人気ブログランキング |

<   2014年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

TOSSネムロ&法則化チェイサー例会報告

合同になって第3回目の開催になりました。

日 時 平成26年3月7日(金)18:00~20:20
場 所 根室市内某所
参加者 サークル員:勝田、五十嵐、平田、青木 4名
      一   般 :M先生

1 模擬授業 道徳(五十嵐) 算数(青木) 算数(勝田)※2本

2 教え方セミナー講座検討 勝田、五十嵐

3 国語分析批評講座 平田

4 演習 出題者:青木 「学級経営」「授業」 ※向山洋一氏の本より出題

5 佐藤式工作「空飛ぶモンスター」(青木)

6 酒井式「どんぐりと山猫」の見方(青木)

TOSSネムロ&法則化チェイサー例会報告_e0252129_17232046.jpg


今回、勤務校からの参加がありました。
終った後の懇親会にも参加してくれました。
by tosshkd | 2014-03-08 17:24 | 【釧路・根室】

【例会報告】TOSSシグナス14年3月例会

第149回例会の報告です。

■TOSSシグナス

 2014年3月7日(金) 19:15~21:00
 苫小牧文化会館
  
■内容

 1.レポート検討(8本)
    ~2分の1成人式の取組報告がすばらしかったです。
     その他、教え方セミナーの学校案内文書など。
     http://utonet.jimdo.com/
 2.田上講座
    ~児童が自主的に取り組むイベントなど
 3.学級経営交流会
    ~様々な場面での子どもへの「語り」など

 次回例会は、2014年4月4日(金)に行う予定です。
 参加希望の方は、田上までご連絡を!

【例会報告】TOSSシグナス14年3月例会_e0252129_9331358.jpg

by tosshkd | 2014-03-08 09:35 | 【胆振・日高】

3月の学習会を開催しました

TOSS十勝(TOSSお茶しましょ)の学習会を開催しました。

3月6日(木)18:30~20:30
幕別町百年記念ホール和室1
参加:6名

・教え方セミナーin十勝の案内発送作業
 十勝管内の全小中学校に送りました。

・小林さんのD表検定授業の検討
 「立志の式」の授業
 みんなでいろいろとアイディアを出し合いました。

・教え方セミナーの計画検討

・そのほか

インフルエンザが猛威をふるう中での学習会でした。
私(永山)も、ちょっと体調が悪かったです…
そんな中でも、和気藹々と楽しい学習会になりました。
by tosshkd | 2014-03-06 21:00 | 【十勝】

TOSS千里例会報告

2月22日(土)  18:00~20:00

参加者 青坂 青木 菅原 馬場 小手森 平田 松村 五十嵐

1.CRT検査について(青木)

2.避難訓練3か年計画の報告と次年度への提案(五十嵐)

3.学校通信 青葉が丘(青坂)

4.校長室便り(青坂)

5.学級通信スパークル(青木)

6.教務部提案 学習用具のきまり(小手森)

7.「国語教育」誌 原稿メモ書き検討(平田)

8.教え方セミナー検討(五十嵐・青木)

終了後,TOSS千里例会報告_e0252129_2004815.jpg別海にて懇親会
by tosshkd | 2014-03-04 20:01 | 【釧路・根室】

【例会報告】第43回TOSS轍例会

第43回例会報告

■日時
平成26年3月2日(日)10:00~12:00

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 1Fホビールーム

■参加者(敬省略)

布村、大平、藤田


■内容
1.レポート・原稿・通信等交流
 TOSS轍サークル通信44号(藤田)
  「明るい方へ」サークル通信1~3号(大平)

2.模擬授業・講座
 ①国語 漢字文化(布村)
 ②国語 五色百人一首(藤田)
 ③国語 向山型国語論文審査教材(布村)
 ④国語 話す聞くスキル(藤田)
  ⑤講座 低学年の学級経営(布村)

3.読み合わせ
 続・授業の腕をあげる法則 
 Ⅱ新卒教師のための新五ヶ条
 5 第五条=研究授業は自分から進んでやれ


<内容報告>

1.レポート・原稿・通信

TOSS轍サークル通信44号(藤田)配布のみ

「明るい方へ」サークル通信1~3号(大平)
大平先生に3枚のうち1枚を読んでいただく。
サークル参加前に作ってきた下さった3号。

人生を成功させる秘訣
大平先生が発信されたダイアリーに向山先生が寄せられたコメントについて。


「能力の5割は行動力」

向山先生のコメントを拝読し
私は全然動けていないと思った。

【例会報告】第43回TOSS轍例会_e0252129_14424031.jpg


2.模擬授業・講座
 ①国語 漢字文化(布村)
  「土」漢字 何を表しているかを考える実践。
  定番の授業の一つで、とても楽しい。
  私も、この実践を行ったことがある。
  荒れた学級だったけれど授業が成立した実践。
  
     
 ②国語 五色百人一首(藤田)
  ルールのについての指示は、TOSSランドの小宮先生の実践を
  参考にしている。
  1枚ごとに言っていくルールは、学級やその状況に応じて
  順番を変えたり、言い回しも変えていいのだろうかという
  疑問を持っていたので、質問してみた。
  お手付きのルールは、変えていると言われたが、
  教え方セミナーでは、スタンダードの方がいいだろう
  ということだった。
  

 ③国語 向山型国語論文審査教材(布村)
  最新号の論文審査の教材。
  「、」のうつ場所で意味が変わっていることに
  気が付かせるためにどうするか。
  教師が教材に対しての解釈や研究、また子どもたちへの
  日頃の指導を積み重ねていないとこうした問題はなかなか
  難しいと思った。
  

 ④国語 話す聞くスキル(藤田)
  話す聞くスキルの見本がなかったため
  A4の紙に8ページ分印刷して授業をした。
  「スキルをめくりながらやるよさもあるのでは」と言われた。
  私には、そういう発想はなかった。
  やはり、見本を使って指導をした方がいいのかもしれない。
 

  ⑤講座 低学年の学級経営(布村)
  音楽の時間で音に合わせて歩くことや
  4拍子を感じて歩くことが意外とできない児童がいる
  とのこと。
  実際に会場で音楽に合わせて歩いてみた。
  簡単なことのようだけれど、
  自分も案外できていなかったりする。
  子どもの立場になってみないとわからないこともあると
  講座を受けて気が付くことがあった。


3.読み合わせ
 続・授業の腕をあげる法則 
 Ⅱ新卒教師のための新五ヶ条
 5 第五条=研究授業は自分から進んでやれ

いつものように線を引いて交流。

三人が共通して引いていた箇所は

「ひどい学校」での「戦い」は「授業」を通してこそやっていくべきなのである。

やはり、教師は授業が生命線。

私も、研究授業、模擬授業を積極的に続けていきたい。
by tosshkd | 2014-03-02 14:42 | 【宗谷】

【サークル報告】法則化海峡特別支援教育サークル 第15回例会

平成26年3月1日(土)13:30~15:30
北海道八雲町八雲公民館にて
法則化海峡特別支援教育サークル第15回例会を行いました。
おもに教え方セミナーの講座検討を行いました。

以下報告いたします。

参加者 3名
長田 後藤 渡邊

内容

1、近況報告
 それぞれの近況をそれぞれ伝えあいました。

2、教え方教室講座検討

函館・七飯で学習会を行います。サークルの中で講座の検討を行いました。

TOSS教え方セミナー 七飯会場 3月22日(土) 13:30~15:30 http://www6.ocn.ne.jp/~inagura/index.tossdaynanae2.html

TOSS教え方セミナー 函館会場 4月26日(土) 13:30~15:30
http://www6.ocn.ne.jp/~inagura/index.tossdayhakodate2.html



 後藤先生が司会の練習をしながら進めました。

(1)長田 授業で学級づくり  ノート指導 ルールの定着

 児童のノートが変わっていった事実をもとに講座を作っているのがよいと感じました。
ノートをきれいに書くことの趣意は、計算まちがいをなくすこと、
丁寧にやる習慣を身に付けさせることにある、ということが確認できました。
教師が「学級をどうしたいかという明確なイメージを持つこと」が大事であるという講座です。

(2)渡邊 特別支援教育 この教材で新学期をむかえる

 主張したいことは伝わりました。しかし内容の整理が必要です。
始めの部分を短し、教材の説明をしっかり行うようにします。
後半の子どもの事実を伝えるところはよかったですが
【サークル報告】法則化海峡特別支援教育サークル 第15回例会_e0252129_9192937.jpg

教材と子どもの事実がリンクする形で示すように整理することが必要です。

(3)後藤 始業式までに読んでおく本のリスト

紹介された本はどれもいい本です。 
どの本のどの部分がいいのか、ポイントを絞ってお伝えするとよいと思います。
具体的に役に立った場面などエピソードで話すようにするとよいです。

(4)長田 学校が決まってから新学期を迎えるまでどうするか

参加者がどのような学校に勤務されているのか?
それをもとに講座を変えられるように組み立てていました。
とても大事な視点であると感じました。

(5)渡邊 支援学級担任が決まってから新学期を迎えるまでにどうするか

 特別支援学級担任10箇条という形で提示しました。
「新学期」という視点で内容を絞ることが必要であると感じました。

(6)長田 生徒指導のおさえどころ 授業の始まる前が肝心

 休み時間にけんかをした児童をどうするか、という状況設定がわかりやすかったです。
実際に学級でどのように対応すればいいか学べる講座です。
「勝ちパーツをつくる」という主張に納得しました。

(7)渡邊 発達障害に配慮した授業づくり 物語教材

内容の整理が必要です。教材は「おおきなかぶ」で行います。
前半の音読指導の部分は省略し、よりポイントを絞って提示するようにします。


以上です。
ありがとうございました。
次回は4月にサークルを行います。
by tosshkd | 2014-03-01 13:30 | 【渡島・檜山】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】
NPO TOSS石狩
TOSS北海道中央事務局

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧