<   2015年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

高杉祐之氏による 特別支援学習会Ⅱ


   
e0252129_20493050.jpg

                                                         
在田裕子です。

高杉祐之氏による特別支援学習会、第2期がスタートしました。
昨日、その第2回目。

前回が満員で狭くなったため会場を変更しました。
かいを重ねるごとに参加者が増え、
必要性を感じている方が多いことがよくわかります。

第2期のテーマは『ADHD児童がいる学級の学級経営』
ADHDに特化して、ディープに学びます。

第2回目はその中でも授業に焦点を当てました。
高杉氏の具体的でわかりやすい講座で、参加者のみなさまは
集中が途切れることがありませんでした。
特にQAが充実していました。


以下、報告です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
特別支援学習会Ⅱ 第2回目 6月26日(金)

■日程 (受付  18:30~)

19:00~19:30
第1講座  ADHD児を生かす授業~効果的な組み立て、教材~

19:30~19:40
休憩(QA、アンケート記入)
    
19:40~20:00
第2講座  模擬授業
       (大声でしゃべりまくる子への対応)

20:00~20:10
休憩(QA、アンケート記入)

20:10~20:30
QA

■参加者
 一般   44名
 事務局   7名
 講師    1名
 合計   52名

■参加者の感想(アンケートより)
・講座の沈むがよく、一瞬も気が抜けませんでした。あっというまの90分でした。
・具体的な授業作りの話が聞けてとても参考になりました。
・『笑いで返す』の具体例が勉強になりました。笑いで返すことでADHD児を叱らずにすむ、周りの子からの評価を
 下げずにすむ、という話が心に残りました。
・通常の学級にADHDの子どもがいることで学級崩壊するケースが少なくありません。今日のような学習会は
 どの先生にも必要だと思います。
・肯定的フィードバックがなるほど、と思いました。自分のほめ言葉のレパートリーが少ないと感じました。
 書き出して増やしていこうと思います。
・自分ではほめているつもちでしたが、まだまだ足りていないんだろうな、ということがよく分かりました。
 行為自体をほめる、肯定的フィードバックといった方法を取り入れてまた来週からがんばろうと思います。
・高杉先生のユーモアで返す話術、とても素敵です。
・昨年から参加していますが、毎回新しい発見、学びがあります。
 笑いをまじえて対応する、ほめる、自己肯定感を高める、すぐ怒ってしまうことも多々ありますが
 あきらめずにがんばりたいと思います。
・自分が楽しむ、と言う言葉が印象的でした。45分の授業の中でいろいろな工夫を取り入れることが大切だと思いました。
 実際にはなかなかその「技」が生かせずにいます。
・「知る」と「できる」の違いは大きいです。
 普段いかに子どもにがまんさせているか、ということがよくわかりました。
・授業の原則10の中のいくつできているだろうと思います。機会あるごとに考えていきたいと思います。
・注意しないで進めるというところができていませんでした。
 高杉先生は注意しないで授業に巻き込んでいたので、明日からの授業でつかっていきたいです。
・初めて参加させていただき、テンポ良くとてもわかりやすいお話をお聞きでき、とてもよかったです。
 ADHDから二次障害、行為障害に移行している児童は、大人が適切な教育をしていない、ということ、
 とても説得力がありました。
・高杉先生のリズムとテンポがとても心地よかったです。行為をほめる、とくり返します。
・ほめてほめてほめなまくる、が印象に残りました。やはり授業をよくすることが私達の仕事であり、とても大切なのだと
 あらためて思いました。
[PR]
by tosshkd | 2015-06-28 20:50 | 【石狩】

【例会報告】第58回TOSS轍例会

第58回例会報告


■日時
平成27年6月21日(日)10:00~12:00


■場所
苫小牧市民活動センター(3F和室)


■参加者(1名)
藤田



■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

サークル通信60号


2.読み合わせ

「学級を組織する法則」
Ⅰ学級づくり論三つの枠組み
八活動論1・いかなる活動をさせるのか


その子に「私は生きてきてよかった」という充実した体験を与えてやりたいと思う。

子供は、「未来のために生きている」とともに、「現在の瞬間を生きている」のである。
だから、「現在の瞬間をいきている」ことが実感できる活動であって、同時にそれが
「未来を生きる」ためのものであれば、理想的である。



この文に触れ、ここまで考えていなかったと思った。
私の場合は、特別支援なので、子どもの将来の自立を考えるが、
今、行っている授業や活動がその子の将来へどう役に立つのか、
それはその子がその時を楽しいと感じているのかというところまで
考えなければならないのだと改めて思った。
しかし、この仕事を選んだ以上は永遠に考え続けていくことなのだろう。





3.模擬授業


①視知覚トレーニングフラッシュカード

今日も映像を見て練習。
デジカメで動画撮影して何度もやり直した。
自分の姿を見るのは辛いが、
やはり、欠点が客観的に見える。
一人例会では欠かせない練習方法である。


②英会話状況設定フラッシュカード

今日も井戸先生の映像を見て練習。
あの明るさに憧れる。
私は暗い、そして声も低い。
もっと明るくしなきゃ。


③わらべうた

「もちっこやいて」
「くまさんくまさん」
「おべんとうばこのうた」

1年生なのでこのような手遊び歌は喜ぶ。
CDをかけながら練習をする。




4.映像視聴

アーカイブシリーズ3
授業篇【3】算数授業の方法①
4年・小数のかけ算とわり算その1(第1時)

7.小数のかけ算の練習問題指導


向山先生の〇つけと
子どもに板書をさせるシーン


とにかく速い。でも、せかせかしていない。
板書の八等分の線の書き方もラフだ。

私が指導していた時は、黒板の下八等分ようににテープを貼っており、子どもに線を書かせることがあった。

TTで入られている学級だからの対応なのかもしれないが、
機能の仕方に無駄がない。
やはり、授業はシステムが命。



今日は、いつもの部屋ではなく和室。
和室も良いなあと思った。
e0252129_17192733.jpg

[PR]
by tosshkd | 2015-06-21 17:19 | 【胆振・日高】

TOSSフェルマータ第105回例会

e0252129_15451140.jpg
第105回例会を行いました。
久しぶりの一人例会。
外に出て緊張感のある時間を作ることの
大切さを実感しました。

◇TOSSフェルマータ

平成27年6月21日(日)10:00~12:00
登別市若草つどいセンター

◇参加者1名

◇内容
1.『授業の腕をあげる法則』読み合わせP.73~76
①『明るく、優しく、公平であって、知性的な教師』は
 理想の教師像。最初から完璧な教師はいない。
 そうなるため、そうあり続けるための努力が必要。
②年をとるほど硬くなっていく。若さではなく、若々しさが大事。
③若々しさとは、学びの姿勢。常に学び、自分を変えていく人は若々しい。
④ここに書かれていることは教師の思想のあらわれ。
⑤いつもいつもはげますということができるようになりたい。

2.『上達の法則』分析
スキーマ+コード化の身につけ方、身につけさせ方の研究

3.原稿執筆

次回例会は7月12日(日)に開催。
[PR]
by tosshkd | 2015-06-21 15:45 | 【胆振・日高】

TOSSとびら第114回例会

小西です。

第114回例会を行いました。
報告いたします。

【日時】
平成27年6月20日(土)10:00~12:00

【場所】
日高町立日高小学校

【参加者】3名
竹内大輔
髙橋賢治
小西亮人

【内容】
1.『続・授業の腕を上げる法則』読み合わせ
新卒教師のための新五ヶ条「第2条 わからない時は自分から教えてもらえ」
・あらかじめ聞く。確認する。
・学生時代のアルバイトで学んだこと。
・すぐにわからなくても、後々理解できることも多い。どんなことも、謙虚に耳を傾ける。

2.学級通信「スマイル」23号~34号(小西)
ノートの写真とその解説。
補助計算の意味を保護者にも伝わるように書いている。

3.特別支援教育演習
きまりを守れない子への対応
肯定的な声かけをする
事実を確認する
ルールを教え、改善策を示す
味方になって方法を教える
一緒に喜んであげる
事実を取り上げて褒める

わかることとできることには大きな隔たりがある。
教師は理解したうえで、「技能」として身に付けねばならない。

4.模擬授業
1)中1家庭科 中学生に必要な栄養素(竹内)
 キーワードを覚える手立て。
 言葉を削る修業。
 「栄養素」とはそもそも何か?

2)5年算数 倍数(小西)
時間差を埋める手立てを複数用意。
確認の手立てを増やす。
実態に応じたテンポのコントロール。

3)3年道徳 命
『わたしたちの道徳』の活用。
追試とカスタマイズ。
ぴったりの動画や資料を探す。

終了後は近くのそば屋で昼食。

授業づくりの話で盛り上がりました。


次回例会は、7月19日(日)13:00~15:30の予定です。

次回は、例会終了後、小西宅前でバーベキューです。

ぜひご参加ください。

e0252129_20331987.jpg

[PR]
by tosshkd | 2015-06-20 20:33 | 【胆振・日高】

TOSS中学小樽

TOSS中学小樽 第108回例会 (代表 山本雅博)

日時  6月13日(土) 18:00~20:00
場所  小樽市いなきたコミュニティーセンター3号集会室
参加者 6名

内容

1.模擬授業
「くちばし」 
自分に都合の良い発言のみをひろっていないか。
範読は、「目で追いなさい」という一言を教室では、初めのうちはいれる。
ひらがなが読めない子
読み聞かせが有効かもしれない。そのうち、自分で読むようになる。
追い読みをたくさんさせ、そのあと、一人で読ませる。

「くり上がりのあるたし算」
指示の言葉は確定させて言う。
授業者を変化させる山本雅博氏の言葉。
「もっとやわらかく言う」「今の半分のスピードで」
普段の自分に足りないものをうめていく。

「くり下がりのある引き算」
授業者の言葉を再現できるから、検討が可能になる。
「葉っぱの3番に指をおきます」なのか
「葉っぱの3番を指さしなさい」なのか。

「視知覚フラッシュカード」
最初「よーく見てね」は、カードを出してから言う。
様々なバリエーションを知っておく。
引き出しを増やす。

「りんご」 山村暮鳥
討論の授業をするためには、次のことが最低必要。
教材研究
先行実践
教室でどれだけ授業をかけたか。
教材研究の、言葉の調べ方はどうするのか。
生徒を揺さぶる。先生の一言で「あれっ?」となる。
オーソドックスなパターンを学び、その上で言葉一つ一つの
解釈をする。

2.感想
山本雅博氏の再現する力については、日頃からすごいと
思っていました。
でも、そんな山本氏でも最初は覚えようとしていたという
言葉を聞き、自分が何を努力すればよいのかヒントを
いただきました。
覚え、再現する機会を増やします。

国語の詩の教材研究の仕方についても教えていただきました。
自分の教科じゃないから、と思うのではなく、少しずつでも
他教科の模擬授業をやっていきます。

山本雅博氏やサークルのみなさんに会うと元気になります。
自分が元気になり、優しい気持ち、心に余裕をもって
生徒に対応していきます。
[PR]
by tosshkd | 2015-06-13 20:30 | 【後志】

【サークル報告】法則化海峡特別支援教育サークル第28回例会

e0252129_9462659.jpg


皆様、サークルを行いましたので報告いたします。
今回は特別支援員として活躍されている千葉圭一先生が初参加。
模擬授業へ率直な意見をいただき、とても刺激をいただきました。

以下、内容です。

~法則化海峡特別支援教育サークル第28回例会~

【期日】
平成27年6月13日(土)13:30~15:45

【場所】
北海道八雲町 八雲公民館

【参加者】 

4名(千葉圭一、渡邊里弥・後藤・渡邊俊郎)

【内容】

1.教え方セミナー講座
(1)渡邊俊郎~授業の原則十か条とは
(2)渡邊俊郎~個別評定の原則

2.近況報告
(1)千葉圭一先生より
心の理論「アンとサリー」について
自閉症の特性について

3.模擬授業

(1)渡邊里弥〜特別支援1年算数「6の分解」

具体物を使って実際に6を分ける活動をさせているところが良かった。
真ん中の数を分けるという「授業のロジック」を最後まで貫くとよい。
具体物→半具体物→数字という順番で学習していく。
フラッシュカードのシールの色まで考えるとよい。

(2)後藤〜 2年国語「お手玉うた」

「○を十個つけましょう」という指示が何をするだろう?と興味をそそられる指示になっていた。
タケノコ読みの指示「隣合わない所に○をつけなさい」を忘れないようにする。
最後の行は皆で声をそろえて言えるように指示すると一体感ができてよい。

(3)渡邊俊郎~ 1年国語「たおるをいれた」(くっつきのを)

向山洋一先生のご実践を実物資料集をもとに追試。
子どもからどんな反応があっても、明るく対応できるようにするとよい。
「ほんをよむ」の後、「はるのあめ」に行った所が唐突だった。
原実践をよく読み取り、なぜそのような展開になったのか考える必要があった。

4.レポート・原稿検討

(1)後藤 研究部提案文書

 3年次計画の3年目。ノート指導についてや話し合いの仕方など、どのように進めていくのか具体例があるのがよかった。児童の実態からPDCAサイクルを作って研究を進めていくとよい。

(2)渡邊里弥 事例検討

 課題を明確に、どのように仕事を進めていこうか考えている点がよい。
参加者でアイデアを出し合った。


7月例会は全国屈指のコーディネーター、
秋田の間嶋祐樹先生をお招きして拡大例会を開催する予定です。
7月29日(水)10:00~12:00で予定しています。
開催地については、函館もしくは森町になります。
詳しくは6月末にご案内いたします。

参加希望の方は、渡邊俊郎までw.1046@abelia.ocn.ne.jp
ご連絡お願いします。
皆様のご参加、おまちしています!
[PR]
by tosshkd | 2015-06-13 13:30 | 【渡島・檜山】

【報告】第1回一歩例会

根室の五十嵐です。

第1回一歩例会を開催いたしました。

以下,報告します。

1.日時 6月6日(土) 16:00~18:00

2.場所 別海ぷらと

3.参加者 8名

4.内容 

①学級通信交流
  まる【奥田】
  ネバーギブアップ【菊田】
  にこにこえがお【山田】
  わくわく【五十嵐】

②読み合わせ 「説得の技術」「授業の腕を上げる法則」

③学級づくり いろはのい【青坂】

④レポート検討
 校内研修「児童実態交流について」 【山田】
       「総合の時間の学習について」【山田】
       「学級経営案の作成について」【山田】

⑤学級通信交流
 【五十嵐】
 【菊田】 
 【山田】

第1回の講師は青坂信司先生でした。
教師が「一人のもれなく」という言葉にこだわって指導に当たること。
その執念,情熱,責任,自覚がなければならない。
青坂先生の発する一言一言が参加者にしみ込んでいくかのような講座でした。
教師としての根っこの部分に熱い魂を吹き込んでいただきました。



第2回は7月11日に開催予定です。
ご参加をお待ちしております。
e0252129_2264557.jpg

[PR]
by tosshkd | 2015-06-06 22:06 | 【釧路・根室】

【報告】TOSS石狩教育サークル 6月例会

e0252129_23205713.jpg

TOSS石狩教育サークルです。

6月例会を行いました。
今月は、伝統文化教室の検討、模擬授業を中心に行いました。
授業は、高杉学級の授業スピードの早さに驚きでした。

−−−−−
TOSS石狩教育サークル 6月例会

日時 6月3日(水)19時00分から21時

場所 北広島市西の里会館

参加者 サークル員8名

内容
1 学級通信「わくわく」
      「あしたがすき!」
      「GRIT」

2 伝統文化子どもTOSSデー企画

3 北広島子ども郵便教室の企画

4 模擬授業
  高校現代文「評論 こころは見える?」
   ・問いの文、答えの文の扱い方。教師が文全体を抑える必要がある。

  算数「計算のしかた」
   ・説明を省き、作業を入れ理解させる。
   ・賢い子には説明をさせる。
  
  算数「分数のわり算」
   ・スモールステップ、「わかる」より「できる」が先

[PR]
by tosshkd | 2015-06-03 23:23 | 【石狩】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧