<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

高杉祐之氏による第4回特別支援学習会

e0252129_2103543.jpg


TOSS北海道のみなさま

                在田裕子です。

特別支援学習会の第4回目を行いました。

今回も参加者が30名を超え、会場はかなり狭くなってきています。
ぎりぎりまでじわじわとお申し込みが続いていました。

第3回目は「愛着障害・反抗挑戦性障害・保護者対応」について話していただきました。

いつも具体的でわかりやすい講座内容は、
初参加の方々にも大変喜ばれています。

次回はいよいよ第5回目、第一期の最終回です。
お申し込みは

↓ この申し込みフォームにてお願いいたします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/60506b89324090


以下、報告です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■日時 第4回目 2015年2月20日(金) 19:00~20:30

■場所 厚別区民センター(会議室A)
      http://www.atsukucen.jp/

■講師 高杉祐之氏

■参加人数 34名(講師、事務局含む)

■講座内容
19:00~19:15
第1講座  特別支援に関するキーワード
       ①愛着障害~事例と対応
    
19:15~19:30
第2講座  特別支援に関するキーワード
       ②反抗挑戦性障害~事例と対応       

19:30~19:40
休憩(QA、アンケート記入)

19:40~20:00
第3講座 特別支援を要する子の保護者対応
        信頼を得る協力体制作り
        医療へのつなげ方 

20:00~20:10
休憩(QA,アンケート記入) 

20:10~20:30
QA


■感想  
今回、初めて愛着障害や反抗挑戦性障害について知りました。今までは通常学級の中に発達障害が多いと
思っていましたが、それだけではない障害もしることができました。
現場にでた時に、児童の自尊感情を高められるような関わり方に気をつけようと思います。

今の自分の授業には反省すべき点が多すぎて、本当にがっくりですが、がんばりたい!と思えました。

話を聴くたびに、引き出しが増えていくような気がします。
愛着障害や反抗挑戦性障害について知らないままだと、子どものことを誤解していたかもしれません。
そのような視点をもてたことをうれしく思います。

愛着障害については聴いたことがありましたが、反抗挑戦性障害については初めて聞きました。
いわゆる問題児といわれる児童にもそのような障害名があるということを学び、しっかりと向き合うことが大切さと
わかりました。保護者との具体的な対応が参考になりました。

愛着障害について、いろいろな子どもの顔が浮かびました。すごく多いような気がします。大人の関わり方が大切だと
わかりました。どのように接したらいいのか、参考になりました。保護者との関わりについては信頼関係ができるよう、
努力していこうと思います。

セルフエスティームを高めることが障害への対応に役立つと知りました。二次障害をうまないためにも
常に自尊感情を高める必要があるとわかりました。

自尊感情をあげる言葉を心がけているのに、自分の余裕がなくなり、子どもたちにきついことを言ってしまっています。
反省を生かして月曜日からやります。いつも良い機会をありがとうございます。

子どもの悪口を引き取る対応が勉強になりました。悪口を言った行為を怒鳴っても何も変わらない。
それよりも楽しく対応できた方が何倍もよいと思いました。引き出しをたくさんもつことができるように何をしたらよいか考えるきっかけになりました。
by tosshkd | 2015-02-22 21:03 | 【石狩】

TOSSフェルマータ第101回例会

第101回例会を行いました。
第100回記念例会を終え、
新たなスタートを切りました。
小、中、高校の模擬授業で盛り上がりました。
読み合わせ、模擬授業と「確認の原則」で貫きました。

◇TOSSフェルマータ

平成27年2月12日(木)18:30~21:00
浦河町基幹集落センター堺町会館

◇参加者6名

◇内容
0.教え方セミナーチラシ発送作業

1.『授業の腕をあげる法則』読み合わせP.47~53
①授業中、何度か意図的に片々の技術を駆使してできるように修業する。
②片々の技術をたくさん持つ。知っているか知らないかで大違い。
③本当に念を押したいという意図を持ってやったか。
④本は読んでいても研究ができていない。
⑤自分はいくつの技術を持っているか、時々書き出してみるといい。

2.模擬授業
①伊藤「ふしぎ 金子みすゞ」中1国語
②紫前「家族作文 許先生の追試」小3・4国語
③佳織「円錐の表面積」中1数学
④前川「外角の二等分線と比」高1数学

次回例会は3月22日(日)の夜に開催予定。
e0252129_22494349.jpg

by tosshkd | 2015-02-12 22:49 | 【胆振・日高】

【例会報告】第24回法則化特別支援教育サークル

e0252129_1819122.jpg
沼田佳奈です。本日の例会報告をいたします。

法則化海峡特別支援教育サークル第24回例会
【期日】
平成27年2月11日(水)13:30~15:30

【場所】
八雲町公民館

【参加者】
5名(渡邊俊郎・渡邊里弥・長田・沼田・沼尻)

【内容】

1.模擬授業
渡邊里弥〜3年算数「棒グラフ」
      表から棒グラフにあらわす方法の第1時。
      表の項目をグラフのどの位置に書くのかの学習。
      教科書では最後に表題を書くことになっているが、はじめの作業で表題を書くことの
      意義、進度を進めるために棒グラフの外枠のみをチェックし合格がもらえた子から色
      塗りを行うなどの工夫、長田先生から表の項目をいかにすぐグラフに転記するかを学
      んだ。

渡邊俊郎〜領土学習「樺太」
      今週末の検定に向けて検討。
      前回(12月)よりも格段にテンポがよくなった。
      パワーポイントの枚数についてなど、細かい部分についても討議がされた。
      
沼尻〜高校家庭総合「自分を見つめる」
      家庭科の学習で、自己の内面を見つめる単元があることに一同驚き。
      沼尻先生の落ち着いた言葉とどんな発表にも肯定して返す進め方に、どんな子どもに
      もあたたかく接する姿勢がよい。

2.教え方セミナー 講座検討
長田〜生徒指導のおさえどころ「ものすごいマイナス発言、やる気のないオーラで教室の雰囲気を
   壊してしまう子への対応」
      毅然としながらも笑顔で対応するには、どのようにしたらよいか。
      毅然とした指導=厳しい指導、ではないことを確認。

   「どんな子にもよい教材について」
      佐倉淳一著「明日」 平山諭著「発達障がい児本人の訴え」より、このような子たち
      にもよい教材を選定するポイントについて。
      市販のドリルとあかねこ計算スキルを比較し、何をすればよいか一目でわかるものは
      どちらか。教えてほめることができるものはどちらか。あかねこ計算スキルがいかに
      短時間で効率よく学習事項を定着させられるかがわかる講座。

3.セミナー報告
沼田〜TOSSフェルマータ100回記念例会
      自閉症児にとって、暗黙の了承が難しいものであるエピソード、自閉症児に限らず自
      分の立場に立ってくれた!という実感が量として根気強く積み重ねていくことについ
      ての還流報告。

4.日常の実践から
里弥先生から、教室のやんちゃ男子について相談を受ける。
「行動が脳を変える」を生かした指導例(シンクロ跳び箱、2人1組で活動するしかけ作り)を長
田先生から紹介してもらう。


次回は、3月7日(土)13:30〜八雲町公民館の予定です。
ご参加、おまちしています!
by tosshkd | 2015-02-11 17:46 | 【渡島・檜山】

特別支援学習会 in 石狩

在田裕子です。

特別支援学習会の第3回目を行いました。

今回は参加者が30名を超え、会場がだんだん狭くなってきました。
サークルに参加するようになった学生メンバーのおかげで
フレッシュな学生さんが、たくさん参加してくださいました。

第3回目のテーマは「LD」
そしてアンケートでご希望の多かった「ASDの具体的な事例と対応」。
前回の続編としてまたまた学びの多い講座でした。

第4回目は、2015年 2月20日(金)に行われます。
お申し込みは

↓ この申し込みフォームにてお願いいたします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/60506b89324090


以下、報告です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
e0252129_113235.jpg


■日時 第2回目 2014年12月12日(金) 19:00~20:30

■場所 厚別区民センター(会議室A)
      http://www.atsukucen.jp/

■講師 高杉祐之氏

■参加人数 33名(講師、事務局含む)

■講座内容

19:00~19:15
【第1講座】特別支援最前線(第3回はLD)
      DSM-5をふまえた発達障害の基礎知識
      その症状を起こす脳のしくみ
    
19:15~19:30
【第2講座】対応講座(同上)
      LD児に必要なスキル

19:30~19:40
休憩
(QA、アンケート記入…アンケートの内容を参考に次回を計画します。)

19:40~20:10
【第3講座】
ASD児に必要なスキル(第2回の講座続き)その5~

20:10~20:30
 QA


■感想  
とても勉強になりました。若い先生方が多い職場なので、この勉強会のことを伝えたいと思いました。

今までSLDやASDについて本を読んだり先生に聞いたりしていたのですが、表面的なことしかわからず、
具体的な支援方法を学ぶことができなかったので、とても勉強になりました。
特に赤えんぴつの使い方や百玉そろばんの使い方など、具体的なお話が印象に残っています。
また誤学習についても初めて聞いたので、最初が肝心だということがよくわかりました。


初めて学習会に参加させていただき、ありがとうございました。これまでSLDやASDの児童への対応の仕方を
授業で考えることはありましたが、実際に学校の教員がどのような対応をしているのか。それがそのような効果を
生んでいるのか、聞く機会がありませんでした。そのためとても勉強になる時間でした。


児童が意味を理解して行動できるように、意味や定義を伝え、想像しやすいようにすることが必要であることが
よくわかりました。注意することが逆効果になることについて、私自身ボランティアで小学校にいった時に
体験しました。貴重なお話ありがとうございました。

本を読むだけではわからない対応の仕方、ほめ方、指導方法について知ることができ、有益な時間でした。

TOSSの講座で聞いたことはあってもできていないことがいくつもありました。具体的な対応をいくつも例示していただき、
もっともっと引き出しが必要だと感じました。そして何よりその指導の一つ一つの裏にある思想を聞くことができ、
心が洗われました。定期的に高杉先生のお話を聴き、実践して血肉化していきます。
懇親会、いいですね。周りの人達にも来てほしいです。

中2の担任をしています。通常学級ですが、グレーゾーンの生徒達に苦戦しています。

怒鳴ったり厳しい指導ばかりしてきました、今日の研修を受けて、接し方を変えてみようと思いました。
とても勉強になりました。
by tosshkd | 2015-02-09 01:13 | 【石狩】

【例会案内】第54回TOSS轍例会

第54回の例会報告いたします。

■日時
平成27年2月7日(土)10:00~12:00

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室

■参加者(2名)
布村 藤田

■内容
1.レポート・原稿・通信等交流 

TOSS轍サークル通信第56号(藤田)
配布のみ

2.講座検討

①体育 リズム太鼓を使った運動(布村)

太鼓の音に合わせる運動の講座


②社会 TOSSランドをつかったクイズ・ゲーム(藤田)

講座ができておらず、構想のみ。


③社会 社会科資料集(布村)

社会科資料集を使った講座。
資料集のよさをたくさん見つける。


④社会 おてほんくん(藤田)

アドバイスを生かして導入の説明部分を変えた。
お手本くんを描く時間は1分間はほしい。
言葉を削る。


3.模擬授業

①算数学力テストB問題(布村)

学力テストが低い北海道。
解かずして、諦めてしまう子どもが多い。
やはり、B問題の過去問の解き方を教え、
問題に触れさせないとできないと思う。


②1分間フラッシュカード英語(藤田)

動物フラッシュカード。
自分だけで練習している時と異なり、
人を相手にすると対応が崩れてしまう。
1分12秒。

③1分間フラッシュカード英語(布村)

状況設定フラッシュカード。
最初1分4秒
DVDを視聴後、1分切ることができた。


4.読み合わせ

「学級を組織する法則」
Ⅰ学級づくり論三つの枠組み
四 組織論3・学級内の三つの仕事分野


一、当番活動
二、係活動
三、文化的な活動

について


疑問として

①どんなチェック機能とあるがどのようなチェックをするのか。
②向山先生は「教科は教師が教えるべきだ」という観点から教科の係は作らなかったというが
教科の係があったらどのように動かすつもりだったのだろうか。
③低学年と高学年で分離させるとあるが、どのように分離させるのか。
④最後の「自由研究」をどのようにやっていたのか。


読み合わせをすると色々な疑問が浮かんでくる。
自分たちの実践を振り返りながら話したりできるので勉強になる。
by tosshkd | 2015-02-07 14:25 | 【宗谷】

TOSS石狩教育サークル 冬の拡大例会2015

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

今や北海道学力向上の中枢を担っておられると言っても過言ではありません。
千葉康弘先生をお迎えして、「冬の拡大例会」を開催いたしました。

e0252129_3425248.jpg

さらに、主催の「特別支援学習会」で参加者から好評をいただいている、
サークル代表の高杉祐之先生の講座も行われました。

いただいた感想の中に、
「ぜひ、もっとたくさんの人に広げたい。」
とのお言葉がありました。

事務局一同、全く同じ思いでした。


なお、すでに来年の開催も決定しております!

講師は上記のお二方に加え、

千葉康弘先生の一番弟子にして、
TOSS音楽中央事務局で活躍されている

TOSSフェルマータ
  高 橋 賢 治 先生

   の講座も予定しています。

来年も、石狩の冬は熱くなります!

以下、報告です。

-----------------------
TOSS石狩教育サークル 冬の拡大例会

1 日時
  2015年1月31日(土)13:30〜16:30
  ※受付13:00〜

2 場所
  札幌市中央区民センターつどいB
  〒060-0062 札幌市中央区南2条西10丁目

3 参加人数

  一般  23名
  学生   3名
  事務局  6名
  講師   2名
  計    34名

4 講座テーマ
  クラスを安定させ、子どもが伸び伸び活動する学級のシステム

5 講座内容

講座1 授業技量検定D表
講座2 日々の授業をシステム化する教科書の扱い方(千葉先生)
講座3 詰めずに詰める?しつけの中にも明るさがある対応術(高杉先生)
講座4 圧倒的に楽しい!千葉先生はイベントをこう創る(千葉先生)
講座5 叱らなくても子どもは動く 学級のチェックシステム(高杉先生)
講座6 これぞ学力向上策!千葉教務主任が創る学校の学習システム(千葉先生)
講座7 Q&A

6 参加者の感想

大変魅力的な講座であり、自分が一番知りたいことがたくさん学ぶことができるので、
楽しみにしていました。
3学期あけのこの時期に気合を入れ直すのにちょうど良い機会になりました。
第1講座では、授業はじめの15秒に力を入れること、
子どもの中に入っていき制圧すること、視線を全体におくることの大切さがよくわかりました。
来週から意識して取り組んでいきたいと思います。
高杉先生の「詰めずに詰める」の話はとても参考になりました。
今日のような話をもっとくわしく聞きたいと思いました。自分の学級でもすぐに生かしていきたいです。
千葉先生のイベントに向けての話、とても心に残りました。
昨日行った公開研の成功への様々な話がとても参考になりました。本校の研修にもぜひ生かしていきます。

昨年から受けてみたいと思っていた講座がありました。
それは千葉先生の「教科書の扱い方」の講座です。
やっと今日、その講座を受けることができました。
この講座だけでも来たかいがあったと思ったのですが、
今日の拡大例会の中で、これは序章だった気がします。
千葉先生のイベントのスケール、意味が明らかになるにつれて、
そのお話にぐんぐん引き込まれていきました。
素晴らしい仕事をされていると思いました。
今日の学びを少しでも勤務校に還元できらと思います。

これから教職を目指すものとして大変参考になりました。
特別支援関係のお話も聞く事が出来て、とてもよかったです。
今後の大学生活、勉学等に今日の拡大例会で学んだことを活かしていきたいと思います。

初めて参加させていただきました。
講座内容、大変勉強になりました。
千葉先生の「ソリューションフォーカスアプローチ」、高杉先生の「誤学習」等、
今後の教育活動に活かしていきたいと思います。
また、様々な方にお会いすることができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。


以上です。
by tosshkd | 2015-02-04 03:48 | 【石狩】

【例会報告】第53回TOSS轍例会

第53回例会報告

■日時
平成27年1月31日(土)14:00~15:00

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室

■参加者(1名)
藤田

■内容
1.レポート・原稿・通信等交流 

①TOSS轍サークル通信第55号(藤田)
②教え方セミナーチラシ(布村)


2.読み合わせ

「学級を組織する法則」
Ⅰ学級づくり論三つの枠組み
二組織論1・四月の初めに何をするか

3.模擬授業 講座検討

①教え方講座 社会 お手本くん
②1分間、フラッシュカード




<内容報告>
1.レポート・原稿・通信等交流

①TOSS轍サークル通信第55号
②教え方チラシ

教え方のチラシをデーターで
送っていただいたので検討。

感想:QRコードが付いていたのがよかった。
文字ばかりなので、強調したい事については、
フォントを変えたりして際立たせるといいと思った。


2.読み合わせ

「学級を組織する法則」
Ⅰ学級づくり論三つの枠組み
二組織論1・四月の始めに何をするか。


学びのキーワード:

学級のしくみをつくること。
担任なしの一週間を思い描く。
何をするか。
いつするのか。

私も4月に向けて、イメージをしていきたい。



3.模擬授業 講座検討

①教え方講座 社会 お手本くん

前回の流氷例会でいただいたアドバイスを元に
話す内容を少し修正。



②1分間、フラッシュカード


井戸先生の映像を意識して。
最近、状況設定ではなく動物のカードの方を練習している。
リズムを体にしみこませたい。
そのためには練習、練習、練習・・・・・・。


通院後、すぐの例会で
用意も不十分、体調もすぐれなかったので
2時間できず、流すようにやってすぐに帰宅した。


次回は2月7日(土)
今度はちゃんと準備して行いたい。
by tosshkd | 2015-02-01 08:56 | 【宗谷】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧