<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【教え方セミナー報告】札幌石狩・5/12(土)午後・第3回小野セミナー

e0252129_06114082.jpg
TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー最終日。
K会場《特別支援を核とした学級づくりセミナー》を行いました。

会場は白石区民センターホール。
岡山から小野隆行先生をお迎えする本セミナーも3年目です。

子どもの姿を通して具体的に語られる対応と実践の数々。
「あれども見えず」がすっきりと見えてくる分析と解説。

小野先生のお話をうかがうと、早く教室の子どもに会いたくなります。
教師の仕事の素晴らしさを改めて噛み締めます。

参加者からも、
「小野先生のお話を聞いて元気が出ました。」
「明日からの授業に活かしたいと思います。」
と、たくさんの感想をいただきました。

以下、報告です。


----------
第3回 特別支援を核とした学級づくりセミナー(小野セミナー)
兼 教え方セミナーK会場

1 日時:5月12日(土)午後 13:00〜16:30

2 会場:札幌市白石区民センターホール

3 講座内容

講座1 子役付き模擬授業
    (1)介入コース (2)映像コース
講座2 高速PDCAはアセスメントから始まる
(休憩 10分)
講座3 クラスが熱中する授業には原則がある
講座4 行事期を乗り切る学級経営と対応のポイント
講座5 小野先生の“校内研修”を体験しよう
(休憩 10分)
講座6 特別支援教育の最先端はこれだ
講座7 Q&A

4 講師

小野隆行 先生
高杉祐之 先生

5 参加人数
(1)参加者 40名
(2)事務局 12名
(3)講師   2名
(4)合計  54名

6 感想(アンケートから)

☆小学校男性
特別支援のことを何も知らないなと痛感させられました。香りや音のことなど、概念にもなく、驚きました。来週から「表情と動作で褒める」ことに気をつけていこうと思います。学ぶべきことが非常に多かったです。

☆小学校男性
小野先生のお話を聞いて元気が出ました。教師が元気で明るく大らかでいなければ子どもはたまらないなと思いました。小野先生の対応はどれもあたたかく優しくユーモアがありました。暴れる子どもの前でどう対応すればいいか悩み、ついつい硬くなっていることに気が付きました。月曜からまた頑張ろうと思います。子どもの味方でいられるよう学校で取り組みたいことがまた増えました。

☆小学校男性
安心感を与える場面、ピリッとさせる場面の使い分け、とても参考になりました。子どもも大人も同じなのに、子どもに求めすぎてしまっていた自分に大きく反省させられました。まずは指示の出し方、構成、対応術を見直して、明日からの授業に活かしたいと思います。また、校内研修の方法もとても勉強になりました。

☆小学校女性
小野先生や高杉先生の講座を何度か受け、教えていただいたことを子どもに実践し続け、子どもが大きく変わる経験を目にしてきました。こうやって教えていただけて、本当に本当にありがたいです。また必ず参加したいと思っています。

☆小学校女性
じゃんけんして負けた時の「偉い!」と間髪を入れない対応等、細かな所で、再確認させられる対応方法があり、とても充実した講座ばかりでした。大人のアンガーマネジメントは、とても興味深く、自分も参考にしてやらなければならないと思いました。子どもにも話して、お互いに実践していこうと思います。

☆小学校女性
いつも、見ている側でしたが、前に立つと、自分の傾向や子どもへの関わり方等、わかりました。特別支援の子どもへのアセスメント、自分も、少しずつ予想してみようとしているのですが、圧倒的に難しいなと思います。もっと、このセミナーや、読書、映像等を見て、勉強していきたいと思います。アンガーマネジメントについて、自分をセルフコントロールすることの大切さもわかりました。自分も、教室にアンガーコントロールの表を作りたいと思いました。

☆小学校女性
今、育休中ですが、教師は本当にに素晴らしい仕事だと改めて感じました。育休中にしかできない学びをしていきたいと思いました。まずは、家で授業の練習そしてサークルで授業を見てもらいます。

☆高等学校男性
熱に触れ、空気に触れ、内面に小野先生、高杉先生の気迫や志が満たされたような気分になっています。具体的な対面スキルを発見したとか気がついたとかでは無いのですが、月曜からの活力で満たされた気分です。

☆小学校女性
様々な対応を学ぶことができました。小野先生も高杉先生も、対応のあたたかさが印象的でした。どの子も一人一人違います。アセスメントをとって仮説を立ててみる。そして手立てを打ってみる。また来週からがんばります。また、小野先生もカ〜!!ってなった時があったというお話、それをどうクールダウンさせるかのお話、なるほどでした!!また参加したいです。

[PR]
by tosshkd | 2018-05-17 06:14 | 【石狩】

【例会 教え方報告】TOSSフェルマータ第140回例会兼教え方セミナー登別サークル体験会場

本日、登別市で

TOSSフェルマータ第140回例会

教え方セミナーサークル体験会場を開催しました。

学びを深め、技術について語り合う時間となりました。

e0252129_23111908.jpg
日 時:201851310:0012:00

会 場:若草つどいセンター

テーマ:サークル体験~TOSSフェルマータ

内 容:

第1講座 教育書の読み合わせで学びを深める

第2講座 持ち寄り文書で実践の質を高める

第3講座 模擬授業で技術を身に付ける

第4講座 おすすめ書籍の紹介

参加者:一 般2

    事務局1

    合 計3

感 想:

来週、子ども達に授業するのが楽しみになった。

代表の高橋賢治先生の授業も、とても楽しかった。

技術、技能があるとは、どういうことかを

まざまざと見せつけられた。

理論と技術のセットで、今回も学びがいっぱいだった。

体の疲れもスーッと消えていき、また来週から頑張る力が沸いた。

紹介してもらった本も、帰り道の本屋さんでゲット。


[PR]
by tosshkd | 2018-05-13 23:12

【例会報告】TOSSシグナス18年5月例会

先日行った第199回例会の報告です。

(次回が200回目!!)

■TOSSシグナス
 2018年5月11日(金) 19:00~20:55
 苫小牧市民活動センター
  
■内容
 1.近況報告

 2.レポート検討
 (1)(A4裏表11枚) 学級通信
    ~参観日の授業の様子や、家庭学習の取組について。
     家庭学習の趣意説明が良い。

 (2)(B4 2枚) 家庭学習見本
    ~児童に配付する家庭学習の見本。
     やらせっぱなしではない、丁寧な指導がさすが。

 (3)(A4 2枚) 学習計画
    ~「言葉で遊ぼう」「こまを楽しむ」の学習計画
     問いと答えを学ぶのによい教材。

  ※先月紹介していただいた日案等の実物手帳を公開!
   勉強になります。

 (4)(A4裏表7枚) 学級通信
    ~総合、家庭科などの授業の記録や
     行事の紹介。
     算数テストの平均点がすごい!
  
 (5)(A4 14枚) 外国語活動推進通信4~17
    ~校務分掌のお仕事。
     英語好きの子どもを育てるポイントや
     クラスルームイングリッシュの紹介など。

 (6)(A4 3枚) 外国語自己評価カード
    ~単元ごとに行う、外国語活動の自己評価カード。
     通知表にそのまま転用できるようにしたところがポイント。

 (7)(A4 2枚) ALTとの打ち合わせ資料
    ~ALTとの打ち合わせがスムーズに進められるように
     作成した資料。

 (8)(B4 15枚) 学級通信「MILESTONE」No224~238
    ~先月持って行き忘れた5年生3月の学級通信。
     家庭学習調べの結果や「3.11」の授業など。

 (9)(B4 23枚) 学級通信「MILESTONE」No239~261
    ~各教科の授業開きや家庭学習の紹介、
     まちづくり・観光立国教育の授業など。

(10)(A4 2枚) 学年経営案
    ~学校の様式に沿ったもの。
     数値目標を取り入れる。

(11)(A4 1枚) 学級経営案
    ~学校の様式に沿ったもの。
     「教室環境」の項目があるのがいい。

(12)(A4 4枚) 総合的な学習の計画
    ~年間計画や「ようこそ、苫小牧へ」の指導案など。

(13)(A4 1枚) 学級懇談会資料
    ~6年生の主な行事、子ども達の様子など。
     その他、「そのまま保護者会資料」(騒人社)
     デジタルトークラインの資料なども配付。
その他、
勤務校のPTA資料、
産経新聞・解答乱麻「優れた授業は努力から生まれる」
など

 3.模擬授業
 (1)国語
    ~1画足して別の漢字にする授業。
     参観日に行ったもの。
     参観日用に、スモールステップで行っているのが良い。

 4.田上講座
    ~参観日に行った授業(画数)や
     その時の授業映像の視聴。

次回例会は、2018年6月1日(金)に行う予定です。
参加希望の方は、田上までご連絡を!

e0252129_01243487.jpg

















e0252129_01242303.jpg


[PR]
by tosshkd | 2018-05-13 01:25 | 【胆振・日高】

TOSS教え方セミナー(根室会場)報告

日時 平成30年3月16日 18時~20時30分
場所 根室市成央小学校参加 3名(参加2名、講師1名)
内容 第1講座 始業式を迎えるまでにやっておきたいこと   
第2講座 新学習指導要領に対応!誰もが安心できる英会話の授業   
第3講座 テストはこう選ぶ!子どもたちに優しく教師にも優しい教材選択法   
第4講座 教室における特別支援を要するであろうお子さんへの対応   
第5講座 かゆいところに手が届く!QA  普段のサークル内容にほんの少し、新年度を意識した内容を盛り込んだ。

第1講座は、雑誌などの論文をもとに話を進めた。一時一事の原則から始まる。
論文に気づいたこと等に線を引いた際、優先順に番号を降らせる。Y先生が「教師の決断なき・・・」の部分を第1とした。
その理由を問う。第2、第3と聞いていき、自然と論文が言いたいことをその一人が話すことになる。
実はこれ、授業で私がよく使う手法である。メインは国語であるが、社会で使うことも多い。
それを伝えると、「なるほど!」の声。教材研究が間に合わなくても授業の骨格さえあれば何とかなるものである。
語り、ルール、教室に置きたいもの、当番活動について論文をもとにかいつまんで大切なことを話していく。
その中で当番活動にスポットをあてて、話をした。当番活動を子どもたちの規範意識をつくる活動として考えるとという視点である。
当番のさせ方には色々ある。一般的な方法(班)と私の方法(個人)を比較して話を進める。
丁度、私の方法に、小野論文の「もう一歩の突っ込み」を展開すると「そうだったんですね」
「確かにさぼる子がいなくなりますね」と感想をいただけた。
もう一歩の突っ込みは、私の経験上、そこまでさぼる子はいなかったので借り物にはなったが、参考になってよかった。

第2講座の英会話は、T先生は授業を用意してきた。その意気込みやよし!確実に伸びている証拠だ。視点もよかった。
ただし、圧倒的な教材研究不足!というよりも教室全体を知らない独りよがり的な授業となっていた。
英語を専門にしている先生でありがちな「とにかく、英語をしゃべって進む」というものである。
開始早々、私たちに「?」が立つ。Y先生に「最初、どう授業を展開する?」と問う。
Y先生はスラスラと出てきた。やれる?と聞くがそれは無理ということだった。
でもすっきりしていた流れだった。交流で入っている先生の授業の流れがそうだという。
いい先生の授業を吸収している証拠だ。私が代案を示す。
「そうやればよかったんですね」「青木先生のほうがわかりやすいです。」と感想をいただけた。
そして私が講座で体験してもらおうと思っていたサイトで授業を私もしてみた。
それに対してT先生は「外国語活動で大切なのは『反復』と『単純化』であることがわかった」と感想を書いていた。
この感想は、自分で教材研究し、模擬授業をするという汗を流したからこそ出てきた言葉だろう。

第3講座は、国語と算数のテストの選択法に絞ってみた。算数のテストの教材の視点を問う。
Y先生は「フォーカステストは今年やってみて本当に良かったです」という。
つまり、特別支援を要する子どもたちに本当に学力を図れるという視点をもって選ぶということである。
T先生は、「解きやすいもの、色んな余計な情報がないもの」という視点を持つという。
そこで、私が一つの視点を示した。

第4学年の割り算の筆算の個所を、会社を伏せて提示した。
T先生は「これだめ!見ずらいです」「これにマスがまだあればいいんですが」と言って、テストを選んだ。
筆算にマスがきれいについたテストを選択。会社を本物のテストで見てもらう。S社であった。
テストの見本を次々と見ていくと、「やっぱりこの会社は難しいですね」
「コンパス、分度器はこの単元テストをするならいらない情報ですよね」はと言いながら、
他の会社のテストを選択できない理由を話していく。
国語のテストでは、教材文だけをまずは読んでもらった。 
その後、1問目だけを印刷したものを提示し、解いてもらった。
「テストの第1問目からつまづいたら、やる気ゼロになっちゃうんだよね。
だから、第1問目は解きやすいものが子どもたちは『今日のテストはいけるぞ!』と
やる気が出てくると思うんだよね。それに視点を置いたら、どれを選ぶ?」 
いくつか候補が出る。
マスがあると、できない子どもたちの助けになってやっぱりいいですよねと感想が出てくる中、最終問題を印刷したものを渡す。
「これ、絶対にこたえられないじゃないですか!」「内面を聞いてもわからなかったらどうなるんですか?」という中、
答えの例を私が言って、〇です。×です。
微妙だけど〇でいいかな?と判定をしてもらった。
「こんなことを採点するとき、やってたら大変じゃない?しかも30人分。
それに隣のクラスと甘いだとか辛いとか採点方法が違ってもやだよね。」
すると、「子ども同士でもきっともめますよね」とT先生が言う。いい観点だ。 
1問目と合わせて選ぶとしたらどの会社?と問うとS社となった。 
私は視点を与えただけである。

第4講座は、特別支援にスポットを当ててみた。 
ワークシートを元にNG対応、OK対応を学んでいく。
解説もつけてあるので、答えを探すことも可能なのだが、一番はその解説がクラスのある子を想像しやすいということだ。
「あーだからだ」「わかります、これ」と答えを考えるけれども、子どもの姿が目に浮かび、自分のことのように考えられる。
T先生は、下妻論文と小嶋論文を読み合わせた。
「暗中模索でやってきたことが、ある程度認められることでよかった」という感想を書いた。
ここで大切なことは「ある程度」としたところだ。
まだまだ、自分の実践を「よし!」とはせずに上を向いている。
言葉は体を表す。その心構えがあれば、まだまだ伸びる!今が伸び時だと感じた。 
第5講座はQAだが、どの講座においても質問を聞いてきたのでなくし、私が10年前に特別支援学級での最後の授業を再現してみた。
T先生も卒業生を担任する。最後の語りをどうするのか?すでに、思いがあったようでどこで伝えるのかを迷っているようだった。楽しみである。

[PR]
by tosshkd | 2018-05-10 06:52 | 【釧路・根室】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・5/8(火)夜間・サークル例会体験

e0252129_00054344.jpg
TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。


札幌石狩の教え方セミナー第10弾。
J会場《TOSS石狩教育サークル体験講座》を行いました。

会場は厚別区民センター会議室。
一般参加の方が5名いらっしゃいました。


学級通信や学校だよりから始まり、
図工の題材レポートに事例検討、お悩み相談など、
ご参加いただいた方からの提案や検討事例もありました。

「楽しかったです。明日から頑張ろうと、意欲が湧きました!」
「頭が整理できてとても助かりました。
 明日からまた具体的な動きを始めることができそうです。」
など、感想をいただきました。

事務局にとっても、充実した情報と学びが得られた会となりました。


次回、K会場は5月12日(土)。
小野先生を迎えて「第3回特別支援を核とした学級づくりセミナー」を開催します。

札幌石狩の教え方セミナーも大詰めです。

まだお席ご用意できます。
ぜひご参加ください!


以下、報告です。


----------
J会場 例会体験 《TOSS石狩教育サークル体験講座》

1 日時:5月8日(火)夜間 19:00〜21:00

2 会場:札幌市厚別区民センター会議室B

3 内容

(1)レポート検討
 学級通信3つ、学校便り巻頭文交流
(2)実践レポート
 題材のアイディアと授業の流れを追試できる形で紹介
(3)実践交流
 事例検討、お悩み相談、レポートについてのQAなど

4 参加人数
(1)参加者  5名
(2)事務局  8名
(3)合計  13名

5 参加者の感想

「楽しかったです。明日から頑張ろうと、意欲が湧きました!」
「頭が整理できてとても助かりました。
 明日からまた具体的な動きを始めることができそうです。」
「内容が濃くてあっという間に時間が過ぎた。」
「とても勉強になった。」

など、感想をいただきました。


[PR]
by tosshkd | 2018-05-09 00:06 | 【石狩】

【例会報告】第93回TOSS轍例会




■日時
平成30年5月2日(水)18:45~20:15

■場所
苫小牧市民活動センター 研修室B

■参加者 1名

■内容

1.読み合わせ

子供を動かす法則
四 指導方法を工夫して子供を動かす

2.レポート

サークル通信「轍」95号

その後は、学級通信を発行して帰宅。

来月は、6月16日(土)午後の予定


[PR]
by tosshkd | 2018-05-02 22:58 | 【胆振・日高】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧