<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【報告】特別支援学習会Ⅱ 第4回目を行ないました。

e0252129_21585454.jpg

TOSS石狩教育サークルです。

特別支援学習会Ⅱ 第4回目を行ないました。
ぎりぎりまで参加申し込みがあり
特別支援教育というニーズの高さをいつも感じています。

第2期のテーマは『ADHD児童がいる学級の学級経営』
毎回ADHDに関する数多くの事例を取り上げて、ディープに学んでいます。

この学習会のポイントは
何と言っても『具体的対応』を学べる、ことです。
アンケートからもそれがうかがえます。

参加者のみなさまから同僚の方やお友達に、という声かけが増えてきて、
今後も広がりがありそうです。

第3期のご案内もスタートしました。
すでに25人、申し込みがあります。

次回は第5回目ファイナルです。
お申込みはこちらからどうぞ。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f6607d1b347460

以下、報告です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
特別支援学習会Ⅱ 第4回目 8月28日(金)

■日時: 8月28日(金) 19:00~20:30

■場所:厚別区民センター  http://www.atsukucen.jp/access.html
     区民ホール
■内容

第1講座  ADHDへの具体的対応事例集 ~ある1日のこんな時どうする、とっさの対応~

第2講座  模擬授業(ADHDの子に他の子がからんでケンカを始めた場面)

第3講座  QA

■参加者

一般    39名
事務局  11名
講師    1名
合計    51名

■感想

・自分がいかにスローテンポで活動の少ない授業だったのか、ということに気づきました。
・フラッシュカードのお話が聴けてよかったです。視知覚認知を高められるのはとても有効だと思いました。
・ケンカの場面の模擬授業では、2人の視界を遮る、合法的な場面の作り方など、目からうろこでした。
・実例をあげて説明していただいたり、実際に模擬授業をみせていただけるのはとてもありがたいです。
・遮断、合法的な立ち歩き、ほめる、など、具体的な対応がよくわかりました。
 学習会への参加により、自信の子どもへの対応が少しずつ変化してきたように思います。
・子どもたちは一人残らず大切にされなければならない。一人の例外もなく…その通りだと思いました。
・「そ」の付く言葉、スーパー…が印象に残りました。
 耐性をつける、がまんしたらほめられる…が必要な子が何人もいるので、意識して取り組もうと思います。
・模擬授業への介入は圧巻でした。今回のケンカは教師にとって途方にくれる状況だったと思います。授業者の先生も困り  果てたと思うのですが、高杉先生が間髪入れず対応策を示してくださるので、ものすごく勉強になります。

[PR]
by tosshkd | 2015-08-31 22:00 | 【石狩】

TOSSとびら第116回例会

TOSSとびらの小西亮人です。

第116回例会の報告をさせていただきます。


TOSSとびら第116回例会

期日:2015年8月30日(日)14:00~16:00

場所:日高町立日高小学校4・5年生教室

参加者:竹内・小西

内容
1.『続・授業の腕を上げる法則』読み合わせ

第4条=プロの教師になりたいのであれば他人より10パーセント程多くの努力をせよ

10パーセント程の努力とは、具体的に何をすることなのか。
集約すると「自己変革」である。

2.演習
ADHDの子への対応
授業を妨害し、邪魔する子への対応
そうなる根本的な原因は、授業がつまらないことである。
楽しい授業、何をすればよいのかが明確な授業をするという前提があって、その次の対応がある。


3.授業のリズム修業
今日は、石坂先生のとある語りの一部分をトレース。
何度も聞き、何度もまねした。
間、抑揚、緩急。
言葉で表すと短いが、身に付けるためには修業を続けなければならない。

4.石坂セミナーに参加し、明日から、今週から学校で何をするか
子どもに力をつけるためには、教師が成長せねばならない。
そのためには、学んだことを繰り返しアウトプットし、自分の血肉にする必要がある。


5.模擬授業
4年算数 面積
単元の第1時で「概観を示す」ことを強く意識。
これもアウトプット。


次回例会は、9月21日(月)の午後の予定です。
シルバーウィークど真ん中ですが、エネルギッシュに学び、自分で活力をつくっていきます!

参加希望の方は小西までご連絡ください。
e0252129_2121798.jpg

[PR]
by tosshkd | 2015-08-30 21:02 | 【胆振・日高】

【例会報告】第60回TOSS轍例会

第60回例会報告をいたします。

■日時
平成27年8月21日(金)18:30~20:30

■場所
苫小牧市民活動センター 和室

■参加者3名(敬称略)
門間 山岸 藤田

■内容報告

1.レポート、通信

①学級通信「にっこにこ」45~49号(山岸)

勉強が苦手なお子さんをどの場面でフォローするかという話題になった。
休み時間はやはり、補償すべきなので、放課後や朝の時間などを
活用するしかないのではないか。



②第6学年算数科学習指導案略案(門間)

参観日での授業指導案を見せていただいた。少人数教室での授業。
質問で、「参観日に少人数は大丈夫なんですか?」と尋ねたところ
いつも
算数は少人数に分けているという。
苦手チームでも平均点が80点台という。
学校事情をうかがうと家柄がよい学校で、この取組についても好意的とのこと。



③TOSS轍サークル通信62号(藤田)

前回59回目のサークルの報告
前回のサークルの学びについて再び話題になる。



④白銀の3日間の計画(藤田)
⑤学級通信「ツーウェイ」82~84号(藤田)

先日、サークルで提出した白銀の3日間のレポートを受けて初日の様子を通信を見せながら報告。
金曜日で3日間が終わったが、子どもたちの成長が見られ嬉しく思う。




2.模擬授業

①道徳「人の役に立つこと」(門間)

河田先生の授業「たかしくん」の修正追試の授業。
勤務校の6年生に卒業前に行うとのこと。
卒業する子どもたちにはとてもいい内容だと思う。
時々、ウルッと来てしまった。
最初の発問の言葉で、「?」と思うことがあり、
授業後はそのことでどんな発問にしたら、伝わるかをみんなで検討。
発問も大事だけれど、写真なども、画像の鮮明さとか写真の内容も
授業の流れに影響するのではないかという意見も出た。
ぜひ、卒業生に授業をして、卒業生を感動させていただきたい。



②算数「いくつといくつ」(藤田)

合成分解を教えるために6~9までのワークを作った。
このワークは、私が特別支援学級担任に初めてなった時に
学級の子どもたち用に作ったワークである。
原型は、グレーゾーンのワークを元にして作ったもの。
このワークを今担任している子に使いたいと考えている。

私は、2ステップの構成にしたが、
間にもう一つ入れて3ステップにしたらさらによいのではないかというアドバイスをいただいたので参考にしたい。




3.読み合わせ

「学級を組織する法則」
Ⅰ学級づくり論三つの枠組み
10研究課題

交替で読み、感想を交流。

・研究について細かく考えられている。
・学級集団についての分析がすごい。



この会で丸5周年となった轍例会。
正直、ここまで続くとは思わなかった。
色々な方々に支えられてきたことに感謝。

次なる峰は100回。
100回を目指してがんばります。
[PR]
by tosshkd | 2015-08-23 15:44 | 【胆振・日高】

【報告】第3回法則化一歩例会

第3回法則化一歩例会報告

1.日時 8月21日(金) 18:30~21:00

2.場所 別海ぷらと

3.参加者 9名

4.内容
第1部 レポート検討・模擬授業 
 ①学級通信「きらり」
e0252129_2345106.jpg

 ②親守詩の取り組み
 ③北海道教職員連盟
 ④くまざさ
 ⑤講演会の様子報告
 ⑥夏休みの学び
  ・わりざん ・2重数直線の授業 ・夏休みの読書レポート

第2部 寛解セミナー
 ①夢の水素社会への第一歩
 ②THE 寛解授業
 ③ラグビーの授業 
 ④70年談話の授業
 ⑤水野先生の仕事 
[PR]
by tosshkd | 2015-08-22 23:45 | 【釧路・根室】

【サークル報告】法則化海峡特別支援教育サークル第30回例会

e0252129_17364779.jpg

TOSS海峡の沼田佳奈です。
第30回法則化特別支援教育サークルの報告です。
森町の支援員の千葉圭一先生も参加して下さいました。

【期日】
平成27年8月16日(日)13:30~15:30

【場所】
森町公民館 

【参加者】 

6名(長田、渡邊俊郎、渡邊里弥、山本昇、千葉圭一、沼田)

【内容】

1.向山一門夏合宿レポート検討

(1) 渡邊俊郎「エビデンスベースの向山型分析」
 
 向山型算数のコード宣言型100について。岡本浩一著「上達の法則」をもとに向山型算数とは何か・どのような授業なのかを100挙げた。レポート報告の持ち時間は10秒と長田先生と昇吾先生の話に驚き。

(2)渡邊俊郎 「北海道森町・社会貢献活動を通じてのつながりを創る」

 今年1月に行われた、森町の「もりっこまつり」にTOSS海峡が初参加。
 昨年2月に森町の大沼にてシニア合宿を開催。続けて子どもゆめ基金に応募、認可され「子どもチャレラン大会」を行った。
 打ち合わせの席で、TOSSの紹介ならびに教師が社会貢献活動をすることの意義をお話しさせていただいた。
 小学生の子どもをもつお母さんから「保護者としてサークルに参加したい」、女性団体協議会の方から「先生方が初めて参加してくれるのだから盛り上げていきましょう」など、地域の保護者や地域の方からTOSSへの応援の声を頂く。

(3)長田 「エビデンスベースの向山型分析 認知心理学による分析」

 視覚情報と聴覚情報を統合させどの子も熱中するシステムを作り出す授業構造から、自己スキーマなどを高め変容・発展へと高めていく一連の流れをまとめたコード。このコードに当てはめると、全生研の「ボロ班」など「何となく」よいとされていたものが、法則化以降急速に衰退した理由が分析できるという話になった。
 
2.模擬授業

(1)山本 「くりあがりのあるたしざん」

 教科書挿絵のどんぐりが入っている箱に注目した意見が続々。「なぜ3個と2個なのに2個と1個しか見えないのか」という考えに山本先生からは数え足しを防ぐために敢えてどんぐりを隠しているのでは、という分析に納得。また「カードを使ってたしざんをつくろう」の扱いについては、繰り上がりのあるたしざんができる子どもが40人いれば10人くらいはいるであろうから、できる/できないではなく「今まで学習したかどうか」という視点でさらっと流すとのこと。
 教科書を使って授業をすることの奥深さを学んだ。


(2)渡邊里弥  「ひらがな」
 
 1年生 自閉傾向のある知的障害児1名の学習。フラッシュカードをめくる際は言葉を削る、絵―文字―めくる、の一連の動作、1対1学 級におけるコンテンツの扱い方など、「基本のき」をじっくり学んだ。


(3)渡邊俊郎  「風船がおりてきました」

 有名な分析批評の実践。話者はどこにいるか、の図でA(上)B(真ん中)C(下)の選択肢の他にもある、という意見に対する応対についての他、「Bもあり得る」という意見に対し、崖を描いて崖に立って下を見下ろしているのか/崖の下にいて上を見下ろしているのか、に修正するとどの子も答えやすい(=自分の意見を発表できる)という修正案が出された。
 今までの有名な実践も常に改良されていく。

3.セミナー報告 「第2回しあわせセミナー」

 山本先生が8日(土)札幌で行ったセミナーをプレイバック。職場の信頼を得るための仕事の仕方を学んだ。
 真面目にやることと効果は必ずしも比例するものではなく、ピ−クパフォーマンスを最大限にするにはむしろちょっと不真面目な要素があった方が効率が良いという話も出た。「人望とはスキルである」という言葉が印象深かった。必ず相手を大切にするという山本昇吾先生の底にある思想を忘れずに仕事をしていきたい。


次回サークルは9月5日(土)森町公民館で予定しています。
参加希望者は渡邊俊郎w.1046@abelia.ocn.ne.jpまでご連絡ください。
[PR]
by tosshkd | 2015-08-16 13:30 | 【渡島・檜山】

TOSSフェルマータ第107回例会

第107回例会を行いました。
読み合わせ、原稿検討、授業技量検定と
充実した2時間でした。
来週からの二学期に向けて英気を養いました。

◇TOSSフェルマータ

平成27年8月12日(水)18:00~20:00
登別市若草つどいセンター

◇参加者7名

◇内容
1.『授業の腕をあげる法則』読み合わせP.93~99
①跳び箱実践で技術に目覚めた教師は多い。
 つまり、事実を通して人は理解するということ。
②実践記録を書くことは教師修業の一つとしておすすめ。
③A式、B式がダメならC式。それでもダメならD,E,F・・・万策尽きるまでやる。
④教師があきらめたら終わり。
⑤再現性を求める。

2.原稿検討
教育雑誌原稿
シンプルに、ハードルを下げ、読者層を考慮する。

3.TOSS授業技量検定
①E表  地図記号フラッシュカード
②模擬D表 万葉集

終了後、一平若草にて懇親会。

次回例会は9月13日(日)に開催。
e0252129_194443.jpg

[PR]
by tosshkd | 2015-08-13 01:09 | 【胆振・日高】

第2回幸せセミナー

【日時】 8月8日(土) 13:30~16:30


場所 道民活動センターかでる2・7 710研修室

参加者 21名  (事務局2名 講師1名)

内容
13:30~13:50 講座1 幸せな学級をつくる!まだ間に合う2学期の準備
13:50~14:10 講座2 職場の信頼を勝ち得る,頼られる教師の姿
14:10~14:20 休憩
14:20~14:40 講座3 みんな幸せ給食指導
14:40~15:10 講座4 8月の授業開き 国語編&算数編 
15:10~15:25 休憩
15:25~15:40 講座5 保護者も幸せになる学級づくりのポイント
15:40~16:00 講座6 子どもの満足度を高める係活動・当番活動       
16:00~16:10 講座7 Q&A  

参加者の感想(抜粋)

●初めて参加させていただきました。とても内容が良かったです。今学びたかったことが具体的な実践を通してお話してくださいましたので,とても参考になりました。今まで常識として行っていた行為のなかに見直しの必要なこともたくさん見つかりました。(給食のシステムはとても学ばせて頂きました。)

●「自分が楽で楽しいから,子どもが笑顔になる」ということに激しく納得しました。残りの夏休みでそのためのシステムづくりに励みます。職員室でおなじことをしていても相手の受け取り方が違うという事には目からウロコでした、自分のパフォーマンスを上げるために環境を自分で作っていきたいと思います。

●自分のしごとの仕方を見なおします。なかなかとりかかれない仕事をまず5分だけやってみる。人がやりたがらない仕事をする。でも引き受けるときは周りの空気を読むなど意識していきます。「人望とはスキルである」のでスキルを磨いていきます。夏休み明け,だれているのは教師だけというのはその通りだと思いました。

●夏休み中にこのようなセミナーを開いていただき,ありがたいです。2学期に向けてのやる気と元気をもらいました。仕事を楽にするにはどうしたらよいのかヒントとなることをたくさん教えていただきよかったです。整理整頓の仕方などはじめて知る方法などもたくさんありました。ぜひ2学期から実践できることからはじめていきたいと思います。また職員室で交流することを重視するなど自分に足りない部分にもいろいろときづくことができて良かったです。
e0252129_23593182.jpg
e0252129_23595178.jpg

[PR]
by tosshkd | 2015-08-12 00:00 | 【札幌市】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧