<   2016年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

TOSSフェルマータ第121回例会

e0252129_20331563.jpg
第121回例会を行いました。
フラッシュカードから討論の進め方まで
演習や実演も絡めて幅広く学びました。

第121回例会

平成28年10月23日(日)10:00~12:00
登別市若草つどいセンター

◇参加者6名

◇内容
1.『授業の腕をあげる法則』読み合わせP.205~215
①記録をとることが研究になる。
②数字には分析を加える。
③続けていくためには自己肯定感が大事。
④今の教師の共通問題は何か。
⑤鳥の視点と蟻の視点の両方が必要。

2.模擬授業
D表授業検討
フラッシュカード「10の合成」
国語「雪」

次回例会は11月19日(土)13時から
札幌かでる2.7にて鈴木恭子先生をお招きして
特別例会を開催します。
お申し込みは
https://senseiportal.com/events/38863
からどうぞ!
[PR]
by tosshkd | 2016-10-23 20:33 | 【胆振・日高】

【報告】特別支援学習会in石狩 第5期(2回目)を行いました。

e0252129_294567.jpg


TOSS石狩教育サークル 主催

特別支援学習会in石狩 第5期(2回目) を行いました。

先日行われた杉山登志郎セミナーでこの学習会を知り
参加した、という方もいらっしゃいました。
広がりが感じられます。

次回は11月18日です。
「不適応行動を分析する」の第3弾。
「要求行動」について、です。

^^^
特別支援学習会 in 石狩 5th(2回目)

■日時:10月21日(金) 19:00~20:45
■場所:厚別区民センター(区民ホール)
■日程 (受付 18:30~:同時進行で個別相談会1名)
■テーマ
『不適応行動を分析する』~アセスメントと具体的対応~

【第1講座】 19:00~19:15
プレイバック講座~ASD児のいる学級経営

【第2講座】 19:15~19:40
逃避行動~アセスメントと具体的対応

【休憩】 19:40~19:50
QA、アンケート記入

【第3講座】 19:50~20:10
模擬授業1名(集中せず、気が散っている。)

【休憩】 20:10~20:20
QA、アンケート記入

【第4講座】 20:20~20:45
QA

■参加者
一般  32名
事務局  9名
講師   1名
計   42名

■アンケートより
いつもありがとうございます。ASDの子への対応の、
孤立させない、かまってあげる、大人は冷静に、この3つは
本当に大切だと日々実感しています。
毎回気づかされることがあり本当に勉強になります。

教師はアグリーマネジメントも大切ですね。
「暴言慣れ」を毎回させていただいてありがとうございます。

作業を入れることはこれまでも意識してきたつもりですが、
もっと短い言葉ですぐに全体を作業に入らせる、そして
個別に対応する、ということを今後は気をつけます。
明日からこうしてみよう、ということを
いつも学ぶことができるので毎回楽しみです。

お話がとてもわかりやすけて、具体的なたとえがたくさんあり、
現場で活用していきたいと思います。

プレイバック講座、とてもありがたいです。
前に聴いていても、もう一度聴くことで、あらたな発見があります。
今回は、今の学校の困っている状況にあてはまりました。
いつもたくさんの学びを得ています。

無駄な言葉がなくとても聞きやすい講座、ありがとうございました。
初めてだったのですが、とても有意義な時間でした。

今回模擬授業をされた先生が二通りの学習をみせてくださり、
そのわかりやすさと、テンポ、対応術にびっくりしました。
内容が充実しすぎていてとてもうれしいです。
[PR]
by tosshkd | 2016-10-23 02:12 | 【石狩】

【例会報告】第74回TOSS轍例会

e0252129_1732193.jpg例会を行いましたので報告いたします。

■日時
平成28年10月22日(土)14:00~16:00

■場所
苫小牧市民活動センター3F和室

■参加者1名 藤田

■内容

1.レポート 
サークル通信TOSS轍76号 音読

2.読み合わせ
学級を組織する法則
Ⅲ学級づくりの諸問題
二 外国の「校則」


3.仕事

時間が余ったので、学校の仕事をした。

時間割
個人懇談資料
記録

を作成した。

時間がありそうで意外となく予定以上の仕事はできなかった。
今回の例会は、いつも以上に楽してしまった感じ。
でも、続けていることだけでもよしとしよう。

来月は19日(土)の午後に予定。
[PR]
by tosshkd | 2016-10-22 17:29 | 【胆振・日高】

TOSSエステサークル

10月21日(金)18時~20時

参加者:3名

別海町交流館「ぷらと」

1.「教室の気になる子」について
 医療との連携の大切さ

2.レポート検討
 劇指導や児童会活動

3.模擬授業「0や1のわり算」
 教師の声についての分析

e0252129_9355931.jpg

[PR]
by tosshkd | 2016-10-21 09:31 | 【釧路・根室】

【報告】特別支援学習会in石狩 第5期(1回目)をしました。

e0252129_2250345.jpg


好評が続いている高杉祐之氏による
特別支援学習会は、昨日から第5期が始まりました。

第5期のテーマは『不適応行動を分析する』です。
今までの講座の総括、ともいえる内容となりそうです。
またプレイバック講座と題し、第1期の内容をおさらいしています。
これも特に初参加の方に好評でした。

個別相談会も始めました。
先日北海道で開催された特別支援教育セミナーでの追試です。
昨日はサークル員が相談しました。

2回目は10月21日(金)札幌市厚別区民センター で行います。
以下、報告です。
^^^
特別支援学習会 in 石狩 5th(1回目)

■日時:9月30日(金) 19:00~21:00
■場所:白石区民センター(区民ホール)
■日程 (受付 18:30~:同時進行で個別相談会数名)
■テーマ
『不適応行動を分析する』~アセスメントと具体的対応~

【第1講座】 19:00~19:15
プレイバック講座~ADHD児の必要なスキル

【第2講座】 19:15~19:40
注意喚起行動~アセスメントと具体的対応

【休憩】 19:40~19:45
QA、アンケート記入

【第3講座】 19:45~20:05
模擬授業2名(姿勢が悪く、ものが散らかっている。)

【休憩】 20:05~20:10
QA、アンケート記入

【第4講座】 20:10~20:30
QA

■参加者
一般  20名
事務局 12名
講師   1名
計   32名

■アンケートより
不適応行動の対応の仕方を具体的に示していただき、ありがとうございます。
短い時間に内容がぎっしりつまっていてとても勉強になります。
支援を要する子どもが授業に入ってきたときすかさずほめる、という基本を
忘れていました。
ADHDのプレイバック講座、とてもためになりました。
毎回実際にできる対応を教えていただけるので、ありがたいです。
以前参加できなかったので、プレイバック講座はとてもありがたいです。
このセミナーはいつも大変楽しく、勉強がいやでなくなります。
今までしらなかったことを多く学べた時間でした。
支援を要する子への対応が現場では叱責するか馬鹿にするかになっています。
ポジティブノーリアクション+正しい行動をほめる、という対応を
すぐにでも使いたい、広めたいと思いました。
多くの方に少しでも経験してもらう、というアイディアがよいです。
後期に向けて、あらたな気持ちの切り替えができました。
ぐちゃぐちゃな状況の中で「通る声」の大切さを実感しました。
不適応行動は教師の技量にも反映される、ということを痛感しました。
[PR]
by tosshkd | 2016-10-20 22:51 | 【石狩】

【報告】350名参加!杉山登志郎先生を迎えての特別支援教育セミナー

e0252129_22363684.jpg


10月15 日 ( 土) に杉山登志郎先生を北海道にお招きし、
特別支援教育セミナーを開催しました。
通常学級の教諭、特別支援学級・学校の教諭、指導主事、
幼稚園教諭、保育士、放課後ディ職員、医療関係者、保護者、管理職など
たくさんの方にご参加いただきました。
以下、ご報告です。

■ 日時 2016年10月15 日 ( 土)
■ 場所 北方圏学術情報センター PORTO
■ 参加者 350名
■ 内容
講座1(11:00ー11:10)
特別支援の必要な児童の現状と学校が抱える問題点
講師:高杉祐之

講座2(11:10ー11:40)
子役付きの模擬授業・模擬保育 3名
講師:杉山登志郎先生、高杉

講座3(11:45-13:15)
愛着障害と発達障害
講師:杉山登志郎先生

講座4(13:30-13:50)
教室での対応のヒント
講師:高杉(発表)、杉山先生(指導・助言)

講座5(13:50-14:05)
実践発表 1名 8分
講師:杉山先生、高杉(指導・助言)

講座6(14:10-15:40)
特別支援最前線
講師:杉山登志郎先生

講座7(15:40-16:00)
Q&A

参加者の感想

1.発達障害は、先天的な脳の病気ととらえている人は多いように
思います。そればかりではない、と少しずつ伝えていきたいと思います。
TFT法、こんな簡単なことで違うのですね。びっくりしました。
子どものちょっとした気分転換にも使えるかもと思いました。
インシデントプロセス法、いいなと思いました。
自分も意見が言いたい、あの人の話が聴きたいと思っても、
押しの強い人ばかりが話をして、有効な話し合いにならないことも
あったので、この方法を提案したいです。

2.北海道の特別支援教育が、また一歩、進んだように思います。
高杉先生の実践発表、アセスメントの大切さを学びました。
その子がなぜその行動をしたのか、様々な可能性を教師が考え、
予想することが大事だと思いました。
門間先生の発表から、やはり、「できるようになる」ことが
子どもを変えるんだと感じました。

3.インシデントプロセス法から学ぶことが多くありました。登壇されていた先生からもご指摘がありましたが、
最も苦しんでいる担任が、膨大な準備をすることなしに、参会するメンバーと
これだけの情報を共有できることに驚きました。

4,杉山先生のお話を聞けるのをとても楽しみにしていました。
やはり教師の力量を上げなければ、と強く思います。やんちゃに振り回されない対応が
いかに学級全体を安定させるかが大事だと実感しました。

5.杉山先生のお話を聞くことができ、たくさんの学びを笑まし亜。様々な地域、職種の方々と
この情報を共有できたことが、とても素晴らしいと感じました。
授業が一番大切である、教師の関わりによって子どもが変わる、こういったことを
共有したことで、まだまだ学ばなければならないと決意を新たにしました。
インシデントプロセス法に参加できてよかったです。次々と繰り出される他の方の意見に
脳みそフル回転で臨みました。参加することでより主体的に学べました。

6,通常学級の担任だとしたら、気になるこをどう生かすかが
重要なポイントになると感じました。教師の授業力が必要不可欠だと
再認識しました。また発達障害の見識を深めることも必要だと、
本セミナーを通して学びました。
教師、医師、保護者、さまざまな視点があると思います。それらを知ることも
大切だと思いました。

7.インシデントプロセス法、初めて見ましたが、
たくさんの人でお話するとたくさんの意見、アイディアが出て、
とてもいいと思いました。学校でもできたら、困り感のある生徒へのアプローチを
みんなで考えていきたいと思いました。

8,杉山先生のお話は大変勉強になりました特に愛着障害の話です。トラウマからの防波堤
という言葉が印象的でした。以前勤務した学校で。頻繁にパニックを起こす子を思い出しました。
トラウマからの防波堤が非常に低いのだと思いました。

9.気になる子どもにどのようにアプローチすべきかとても勉強になりました。
障害のある子どもに、教師がどんな役割を果たすのか、
周りとの連携をどう図るのか、インシデントプロセス法の際に
教師以外の方の意見が特に参考になりました。
まだ勉強中ですが速く現場で働きたいとあらためて思いました。

10.学生の時からTOSSのセミナーに参加していました。実際に教師になると
「そういうことあるなあ」と感じることがたくさんあり、大変勉強になりました。
特にインシデントプロセス法による症例検討は、様々な校種、職種の方が
いろいろな視点から問題を絞り込み、プランニングを建てることで、
一人では考えつかないことがたくさん学べると感じ、実践したいと思いました。
今回の事例が偶然自分の学級の子と似ていると感じたので、プランニングを実践したいと思います。
[PR]
by tosshkd | 2016-10-20 22:37 | 【石狩】

10月の学習会を行いました

TOSSお茶しましょの10月の例会を行いました。

10月9日(金)17:30~19:30
とかちプラザ307研修室
参加者:3名

〇内容
1,授業における教師の言葉の意図についての検討
 「0や1のわり算」の模擬授業を行い、授業行為の意図を分析した。
2.模擬授業検討
 ・道徳「読み聞かせによる道徳授業」
 ・日本人の使命感(授業技量検定で行う授業)
3,レポート交流
 ・学級通信、教務通信、雑誌原稿などを持ち寄り、意見交換を行った。

〇参加者の感想
今日の例会、とってもよかったです。
特に代表が用意してくださった『猿飛』がよかったです。
昔、授業の練習をたくさん頑張っていたころのことが思い出されました。
こういう地道な努力が授業力をつけて行くのだなと思いました。
また、たくさんの資料もありがとうございました。
〇〇さんの検定を受け続ける信念も素晴らしいと思いました。

〇次回は11月初旬の予定です。


[PR]
by tosshkd | 2016-10-10 09:00 | 【十勝】

TOSSとびら第134回例会

小西です。

本日の例会報告です。

1.日時
平成28年10月8日(土)16:00~18:00

2.場所
日高町立日高小学校5・6年生教室

3.参加者
2名

4.内容
①『新版 子供を動かす法則』読み合わせ
原則と5つの補則。
一つ一つが深い。
突発的な事態でも、この原則通りにできるか?
無意識でできるか?
「ワザ化」するにはまだまだ道半ばであることを再認識。

②検定指導案検討
最低限の必要事項。
修正追試の際に明記すべきこと。
参考にする文献の探し方。

③検定授業検討
第一声。
口癖。
録音して聞き、削る作業。
声に出して練習する回数。
まだまだ削れる。
当日までの進化が楽しみ。

④学級通信『RUNNER』NO.74~76
学習発表会に向けた子どもの行動。
学級集団としての育ちを伝える。

⑤模擬授業 5年算数「分数倍」
この単元の本時だけで考えるならば、圧倒的に本に載っていた基本型の方が良い。
しかし、小数のわり算・単位量あたりの大きさ、そして今後の「割合」とのつながりを考えると、数直線図からのたすきがけの方が良い。
学級の実態から、どちらにするか考え直す。
中学数学とのつながりについての意見もあり。

⑥検定授業検討
最後にもう一度練習。
開始15秒はかなり安定してきた。
中盤から後半、もっと削る。
削り方について検討。

終了後、地元の居酒屋で一献。
明日朝互いに早いので、8時過ぎに切り上げ。

次回例会は、11月3日(木)の予定です。
[PR]
by tosshkd | 2016-10-08 21:09 | 【胆振・日高】

TOSSエステサークル

■日時
平成28年10月7日(金)18:00~19:00

■場所
別海町交流館「ぷらと」

■参加者3名 

■内容
1.子供の絵から指導法を反省する

2.ケンカ指導の基本をまとめる

3.模擬授業検討

■わずか1時間でしたが、学びの時間を共有することは大切だと感じました。

e0252129_20326100.jpg
■来週14日(金)はTOSS千里
[PR]
by tosshkd | 2016-10-07 20:03 | 【釧路・根室】

TOSSエステサークル

■日時
平成28年9月30日(金)18:00~21:00

■場所
別海町交流館「ぷらと」

■参加者5名 

■内容
1.授業における教師の言葉の意図について

2.ケンカ指導の基本的な在り方を検討し合う

■学校で子供同士がケンカするのはよくあることです。ケンカも勉強のうちなので教師が上手に指導しなければなりません。その指導の在り方を数週にわたって勉強しています。

■次回は10月下旬の予定です。
e0252129_1359587.jpg

[PR]
by tosshkd | 2016-10-01 14:00 | 【釧路・根室】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧