<   2016年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

【報告】教え方セミナーin石狩 E会場テーマ「授業をするのが楽しくなる」を開催しました。

e0252129_07542836.jpg

TOSS石狩教育サークルです。


E会場《授業の腕をみがく「介入・アクティブL講座》

テーマ:授業をするのが楽しくなる

を開催しました。

次回は、5月7日(土)に午前と午後の2会場で行ないます。

ぜひ、ご参加ください。お待ちしています!

https://sites.google.com/a/toss2.com/oshiekata2016final/home/hui-chang-yi-lan


ーーーー

E会場《授業の腕をみがく「介入・アクティブL講座》 テーマ:授業をするのが楽しくなる

日時:4月24日(日)14:00~16:30

会場:札幌市厚別区民センター 会議室A


参加者13名 事務局10名

計  23名


≪講座内容≫

講座1 介入模擬授業 

  教態を切る

  授業の骨格を切る(発問指示、言葉を削る、テンポ)

  特別支援の必要な子役への対応を切る

  LD対応の授業を切る

  参加者枠 学生3名

講座2アクティブラーニングのポイント

講座3 国語をアクティブにする 

講座4 算数をアクティブにする

講座5 社会をアクティブにする

講座6 Q&A


・いつも指示発問が悪くて子供たちを混乱させてしまうので、今日聞いた発問の仕方などを持ち帰って実践してみたいです。

・模擬授業をさせていただきありがとうございます。2年生のうちからこんな経験ができるのは僕達ぐらいだと思います。本当に幸せです。教態や基本的な授業構成など学べて良い経験になりました。(学生)

・言葉を削ることを意識することでテンポがよくなり、子供も集中できることがわかりました。Q&Aでは、現在困っている児童への対応について高杉先生に詳しく教えていただきありがたかったです。

明日から頑張ろうと思いました。

・学生さんの授業に刺激を受けました。日本の未来は明るい。ありがとうございました。

・教態などほとんど意識していませんでした。無駄な言葉を削り作業を多くし、テンポよくということを勉強させていただきました。


[PR]
by tosshkd | 2016-04-28 07:55 | 【石狩】

【報告】教え方セミナーin石狩 D会場「作文指導が楽しくなる」を開催しました。

e0252129_07413282.jpg

TOSS石狩教育サークルです。


4月24日(日)午前と午後の2会場で教え方セミナーin石狩を開催しました。

次回は、5月7日(土)に行ないます。

ぜひ、ご参加ください。

−−−−


D会場《作文指導特化講座》 テーマ:作文指導が楽しくなる


日時:4月24日(日)10:00~12:30

会場:札幌市厚別区民センター 会議室A


参加者16名

事務局11名

計  27名


≪講座内容≫

講座1 書き方を教えるからかける 作文指導模擬授業

  文を長く書かせる指導

  書き出しの指導

  体言止めの指導

  二文目を書かせる指導

講座2 お手本を効果的に使う 教科書を使った指導

講座3 作文の基礎力を鍛える 視写、聴写の指導 

講座4 書く力が急上昇 日記指導のポイント

講座5 作文のコードを鍛える「鉛筆1本・・・」の指導

講座6 Q&A


参加者の感想より


・どの先生の講座も指示がわかりやすく子供役として楽しく参加することができました。思ったことを書こうなど漠然とした指示が子供の負担になっていたのだと気づかされました。しっかりと作文の技術を教えたいと思います。

・講座テーマを作文に特化したところがよかったです。学びが深まります。教室の事実で語られた講座は力があるなあと感じました。みなさんお力がありますね。ありがとうございました。

・私自身、作文を書くことが苦手で指導をすると想像するだけで苦しかったのですが、今日の講座を受け、これだったら作文が好きになると思いました。来るたびに「来てよかった」と感じます。(学生)

・本でしか見たことのない実践を実際に模擬授業形式で受けることでイメージすることができました。特に個別評定を行い点数をつけることの重要性がよくわかってよかったです。文を長く書かせる指導や、体言止めの指導などを教室でやてみようと思います。鉛筆1本の指導実践は初めて知りましたが、自分で書いてみると本当に鉛筆が止まらなくなるくらい熱中するということがよくわかりました。教室で実践したいと思います。

・他の研究団体の作文の講座では、子供の作文を読みあい、「子供の生活に寄り添うことが大切」のような教師tのあり方を示させるものが多いとおもいます。おそらくそういった重厚な実践をされている先生にも片々の技術があり、それを通して子供に作文を書かせているのだと思いますが、それが前面に出てくることはほとんどありません。具体的な方法をこれだけ示してくださるセミナーは本当にありがたいです。来年もぜひこのテーマでお願いしたいです。



[PR]
by tosshkd | 2016-04-28 07:42 | 【石狩】

【教え方セミナー報告】4月23日・各教科の具体的指導方法

e0252129_18405520.jpg


在田裕子です。

2回目の札幌開催です。

札幌に拠点がある5つのサークル
法則化kiitos/法則化秋桜/TOSS粋一本札幌/TOSS札幌リラ/TOSS札幌未来、で
合同開催いたしました。


以下、報告です。

^^^^^^^^^^^^^^^

■テーマ:各教科の授業は、こう組み立てる〈各教科の具体的指導方法〉

■場所 札幌市厚別区民センター

■日時 4月23日 14:00~16:00

■講座内容

講座1 【国語】音読指導の方法
講座2 【国語】漢字指導の方法
講座3 【算数】ノート指導の方法
講座4 【算数】練習問題の指導方法
講座5 【社会】教材研究のやり方
講座6 【社会】資料の読み取り・地図帳の使い方
講座7 【理科】実験の指導方法
講座8 【音楽】合唱の指導方法
講座9 QA
講座10 【連続講座】担任外から見た 子ども&保護者の姿


■参加人数
1)参加者 14名(大学生2名)
2)事務局  9名
3)合計 23名

■.アンケートより参加者の感想

・各教科の基本的な指導法を教えていただき、参考になりました。
 今まで知っていたことでも、微妙に違っていたこともあるので、自分のクラスの実態にあわせて
 修正していきたいと思います。
 特に社会と理科の講座は新しくしったこともあり、参考になりました。
 歌唱指導もとても参考になりました。

・このように授業に特化した内容は、繰り返し聞きたい内容だと思いました。
 気づかなかったところが飛び込んでくるところが発見でした。

・先生方が実際に実践してくださったので、とってもわかりやすかったです。
 勉強になりました。

・いつもありがとうございます。今回も大変勉強になりました。
 石田先生の合唱指導、とてもおもしろかったです。自分の学級でも実践してみたいと思います。

・加藤先生のQAが勉強になりました。

・10分ずつの講座でコンパクトにまとまっていてよかった。原則や方法の紹介が中心でしたが、
 実際に体験することもでき、具体的なイメージがもてた。

・授業の中でどうしても生じてしまう時間差のうめ方もとても参考になりました。他の今日でも
 知りたいと思いました。

・音読の指導だけでもたくさんの種類があり、どれも子どもたちが熱中しそうだと思いました。
 ノート指導も橋爪先生の指導を受けて、ぬけていたことに気づき、よかったです。
 社会や理科の基本的な指導がまなべてよかったです。
音楽も子どもが変化する言葉がけやポイントがとてもわかりやすかったです。

・教材研究の基本姿勢や発問の仕方など、参考にしたい点ばかりでした。

・教員として働いていても他の学年の授業(教科)の進め方や工夫など
 知る機会がないため、大変参考になりました。

・今年の春の教え方セミナーのなかでも特に今日を楽しみにしておりました。それは自分の思い込みを
 修正するための貴重な機会になるから、授業をシステム化するという今の問題意識の答えを
 示していただけそうだから、ということです。

・国語の音読で長い文章の場合、場面ごとに○10個かくということは今回初めて知りました。
 理科実験の指導方法のシステムは、ノートを示していただいたおかげで具体的なイメージがもてました。
 石田先生の合唱指導、めちゃめちゃ良かったです。どこかでもう一度、教えていただきたいです。
[PR]
by tosshkd | 2016-04-24 18:45 | 【札幌市】

【教え方セミナー報告】渡島・4月16日(土)・基礎学力

e0252129_225018100.jpg
1 テーマ・会場名
 基礎学力・特別支援を意識した授業力向上講座,函館会場

2 講座内容
講座1 子供達が発表しやすい安心できる授業とは?!
講座2 特別支援を要する子供の成長を感じた授業づくりとは?!
講座3 北方領土のことについて,子供達と向き合おう
講座4 教科化に向けて,参観日でも道徳の授業をやってみよう
講座5 保護者に信頼される家庭訪問のコツは,これで決まり!
講座6 国語が苦手な発達凸凹の子にも優しい説明文の授業のコツは?!
講座7 学級の小さなほころびから立て直すなら,今がチャンス!連休明けからの
     学級経営に向けて,取り組めることは?!
講座8 職場での信頼を得られる仕事のコツってどんなこと?!
講座9 事務局が答えます。悩みに答えるQ&A

3 参加人数
1)参加者 4名
2)事務局 4名
3)合計  8名

4 アンケート(参加者の感想)
(女性)
実際のちょっとした技を教えていただき,大変参考になりました。
子どもたちが安心した環境づくりやわかりやすい環境づくりを
今後実践してみたいと思います。
特に発表しやすくする環境づくりや言葉がけは,自分自身も
安心する模擬体験できました。ぜひやります。
仕事効率化について,私が気を付けているのは,机上の整理と
PCのデスクトップを保存したものだらけにしないことです。これまでの
職場の中で信頼がない人のPCは,保存したものだらけでした。
また参加します。大変たくさんのことを勉強させていただきました。
ありがとうございました。

(女性)
久しぶりにセミナーに参加しました。
「そう,そう」と思うことがいっぱいありましたし,今,自分がやっていることが
たくさん出てきて,確認することができました。
また,やっていることでも,さらにこうするといいというポイントがいくつか
聞けたので,勉強になりました。
1つずつの講座がコンパクトでわかりやすかったです。
ありがとうございました。

(女性)
短い時間の中に,たくさんの「すぐにつかえるヒント」がありました。
なにげなく授業されている中に,しっかりとした理論や経験に基づいた
「取り組み」があるのだなぁと感激しました。
月曜日から,さっそく取り入れてみようと思いました。
みなさんのチームワークが良く,あたたかな雰囲気の中で,楽しく
勉強ができました。
どうもありがとうございました。

(女性)
仕事術の講座で,職員同志の交流の大切さを感じました。
いろいろな年代の中で自分のポジションがあいまいな時もありますし,
求められる仕事のレベルが上がる中,実力が追いつかなかったり,
喜んでやれない仕事があったりすると,自分の評価は下がることを
実感しました。
楽しくやるのは自分自身の心がけ1つと学べてよかったです。
また,ゴールイメージをもつ大切さもわかってよかったです。
ゴールに近づくために,子どもたちにも自分の考えやイメージを
伝えていこうと思います。
発達障害と思われる子どもが通常級や支援級にいて,ざっくばらんに
職員室などで話せるといいなと思っています。
もっと自分自身学びたいと思いました。
ありがとうございました。
[PR]
by tosshkd | 2016-04-17 22:50 | 【渡島・檜山】

TOSSフェルマータ第115回例会

新年度スタートの近況報告を

じっくり行いました。


e0252129_20162769.jpg


TOSSフェルマータ第115回例会

平成28年4月17日(日)10:00~12:00

登別市若草つどいセンター

◇参加者2名

◇内容

1.近況報告

2.『授業の腕をあげる法則』読み合わせP.155159

①本を選択する基準を持つから読書量を確保できる。

②サークルは続けることに意義がある。

3.模擬授業

高1数学「2次方程式」

次回例会は5月8日(日)に開催。


[PR]
by tosshkd | 2016-04-17 20:19 | 【胆振・日高】

【教え方セミナー】3月26日(土)浦河会場午後 黄金の三日間

3月26日の午後、浦河町にて開催しました。

e0252129_21320065.jpg

1.テーマ・会場名

  「黄金の三日間から行う教師の手立て」~黄金の三日間 浦河会場

2.講座内容

 第1講座:名前を呼ぶ

 第2講座:音読

 第3講座:ノート指導

 第4講座:ほめる

 第5講座:突発的な問題に対応する

 第6講座:Q&A茶話会

3.参加人数

   1)参加者 5名

   2)事務局 4名

   3)合計  9名

4.参加者の感想

・黄金の三日間で行うべき手立てが明確になったと思います。

 名前、ほめるなど信頼関係の構築、

 ノート、音読などのシステム作り、その他心構え等、

 とても勉強になったと同時に、始業式までにするべき準備が

 明らかになりました。ありがとうございました!

・「面倒だと思った時がやり時!!」

 最近聞いた言葉の中で一番の名言でした。

 ありがとうございました。

・音読の講座、立つ姿勢、目線、ジェスチャーのつけ方など、

 とても細かく指導されていて勉強になりました。

 改めて、自分も意識しなければと思いました。

 確認すること、継続をすることが大切だと思いました。

 ノートの失敗例を見るのも勉強になりました。

 定規を使わせるということが、結構大事なポイントのように思えました。

 名前の呼び方、問題への対応順など、普段何気なく考えていることにも

 改めて見つめ直すきっかけになりました。

・ノート指導は実物ノートがたくさん頂けてとても良かったです。

 実物が手元にあるので説得力がありました。

 突発問題も極端な例でしたが、どう対応していたらいいか

 考えさせられました。


[PR]
by tosshkd | 2016-04-10 21:32 | 【胆振・日高】

【教え方セミナー】3月26日(土)浦河会場午前 音楽

1.テーマ・会場名

  「4月から子どもを巻き込む音楽授業」~音楽 浦河会場

2.講座内容

 第1講座:どの学年、いろんな曲で応用可能なリズム活動

 第2講座:子どもが歌いたくなる歌唱指導

 第3講座:どの子もできるようになる器楽指導

 第4講座:誰でもできる楽しい鑑賞指導

3.参加人数

   1)参加者 3名

   2)事務局 4名

   3)合計  7名

4.参加者の感想

・音楽の授業を4つのコマで構成すると、とても楽しい音楽の授業が

 できるような気がします。ただ、1つ1つのコマの内容を充実させる

 ためには、勉強が必要だと思いました。

 まずはリズム活動から学ぼうと思いました。

・音楽講座は本当にすぐ使える内容で、しかも器楽、歌、鑑賞と

 全領域について教えていただき、とっても良かったです!

 また知っていた内容であってもさらに上のバリエーションを

 教えていただき、とても良かったです。参考になりました。

・音楽指導の具体的なあり方を知ることができてとてもよかったです。

 子どもの目線で参加して、とてもわかりやすく「できる」ようになったので

 ぜひ、やってみたいと思います。特に鑑賞は、今までは感想を聞いてしまって

 困っていたので、とても助かりました。

e0252129_20230776.jpg


[PR]
by tosshkd | 2016-04-10 20:23 | 【胆振・日高】

【教え方セミナー報告】石狩・3月30日「黄金の三日間講座」を開催しました。

e0252129_22463645.jpg
「教え方セミナーin石狩」
黄金の三日間講座を開催しました。

夜開催ですが、
たくさんの方に参加していただきました。
次回は4月24日に行ないます。
ご参加お待ちしています。

−−−−
報告
1.テーマ
《黄金の三日間講座》 テーマ:学級開きが楽しくなる

2.会場・日時
日時:3月30日(水)19:00~20:30
会場:札幌市厚別区民センター 視聴覚室


3.講座内容
講座1 「黄金の三日間」を組み立てるポイント
講座2 一年間を決める語り 所信表明はこう語る
講座3 期待感抜群 初日に行う出会いの活動
講座4 逆転現象が起こる 楽しい授業開き
講座5 担任がいなくても一日が過ごせる 当番作りのポイント
講座6 学級を引き締める勘所 三日間で徹底するルール
講座7 クラスの安定をキープするチェックシステム
講座8 Q&A

4.参加人数
 1)一般参加者18名
 2)事務局  12名
 3)合計   30名

5.アンケート内容
 黄金の3日間は,何年やってもやっぱり緊張します。皆さんの思いのこもった講座から,その3日間を乗り越えるヒント・パワーをいただき,黄金の3日間を考えることがわくわくしてきました。(小学校 女性 25年目)

 この時期にこのようなセミナーを開いていただきありがたいです。一年間頑張ろうという意欲を持つことができました。早速明日からたくさん本を読んで新年度に向けての対策を練っていきたいと思います。(小学校 男性 15年目)

 褒めることが大切ということは,大学の講義や本で何度も聞いているが,今回のセミナーでは,褒めるためのシステム,環境を具体的に聞けました。文具などを貸すために大量に用意しておくというのには驚きました。(学生 男性)


 所信表明や授業開きを実演していただきとても勉強になりました。子どもたちにもこのような緊張感を持って,私たちの話を聞いているのだと実感しました。(小学校 女性 6年目)

 「黄金の3日間の大切さ,重要性をわかっていたつもりでしたが,今日のセミナーに参加してみて,自分はまだまだ認識が甘いと痛感しました。学んだことを特に100あるうち80の力を注ぐことを肝に銘じて過ごします。(小学校 男性 16年目)

 高校に応用できる内容(特に逆転現象の授業)があり,とても勉強になりました。(高校 女性 3年目)

[PR]
by tosshkd | 2016-04-03 22:47 | 【石狩】

【教え方セミナー報告】4月2日(土)午後 黄金の三日間

TOSSウトナイの田上大輔です。

先日行った教え方セミナーの報告です。

1.テーマ・会場名
  「黄金の三日間」~新学期準備 苫小牧会場

2.講座内容
   講座1 春休み中にしておきたい新学期準備のポイント
   講座2 新学期最初の3日間は、ここが勝負!
   講座3 授業開きの授業づくり演習講座
   講座4 Q&A

3.参加者の感想

実際に自分で基本方針を考えて見ることでで、どのような手立てを1年間行っていけばいいのかを少しイメージできてよかったです。
残りの春休みの間に、もう少し具体的に考えてみたいと思いました。
良い機会を作っていただき、ありがとうございました。

方針や具体策をその場で資料に書き込み、交流していく講座。
常に「自分ならどうするか」ということを考えていくので、自分の学校での仕事にそのまま役立つ。
また、その場で教材研究し、模擬授業する講座もあった。
自分は5・6年生を担任するので、高学年をもつ先生たちと一緒に考えた。
授業を考えるのは楽しい。
グループから代表1名模擬授業ということだったので、自分もその場で模擬授業させていただいた。
低学年は真理先生、中学年は藤田先生が授業した。
お二人の授業と、田上先生の解説で、学びが倍増した。

午後からは、黄金の三日間。
春休み中の過ごし方と、授業開きの演習。
春休み中の過ごし方は、肉体労働と頭脳労働で分けて考えた。
こういう視点があることで、自分の中で「今日は肉体労働の日」と位置づけて忙しい春休み期間を過ごせる。
多忙感を少なくし、充実感を得られる。
「準備を進めたぞ」
という、教師のセルフエスティームが高まる。
また、具体的に、何をやるべきかのリストがあり、現時点で自分がどこまで進めているかを確認できた。
お隣の方と話し合うことで、自分の進み具合をより深く認識できた。
やったことと、できてないことを認識するから、次はこれをやらねばと具体的にイメージできる。
あれもあった、これもあったと、忘れかけていたことを思い出して見通しがつく。
講座全体が、アクティブラーニングの形になっているので、すごく自分の脳が活性化していくのがわかる。
授業開きの演習は、教科書最初のページをどう授業するかを考えた。
幸い、6年生を担任する人がいて、一緒に教材研究するのも楽しかった。
そして、田上先生から、それぞれの授業へのコメント。
これが切れ味抜群。
授業のルールを教えていく、楽しい授業にする、そういった視点でのコメントに、納得。
よし、やってみようと、授業開きのイメージが膨らんだ。
短い指導言で、リズムを崩さず、大事な事をストン、ストンと打っていく。
だから、ゆったりとしていて心地よく、分かりやすく、密度の濃い授業となる。
教え方セミナーに出ることは、やはり、良い。
春休み期間、一人、黙々と本を読んだり、CDを視聴して勉強していても、不安になっていた。
あれやこれやと多忙感が先に立ち、具体的なイメージを描けず、時間ばかりが何となく過ぎてしまっている不安。
講座を受けることで、具体的なイメージが沸いてくる。
田上先生の講座は、参加者がそのようになる仕掛けが満載だった。
e0252129_1056476.jpg

[PR]
by tosshkd | 2016-04-02 10:53 | 【胆振・日高】

【教え方セミナー報告】4月2日(土)午前 特別支援教育

TOSSウトナイの田上大輔です。

先日行った教え方セミナーの報告です。

1.テーマ・会場名
  「合理的配慮」でみる特別支援教育 苫小牧会場

2.講座内容
   講座1 合理的配慮って何?
   講座2 授業や学校生活における合理的配慮
   講座3 聞くと元気になる楽しい学級講座
   講座4 Q&A

3.参加者の感想

「合理的配慮」とは、教室で実際にどのように対応することなのかが
よく分かりました。教室でぜひ意識して取り組んでいきたいです。
大変なクラスを担任しても、楽しく笑顔で取り組んでいる姿を見せていただき、とても元気をもらいました。
自分も見習っていこうと思います。

特別支援は、「合理的配慮」のキーワードで貫かれていた。
合理的配慮の視点で生活や学習を組み立てていくと、どの子にも優しく、安定した毎日になる。
そのことを、演習形式で設定して、きわめて具体的にイメージしやすいように教えて下さった。
名物となった講座が、コレ。
「聞くと元気になる楽しい学級」
学級の写真、エピソードに、大いに笑った。
凄まじい子ども達がたくさんいても、
それをどこか楽しんで、包み込んでしまう。
怒鳴らなくても、凄まじい子達が激変していく、マジック。
「マジックだから、タネがある」と、
10項目にまとめてさらっと教えて下さった。
資料は、シンプルだけどきわめて大事なタネの数々。
大変な子たちにくじけないように、しっかり読み込んでおくべき資料だった。
どんなに凄まじい子達が山ほどいても、悲惨ではなく、笑いになる。
明るく、淡々と、加点主義で、どこか抜け感があって伸びやか。
そんな映像の数々だから、笑いになる。
教師の学びが骨太でなければ、こうはならない。

合理的配慮について、具体的な場面で考えた。
頭をフル回転して考えた。
資料も一級品。
新年度、どのような配慮をしていくか、具体的にどうするか、たくさん知恵をいただいた。
「聞くと元気になる楽しい学級」の講座では、
大変なお子さんたちに学級でどのように対応しているのかを学んだ。
「かなりの状況」だが、それをも楽しんでしまう講師の先生の講座はいつ聞いてもすごい!
本当に元気になる。
「マジック」のタネを10項目にまとめて示された。
資料にもわかりやすく書いてある。
一参加者としての学びと、講師を務める上での学び、両方をたくさん得ることができた。

e0252129_1052526.jpg

[PR]
by tosshkd | 2016-04-02 10:45 | 【胆振・日高】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧