<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

TOSSエステ中標津

TOSSエステサークル

1月30日(木) 18:30~20:30  中標津東小学校5年2組

5名(水野、小林、和歌ほか)

1、学級通信交流

2.指導案検討

3.親守詩V視聴

4.日常の実践について

終了後、懇親会

9年ぶりに再開したエステサークルでした。
e0252129_6593781.jpg

[PR]
by tosshkd | 2014-01-30 06:53 | 【釧路・根室】

TOSSフェルマータ拡大例会TOSS音楽学習会

TOSSフェルマータの高橋賢治です。

飯田清美先生をお招きして
TOSSフェルマータ拡大例会TOSS音楽学習会を開催しました。
全道各地からたくさんの方にご参加いただきました。
大変好評をいただきました。
TOSS音楽を今まで以上に北海道へ広めることができました。

日時:2014年1月18日(土)14:00~17:00
会場:札幌 かでる2.7 1050会議室
♪講座1 14:00~14:30
飯田清美音楽模擬授業1 
♪講座2 14:30~14:45
TOSS音楽重要キーワード 高橋賢治
♪講座3 14:55~16:10 音楽授業スキルアップ
飯田清美氏による介入指導
授業者:1.岡戸美奈枝2.石田晃大3.五十嵐貴弘4.紫前明子
5.山本かおり6.高橋佳織7.岡田亜希子8.勝田仁9.柳沢やよい
♪講座3 16:20~16:50
飯田清美音楽模擬授業2
♪講座4 16:50~17:00
Q&A

参加者34名
事務局 4名
講師  1名
合計 39名

【参加者の方の感想】
1.今回、初めて参加しましたが、とても楽しく授業を受けることができました。
先生のタイミングの取り方(間)に引き込まれると、
楽しく内容が頭に入ってくると感じました。どうもありがとうございました。

2.初めて参加させていただきました。
新しい世界に足を踏み入れた感覚でした。
本日、学ばせていただいたこと、日常の授業作りの参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

3.介入授業で飯田先生が的確にアドバイスすることで
授業がどんどん変化していき楽しいものになっていました。
自分の授業はCDに頼りがちでしたが
体一つでシンプルに授業をすることで
とてもわかりやすくリズムにのっていくことが
体感でき、びっくりしました。
これからどんどん取り入れていきたいと思います。
楽しい学習会、ありがとうございました。

4.飯田先生にはじめてお会いできてうれしかったです!
片道6時間の道のりも近く感じました。また参加したいです。
模擬授業に挑戦してよかったです。
はじめて人前で音楽の授業をしました。
足がガクガクふるえましたが、飯田先生の温かいご指導の
おかげで楽しくなりました。
やり終えたあとは充実感でいっぱいでした。
ありがとうございました。

5.音楽の授業がこんなに楽しいなんておどろきました。
飯田先生の笑顔で私も元気になりました。
本で読ませていただいたことを生で見れてうれしかったです。
特に和音や体を動かす勉強を教室でもしてみたいと思いました。
本当に今日はありがとうございます。
模擬授業で教えていただいこと、帰ってから実践していきます。

来年は、翔和学園の伊藤寛晃先生をお招きして
第100回記念例会特別支援教育学習会を予定しております。
http://tossfermata100.jimdo.com/

ご参加、お待ちしております。
e0252129_22231820.jpg

[PR]
by tosshkd | 2014-01-27 22:23 | 【胆振・日高】

【TOSSクマゲラ例会報告】


【日時】 1月24日 18:00~20:00

【場所】 根室市立厚床小学校 理科室

【内容】   1.おはよう北海道親守詩の動画視聴・熱海の報告 (馬場)
       2.音楽模擬授業(フェルマータでの学び) (岡戸)
3.算数模擬授業(五十嵐 進藤 菊田 坂井)
4.馬場講座
5.国語模擬授業(岡戸)
6.音楽模擬授業(フェルマータでの学び) (五十嵐)
7.レポート検討
   

【参加者】 馬場 五十嵐 岡戸 進藤 菊田 小手森 青木 坂井(学生) 小野寺(学生)

1.おはよう北海道親守詩の動画視聴
1月23日にNHKで放送された映像を馬場先生の解説つきで視聴しました。参加した学生にも見てもらえたことが良かったです。釧路子ども未来塾にも参加していて社会貢献活動に監視の強い学生さんなので,興味深そうに見ていました。馬場先生のコメントは「宮崎先生の表情がカタい!」でした。
       
2.音楽模擬授業(フェルマータでの学び) 岡戸
【風になる】の曲に合わせたリズム運動で全員汗をかきました。懇親会の場で飯田先生に教えてもらった実践を授業にしていました。聞いたことをすぐに授業化していた行動力と飯田先生からもらったパワーあふれる授業力に驚きました。「ブレインジム」に関わる解説を入れていたところもすばらしいです。

3.算数模擬授業(五十嵐 進藤 菊田 坂井)
①2年 数の線 五十嵐
②4年 小数のわり算 進藤
③中学3年 母集団と標本 菊田
④2年 かけ算 坂井
坂井君(学生)が模擬授業に挑戦しました。大学2年生です。はじめて来たサークルで模擬授業に挑戦するというやる気が素晴らしいと思いました。馬場先生から「問題は先生が読むのが基本だ。物語を読み聞かせるように。」とコメントをいただき、すぐに声が変わりました。

4.馬場講座
「暴走する偽環境ビジネス」の内容をもとに地球温暖化のお話をされました。「事実を探る」「疑いを持つ」「自分で調べる」「本を読む」といったことをすることが大切だと教えていただきました。

5.国語模擬授業(岡戸)
1年生

6.音楽模擬授業(フェルマータでの学び) 五十嵐
「越天楽今様」をできるだけ飯田先生が授業されたとおりに授業しました。鑑賞→演奏をグループに分かれて行いました。竜笛の奏者のような小手森先生,雰囲気出ていました。
そのまま追試することの大切さを感じました。

7.レポート検討
①国語論文(青木)…主張を一番最初にもってきたほうがよい
②学級通信スパークル・勤務校での提案事項(青木)
③年度末反省:学力向上プロジェクトについて(小手森)
④学級通信きらきら(五十嵐)

…懇親会は別海「藤」にて
今回、学生さん二人が懇親会にも参加してくれました。学生さんとサークルをつないでくれているのは,菊田先生です。「人と人との出会い」「つばがり」という言葉を体現していらっしゃいます。この輪をつなげ、広げられるよう五十嵐も社会貢献活動の場や学生サークルにもっと顔を出したいと思いました。
あっという間の5時間(サークル2時間,懇親会3時間)でした!!
e0252129_10482432.jpg

[PR]
by tosshkd | 2014-01-25 10:48 | 【釧路・根室】

【例会報告】第41回TOSS轍例会

第41回例会報告

■日時
平成26年1月18日(土)13:30~15:30

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室

■参加者5名(敬省略)
伊藤、伊藤先生のお嬢さん、布村、U(学校支援ボランティア)、藤田


■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

①TOSS轍サークル通信43号(藤田)

配布のみ

②冬休みに参加したセミナーのまとめ(藤田)

12月の長崎のセミナーと埼玉のセミナー、1月静内の算数セミナー
をまとめたもの。

③ハードル指導のポイントはただ一つ「足の裏を見せなさい」(伊藤)

A4枚に渡ってびっしり記録されている。
指示や子どもたちの様子や反応が細かく書かれている。
記録と言うものはこのように書くのだと伊藤先生のレポートを
見せていただき勉強になった。


2.模擬授業


①低学年道徳「手で話そう」(藤田)

12月の釧路セミナーの検定の授業をした。


②2年算数「テープ図」(布村)

授業後の話し合いは、テープ図の書かせ方で活発な話が出た。

◇ 大きさをしていなくてもテープ図がかけるのか。

◇テープを書かせる時に間の線を引かせる時は
子どもは数の大きさを考えて引けるのか。

◇○を書いてから、テープを囲む作業を繰り返していくうちに
子どもは理解するのではないか。

◇ 2と8などあきらかに大きさがちがえばテープ図をかけるかもしれないが、
5と6などの微妙な数の場合、大きさを変えて書けるのか?

色々な意見が出ていい授業を持ってきてくださったと思う。

③6年総合「国歌」(伊藤)

色々な国の国歌を提示してから日本の国歌を提示。
初めて他の国の国歌の歌詞を見た。
他の国の歌詞と日本の歌詞にはずいぶん違いがあることがわかった。
日本について教えていくことは私たち教師の重要な役目なのだと
再認識させられた。


④2年道徳「さっちゃんのまほうの手」(藤田)

障がい理解教育のための
絵本「さっちゃんのまほうのて」を使った授業。
指導案は作っていたが、まだ固まっていない状態。

まずは、私自身が何を教えていきたいのかという方向性を
持つことをアドバイスいただいた。
展開を変えた方がいいという事。



3.読み合わせ

続・授業の腕をあげる法則
Ⅱ新卒教師のための新五ヵ条
3 第三条=プロの技術を身につけたいのなら身銭を切れ

いつものように、交代に読み合い、線を引いて交流。
本日、みんなが引いた箇所


・子どもにとってより価値ある仕事をしたい
・自分の技量を向上させたいのであれば、身銭を切ることだ。
・教育とは知性的な仕事なのだ。
・大声を出さなくたって子どもはちゃんと動くものなのだ。
・しかし出かけて行って人にあうのもまた勉強である。
・本を読む教師と読まに教師は歴然とした差がつく


同じ本を読んでいてもみんなそれぞれが、違うところに引いている。
同じところを引いていても、また違った解釈をして読んでいるのが
とても勉強になり、読み合わせのおもしろさだと思う。
[PR]
by tosshkd | 2014-01-18 18:38 | 【宗谷】

【例会報告】TOSSシグナス14年1月例会

田上です。

昨日行った第147回例会の報告です。

■TOSSシグナス

 2014年1月17日(金) 19:15~21:00
 苫小牧文化会館

■参加者 2名(敬称略)

 松村、田上
  
■内容

 1.レポート検討
 (1)田上 (B4 10枚) 学級通信「PLEASUREE」No155~No164
    ~腕相撲選手権やクリスマスパーティーの様子など。

 (2)田上 (B4  1枚) 熱海合宿分科会レポート
    ~Yahoo!きっずでの新企画。発達障害児への支援活動について。
     ビジョントレーニング、ワーキングメモリを鍛えるゲームや
     その使い方について提案した。
 
 (3)田上 (B4 2枚) 一門合宿レポート
    ~表が社会貢献活動・議員との連携について。
     裏がトークライン・社会貢献教育誌とサークルの拡大について。
     レポートにまとめると、自分のできていない部分がよく分かる。

 (4)田上 (B4  1枚) 毎日新聞の親守詩全国大会記事
    ~毎日新聞2013年12月29日朝刊で、親守詩全国大会が
     大々的に取り上げられた!

 (5)田上 (A4  4枚) 伊能忠敬テキスト
    ~松崎先生のチームの仕事。伊能忠敬の足跡を「すごろく」にしてみた。
     伊能忠敬の地図作製は北海道から始まったという。
     調べてみると、すごく面白い!

 (6)田上 (A4  4枚) トライアスロンテキスト
    ~松崎先生のチームの仕事。伊能忠敬の終焉の地「八丁堀」で
     トライアスロンのコースを考えるという内容。

 (7)田上 (A4  2枚) 教師力向上教え方セミナーチラシ
    ~今年も道教委の後援を受け、教師力向上教え方セミナーを開催する。
     その学校配布向けのチラシ。
     http://utonet.jimdo.com/

 (8)田上 (A4  1枚) チラシ回覧依頼の鏡文
    ~教え方セミナーのチラシを各学校で回覧してもらうための
     校長先生宛の依頼文。

 (9)田上 (A4  2枚) 戦争犯罪人に関係する文書
    ~日本に戦犯はいないことを示す、サンフランシスコ講和条約や
     国会議決などの文書。 

(10)松村 (A4 表裏20枚) 学級通信「ビート」No92~No111
    ~目標を立てることに関する内容がとってもいい!
     家庭学習の紹介や、やる内容についての提案も参考になる。

(11)松村 (A4  8枚) 青銅の三日間レポート
    ~3学期最初の三日間、どのように過ごすのか。
     学年末に向けてのプラン、ゴールを明確にした取組など。
     多くの人に参考にしてもらいたい内容である。

 2.田上講座
 (1)新卒の時の教え子との同窓会
    ~15年前の様々なエピソードが思い出される。
 (2)腕相撲選手権
    ~教室熱狂!応援団長も大活躍
 (3)クリスマス&お別れパーティー
    ~クリスマス会と転校する子のお別れ会を年末に実施。
     いろいろなイベントで盛り上がる。

 次回例会は、2014年2月7日(金)に行う予定です。
 参加希望の方は、田上までご連絡を!
[PR]
by tosshkd | 2014-01-18 10:55 | 【胆振・日高】

【例会報告】TOSS札幌未来(1月例会)

TOSS札幌未来は、1月例会を実施しました。

次回は、2月21日(金)に決定しました!
どうぞよろしくお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Ⅰ.日時
1月17日(金)18:30~21:00

例会後、アフターを行いました。近くのつぼ八です。

Ⅱ.場所
「児童デイサービス あじさい」
〒065-0024
札幌市東区北24条東15丁目1番7号 スリール元町201
Tel :011-751-5554
http://www.ajisaisupport.com/m.html

Ⅲ.内容
1.読み合わせ
「子どもを動かす法則」(向山洋一著)明治図書
‘P.151~「存在感が実感できてこそ子供は動く」
読んでいて「ハッ」とするところがたくさんあった。

2.レポート検討
①全校朝会で話す「節分」
「節」についての説明と、
「節分」についての話。
対象を考えて話すことが大切。
「鬼はうち」の話も楽しかった。

②ブロンズの三日間(1日目)プラン
板書する黒板から、1日の流れについてのレジュメ。
方針が立てることの重要性を実感。
自由研究の見せ方について
意見交流した。
触られたくない子への配慮や記録写真を撮ることなど、
アイデアが出された。
例会だからこそ聞ける情報である。

③高段者授業技量検定レポート
一枚にまとめてきた気概に感動。
書くことでさらに記憶が増す。
向山先生のご配慮についても
話が及ぶ。

3.模擬授業
①音楽「ドドソソララソ」
明日の飯田先生のセミナーで行う授業。
体を使った楽しい授業であった。
「習熟練習の必要性」
「心地よいテンポとはどのぐらいの速さか。」
「どのようにステップを上げていくか」
「言葉を削る」
検討後の2回目の授業は、さらに楽しかった。

e0252129_1385315.jpg


②国語「手の変幻」
高校1年生の教科書。説明文。
みんな必死で理解しようとしていた。
子どもの気持ちを痛感。
「あれ」とか「こうなんじゃない」などみんな集中。
「生臭い秘密の場所とはどういうことか」の発問について
みんなで検討した。
「生臭い」という言葉を使った例文づくり
「『生臭い秘密の場所』と『秘密の場所』の違いを検討する
など、様々な意見が出た。
先行実践が載っている雑誌についての情報も聞けた。
例会で授業すると、たくさんの情報が聞ける。

③国語漢文「送元二使安西」
高校の漢文。
難解な文。
しかし授業を受けていくと、
情景がどんどん鮮明になる。
漢文の約束事も勉強になった。
あくまでも文章内の言葉を根拠にしている。
楽しい授業であった。

e0252129_1395691.jpg


④エネルギーの授業(バイナリ―発電)
エネルギー授業全国大会で行う
模擬授業の検討。
授業者の熱意・気概が伝わってきた。
回数を重ねるごとに完成度が増している。
とてもテンポがいい授業。
そして、実験もあり(今回は省略したが)
とてもひきつけられる授業。
たくさんの人に見てもらうことで
さらに視野が広がっていく。
ぜひ、最優秀賞に選ばれて欲しい!!

⑤算数「ずをつかってかんがえよう」
挿絵→おはじき→アレイ図
これをスムーズにどのように行っていくかが
ポイントになる場面。
図の扱いから、
問題文の読ませ方まで
たくさんの意見が出た。
「6番目」という言葉から、前には「6人いる」という
情景をどのように理解させるのかということにも
話が及んだ。

Ⅳ.参加者10名

Ⅴ.今後の予定
2月15日(金)18:30~21:00
[PR]
by tosshkd | 2014-01-18 01:40 | 【札幌市】

TOSS上川 例会報告 2014年1月

TOSS上川の山下好剛です。

1月例会を行いましたので報告いたします。

◆日時 1月17日(土) 18:00~20:30

◆場所 旭川市市民活動交流センターCOCODE

◆参加者 9名

◆活動内容

1.読み合わせ トークライン2月号 河田孝文氏論文

2.セミナー参加報告
 ・TOSS体育フレッシュセミナー 角家
 ・向山型算数授業力向上セミナー 山下

3.学級通信交流
 ・おーい「3学期スタート号」  木村
 ・明るい方へ「3学期スタート号」 山下

4.レポート
 ・3学期初めの三日間 阿部
 ・3学期初めの一週間 山下

5.教え方セミナー検討
 ・熱海合宿 教え方セミナー分科会レポートから 一行
 ・講座検討 角家 阿部

6.認知症予防脳トレの実践報告と今後の活動予定 荒谷

7.TOSS北海道平成26年度事務局体制について確認
  学力保証緊急公開勉強会IN北海道「札幌会場」の連絡
  第2回TOSS北海道シニア合宿の連絡

e0252129_21383491.jpg
e0252129_21375794.jpg

[PR]
by tosshkd | 2014-01-17 18:00 | 【上川・留萌】

TOSS上川 例会報告 2014年1月

TOSS上川の山下好剛です。

1月例会を行いましたので報告いたします。

◆日時 1月17日(土) 18:00~20:30

◆場所 旭川市市民活動交流センターCOCODE

◆参加者 9名
 
e0252129_21402765.jpg

◆活動内容

1.読み合わせ トークライン2月号 河田孝文氏論文

2.セミナー参加報告
 ・TOSS体育フレッシュセミナー 角家
 ・向山型算数授業力向上セミナー 山下

3.学級通信交流
 ・おーい「3学期スタート号」  木村
 ・明るい方へ「3学期スタート号」 山下

4.レポート
 ・3学期初めの三日間 阿部
 ・3学期初めの一週間 山下

5.教え方セミナー検討
 ・熱海合宿 教え方セミナー分科会レポートから 一行
 ・講座検討 角家 阿部

6.認知症予防脳トレの実践報告と今後の活動予定 荒谷

7.TOSS北海道平成26年度事務局体制について確認
  学力保証緊急公開勉強会IN北海道「札幌会場」の連絡
  第2回TOSS北海道シニア合宿の連絡

*久しぶりに9人のメンバーが集まり、盛りだくさんの内容でした。
 山下の時間マネジメントが下手で、吉川先生、一行先生の模擬授業の時間が
 なくなってしまいました。申し訳ありません。

*例会後は近くの居酒屋でTOSS上川新年会。
 全員参加で盛り上がりました。 
[PR]
by tosshkd | 2014-01-17 18:00 | 【上川・留萌】

TOSS札幌向山型国語研究会14年1月例会

新年最初の例会を行いました。

■TOSS札幌向山型国語研究会

 2014年1月8日(水) 10:30~12:30
 北広島市芸術文化ホール

■参加者 11名(敬称略)

 在田、荒井、七ッ役、真野、太田、橋爪、宮崎
 事務局…佐藤、三木、田上
 講師…千葉幹雄先生
 
■内容

 1.模擬授業 「きつつき」(教出2年下)…太田
    ~こういう説明書的な文章を読解するのは重要なスキルです。
     「じゅんじょ」に気を付けさせるための指導のポイントが的確でした。

 2.教えて千葉先生 「初雪のふる日」(光村4年下)…在田
    ~「事件」「中心題材」から主題に迫る分析批評の授業です。
     昨年の千葉先生講座がベースです。

 3.千葉先生講座 「竹下しづの女の俳句」
    ~大正から昭和にかけて活躍した俳人・竹下しづの女の俳句の講座でした。
     「短夜や乳ぜり泣く児を須可捨焉乎」
     「貧乏と子が遺るのみ梅の宿」
     「子といくは亡き夫といく月真澄」

次会例会は、2月22日(土)の予定です。
参加希望の方は、田上までご連絡ください。
e0252129_1110142.jpg

e0252129_1185999.jpg

[PR]
by tosshkd | 2014-01-09 11:13 | 【札幌市】

第2回向山型算数実践力向上セミナー

e0252129_18135716.jpg
TOSSとびらの小西亮人です。

向山型算数の「伝道師」馬場慶典先生をお迎えして、
第2回の「実践力向上セミナー」を開催いたしました。

TOSSとびらでは毎年夏に馬場先生をお迎えし、拡大例会を行ってきました。
今年からはTOSS北海道中央事務局が主催となり、セミナーとしての開催です。

「元気になった」
「すごく参考になった」
「3学期に向けてやる気がアップした」
と、多くの参加者の方が元気をいただいた、熱気ある講座でした。

馬場先生が今回のセミナーで最も重要視した介入模擬授業には9名の先生が挑戦しました。
馬場先生の代案や解説に、参加者の方が深く頷いていました。

年明けすぐ、とても有意義な学びを得ることができました。



以下、報告です。


≪第2回向山型算数実践力向上セミナー≫

1 日時

 平成26年1月6日(月)13:30~16:45
 (13:00受付開始)

2 場所

 新ひだか町静内女性センターみらい

3 講座内容

 13:30~15:20 講座1
『算数授業力を磨く介入模擬授業』
 ※授業者公募9名
 ※途中休憩10分

 15:30~16:10
『教科書を教える授業で学力を保障する』
『算数の学力をつけるノート指導

 16:10~16:45
『馬場慶典 仕事の流儀~馬場先生の学校での仕事・学級経営』
 Q&A


 
4 講師

 馬場慶典氏

5 参加者
 
 一般 17名
 事務局 8名

 計  25名

6 参加者の感想(アンケートより抜粋)

 模擬授業を通して、教科書のつくりを見て、どこを大切にして一気に進めていくのか、授業することでわかりました。答えを出し、その仕組みに気付き、それを扱うこと、無理に扱わなくてもいいこと、区別をつけ、子どもが新プリですぐにわかる授業をしっかりやっていきたいと思います。
 一人一人の授業のやり方は違うけれども、目指すこと、内容、ポイントは同じで、子供に合わせて授業づくりをできるようになりたいと思いました。


 今日は冬休みのこの時期にこのような有意義で元気になるセミナーを企画してくださり、ありがとうございます。毎年参加させていただいていますが、毎年新しい発見や気付きをもらっています。
 今日は、教師のちょっとした一言の解説を加えるだけで、子供たちの思考がぐっと深まるということ、ちょっとした間を取ることで、子供たちが教科書を見る時間を保障すること、教えずに子供たちに気付かせることが大事だということなどのポイントがよくわかりました。


 今日はありがとうございました。2学期の疲れが取れて、3学期に向けてやる気が出てきました。馬場先生の代案は、目からうろこの連続でした。
 授業のメリハリ、一度立ち止まって考えること、子どもの立場に立って考えることが大事だと、模擬従業を受けて反省しました。今回のセミナーを糧に、3学期がんばります。


 久しぶりのセミナー参加でした。馬場先生の空気に触れることができ、うれしかったです。介入模擬授業、指導案上は同じ流れでも、授業者の技能・技量・ちょっとした工夫で授業が全く別物になることを感じました。
 授業づくりの中でのノートづくり、3学期意識したいと思います。他の人との交流も勉強になりました。5年生のノートを見せていただきました。今の学級、ノート指導ができておらず、3学期の課題と考えています。刺激になりました。馬場先生の口調、褒め方、問いかけ方、久しぶりに体感でき、良いイメージをもつことができました。3学期につなげます。


 中学校で1年生の国語を担当しています。算数のセミナーだとは知っていたのですが、少しでもためになればと思い、参加しました。小学校ではどのように学習してきているのか、中学ではどのようにするとよいのか、この2つについて注意し、参加しつつ考えていました。その中で4つ知ることができました。これらについて残りの冬休み中に、授業中どのように取り入れるか考えたいと思います。
 中学生に対してのほめ方、小さなことに教師が気付くことができるのか、それを認めることができるのか、その子に会った対応ができるか。ただほめていては小学生のようだったり、皮肉を言っているように感じさせてしまうかもしれません。ほめ方はとても難しいと日々実感しているところです。他の先生方の雰囲気を見て、自分も振り返り、直していこうと思います。国語を担当していますが、子供に気が付く、どの分をみていくのか、どの部分がキーワードとなるのかなど、教材研究の際に少しでも子どもが自分で気が付き、確信に変え、自信につなげる。できれば、国語っておもしろいなって思えるような授業がいつかできればと思います。
[PR]
by tosshkd | 2014-01-07 18:14 | 【北海道】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧