子どものよくない行動への指導の仕方など、どうしたらいいんだろうと思うことがまだまだありますが、後輩がどんどん増えてくる今、なかなか相談ことも多く…このような機会があって良かったです。

☆小学校 4年目 男性
学級経営にかかわる様々なことを学ぶことができました。たくさんの講座の中でもやはり、黄金の3日間は大事だということも改めて確認することができました。

☆小学校 5年目 男性
午後の講座も、勉強になることばかりでした。4月のスタートがいかに大切であるか改めて実感しました。今日の講座を受け、子どもたちに会うまでの残り時間、できることを最大限行っていきたいと思います。

☆高等学校 5年目 男性
今回のセミナー、動画がたくさん盛り込まれていてとてもよかったです!その時の様子を見られると見れないでは全然違いました。4月のセミナーも楽しみにしています。

☆聾学校 1年目 女性
集団を味方につける話術がとても参考になりました。学級に入った際に、生かすことができるように練習をしていきたいと感じました。また、百人一首を今回初めてやらせて頂きましたが、大人の私でも夢中になってしまうぐらい楽しいものでした。学級でも活用していきたいと思います。

# by tosshkd | 2018-04-01 20:16 | 【札幌市】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・3/31(土)・教材選びのポイント講座

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー第3弾。
C会場《教材選びのポイント講座》でした。

今回は会場を白石区民センターに移して実施しました。
e0252129_20054616.jpg
教材の良し悪しは一年間の学習の成否に大きく影響します。
4月2日からの教材採択は、

「子どもの一年を決める」

最重要ポイントです。

しっかりと準備をし、納得の形で採択を終える。
そのために、ユースウェアを中心に良い教材をどのように見抜くか、
じっくりと学びました。

以下、報告です。

----------
C会場 特別支援を要する子にも成功体験を保障する
《教材選びのポイント講座》

1 日時:3月31日(土)午前 10:00〜12:30

2 会場:札幌市白石区民センター 視聴覚室

3 講座内容

10:00〜10:10 講座1 教材は「ここ」を見て決めよう
10:10〜10:20 講座2 漢字指導は3段階で「漢字スキル」
10:20〜10:30 講座3 テストでこそ力が付く「ワークテスト」
10:30〜10:40 講座4 楽しく声を出そう「話す聞くスキル」
10:40〜10:50 講座5 どの子も100点が取れる「計算スキル」
10:50〜11:00 講座6 楽しく脳力を鍛えよう「アタマげんきどこどこ」
(休憩10分)
11:10〜11:25 講座7 これ一冊で授業ができる「社会科資料集」
11:25〜11:40 講座8 授業の導入はこれでバッチリ「フラッシュカード」
11:40〜11:55 講座9 教室中が熱中する「ペーパーチャレラン」
11:55〜12:10 講座10 毎日楽しく短時間でSST「ソーシャルスキルカルタ」
(休憩5分)
12:15〜12:30 講座11 Q&A

4 参加人数
(1)参加者  7名
(2)事務局  9名
(3)合計  16名

5 感想(アンケートから)

☆学生 女性
実際に教材を使った実演を見たり、自分が使ってみて良さを実感したりすることを通して教材選びの大切さを改めて感じました。

☆小学校 8年目 男性
改めて教材の大切さを感じることができました。ユースウェアを、他教材にもトレースし、子どもに力をつけていきます。こうした教材の見方を広めていくために、来週から先生方に今日の講座を伝えていきます。また、自分のクラスの親和的雰囲気を醸成していくために、今年はチャレランを継続してやっていこうと決めました。

☆高等学校 5年目 男性
どこどこ、買います!職場の若い人に広めていきます。

☆小学校 1年目 女性
自分が勤務している学校で使っている教材がたくさんあったので、新学期が始まる前に改めて使い方を確認できて勉強なりました。今年度参加したセミナーで学んだことをもとに、漢字スキル間と話す聞くスキル、フラッシュカードを使っていたのですが、今日の講座を通して新しい気付きがたくさんあったので、新年度からがんばりたいと思います。また、今まで知らなかった教材もあり、ぜひチャレンジしたいという気持ちになりました。

☆小学校 4年目 男性
教材の活用法の具体がわかりました。ドリルとかスキルとかも意図をしっかり考えて使う必要があると感じた。逆に意図があることで子どもが取り組みやすいのかな、とも思いました。

☆幼稚園 2年目 女性
現在幼稚園で働いています。なので家を出ると言う事は何もかもが初めてでとても貴重な学びとなりました。今の職場でも使用できそうなものもあったので聞かしていきたいです。また通信の大学だけでは学ぶことができないことがたくさん学べたのでまた参加させていただきたいです。

☆小学校 5年目 男性
これまでここまで深く考えず、教材を選んでいたり、教材を使って授業をしていたりしていました。今回のセミナーを受講して、教材それぞれに目的がしっかりあるということ、そして、その目的を達成するために、最大限引き出すための方法があることを学びました。もうすでに教材を選んでしまったことが、残念でなりません。今後も参加させていただきたいと思ってます。

# by tosshkd | 2018-04-01 20:07 | 【札幌市】

【例会報告】第92回TOSS轍例会

■日時

平成3041日(日)10001200

■場所

苫小牧市民活動センター 研修室A

■参加者 6

■内容

1.近況報告

一人ずつ新年度のポジションなどを報告。

2.読み合わせ

子供を動かす法則

三 存在感が実感できてこそ子供は動く

「班作り・班競争」のことから学級経営のお話。

「万引き」のことか生徒指導のお話。

その他、席替えの回数や方法についても交流した。

3.レポート


①学級通信「志」

中学1年生の担任として、新入生につたえておきたいポイントがわかりやすく書かれており、

子ども、保護者が安心でき、担任への信頼にもつながるような通信。

小学校教師としても追試したい。

②学級目標アンケート

学級目標をクラスで考えるときどのようにするか。

キーワードをあげて、それを作文にする。などが多かった。

目標や計画立てることも大事だが、

目標や計画を立てることが目標になってしまっているので

計画どおりにできたのかを検証することの方が大事。

③郵便教育資料

郵便教育の模擬授業映像が見られるQRコードの添付のアイディアがすばらしい。

④学級通信「今、ここから始める」

⑤サークル通信「轍」94

時間の都合上①~③まで

4.道徳(講座)~新学期の道徳の授業提案として。

「私の道徳の授業」(ツーウェイ論文)

「妹は、靴をはけるようになった」(雑誌PHPより)

ツーウェイ論文を読み合わせた。

学級では、授業後に成長した自分について作文を書かせる。

その作文を学級懇談会や家庭訪問などにつなげる。

「妹は、靴をはけるようになった」

障害のある子のお兄さんが妹の担任の姿を回想して綴ったもの。

特別支援学級担任として、教師としての理想の姿があった。

できなかったことができるようになる。

自立させることとは何かを教えられた。

5.模擬授業

国語:俳句「春の日や庭に雀の砂あびて」

主発問「作者は、庭にいるのかいないのか。」

全員が同じ意見で、分かれない時、どのようにするのかがについて話題があがった。

すずめは1羽か2羽なのか、砂遊びとはどんなことなのか、場所はどこなのか

などたくさんの発問を考える。

同じ春をテーマにした俳句、すずめをテーマにした俳句を探して調べる。

道徳:「いのちのえんぴつ」豊島加純さんの詩の授業


北海道厚岸町の小学5年生の加純さんの詩集を教材。

手書きの詩を見せて

「何歳の人が書いたのか」という発問から始まり、

「この人はどういう人なのか」書いた乱れた文字からその人物を推測させるところから入ることで、

その人の状態を想像させる。

そのことでどんな思いで書いたのかを考えることもできる。

社会:経済「お金について」


1万円札の写真を見せて、この人の名前は

紙幣の裏に印刷されているものは何かなどクイズ形式で展開される。

外国の紙幣に書かれている人の名前など、知的好奇心をくすぐられおもしろかった。


例会史上初の6人という大人数での開催。

根室管内の先生がご参加くださった。

本来であれば、セミナーにすべきところを

先生のご厚意で轍例会でたくさんのお話や授業をしてくださった。

さらに、進行までもしてくださった。

本当にありがたくもったいないと思うほど贅沢な時間だった。

ふだんの私の例会の進行とは違って、

スピード感があり、参加者の方に話題をふるので、

みんなが発言し、初めての参加の先生も関わりを持つことができ

お客さんにしないという配慮が勉強になった。

また、読み合わせや資料の出し方、取り扱い方も

参加者にとっての有益な情報をうまく引き出されており、

みんなが満足できるサークルの進行で、

そういったところが私に足りない部分だと思った。

2時間があっという間だった。

終わった後の先生方の表情が明るく、

みんながんばろうという気持ちが表われていた。

参加された先生方のおかげで

サークルの楽しさを改めて実感したとともに、

地道にがんばっている先生方と一緒に学んでいきたいと思った。

新年度の初のサークルはいいスタートが切れた。

明日からは、怒濤のように忙しくなるが、がんばっていこう。


# by tosshkd | 2018-04-01 19:48 | 【胆振・日高】

空知地区の教え方セミナー第1弾を開催しました。 砂川市・3月31日・テーマ「1年間を見越した学級経営と学習」

TOSS空知の大沼靖治です。
本日空知地区 第1弾の教え方セミナーを砂川市で開催しました。
30代の参加者からサークルを見てみたいという希望を複数いただきました。

①テーマ・会場名 「1年間を見越した学級経営と学習」
 砂川市地域交流センターゆう

②講座内容
   第1講座  戦略的学級経営(廣川)
   第2講座  どの学年でも1年間する指導 国語編 (吉岡)
   第3講座  どの学年でも1年間する指導 算数編 (大沼)
   第4講座  この運動こう授業する 動画で紹介 体育編 (廣川)30分
   第5講座  Q&A 

③参加人数
     1)参加者 7名
     2)事務局 6名
     3)合計  13名

④アンケートに書かれた内容

●徹底すべき所は見通しを持ってしっかりと取り組んでいかなければならない事を再確認できました。
体育はできることが大切なので、いろいろな工夫があって勉強になりました。
準備等いろいろとありがとうございました。

●新年度、子ども達とどのように過ごそうか・・・と想像しながら参加しました。
皆さんが、子ども達に成長してほしい具体的なイメージを持って様々な手立てを講じていることが一番の学びでした。
4月より登校してくるあの6年生たちにどのような願いをもち、どのような手立てで関わるかをイメージしたいと
思います。ありがとうございました。

●具体的な指導内容、方法を教えていただき、とても勉強になりました。特に国語の指導については、
漢字指導の一連の流れがわかり、4月からの指導に生かしたいと思います。ありがとうございました。

●新年度のスタートは、このセミナーに参加することが私のルーティンになっています。10年以上です。
今年もセミナーを開催していただき、本当にありがとうございます。廣川先生のCRTの数値すごいの一言です。
自分とは差が大きすぎます。吉岡先生の張りのある通る声、すばらしいです。
自分とはあまりにもちがいます。大沼先生の算数の数値、コンテンツすばらしいです。自分には作れません。
廣川先生の後転の指導、初めてでした。

●どの授業講座においても、スモールステップを踏ませて「できることを増やす」「できるレベルを上げる」ことの
大切さをお話されていたと、勝手ながら感じさせていただきました。どうもありがとうございました。

●大変学びとなりました。単元で使える内容は、担当学年でないといつ使えるかわかりませんが、
1年間通しての講座や実技はめどが立つため大変参考になりました。
準備等お疲れ様でした。ありがとうございました。





e0252129_20402059.jpg
 


# by tosshkd | 2018-03-31 20:41 | 【空知】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・3/30(金)・スタートダッシュ講座

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー第2弾。
B会場《スタートダッシュ講座》でした。
e0252129_06412541.jpg
「学級開き」を充実したものにしたい!
一年を安定した状態で送りたい。

そのための準備と心構え、具体的な手立てをご紹介しました。

来春から教職に就く先生、そして学生さんの参加もありました。
子どもの前に立つために、できるだけのことをやろう。
学びの場に出かけ、準備を進めよう。
そのような先生方がいらっしゃることに、元気をいただきました。

私たちもそのような先生方と出会い、
また、自らの力量を高めるために、
より質の高い講座を準備していきたいものです。


次回は31日(土)のCD会場です。
「教材選び」と「仕組みづくり」の講座です。

特に午後からの「仕組みづくり」では、
学級経営の様々な場面を取り上げて、
詳細な計画と方策についてご紹介します。

こちらもご参加お待ちしています。

以下、報告です。

----------
B会場 一年を決める《スタートダッシュ講座》

1 日時:3月30日(金)夜間 18:30−20:30

2 会場:厚別区民センター 会議室A

3 講座内容

18:30~18:40 講座1 新学期までの準備チェックリスト
18:40~18:50 講座2 当番の仕組みを設計しよう
18:50~19:00 講座3 子どもも教師も快適な教室を作ろう
19:00〜19:30 講座4 これだけはやっておきたい三日間の勘所
①【1日目】最初に子どもに決意を語ろう
②【2日目】ほめてほめてほめまくろう
③【3日目】授業システムをスタートさせよう
(休憩10分)
19:40~19:55 講座5 三日間のスケジュールを組み立てよう
19:55~20:10 講座6 仕組みを機能させよう…4日目以降のポイント
(休憩5分)
20:15~20:30 講座7 Q&A


4 参加人数
(1)参加者  9名
(2)事務局 11名
(3)合計  20名


5 感想(アンケートから)

小学校 18年目 男性

このような日と時間帯にこのようなセミナーを開いていただきありがたいです。新年度に向けて頑張ろうという意欲をもらえました。同時に今のうちにやっておくことがよくわかってきました。黄金の三日間で大切なポイントも改めて確認することができて、大変有意義な時間となりました。やっぱり3日間でどれだけ子どもたちを褒めて、明確な方針を示せるかが重要だとわかりました。ぜひ、これから作戦を立てて良いスタートが切れるように全力を尽くします。高杉先生のお話は、非常に具体的で、自分の知らなかった情報もたくさんあって、とてもためになりました。ぜひ自分の実践に生かしていきたいです。


小学校 女性

どれもとても良かったですが、Q&Aでの高杉先生のお話すごくよかったです。特に最初の質問、私なんですが、高杉先生が定時で帰るのがびっくりしました!!働き方、見直します。


小学校 8年目 男性

ちょうど、一生懸命3日間の準備を進めているところでした。でも、書籍だけでは見えないところが、講座に来るとわかることに、改めてセミナーやサークルの大切さを感じています。何より、石狩サークルの先生方の質の高い講座におどろかされます。また一年間、しっかり勉強して、その背中を捉えられるように精進します。


小学校 1年目 女性

3日間が大事だというのは知っていましたが、具体的に何を準備したらいいか、何がわからないかも分からない状態でした。ですが、今日の講座を聞いて具体的なイメージをもつことができました。学級ルールを考えたり、環境を整えたり、わからないことが多い私でも、今からできることがたくさんあるので抜かりなく準備しようと思いました。私も普段から、時間ごとに細かく分けてやることをリストアップすることが好きなので、高杉先生がおっしゃってたように細かく自分の使える時間を計算して、効率よくやることを行っていこうと思いました。


小学校 4年目 男性

遅れてしまって残念でした。すべて目から鱗でした。しっかり準備して望みたいと思います。


聾学校 1年目 女性

具体的な取り組みを知ることができて、大変勉強になりました。細かな準備、シュミレーションを大切にしなくてはいけないことを実感する講座でした。


高等学校 4年目 女性

とても参考になりました。また、どの先生のプレゼンテーションが上手くて素晴らしかったです。

# by tosshkd | 2018-03-31 06:42 | 【石狩】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・3/21(水)・教材選びのポイント

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

「第6回北海道横断!教師力向上教え方セミナーin札幌・石狩」では、
全11会場の開催を予定しています。

21日がその開幕。
講座テーマは「教材選びのポイント」でした。
e0252129_03462738.jpg
素晴らしい教材を子どもたちに。そして使い方を先生方に。
それが、1年間の安定した授業のシステムを取り入れることになります。
このセミナーでシステムを学ぶことは、学級崩壊を防止し、
学級を軌道に乗せる手立てでもあります。

アンケートでは、
「新しい学校でのコーディネーターの仕事に役立てます」
という感想をいただきました。

良い教材とその使い方を知り、
職場で広めてくださる方がいることを心強く思います。

また、初講師をつとめた事務局の先生がいらっしゃいました。
初めてとは思えない、エネルギーいっぱいの講座。
教室の様子を動画でも紹介されていました。
子どもの事実は何より説得力があります。
私たち自身もまた、実践を通して学ぶことの意味を再確認できました。

次回は30日(金)のスタートダッシュ講座です。
「黄金の三日間」がテーマです。
こちらもご参加お待ちしています。

以下、報告です。

----------
A会場
特別支援を要する子にも成功体験を保障する
《教材選びのポイント講座》

1 日時:3月21日(水祝)午後 14:00~16:30

2 会場:厚別区民センター 会議室A

3 講座内容
14:00-14:10 講座1 教材は「ここ」を見て決めよう
14:10-14:20 講座2 漢字指導は3段階で「漢字スキル」
14:20-14:30 講座3 テストでこそ力が付く「正進社テスト」
14:30-14:40 講座4 楽しく声を出そう「話す聞くスキル」
14:40-14:50 講座5 どの子も100点が取れる「計算スキル」
14:50-15:00 講座6 楽しく脳力を鍛えよう「アタマげんきどこどこ」
(休憩10分)
15:10-15:25 講座7 これ一冊で授業ができる「社会科資料集」
15:25-15:40 講座8 授業の導入はこれでバッチリ「フラッシュカード」
15:40-15:55 講座9 教室中が熱中する「ペーパーチャレラン」
15:55-16:10 講座10 毎日楽しく短時間でSST「ソーシャルスキルカルタ」
(休憩5分)
16:15-16:30 講座11 Q&A


4 参加人数
(1)参加者  3名
(2)事務局  8名
(3)合計  11名


5 感想(アンケートから)

中学校 31年目 女性
教材の採択を紙質や記入欄で決めることが多かったです。正進社のシンプルな編集やあかねこの構成が好きで使っていましたが、今回使い方やシステムを理解できてよかったです。4月から新しい学校でのコーディネーターの仕事に役立てます。

小学校 13年目 男性
久しぶりにセミナーに参加させていただきました。ADHD傾向のお子さんと、どのように関わることで子どもの成長につながるか、たくさんのヒントをいただきました。さっそく実践してみたいと思います。

一般 女性
とても楽しく参加できました。今後職場に出たら使ってみたいと思うような教材がたくさんありました。教材を活用するとここまで楽しく学ぶことができるのかと実感し、教材選びがどれほど重要かということがわかりました。

# by tosshkd | 2018-03-22 03:48 | 【石狩】

TOSSフェルマータ第138回例会

第138回例会を開催しました。

年度末、そして次年度に向けて

いろいろな話題を話しました。

TOSSフェルマータ第138回例会

平成30年3月17日(土)10:00~12:00

若草つどいセンター

◇参加者3名(敬称略)

◇内容

1.『授業の腕をあげる法則』読み合わせP.7083

①子供は「できるようにしてほしい」「わかるようにしてほしい」

 という期待が強い。

②自転車の指導~感覚の重要性

③鉄棒、跳び箱はあくまで一例。

④過程はあきらめないが、結果には執着しない。

2.雑誌紹介

プレジデントファミリー2018春号

3.模擬授業

①国語 部首

次回例会は4月8日(日)午前

若草つどいセンターにて。

e0252129_16583736.jpg


# by tosshkd | 2018-03-18 16:59 | 【胆振・日高】

【例会報告】第91回TOSS轍例会

■日時 
平成30年3月11日(金)10:00~12:00

■場所
苫小牧市市民活動センター 2F 研修室B

■参加者3名 

■内容
1.レポート

向山塾沖縄会場の学び
サークル通信TOSS轍93号
特別支援学級の実態と講座の構想


2.模擬授業授業、講座検討

学級の子どもの様子の動画
北陸検定授業
教え方講座


3.読み合わせ

子供を動かす法則
二運動会応援団

応援団の発足から指導までの様子が書かれている。
この章には、子どもを動かす技術がたくさんちりばめられている。
何度も読み返しておきたい章である。


今日は、東日本大震災からまる7年の日。


轍サークルの教え方セミナーは、3月25日(日)午前に同会場にて行われます。
同日午後からは、同会場にてシグナスサークルの教え方セミナーです。

来月のサークルは、
4月14日(土)午後、同会場にて行う予定です。

# by tosshkd | 2018-03-11 15:33 | 【胆振・日高】

【例会報告】TOSSシグナス18年3月例会

本日行った第197回例会の報告です。

■TOSSシグナス
 2018年3月2日(金) 19:00~20:55
 苫小牧市民活動センター
  
■内容
 1.田上講座
    TOSS北海道合宿の深夜2時のブレストで、
    加藤心先生からレクチャーを受けたTOSS型英会話の授業を
    レクチャー。

 2.レポート検討
 (1)(A4 8枚) 学級通信
    ~授業の実践記録が素晴らしい!
     通常は見られない6年生を送る会のプレゼント、発表のシナリオ
     これまでの積み重ねが表れている国語「お手紙」の検討など
     盛りだくさんの内容です。
     
 (2)(B4裏表1枚) 外国語活動指導案
    ~D表検定の指導案。
     小学生の「書く」内容をどう授業するかの提案です。
 
 (3)(B4 18枚) 学級通信No206~223
    ~メディア(スマホ)の授業、学級レクの紹介、
     長縄記録会の様子など。

 (4)(A4 1枚) 学級懇談会資料
    ~最後の懇談なので、春休みの日程や
     来年度の主な行事予定のお知らせなど。
 
 (5)(A4 2枚) 来年度の清掃と清掃用具の確認について
    ~校務分掌のお仕事。
     アンケートとその結果。

 (6)(A4 1枚) 宝塚「ブスの25か条」
    ~道徳の授業で活用した資料。

 (7)(A4 1枚) 総合指導案
    ~北海道合宿で授業した「人口減少に対応したまちづくり」の指導案。

 (8)(B4 7枚) A表指導案
    ~3月に福井県で受ける授業技量検定の指導案。

 3.模擬授業、講座検討
 (1)教え方セミナー講座検討(ほめ方)
 (2)教え方セミナー講座検討(年間計画)
 (3)模擬授業(外国語活動)
 (4)教え方セミナー講座検討(特別支援教育)
    ~どんな内容か知りたい方は、
     日高 https://osiekata-hidaka.jimdo.com/
     胆振 https://utonet.jimdo.com/
     の「教え方セミナー」にご参加ください!!

 次回例会は、2018年4月4日(水)に行う予定です。
 教え方セミナーのサークル体験会場として開催します。
 黄金の三日間のレポート検討を中心に行う予定です。
 参加希望の方は、田上までご連絡を!

e0252129_02080324.jpg
# by tosshkd | 2018-03-03 02:08 | 【胆振・日高】

【例会報告】第90回TOSS轍例会

■日時 
平成30年2月16日(金)19:00~21:00

■場所
苫小牧市市民活動センター 2F 研修室B

■参加者1名 藤田

■内容
1.レポート
サークル通信TOSS轍92号 

2.読み合わせ
子供を動かす法則
一きびしく「教える」だけが動かす方法ではない
を音読。


今日も誰も来なかったので仕事をした。
学級通信を作成し、教材研究をした。

# by tosshkd | 2018-02-16 21:38 | 【胆振・日高】

TOSSフェルマータ第137回例会

e0252129_18390559.jpg
第137回例会を開催しました。

3学期も折り返し。

2か月後の教え方セミナーに向けて

二人で準備を進めました。

TOSSフェルマータ第137回例会

平成30年2月12日(月・休)10:00~12:00

若草つどいセンター

◇参加者2名(敬称略)

◇内容

1.『授業の腕をあげる法則』読み合わせP.6569

①例示がすごい。具体的。できているかどうかの指標になる。

②TOSSを必要としない教師がいる。

③若さは段々と失われるもの。だから修業が必要。

2.文書検討

①学級通信

②仕事の流儀視写

③学校だより

3.模擬授業

①道徳「ぐみの木と小鳥」

②国語「夏の夜は明れどあかぬまぶた哉」

4.TOSS北海道合宿報告

英会話模擬授業「Do you like ?

次回例会は3月17日(土)午前

若草つどいセンターにて。


# by tosshkd | 2018-02-12 18:39 | 【胆振・日高】

【報告】特別支援学習会 第7期(5回目)2月9日(金)厚別区民センター

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

「特別支援学習会 第7期」も最終回。
2月9日(金)に5回目を開催しました。
e0252129_19274398.jpg
全市的にインフルエンザが猛威を振るう中でした。
が、熱心に足を運んでいただいた皆様には本当に頭が下がります。

今回は
「日常の指導に生かす方法」
「ワーキングメモリに配慮した学級経営」
についてDEEPに学びました。

模擬授業をされた先生は特別支援の子役への対応が見事でした
そして、その対応に対してもう一歩
「作業のタイムラインをコーディネートすること」
にまで突っ込んで解説・実演する高杉先生。

その後、参加した先生の範読がガラリと変化した導入30秒の演習。
その解説と介入も圧巻でした。

対応の技能をその場で体験し、身に付けることができるのも「本学習会ならでは!」です。
続く第8期は「特別支援の基本を習得する」をテーマに、全4回の講座を準備しています。

【第1回】教え方セミナー特別支援オプション講座
【第2回】ADHD児への対応の基本
【第3回】ASD児への対応の基本
【第4回】問題行動と対応


すでに講座へのお申込みを受け付けています。
どの講座も日々の実践に役立つこと間違いなし!です。

特別支援学習会第8期もどうぞご期待ください。

----------

特別支援学習会 第7期(5回目)

■日時:平成30年2月9日(金) 19:00~20:45

■場所:札幌市厚別区民センター(会議室A)

■テーマ『ワーキングメモリ』
 〜ワーキングメモリを知り、子どもに力を付ける指導法を探る~

■講師:高杉祐之 氏
(恵庭市立和光小学校 特別支援コーディネーター)

■講座内容

【第0講座】高杉学級の映像

【第1講座】 19:00~19:20
プレイバック講座~愛着障害

【第2講座】 19:20~19:40
ワーキングメモリを知り、日常の指導に生かす方法
ワーキングメモリに配慮した学級経営
  ~周りの子どもたちへの理解を求める方法~

【休憩】 19:40~19:50
QA用紙、アンケート記入

【第3講座】 19:50~20:20
前半…子役付き介入模擬授業
後半…授業の開始30秒

【休憩】 20:20~20:25
QA用紙、アンケート記入

【第4講座】 20:25~20:45
Q&A講座

■参加者
一般 19名
事務局 5名
講師  1名
計  25名

■アンケートから

(1)
勉強した「つもり」になっていました。「中央実行系」を忘れていました。どのように指導に生かすのか、どう学級を経営するのかということをもっと学び、身につけようと思いました。その場に応じた適した対応ができるようになるまで、まだまだ道は遠いですが学び続けていきます。模擬授業の機会をいただき、ありがとうございました。この場で授業するのは半年ぶりでした。とても緊張しました。やはり、日々続けていかねばと思いました。とっさに指示を出したとき、状況に応じた対応が出来ませんでした。行ったり来たりですが、今回を機に学び直します。

(2)
授業開始30秒が勝負というのが身をもって実感しました。特別支援の対応だけではなく、全体をどう動かすかを考えた授業を組み立てることが大切だと模擬授業で痛感しました。「5分後を想像しながら」できるようにもっともっと自分を鍛えていきたいです。

(3)
講座の中で何度も実演する場面があり、高杉先生が教えて下さることを実感できました。模擬授業の中で、アドバイスを細くしていただけるので、その都度その都度、納得できました。

(4)
個別評定をしてもらうと教師の方も嬉しくなるのだと実感しました。前に立つと生徒の気持ちが分かる気がして勉強になります。高杉先生の講座のリズム・テンポが早くて、どうやってあれほど早くできるのかと思いました。圧倒的な勉強量と参加者への対応、学ぶことの多い勉強会でした。講座を復習して、明日から使えるようにします。

(5)
細かい技術・技能が、とても大切で、子どもたちに大きく影響していくということが改めて分かりました。全ての講座が良かったです。


■次回以降【第8期】の日程

4月27日(金)【第1回】教え方セミナー特別支援オプション講座
5月30日(水)【第2回】ADHD児への対応の基本
6月29日(金)【第3回】ASD児への対応の基本
8月31日(金)【第4回】問題行動と対応



(第7期全講座終了しました!)
第1回 10月20日(金)
第2回 11月10日(金)
第3回 12月 8日(金)
第4回  1月19日(金)
第5回  2月 9日(金)


以上です。

# by tosshkd | 2018-02-11 19:29 | 【石狩】

【例会報告】TOSSシグナス18年2月例会

先日行った第196回例会の報告です。

■TOSSシグナス
 2018年2月2日(金) 19:00~20:45
 苫小牧市民活動センター
  
■内容
 1.レポート検討
 (1)(A4 2枚) 教え方セミナー企画書
    ~3月25日(日)に行う、
     教え方セミナーIN苫小牧「特別支援教育会場」
     の企画を検討。

 (2)(A4裏表8枚) 学級通信
    ~生活科の学習に関わる、保護者への連絡がとってもわかりやすい。
     3学期開幕の様子も子供達の頑張りがよく描写されている。

 (3)(B4 20枚) 学級通信No186~205
    ~3学期開幕の様子。恒例の「誕生日」紹介。
     2学期末に行ったパーティーの紹介など。

 (4)(A4 1枚) 国語キッズ教材
    ~松崎先生のチームでのお仕事。
     物語の読解と体言止めの問題。

 (5)(A4 1枚) TOSS北海道マガジンチラシ
    ~毎週配信している「TOSS北海道マガジン」(メルマガ)のチラシ。
     ビジュアルに作成。

 (6)(A4 1枚) アンビグラム
    ~さかさまにしても読み取れる不思議な文字。
     授業に使えるかも!?

 (7)(A4 1枚) 学級懇談会資料
    ~12月例会に出そうと思って忘れていたもの

その他
「学校における働き方改革に関する緊急対策」
「補習授業校教師のためのワンポイントアドバイス」
(すごく参考になる!)
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/002/003/002.htm
「自尊感情」資料(学校の文書)
「理科教育推進実験セミナーチラシ」
など。
※教職員バスケの試合帰りにまっすぐ例会に来た代表が力尽きる。
 明日、TOSS北海道合宿で網走に行くこともあり、
 早めに終了。
   
 次回例会は、2018年3月2日(金)に行う予定です。
 参加希望の方は、田上までご連絡を!

# by tosshkd | 2018-02-08 21:11 | 【胆振・日高】

【報告】千葉康弘セミナーin石狩 2018.1.27(土) 厚別区民センター

NPO TOSS石狩の石田晃大です。

TOSS石狩教育サークル 冬の「スペシャル」拡大例会2018
《千葉 康弘 セミナー in 石狩》を開催しました。
e0252129_06210139.jpg

「このセミナーで、いつも気持ちが新たになります。」
「一年のスタートの起爆剤です。」

毎年、そのような感想をいただきます。

千葉康弘先生のお話は、極めてシンプルで具体的。
取り組むべきことを、明確に示してくださるからです。

そして、髙橋先生と高杉先生の講座。

お二人の仕事もまた、学校全体を動かす仕事です。
その実践から抽出した「学校づくり」「レベルアップ」の講座。
会場から何度も驚きや唸りの声が聞かれました。

同じテーマで、3名の先生方がそれぞれの立場で切り取った講座。
贅沢かつ「すぐにでもやってみたい。」と、思える分かりやすい内容ばかりでした。

何と、来年の開催もすでに決定!
2019年の1月26日(土)。

石狩の冬は限りなく熱い!!

ぜひ、ご来場をお待ちしています。

以下報告です。

-----------------------
TOSS石狩教育サークル 冬の「スペシャル」拡大例会2018
《千葉 康弘 セミナー in 石狩》

■日時:平成30年1月27日(土) 13:30ー16:30

■会場:札幌市厚別区民センター 視聴覚室

■講師
千葉 康弘 氏(北海道公立学校教頭)
髙橋 賢治 氏(北海道公立学校主幹教諭)
高杉 祐之 氏(北海道公立学校教諭)

■講座内容

【講座1】
授業技量検定 F〜D表
検定員 千葉先生、髙橋先生、高杉先生

【講座2】
授業クリニック(介入模擬授業)1分・3分・5分コース
介入 千葉先生、髙橋先生、高杉先生

【講座3】
あんな学級を作りたい 学級経営レベルアップ講座

【講座4】
担任外教諭必見 学校づくりを推進する教師の力量
①特別支援コーディネーターとしての特別支援教育推進(高杉先生)
②主幹教諭としての調整力を生かした学校運営推進(高橋先生)
③教頭として子どもも教師も夢のある学校作りの実現はこうする!(千葉先生)

【講座5】
Q&A


■参加者
一般 24名
事務局 10名
講師 3名
計 37名


■参加者の感想(アンケートより抜粋)

(1)
今日もすばらしい内容の講座をひらいて頂き、ありがとうございます。特に、千葉先生のユーモアあふれた、笑顔の語りが「聞きたい!」という意欲をかき立てられました。チャレンジテストの活用法は、他のペーパーテストにも活用することができ、子どもたちの自主的学習につなげることもでき、すばらしい実践だと思いました。今日の講座は、学校運営にも目を向けられていて、とても興味深かったです。

(2)
とても勉強になりました。千葉先生のもとで働けることがうらやましいです。「おこがましい!」耳に残りました。授業技量検定、クリニック、ありがとうございます!自分の声の修業を早速始めたいと思います。またやりに来ます!

(3)
学級経営のレベルアップに向けての具体的なお話を、たくさん聞くことができ、すぐに実践していきたいと思いました。学級をレベルアップするためには、まずは自分がレベルアップするということがとても心に響きました。また、授業クリニックや、技量検定を通して、最初の導入の大切さに気づかされました。声、表情、言葉の短さ等を意識して、月曜日からの授業をしていきたいと思います。

(4)
本を読む、人に会う、本物を知る、本物を知るということがあまりなかったと感じています。初任者段階研修もあり、研修等に参加する機会がありませんでしたが、本物を知るという言葉を聞いて、色々な場所へ足を運び学びたいと感じました。

(5)
ライセンスは、自分ならどんな代案が出せるか、どの項目にどのくらいの点数をつけるかと考えながら受けました。講師の方のコメントを聞くと「あれども見えず」がたくさんありました。今年中に2度、真前へ出てライセンスを受けます。自分も頑張ろうと、力を頂きました。介入、言葉を削る、リズムテンポを崩さない、わかっているつもりでも、気づかない、できていないということを再確認しました。3人の講座、具体的な事実、そこにどのような思想があるかを、スパッスパッと切れ味鋭く、刻みこんでいただきました。一流を目指し、日々の行動を、改めます!


# by tosshkd | 2018-01-30 06:22 | 【石狩】

【報告】TOSS石狩教育サークル 例会(1月23日)をしました。

e0252129_20122153.jpg
TOSS石狩教育サークルです。

サークル例会の報告です。
今回は授業検討を中心に行いました。

3学期も毎週火曜日に、
授業作りの例会や通常例会をする予定です。
よろしければご参加ください。

−−−
TOSS石狩教育サークル 例会(1月23日)

日時 2018年1月23日(火)18時〜21時

場所 北広島花ホール 会議室

参加者 9名(サークル員8名、学生1名)

内容
1 指導部通信「丘を眺めて」
2 学級通信「きみがわらえば」
3 学生模擬授業「特別支援学級生活科 野菜を育てよう」
4 模擬授業「小2算数 1000より大きな数」
5 ライセンス授業検討「手育」
6 特別支援学習会(第8期)企画案
7 冬の拡大例会用アンケート検討
8 教えてQ&A

# by tosshkd | 2018-01-23 21:00 | 【石狩】

TOSSとびら第152回例会

小西です。
本日の例会報告です。
平成30年1月21日(日)14:30~16:30
日高町門別公民館
参加者5名
内容
1.『新版 子供を動かす法則』読み合わせ
だまされてやることも教育では大切。
ここまでの懐の深さをもつのは本当に難しい。
存在感を与えられるよう様々な場を作る。
自分はそのような学級経営ができているのか?
まだまだ自分は浅いと痛感。
2.模擬授業 5年算数 角柱と円柱
明確な指示とは?
写真やお菓子箱をどう扱うか?
サラッと行く方法もあれば、ここでイメージ化させる方法もある。
戻って繰り返し使うこともできる。
対象をはっきりさせる。
大事なことは子供に見つけさせる。
3.提案文書 専門委員会改編について 
現状を見える化。
それを踏まえての改善策。
実態は年々変わる。
より良くするための仕組みづくり。
分掌の仕事はかくあるべき。
4.授業づくり 1年国語 おもい出して書こう 
指導事項は何か?
1年生で確実に押さえるべき内容を洗い出す。
教科書の例示を使い倒す。
「書くことがない」という子供への対応と指導。
子供が自己決定していけるような流れを作る。
1年生なりに自己決定できる。
5.国語科学習指導案 
公開研の指導案。
研究仮説や内容が私の勤務校と似ている。
教材解釈で頭を使った。
本当は小西のレポートと模擬授業もあったが、ここで時間切れ。
例会を上手に仕切ること、タイムマネジメントがまだまだできていない。
力不足を痛感。
次に他のサークルに行くときは、代表の仕切りをよく観察して学ぶ。
次回例会は、2月9日(金)18:00~日高小学校にて行います。
e0252129_19125888.jpg



# by tosshkd | 2018-01-21 19:14 | 【胆振・日高】

【報告】特別支援学習会 第7期(4回目)1月19日(金)厚別区民センター

NPO TOSS石狩の石田晃大です。

「特別支援学習会 第7期」4回目を開催しました。
e0252129_14074758.jpg
新学期を迎えたばかりの学校も多いかと思います。
にも関わらず、会場が狭く感じられる程、たくさんの方にご参加いただきました。

今回は「ワーキングメモリに配慮した授業」がテーマでした。

百玉そろばんの実演では、講師の高杉先生から「動画撮影」の許可が!
テンポ良く展開される技の数々に、「早速使ってみたい。」という感想もいただきました。

模擬授業では、参加者の方が「ひたすら喋りまくる子役」の前に立ってみるという「体験タイム」もありました。
6名の方が前に立ち、熱心に学ばれていました。


・繰り返し学べて、何度学んでも新しい発見がある「プレイバック講座」
・納得の介入と解説、模擬授業と模擬対応
・圧巻、QA講座

など、毎回「来て良かった」と思える内容ばかりです。

次回は7期最終回です。
「ワーキングメモリに配慮した学級経営」・・・またまたDEEPな内容です。
そして、プレイバック講座は「愛着障害」について…最新の知見を盛り込んだ必見の講座です。


第5回もご期待ください。

----------

特別支援学習会 第7期(4回目)

■日時:平成30年1月19日(金) 19:00~20:45

■場所:札幌市厚別区民センター(視聴覚室)

■テーマ『ワーキングメモリ』
 〜ワーキングメモリを知り、子どもに力を付ける指導法を探る~

■講師:高杉祐之 氏
(恵庭市立和光小学校 特別支援コーディネーター)

■講座内容

【第1講座】 19:00~19:20
プレイバック講座~リミットテスト

【第2講座】 19:20~19:40
ワーキングメモリに配慮した授業
~教科書の扱い方、作業指示の仕方~
※百玉そろばんの実演あり

【休憩】 19:40~19:50
QA用紙、アンケート記入

【第3講座】 19:50~20:20
前半…模擬授業とポジティブノーリアクション体験
後半…こだわり行動への言葉かけ

【休憩】 20:20~20:25
QA用紙、アンケート記入

【第4講座】 20:25~20:45
Q&A講座

■参加者
一般 26名
事務局 9名
講師  1名
計  36名

■アンケートから

(1)
ワーキングメモリーは脳の成長とともに変わり、さらに子どもの行動も変わっていくのはすごいと思いました。ポジティブノーリアクションを、今から実践していきたいです。特学で、1対1だと、とてもやりにくいのですが(特別支援児童対応で)、わがままを言ったり、試しているのが分かるので、そう受け止めて対応します。

(2)
なぜそれがよいのかという理論とそれを体験することで、とてもわかりやすい講座だった。月曜日から「楽しい」「緊張」を上手に使った授業、一時に一事・テンポ・褒めるといった今まで大切にしていたことをさらに大切にして、子どもたちに安心させられるような教室を作っていきたい。

(3)
子どもの不適応行動は、周りの大人の対応により影響力があるということを、はじめて知り、勉強になりました。よい対応ができるよう学んでいこうと思いました。

(4)
“荒れている”状態から“荒れていた”6年生と周りから言われるようになってきました。そのような状態になったのも、特別支援学習会での学びがとても大きいように思います。本当に感謝しております。

(5)
プレイバック講座で、大切なこと、基本を学ぶことができました。勉強不足をとても感じました。もっと聞きたかったです。どの講座も、具体的で、対応の基本を知ることができました。久し振りの参加でしたので、とても学びが浅くなっていました。もっとしっかりと、本を読み、学んで、目の前の子どのたちに、しっかりと対応しなくては…と思っています。

(6)
改めて原理原則の大切さを学びました。プロの教師とは何なのか、教師の仕事は子どもを成長させること、一人ひとり、だれも見過ごすことなく、力を磨き続けます。

(7)
百玉そろばんの実演、久しぶりに見ました。「瞬間」「隠し玉」がこんなに速いとは驚きでした。3学期すぐにやってみたいです。

■次回以降の日程

2017.10.20~2018.2.9(月1回 計5回)

第5回  2月 9日(金)※第7期最終回です


(終了しました!)
第1回 10月20日(金)
第2回 11月10日(金)
第3回 12月 8日(金)
第4回  1月19日(金)


以上です。
# by tosshkd | 2018-01-21 14:09 | 【石狩】

【報告】TOSS石狩教育サークル1月例会をしました。

e0252129_15201361.jpg
TOSS石狩教育サークルです。
今年もよろしくお願いします。

新春1月例会を行いました。
冬季休業中に参加した合宿とセミナー報告などを
中心に行いました。

3学期も毎週火曜日に、
授業作りの会や通常例会をする予定です。
よろしければご参加ください。

また、サークルホームページもご覧ください。
学習会情報などをお知らせします。

−−−
TOSS石狩教育サークル 1月例会

日時 2018年1月16日(火)18時〜21時

場所 北広島花ホール 会議室

参加者 サークル員9名

内容
1 TOSS伊東合宿 参加レポート
2 TOSS特別支援教育セミナーin大阪 参加レポート
3 ABC応用行動分析学チェックリスト
4 ADHDの3つの薬の特徴と比較
5 いじめ予防プログラム トリプルチェンジ
6 TOSS教え方セミナーin石狩・札幌 講座
7 学級通信
8 TOSS伊東合宿 特別支援教育分科会レポート
9 模擬授業 高校国語「漢文 秋浦歌 李白」
10教えてQ&A

# by tosshkd | 2018-01-17 17:00 | 【石狩】

TOSSフェルマータ第136回例会

第136回例会を開催しました。

来週からの3学期に向けて

スイッチオンの例会でした。

TOSSフェルマータ拡大例会兼第136回例会

e0252129_22232267.jpg
平成30年1月13日(土)10:00~12:00

若草つどいセンター

◇参加者5名(敬称略)

◇内容

1.教え方セミナー20180422登別企画会議

2.『授業の腕をあげる法則』読み合わせP.64

①定量化という切り口

②意図的に自分の技量を客観的に見ることが必要

③教師のレベルが公に言われるようになった

3.伊東合宿報告

4.文書検討

青銅の3日間

5.模擬授業

①算数「時計」

②国語「漢字文化 着」

③音楽「童謡の誕生」

次回例会は2月16日(金)夜間

若草つどいセンターにて。


# by tosshkd | 2018-01-13 22:24 | 【胆振・日高】

【例会報告】TOSSシグナス18年1月例会

本日行った第195回例会の報告です。

■TOSSシグナス
 2018年1月12日(金) 19:00~20:15
 苫小牧市民活動センター
  
■内容

 1.伊東合宿報告
    ~合宿のテキストやレポートなどをもとに解説し、
     質問を受ける。学びを還元。
     来年は、より多くの北海道の仲間と参加したい!

 2.青銅の三日間レポート検討

 (1)(A4 4枚)
    ~2学期を振り返り、文字にすることで、
     改善点だけでなく、良くなった点も明確になっている。
     冬休み中にやっておくことの「リスト」があるのも
     非常に参考になる。

 (2)(A4 6枚)
    ~黄金の三日間にたてた方針をもとに、
     1学期末、2学期末とどのように変容していったか分かる
     レポートの書き方が勉強になる。
     
 (3)(B4 1枚)
    ~新学期2日間の計画。
     始業式に必ず聞く質問を紹介。

 3.レポート検討

 (1)(A4裏表4枚) 学級通信
    ~例会での学びをいかした年賀状の実践が非常い良い。
     冬休み1行日記風に涙。

 (2)(A4 9枚) 国語科学習計画
    ~教科書をしっかり活用した取組が良い。
     3学期も準備万端!

 (3)(B4 15枚) 学級通信No171~185
    ~パーティーの企画書紹介や、「かつお節削り体験授業」の感想、
     冬休み前の諸連絡など。

 (4)(B4 1枚) 伊東合宿分科会レポート
    ~伊東合宿で提案した教え方セミナーのレポート。
     多くの人に来ていただくための具体的戦略。

 (5)(A4 2枚) 教え方セミナーチラシ(シンプル版)
    ~後援申請や学校回覧用のシンプルなチラシ。
     情報を精選し、見やすくする。

 (6)(A4裏表1枚) 教え方セミナーチラシ(カラー版)
    ~一人一人に渡す用のチラシ。ビジュアルに。
     過去の参加者の声を大目に書く。

その他、朝日新聞夕刊記事「教育再生をたどって3」
林文科大臣からの日本教育技術学会祝辞
他サークルの教え方セミナーチラシ など

 4.模擬授業

 (1)算数5年「角柱と円柱」
    ~どう書かせるか、順序が違うだけで大きな違いになる。
     視覚にうったえる手立ても必要。

 (2)算数4年「小数のわり算」
    ~ややこしい「考え方」をどうエラーレスで取り組ませるかが
     ポイントになる。
   
 次回例会は、2018年2月2日(金)に行う予定です。
 参加希望の方は、田上までご連絡を!

e0252129_01474902.jpg
 
e0252129_01474481.jpg
 
 

# by tosshkd | 2018-01-13 01:48 | 【胆振・日高】

【例会報告】第89回TOSS轍例会

【例会報告】第89回TOSS轍例会

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
例会を行いましたので報告します。

■日時 
平成30年1月4日(木)14:00~16:00

■場所
苫小牧市市民活動センター 2F 研修室B

■参加者1名 藤田

■内容
1.レポート

サークル通信TOSS轍91号 
ブロンズの3学期の三日間

2.読み合わせ

子供を動かす法則
六 朝会に全校児童を集合させる方法


2 自分で自分に判断をさせる

700人の児童が朝会に遅れずに集合できるようにするための指導。


①朝礼台に立って、見まわして礼をする。
②最後まで黙って聞くように言う。
③チャイムの音が朝会開始の合図であること。
④鳴り始めた時に、校庭にいた人を座らせる。(もう一度繰り返す)
⑤座った子を褒め、立っている子には次からは座れるように言う。
⑥全員立たせ、終了後朝礼台を降りる。
1分20秒。

簡潔であること。
開始の時刻を教える。
自分でできたかどうかを自分で判断させる。
できた子を褒める。
できなかった子には次はできるように言う。

短い時間の中に、子どもが動きやすい指示がある。
2回目は、同じ内容でも、45秒で終わる。
そして、座る子が増えた。
回を重ねるたびに、話は短くなり、その一方で座る子どもたちが増えていく。
あるクラスでは、拍手が起こる。

これは一つのゲームになっている。

この中に、ごまかしがいたっていいという。

このようなささいなことをごまかすいじらしい子供を教育できないほど、
私たちの教育はひ弱ではないと思っている。

全員が達成できた7回目でやめる。

これをもう一回続けたらどうだろう。七〇〇名近い子供がいるのである。
その中に、再びおくれて出てくる子もいよう。
病気ということもある。寝坊ということもある。
七〇〇名近い全校児童の前で、しかも大歓声、大拍手の熱気の起こった次の回に、
その子は立たなくてはならないのである。
これは残酷なことだ。
私はこんな残酷なことを子どもにさせるわけにはいかない。


切り上げ方というのか、指導の見極めがすごいと思う。
普通の感覚では、それと逆のことをしてしまうと思う。
そうして子ども達を傷つけてしまうのだ。
これが残酷なこと。
教師は、正しいことを貫こうとするあまり、
時に子どもを傷つけてしまったり、
残酷なことをしてしまったりする。
悪意があるわけではないが、
善意によって傷つけてしまうのである。
気を付けたいと思った。


3.模擬授業
5年国語 古典の世界(二)
5年算数 割合 百分率

今回は、流し方というより、
声の出し方目線などを重点に行った。
動画で撮って確認をした。


# by tosshkd | 2018-01-05 23:02 | 【胆振・日高】

TOSSフェルマータ第135回例会

第135回例会を開催しました。

少人数だったので、

たっぷりQ&Aを行いました。

TOSSフェルマータ拡大例会兼第135回例会

平成29年12月9日(土)10:00~12:00

若草つどいセンター

◇参加者3名

◇内容

1.『授業の腕をあげる法則』読み合わせP.5862

①教師の根気が大事。

②目標をごほうびにしてはそれで終わってしまう。

③動かすことをねらいにしない。

 動かすことにおいて教育をする。

④はげましにはいろいろある。具現化した行動を。

 例 跳び箱指導

2.模擬授業

国語 梅の花~(古今)

3.Q&A

①道徳の評価

②道徳のカリキュラム

③外国語科・活動のカリキュラム

35時間増への対応

⑤特別支援対応

次回例会は1月13日(土)午前

若草つどいセンターにて。

e0252129_19154455.jpg


# by tosshkd | 2017-12-11 19:16 | 【胆振・日高】

【報告】特別支援学習会 第7期(3回目)12月8日(金)厚別区民ホール

NPO TOSS石狩の石田晃大です。

大雪の中でしたが、30名の方にお越しいただき、「特別支援学習会 第7期」3回目を開催しました。
e0252129_19282886.jpg
シリーズで学ぶ第7期のテーマは『ワーキングメモリ』

今回はワーキングメモリの「鍛え方」ということで、NBack課題や「アタマげんきどこどこ」の体験と高杉先生の解説。

参加者の方も近くの方と相談し合うなど、たくさん声を出し、頭フル回転で楽しく分かりやすく学び合いました。


・繰り返し学べて、何度学んでも新しい発見がある「プレイバック講座」
・大好評新企画「模擬保護者面談」
・圧巻、QA講座

など、毎回「来て良かった」と思える内容ばかりです。

次回は「ワーキングメモリに配慮した授業」についてDEEPに学びます!
そして、プレイバック講座は「リミットテスト」…学級の統率力を磨きたい担任の先生方には必見の内容です。

第4回もご期待ください。

----------

特別支援学習会 第7期(3回目)

■日時:平成29年12月8日(金) 19:00~20:45

■場所:札幌市厚別区民センター(区民ホール)

■テーマ『ワーキングメモリ』
 〜ワーキングメモリを知り、子どもに力を付ける指導法を探る~

■講師:高杉祐之 氏
(恵庭市立和光小学校 特別支援コーディネーター)

■講座内容

【0講座】開始前
高杉学級の授業ビデオ分析と解説

【第1講座】 19:00~19:20
プレイバック講座~ディスレクシア

【第2講座】 19:20~19:40
ワーキングメモリの鍛え方
  ~効果的な教材、教具、方法~

【休憩】 19:40~19:50
QA用紙、アンケート記入

※特別講座 高杉学級の授業ビデオ分析と解説

【特別企画~高杉学級参観記】19:45~19:55
レポート発表と高杉先生のコメント

【第3講座】 19:55~20:25
前半…ポジティブノーリアクションの実例集
後半…模擬保護者面談

【休憩】 20:20~20:25
QA用紙、アンケート記入

【第4講座】 20:25~20:45
Q&A講座


■参加者
一般 22名
学生  2名
事務局 6名
講師  1名
計  31名


■アンケートから

(1)
毎年3~4人の保護者の方と面談しますが、本当にケースbyケースです。
同じ職場の人でさえ、どのようにやっているのか分からない中、模擬でもどのような意図で、どのように進めているのかを見ることができて勉強になりました。もっといろんなケースのものを見せていただきたいです。

(2)
今、ちょうど保護者面談をしているので、高杉先生の面談のことを知ることができて、とても良かったです。ためになりました。
「保護者は味方です。」との言葉、その通りだなぁと思いました。
荒れている学年の保護者たちなので、他のクラスの担任は、どうも対決姿勢で面談に臨んでいるようで・・・、主任としてはハラハラの毎日です・・・。

(3)
LDの中でも算数ができない子に「女の子が多い」という話は「なるほど!確かに男の子は、結構できない子も算数は得意だなぁ。」と思いました。
女子と男子の傾向がわかってよかったです。
ポジティブノーリアクションの流れの中で集団の統率力を使う場面がはっきりわかった。とても参考になりました!
どんな質問でも的確に答えていただき、高杉先生は、本当にすごいなと思いました。

(4)
信頼関係を作るために時間を急がないことが大切というのに納得しました。
コーディネーターと担任の連携の大切さと、難しさを感じました。
普段からのコミュニケーションがいかに大切かと思いました。
(コーディエーターと職員間の。)

(5)
学習規律の必要性について考えることができました。
静かな環境は授業をしやすいという視点。学習効果を高めるだけではなく、刺激に弱い子どもたちにとっての視点で考えていきたいと思います
教科書を持つ、それだけにたくさん意味(有効な手立てになる)があることを、実感しました。


■次回以降の日程

2017.10.20~2018.2.9(月1回 計5回)

第4回  1月19日(金)
第5回  2月 9日(金)


(終了しました!)
第1回 10月20日(金)
第2回 11月10日(金)
第3回 12月 8日(金)


以上です。

# by tosshkd | 2017-12-10 19:30 | 【石狩】

【例会報告】第88回TOSS轍例会

例会報告です。


■日時 

平成29123日(日)10001200

■場所

苫小牧市市民活動センター 2F 研修室B

■参加者1名 藤田

■内容

1.読み合わせ

子供を動かす法則

五「プロの目」は、修業によってつちかわれる


今回の章を読んで、気づかされたのが

子ども理解とは、理解しようという「意欲」ではなく、

理解するための「方法」を持って実行すること。

私は、「意欲」と「方法」の違いを意識しているかと言えば、できてはいない。

そのためには、「放課後の孤独の作業」や

自分の授業の映像を撮って視聴するような修業をしないとできるようにはならないのだろう。


2.レポート

サークル通信TOSS90号 


3.模擬授業

算数 5年 「分数と小数・整数の関係~わり算と分数」

先行実践の追試をする。

自分の言葉が多い。

何の教科でもそうなのだが、追試をしようとするとついその言葉にとらわれて、

思い出すのに必死になり、流れが悪くなる。

私自身ワーキングメモリーが少ないので、

追試の言葉をそっくりそのまま言うのが難しいことがある。

もちろん我流はいけないが、さらに言葉を削り、シンプルにしなければと思った。

 

4.教材研究

社会 3年 「店で働く人仕事」

スーパーマーケットで働く人についての学習。

見開きのスーパーマーケットの店内のイラストを使って発問も考える。

イメージとしては、小さな子でも答えられるような易しい授業にしたい。



今年も、サークルを12回行うことができた。

一人例会もあったが、参加してくださった先生方、

またメッセージ等で応援してくださった先生方にも感謝。

来年は天皇陛下の退位により元号が、年度途中で変わる年になるが、

来年もまた休まず続けたい。

来年12月に100回目を迎える。

それまで、元気に教師修業に励もう。

本年もお世話になりました。

また来年もどうぞよろしくお願いいたします。


# by tosshkd | 2017-12-03 20:00 | 【胆振・日高】

【例会報告】TOSSシグナス17年12月例会

昨日行った第194回例会の報告です。

■TOSSシグナス
 2017年12月1日(金) 19:00~20:15
 苫小牧市民活動センター
  
■内容
 1.レポート検討
 (1)(A4裏表3枚) 学級通信
    ~参観日の案内など。
     学年レク等も一緒で、保護者への案内がわかりやすい。

 (2)(B4 5枚) クリスマス会実施計画案など
    ~特別支援学級のイベントの提案文書。
     準備から実施までの日程・スケジュール表があると
     削れる時間が明確になる。

 (3)(B4 13枚) 学級通信No158~170
    ~漢字50問テストの結果・分析や、学習の様子
     実物ノートのお手本など

 (4)(B4 1枚) 木版画資料
    ~木版画で児童に配付する資料。
     見本作品と下絵の描き方を示したもの。

 (5)(B4 2枚) 五色百人一首資料(青)
    ~札をスキャナで取り込み、印刷したもの。
     子どもが札を覚えるために使用。

 (6)(A4 6枚) 書籍原稿(通知表の所見)
    ~学芸みらい社から発刊される書籍の原稿。
     通知表の所見の書き方や文例集。
     先月も持ってきたが、編集からの依頼で、体裁を少し変更した。
     前回の方がメンバーには好評…。

 (7)(B4 1枚) 2学期自己評価(生活)
    ~2学期の自己評価資料~生活編。
     前半は、通知表と連動させ、後半は向山先生の第2通知表を真似る。

 (8)(B4裏表1枚)2学期自己評価(学習)
    ~基本、記述式。
     外国語活動は、チェックポイントを設ける。
     所見作成に利用。

 (9)(A4 1枚) 音楽集会シナリオ
    ~勤務校の音楽集会の発表シナリオ
     学習発表会でやったことを応用する。

その他、朝日新聞夕刊記事「教育再生をたどって3」など

 2.模擬授業
 (1)視知覚トレーニングフラッシュカード等
    ~趣意説明があると、更によい。
     目の前の子どもに合わせた、ちょっとした工夫があると分かりやすい。
   
 次回例会は、2018年1月12日(金)に行う予定です。
 参加希望の方は、田上までご連絡を!

# by tosshkd | 2017-12-02 11:01 | 【胆振・日高】

【報告】特別支援対応&授業力向上セミナー

e0252129_20442730.jpg
e0252129_20443289.jpg
e0252129_20443584.jpg




NPO TOSS石狩 橋爪里佳です。

11月18日(土)特別支援対応&授業力向上セミナー
を開催いたしました。

以下、報告いたします。

1.日時 11月18日(土)11:00~16:40

2.場所 札幌 北海道建設会館

3.講師 伴一孝先生、木村重夫先生、千葉康弘先生、高杉祐之先生

4.参加者52人(参加者41人 講師4人 事務局7人)

5.内容

11:00~11:30『授業クリニック』3名

11:30~12:00『管理職からのエール』(千葉先生)

12:30~12:50『ビデオクリニック』2名

12:50~13:20『主体的・対話的で深い学び!「向山型国語」の分析』(伴先生)

13:30~14:00『主体的・対話的で深い学び!「向山型算数システム」の分析』(木村先生)

14:00~14:20『DEEP授業クリニック』2名

14:20~14:35『高杉氏が語る「特別支援教育最前線」』

14:45~15:05『これがプロの授業!高段者のTHE授業』(木村先生)

15:05~15:25『これがプロの授業!高段者のTHE授業』(伴先生)

15:35~15:55『高段者の日常を徹底分析「ビデオ映像」』(木村先生)

15:55~16:15『高段者の日常を徹底分析「ビデオ映像」』(伴先生)

16:15~16:40『早く子どもたちに会いたくなる! 講師が答えるQ&A』(講師4名)

6.感想

・来てよかったと思いました。
 言葉を削ること、国語の発問、行進の指導、マット運動の指導、来てみなければわからないこと
 を教えていただき、明日から少し希望が湧きました。ありがとうございました。

・どの講座も興味深く、勉強になりました。
 また来週から元気に仕事できそうです。
 自分は今、校内ミニ研修を行っています。
 講師の先生方の話し方に引き付けられます。
 そんなふうになりたいので、またセミナーに参加したいと思います。

・毎年楽しみにしているセミナーです。
 初めて参加セミナーということもあり、初心を思い出すだけではなく、一年間を振り返ることが
 できるからです。
 今回も講師の先生方の授業を多く見られたり、模擬授業に対する代案が具体的で明確だったりして
 わかりやすく、意識するポイントが大変勉強になりました。
 月曜日からの授業では工夫して生かしていきます。
 本日はありがとうございました。

・実践から学ぶことの大切さを再認識しました。
 今後もTOSSの素晴らしい実践から学び、自分のものにしていきたいと強く思いました。
 採用試験にも通じる部分は全力で試験で生かし、現場に出てからも使えるようにしたいです。
# by tosshkd | 2017-11-26 20:45 | 【石狩】

【例会報告】第87回TOSS轍例会

【例会報告】第87回TOSS轍例会

■日時 
平成29年11月25日(土)14:45~16:10

■場所
苫小牧市市民活動センター 2F 研修室C

■参加者1名 藤田

■内容
1.レポート
サークル通信TOSS轍89号 

2.読み合わせ
子供を動かす法則
四「いじめ」の構造を、まず破壊せよ!

吉岡さんが班長に立候補する場面、クラス全員が挙手した描写は、何度も読んでも感動的だ。


3.模擬授業

算数 5年 単位量あたりの大きさ

月曜日に授業するところを教材研究。
誰もいない会議室の座席に向かって練習。
ホワイトボードで板書し、ノートも書いておく。


今日は、家の用事もあったので、
予定の時刻よりも早く行い、早く切り上げて帰ってきた。
いろいろと仕事を持ち込んだが、
ほとんどできなかった。

次回は、12月3日(日)10:00~12:00 の予定。

# by tosshkd | 2017-11-25 17:28 | 【胆振・日高】

TOSSフェルマータ拡大例会兼第134回例会

札幌にて

拡大例会兼第134回例会を開催しました。

例会も懇親会も盛り上がり、

楽しく学びました。

参加した皆様から好評をいただきました。

TOSSフェルマータ拡大例会兼第134回例会

平成29年11月11日(土)13:30~16:30

北海道立道民活動センターかでる2.7 1030会議室

◇参加者9名

講座1

TOSSフェルマータ例会恒例

『授業の腕をあげる法則』読み合わせP.4857

講座2

TOSS授業技量検定E表・模擬D表

E表:2名

模擬D表:1名

講座3

授業の腕がその場で上がる介入あり模擬授業

講座4

表文化も裏文化も盛り上がる学級経営

講座5

女教師流生徒対応術

講座6

B表突破の授業作り

講座7

TOSS音楽講座

講座8

Q&A・主幹教諭の日常

次回例会は12月9日(土)午前

若草つどいセンターにて。

e0252129_22292560.jpg
e0252129_22302795.jpg
e0252129_22310649.jpg


# by tosshkd | 2017-11-14 22:31 | 【胆振・日高】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧