<   2016年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

【報告】教え方セミナーin石狩「サークル例会体験」を行ないました。

e0252129_22241998.jpg

e0252129_22242842.jpg



TOSS石狩敎育サークルです。

サークル体験例会を行ないました。
運動会準備や大学の定期試験などで忙しい中、
たくさんの人に参加していただきました。

次回例会は、決まり次第お知らせします。

−−−−−
TOSS石狩敎育サークル サークル体験例会

日時 2016年5月25日(水)18時半〜21時

場所 札幌市厚別区民センター 視聴覚室

参加者
サークル員11名、見学者3名、学生5名
計19名

内容
1 学級通信「手をつないで」
2 2016年度 子どもTOSSデーについて
3 勤務校 研究部研究全体構造図
4 授業のテープ起こし
5 理科「見開き2ページのまとめ」
6 書籍紹介『もののはじめて物語』
7 TOSS授業技量検定 E表 3名受験 全員昇級
8 模擬授業「素数の面白問題をたくさん解こう」
9 模擬授業「算数 がい数、四捨五入」
10 模擬授業「時計」
[PR]
by tosshkd | 2016-05-28 22:25 | 【石狩】

【報告】特別支援を核とした学級づくり(小野セミナー)を開催しました。

e0252129_2274466.jpg


TOSS石狩敎育サークルです。

5月15日(日)、
岡山から小野隆行先生をお迎えして、
教え方セミナーを開催いたしました。

会場は常に笑いと緊張に巻き込まれ、
その場の全員が頭脳フル回転で参加した、充実のセミナーでした。

子役付き模擬授業やビデオクリニックでは、
公募で挑戦された先生方だけでなく、
子役や周りの参加者へも小野先生からの「課題」が与えられ、
そのスキのない「学ぶ場づくり」も大変勉強になりました。

−−−−
《特別支援を核とした学級づくり》セミナー

1 日時
2016年 5月15日(日) 10:00~14:00

2 場所
かでる2・7 北海道立道民活動センター 520研修室
(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル )

3 講座テーマ
「気になるあの子」のいるクラスを担任するのが楽しくなる

4 講 師
小野 隆行 氏
高杉 祐之 氏

5 講座内容

【講座1】特別支援の基本 教室で行うアセスメント
【講座2】「あの子」がいるから素晴らしいクラスができる
【講座3】子役付き介入模擬授業 公募による授業者4名
【講座4】ビデオクリニック 公募による3名の授業ビデオ分析
【講座5】教えてほめる 子どもを伸ばす教師
【講座6】Q&A

6 参加者 68名

一般    56名
事務局   10名
講師     2名

7 参加者の感想(アンケートより)

・小野先生、高杉先生の言葉1つ1つがとても具体的で、子どもの姿を思い描きながら聞いていました。子役を体験でき、隣にいる子がちょっと騒ぐだけで引っ張られてしまうことが分かりました。

・勉強になることばかりでした。自尊感情とよく耳にしますが、定義と言われると、実際にはよく分かっていませんでした。そこがスッキリしました。模擬授業のコメントにも納得させられるものばかりで、微細技術を使いこなせていないと思い、勉強しなおさなくてはと感じています。脳内物質、トラブル対応、机上整理など、分かっているようで分かっていなかったです。

・ビデオクリニックを通して、自分の授業はどうだったかを振り返られるよう授業の様子記録しておくことが大切だと感じました。私自身テンポがなく間延びしてしまうことが多いので、「授業の最初は漢字練習!」など、子どもがやることがハッキリしている状態を作るようにしていきたいと思います。

・ワーキングメモリーの話がすごく勉強になりました。「指示は1つ」を意識して対応しようと思いました。セロトニンを増やす食べ物など、詳しいことも知れてよかったです。明日からまた頑張ろうと思います。

・子役つき模擬授業が最も勉強になりました。子役の再現性がすごい!と思いました。子どもをどう見取るか考えさせられました。

・何があってもクラスを良くしていこうと思いました。自尊感情を高めるという話、神経回路の話、とてもためになりました。

・小野先生とN君、保護者のエピソードに目頭が熱くなりました。「自分を変えてくれる環境」と考えられる小野先生、すごいです。私は「~せいで」とつい人のせい、環境のせいにしてしまいがちです。今の環境があるからこそ、自分が成長できるのだと考えてみます。自分を変えることがいずれ環境を変えることだと信じて学び続けます。

・QA講座の時間がたっぷりで嬉しかったです。多くの事例にスパッとAをくださる小野先生、高杉先生、ありがとうございました。
[PR]
by tosshkd | 2016-05-24 22:08 | 【石狩】

【報告】教え方セミナーin石狩 G会場 ALL高杉Q&A講座を開催しました。

e0252129_22464865.jpg

TOSS石狩敎育サークルです。


教え方セミナーin石狩

G会場《ALL高杉QA講座》 テーマ:日頃のお悩み一挙解決!

を開催しました。

次回は5月25日(サークル例会体験)を行ないます。

ぜひ、お申し込みください。お待ちしています。

https://sites.google.com/a/toss2.com/oshiekata2016final/home/hui-chang-yi-lan


−−−−

日時:5月7日(日)14:00~16:30

会場:札幌市厚別区民センター 視聴覚室


参加者11名 事務局11名

計 22名


≪講座内容≫

【講座1】事例研究講座 ~事例レポートに基づいた報告について、分析、回答

      事例レポート3名。

【講座2】高杉先生に聞くQA 授業編

【講座3】高杉先生に聞くQA 学級経営編

【講座4】高杉先生に聞くQA 特別支援対応編

【講座5】高杉学級の事実~高杉学級の授業、イベントのビデオ


参加者の感想(アンケートより)

・明日からの授業にすぐに生かせる対応をいつも勉強できるので、本当に参加sいてよかったと思います。

事例レポートの分析、回答が特に勉強になりました。

どのような切り口から考えていったらよいのか、学ぶことができました。

・事例研究講座、すごく参考になりました。少ない情報でもたくさんのことが分析できることにびっくりしました。

・事例研究は、アセスメントをしていく過程が、探偵が核心にせまっていくようでわくわくしました。

・特に生徒の自尊心を保つようにかかわっていくことが大事だと思いました。

 高杉先生ご自身の勉強の仕方もお聞きすることができて、よかったです。

・子どもが集中できていないのは、担任の指導ににごりがあるから、と改めて感じました。

・高杉先生の具体的な対応、模倣する教師修業の話もとても参考になりました。

・実際に朝の会の実演をみせていただき、わかりやすかったです。

・時に笑いあり、時に真剣な場面ありでとても引きつけられました。

・事例研究に瞬時に答えるすさまじさ。プロ中のプロです。

・前から参加したいと思っていたセミナーに初めて参加させていただきました。

・事例研究講座のすさまじいキレ、本当にすばらしいです。

・高杉学級の変容の事実にも驚き、ため息が出ました。

 期待をはるかに超えたすばらしい1日でした。


[PR]
by tosshkd | 2016-05-08 22:48 | 【石狩】

【報告】教え方セミナーin石狩 F会場(新教科「英語・道徳」が楽しくなる)を開催しました。

e0252129_22375040.jpg

TOSS石狩敎育サークルです。


教え方セミナーin石狩

F会場《新教科「英語、道徳」対応講座》

テーマ:新教科「英語、道徳」が楽しくなる

を開催しました。


次回は、5月25日に「サークル例会体験」を行ないます。

お申し込み、お待ちしています。

https://sites.google.com/a/toss2.com/oshiekata2016final/home/hui-chang-yi-lan


−−−−

日時:5月7日(日)10:00~12:30

会場:札幌市厚別区民センター 視聴覚室


参加者15名 事務局11名

計 26名


≪講座内容≫

【講座1】授業の開始はこれで決まり!フラッシュカード

【講座2】英語授業のポイントはここだ 状況設定とアクティビティ

【講座3】英語の授業で熱中する「五色英語カルタ」

【講座4】「Hi!friends」を使った授業

【講座5】「わたしたちの道徳」を使った授業

【講座6】模擬授業 「道徳」対決3連発

【講座7】QA


参加者の感想(アンケートより)

・英語の授業は初めて、状況設定→ダイアローグ→アクティビティのところも見せていただき、

とても勉強になりました。

・英語の授業をするとき、どの先生も表情が生き生きしていて、子どもたちを巻き込んでいて

こうしたら子どもも楽しいだろうなと思いました。

・英語、道徳ともに授業に自信がなかったのですが、大変勉強になりました。

「道徳」対決がとても楽しかったです。

・今まで知らなかったフラッシュカードの使い方や、五色英語カルタの使い方を知ることができ、

とても参考のなりました。

・授業ですぐ使えるもの、子どもの集中力を高めるゲームが紹介されていてよかった。

・英語はこれまでALTに任せきりになっていたことを反省しました。より楽しくする工夫を

紹介いただいて、自分でもできそうだという見通しを少しもつことができました。


・親守詩の実践、ぜひ教室でもやってみようと思います。

・道徳の模擬授業対決は、どれも参考になるものばかりでした。

映像を取り入れた授業の作り方が参考になりました。

・道徳は教科書だけでなく、動画や数多くの画像を使って授業すると

子どもたちを引き込むことができると実感しました。

・道徳の授業対決はどの先生も素晴らしく、勝ち負けを付けることが難しかったです。

・道徳の授業対決は、本当にレベルの高い授業が6つも見られて幸せでした。

・どの講座も短くまとまっていて、わかりやすく、実践的で、大変参考になりました。

・道徳の模擬授業対決も大変おもしろいもので、よかったです。

・わたしたちの道徳を使った授業をもっとみたかったです。

・QAものすごく勉強になりました。

・「対決」の緊張感は、授業した人を大きく成長させる!と思いました。

・道徳対決、何てすごいことを見せてくれるのでしょう!学びの宝庫でした。

・道徳の模擬授業対決、おもしろい企画だと思いました。大将戦はもう少し時間を長くして

最後まで見られるとよかったです。


[PR]
by tosshkd | 2016-05-08 22:39 | 【石狩】

TOSSフェルマータ第116回例会

e0252129_21393925.jpg
明治図書版と学芸みらい版の

『授業の腕をあげる法則』の比較で盛り上がりました。

次回は10周年記念例会!

TOSSフェルマータ 第116回例会

平成28年5月8日(日)10:00~12:00

登別市若草つどいセンター

◇参加者3名

◇内容

1.『授業の腕をあげる法則』読み合わせP.160163

①自分はいくつ定石を知っているか意識していない。

②困ると定石を意識する。学ぶ。だから困った数だけ定石が増える。

③同じ手を打っても次はうまくいかないことがある。

 そのときに原因を考えるのではなく、次の手を打つ。

④守破離の守とは何か。知識か、技術か。

⑤守のうちは信じられるかどうかがカギ。

⑥わずか4ページで24回も定跡(定石)が出てくる。

学芸みらい社版では表記が変わっている。

明図版では()がついていない箇所が一つだけある。

その理由を考えることも学びとなる。

2.模擬授業

中1 数学 正負の数の加減法

3.近況報告

次回例会は6月25日(土)17時から

10周年記念例会を開催。


[PR]
by tosshkd | 2016-05-08 21:41 | 【胆振・日高】

【5/7教え方セミナー別海会場】

1.日時 5月7日(土) 13:30~

2.場所 別海町交流館ぷらと 大会議室

3.参加者  一般 7名
     事務局 13名

4.テーマ 「まだ間に合う!学級開き講座」

5.内容

第一部 教室づくり編 
子どもも親も立ち止まる、素敵な廊下掲示
突撃!隣の学級経営!特別支援学級の教室設営
通常学級における特別支援 きほんのき
講評

第2部 授業づくり編 
計算スキルのユースウェア
漢字スキルのユースウェア
話す聞くスキルのユースウェア
講評

第3部 生活指導編 
この指導で子どもが変わった!クラスの中の気になるあの子への対応
子どもの良い行動を増やす教師の一言とは
講評
 
第4部 職員室の仕事術編 
朝、職員室に入ってまずすることは何?できる教師の仕事術
私の教師修行。教員の資質を高める方法
ホウ・レン・ソウって何?何を報告すればいいの?
講評


6.参加者の感想

●久しぶりに参加させていただきました。楽しかったです。今年初めて担任から外れました…。若い先生たちに実践してほしいな、聞いてほしいなと…。今日教えてもらったことを少しでも伝えられたらなと思います。青坂先生があと2年?で退職なんだとびっくりしました。まだまだ若いと思ってました。話し方が好きだなーと。そんな話し方ができるように頑張ります。(無理かなー。)水野先生、亜津子先生、青木先生の授業がもっとみたいなとしみじみ思います。根室で頑張ります!!でも別海に行きたいな…。今日は本当にありがとうございました。お疲れ様でした。

●本日はセミナーを開催していただき、ありがとうございます。今日の内容でスキルを使った指導を振り返る機会を持てました。また、教師として学び続けることの必要性も感じました。セミナーで学んだ内容を活かせる時にできることから少しずつ実践していきたいと考えています。大変勉強になりました。ありがとうございました。

●計算スキルの進め方がわかってよかったです。早速やってみようと思います!!廊下掲示の指導が勉強になりました。講評もとてもためになりました。勉強の機会をいただき、ありがとうございました。

●スキルの時間差に困っていたのでシールを活用することやクラスの1/3が終ったらつぎにすすむということが参考になりました。ほめてあげれられるしかけ?がたくさんできるといいな、と思いました。本日はありがとうございました。

●今年度は担任を外れてしまいましたが参加させていただきました。昨年度の経営を振り返り、反省をすることもでき、ぜひまた担任して学級経営していきたいという気持ちにさせていただきました。参加して良かったと思います。ありがとうございました。

●天候が心配される中、延期しての実施が出来とても良かったです。改めて年度初めの確認が出来ました。また、これからの学級(教室、子ども達)の進め方のヒントを頂くことができ、感謝しています。ありがとうございました。少しでも自分から動き、学び続けていきます。

●漢字スキル、計算スキルを使うのがはじめてだったので、使い方を知ることができてよかったです。学級をまとめて、全員参加を促すためにはいろいろな技を使えなくてはいけないし、知らないといけないな…と感じました。今日はその一端を知ることができてよかったです。
e0252129_216155.jpg

[PR]
by tosshkd | 2016-05-08 21:06 | 【釧路・根室】

【教え方セミナー報告】渡島・5月7日(土)・学級経営

e0252129_23575099.jpg
1 テーマ・会場名
 やんちゃ・特別支援を意識した学級経営講座,松前会場

2 講座内容
講座1 荒れを防ぐ学級経営のポイントはこれ!
講座2 運動会前の忙しい時期でも,落ち着いた学級になるポイントはこれ!
講座3 荒れた学級を担任した時に,辛くてもこれだけはやり続けよう!
講座4 やんちゃに負けない!一歩上を行く,知的でどの子も集中できる授業システムとは?!
講座5 大変なあの子がいるからこそ,大切な学級経営のポイントとは?!
講座6 大変なあの子がいるからこそできる授業のコツとは?!
講座7 忙しい時期を乗り切るための効率がよい仕事術とは?!
講座8 悩みに答えるQ&A

3 参加人数
1)参加者 2名
2)事務局 4名
3)合計  6名

4 アンケート
(女性)
Q&Aの中でもあった様々な生徒へのアプローチの仕方,大変勉強になりました。
今後,意識して授業などをしていきたいと思います。
また,行事前の授業の仕方(心構え)や仕事の仕方など,具体的なお話がたくさん
聞けて良かったです。
ありがとうございました。


(女性)
俊郎先生と昇吾先生の講座で,てこ入れの順序を教えていただきました。
ハイリスク層は第1ではない。大事にすべきは,まじめにがんばっている層である
ことを忘れないようにします。
今日は,お忙しい中,講座をひらいていただいてありがとうございました。
[PR]
by tosshkd | 2016-05-07 21:52 | 【渡島・檜山】

【教え方セミナー報告】5月3日(火)・中高教師の授業・学級づくり

法則化中高札幌チポーラの福澤歩です。

5月3日(火)に教え方セミナーを初めて開催しました。
初めて教え方に参加される先生が2名、いらっしゃいました。
多くの先生方のご協力、応援をいただき、終えることができました。
以下、ご報告です。

1.テーマ・会場名
「『教えてほめる』で組み立てる授業づくり・学級づくり」札幌会場

2.講座内容
講座1 見通しを持って生徒を授業に参加させるためのポイント3
講座2 学級を安定して運営するためのポイント3
講座3 授業で子どもに確かな力をつける
     -サークル員による模擬授業-
講座4 力の指導に頼らない-気になる生徒への対応術-
講座5 新卒時代の失敗を繰り返さない-私の教師修業-
講座6  Q&A講座


3.参加人数
1)参加者 8名
2)事務局 5名
3)合計 13名

4.参加者の感想(抜粋)

・教員2年目です。自分の授業の中で、指示のあいまいさやわかりにくさが多々あるのではないかと気づかされました。テープ起こしをぜひ実践して、日々努力していきたいです。ありがとうございました。(中学英語・女性)

・本日はありがとうございました。楽しく興味深く聞かせていただきました。羅生門では、ちょうど今手がけている教材でしたので、みなさんの意見(からすのくだり等)が大変参考になりました。と同時に、自分の授業が押しつけではないのかと自問しています。また、福澤先生の過去の授業経験談は発表するのに大変、勇気が必要だったかと思います。
私自身覚えのあることも多く、励まされる思いがしました。機会があれば、また参加させていただいたり、模擬授業ができたら、と思います。今後ともよろしくお願いします。(高校国語・女性)

・フラッシュカード、百人一首、模擬授業と実演があって良かったです。やってみるとやりたくなることがわかりました。山本雅博先生の羅生門の授業ライブ、新たな発見ばかりでした。
思想について最近考えていました。楽しいネタはあるかもしれないけれど、例えば全員参加でなかったりとか、そういうのをどうやって伝えていったらいいか、考えていました。
でも、それは私自身のブレない生き方が大切なのだなと講座をききながら思いました。修業あるのみです。来て良かったです。(小学校・男性)
[PR]
by tosshkd | 2016-05-07 21:51 | 【札幌市】

TOSSとびら第126回例会

本日の例会報告です。

【日時】
平成28年5月7日(土)10:00~12:00

【場所】
日高町立日高小学校5・6年生教室

【参加者】3名

【内容】
1.『続・授業の腕を上げる法則』読み合わせ
書く文化。
何がわかったのかわかる研究。
際限なく多様な教師の営為→際限なく拾う→批判検討
研修とは何のためにあるのか。

2.校長室だよりNO.1~11
教職員評価制度について。
管理職でもわからないことがたくさんある。
面談では、具体的に尋ねていくとよい。

3.模擬授業
中2 家庭科 衣服
言葉を削る。
指示の言葉もそうだが、指示と学習活動と確認の間の言葉をいかに削るか。
考えてみようとする授業の組み立て。

4.学級通信RUNNER NO.1~15
趣意説明。

5.模擬授業
e0252129_15384079.jpg

小6 社会 大仏づくり
優れた発問をいかにして複式の「わたりずらし」の授業の中で使いこなすか。


終了後は、町内の食堂にて昼食会。

次回例会は、6月11日(土)の予定です。
[PR]
by tosshkd | 2016-05-07 15:39 | 【胆振・日高】

【報告】特別支援学習会第4期 1回目を行ないました。

e0252129_09414422.jpg

TOSS石狩敎育サークルです。
特別支援学習会第4期 1回目を行ないました。

次回は6月10日(金)です。
ぜひ、ご参加ください。お待ちしています!
https://ssl.form-mailer.jp/fms/e22c17d2382149
以下、報告です。

−−−−

第1回目は授業での特別支援対応についての講座でした。

ディスレクシア、はよく聞く言葉ですが、

ディスグラフィア、ディスカリキュアなど、

いわゆる「お勉強のできない子」は実は、

こんな困難を感じていたのか、と具体的に学ぶことができました。


今年2年生担任の高杉先生の教室の映像は、

子どもの実態にあった具体的な指導がよくわかり、

参加者に大変好評でした。


同僚で昨年(1年生の時)の子どもたちを知る方は、

その変化に大変驚いておられました。


事務局一同、参加者とともに学ぶつもりで

さらによい学習会にするべく努力していきます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

特別支援学習会Ⅳ 第1回 

■日時: 4月28日(木) 19:00~20:30


■場所: 厚別区民センター


■内容

テーマ … 授業での特別支援対応 ~LD,ディスレクシア~


【第1講座】 19:00~19:30

  ①算数LD児童とはこういう子ども。

  ②ディスレクシア児童とはこういう子ども。



【第2講座】 19:40~20:00

模擬授業(算数が苦手、あるいは音読ができない児童への対応)


【第3講座】 20:10~20:30

QA



■参加者

一般    35名

事務局  10名

講師    1名

合計    46名


■感想

・LDの子どもに対応する方法はいろいろあり、初めて知る方法もありました。

 先生方の模擬授業を受けて、よどみなく進んでいるけれど、支援を要するお子さんは


 様々なことでつまずきを感じていることもわかりました。

・模擬授業をさせていただくことで、今もっている生徒に対して、支援の幅が広がりました。

・注意ばかりしていては勉強がきらいになってしまうと思っていたところだったので、


 大変参考になりました。

・ADHD,ASDなどと比べて、LDはよくわかっていないことが多いです。

 まず基本的なことから勉強していくことが必要と思いました。

・「言葉をけずる」「指示を通す」「ほめる」など、特別支援以前の指導技術、

 授業力を高めなければ、対応までいきつかないと思います。

・Qの時の回答を聴く静かで真剣な雰囲気にしびれます。学びが深まります。

・国語の音読指導と英文音読指導と同じところがあり、自分の指導を見直しました。

・いつも叱られているあの子の笑顔をふやしたい、という思いできました。

・模擬授業の開設や代案が勉強になります。

・もっと上手に対応できたら…といつも心が折れかかるのですが、

 この学習会に参加するたびにモチベーションがあがります。

・思い当たる子がいて、反省しました。具体的な支援の仕方を聴くことができて

 本当によかったです。

・リミットテストや机上整理の話など、あらためて考えさせられました。

・具体的な言葉の削り方が体験できてよかったです。

・学力をつけるために、信頼関係の築き方をもう少し、考えなくてはいけないと思いました。

・子ども立ちの成長が看てとれました。先生の努力に頭がさがります。


[PR]
by tosshkd | 2016-05-01 09:42


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧