人気ブログランキング |

カテゴリ:【宗谷】( 18 )

【例会報告】第45回TOSS轍例会

第45回例会報告

■日時
平成26年5月31日(土)14:00~16:00


■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室

■参加者2名(敬称略) 
布村、藤田


■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

TOSS轍サークル通信45号(藤田)


2.模擬授業・講座検討

体育 ラジオ体操 (布村)


3.読み合わせ

続・授業の腕を上げる法則
Ⅲプロの教師は歴史的存在である
2思い付き的方法では子どもは伸びない


4.映像視聴

靖国神社の授業DVD



<内容報告>

1.通信 配付のみ

2.模擬授業

運動会のラジオ体操の指導
最初と2番目の運動を取りあげ、
実際音楽をかけながらポイントを指導。
意外と知らないでやっていた。

特に2番目はかかとの上げ下げの動きは
知っていたけれど、今まで、適当にやっていたんだと思う。
実際やってみるとふくらはぎがじわじわと軽い痛みがあった。
ラジオ体操は本気でやると
かなりの運動量だという。
いかに適当、いい加減にやっていたかを実感。


3.読み合わせ

本分の

「教師のノーテンキなざれごとを子どもは必死になって理解して、
教師の未熟さをカバーしてくれているのである。
(子どもの生命力は偉大だ)」

にその通りだと思った。

自分のつたない指導でも、子どもは動いている。
子どもに感謝。


4.映像視聴

靖国神社の授業
わきおを書きながら視聴。
後半のA級戦犯の話は、私自身真実を知らなかった。
世の中にこの事実を知らない日本人の方が多いのではないかと思う。
正しい歴史的事実を学校で教えなければならないと強く思った。
by tosshkd | 2014-06-01 07:58 | 【宗谷】

【例会報告】第44回TOSS轍例会

第44回例会報告

■日時
平成26年4月19日(土)14:00~16:00


■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 1Fホビールーム

■参加者2名(敬省略)
 布村 藤田

■内容
1.レポート・原稿・通信等交流
 TOSS轍サークル通信44号(藤田)
 間違えやすい言葉の使い分け(布村)

2.模擬授業
 ①音楽 2年「大きなはたけ」(藤田)

説明が多すぎた。
シンプルに。
振り付けは、本を参考にやってみたが、
すこし複雑なので、大まかな動きでよかった。
極端に言えばどんな動きでもいいのかもしれない。
とにかく楽しくやる。

 ②算数 算数教科書教え方教室論文審査教材(布村)

5年割合
雑誌投稿のための論文の授業。
定番の指導法でよかったと思う。

3.読み合わせ
 続・授業の腕をあげる法則 
 Ⅲプロの教師は歴史的存在である
 1教える技術を持たない教師たち


「朝日ジャーナル」に
「教える技術を持たない教師たち」という題で
一般の方の投稿文。


つまり教師の中には、子どもには活動させるだけで、
そのやり方を具体的に教えないものがあるのだ。
これでは教育の名に値しない。



この文から、教育力の低下、教師の指導力の低下がうかがえる。
そうならないために学び続けなければと強く思った。


4.映像視聴

某教育大学の「発達障害に関する専門性向上ガイド」のDVD
を視聴。


TOSSとは全く関係はない。
管理職から手渡され、見ておいてほしいと言われたので
サークルで視聴。


これを見て、どのようにしどうしたらいいのかという
手立てや方法が示されていないので、微妙だった。
by tosshkd | 2014-04-19 18:27 | 【宗谷】

【例会報告】第43回TOSS轍例会

第43回例会報告

■日時
平成26年3月2日(日)10:00~12:00

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 1Fホビールーム

■参加者(敬省略)

布村、大平、藤田


■内容
1.レポート・原稿・通信等交流
 TOSS轍サークル通信44号(藤田)
  「明るい方へ」サークル通信1~3号(大平)

2.模擬授業・講座
 ①国語 漢字文化(布村)
 ②国語 五色百人一首(藤田)
 ③国語 向山型国語論文審査教材(布村)
 ④国語 話す聞くスキル(藤田)
  ⑤講座 低学年の学級経営(布村)

3.読み合わせ
 続・授業の腕をあげる法則 
 Ⅱ新卒教師のための新五ヶ条
 5 第五条=研究授業は自分から進んでやれ


<内容報告>

1.レポート・原稿・通信

TOSS轍サークル通信44号(藤田)配布のみ

「明るい方へ」サークル通信1~3号(大平)
大平先生に3枚のうち1枚を読んでいただく。
サークル参加前に作ってきた下さった3号。

人生を成功させる秘訣
大平先生が発信されたダイアリーに向山先生が寄せられたコメントについて。


「能力の5割は行動力」

向山先生のコメントを拝読し
私は全然動けていないと思った。

【例会報告】第43回TOSS轍例会_e0252129_14424031.jpg


2.模擬授業・講座
 ①国語 漢字文化(布村)
  「土」漢字 何を表しているかを考える実践。
  定番の授業の一つで、とても楽しい。
  私も、この実践を行ったことがある。
  荒れた学級だったけれど授業が成立した実践。
  
     
 ②国語 五色百人一首(藤田)
  ルールのについての指示は、TOSSランドの小宮先生の実践を
  参考にしている。
  1枚ごとに言っていくルールは、学級やその状況に応じて
  順番を変えたり、言い回しも変えていいのだろうかという
  疑問を持っていたので、質問してみた。
  お手付きのルールは、変えていると言われたが、
  教え方セミナーでは、スタンダードの方がいいだろう
  ということだった。
  

 ③国語 向山型国語論文審査教材(布村)
  最新号の論文審査の教材。
  「、」のうつ場所で意味が変わっていることに
  気が付かせるためにどうするか。
  教師が教材に対しての解釈や研究、また子どもたちへの
  日頃の指導を積み重ねていないとこうした問題はなかなか
  難しいと思った。
  

 ④国語 話す聞くスキル(藤田)
  話す聞くスキルの見本がなかったため
  A4の紙に8ページ分印刷して授業をした。
  「スキルをめくりながらやるよさもあるのでは」と言われた。
  私には、そういう発想はなかった。
  やはり、見本を使って指導をした方がいいのかもしれない。
 

  ⑤講座 低学年の学級経営(布村)
  音楽の時間で音に合わせて歩くことや
  4拍子を感じて歩くことが意外とできない児童がいる
  とのこと。
  実際に会場で音楽に合わせて歩いてみた。
  簡単なことのようだけれど、
  自分も案外できていなかったりする。
  子どもの立場になってみないとわからないこともあると
  講座を受けて気が付くことがあった。


3.読み合わせ
 続・授業の腕をあげる法則 
 Ⅱ新卒教師のための新五ヶ条
 5 第五条=研究授業は自分から進んでやれ

いつものように線を引いて交流。

三人が共通して引いていた箇所は

「ひどい学校」での「戦い」は「授業」を通してこそやっていくべきなのである。

やはり、教師は授業が生命線。

私も、研究授業、模擬授業を積極的に続けていきたい。
by tosshkd | 2014-03-02 14:42 | 【宗谷】

【例会報告】第42回TOSS轍例会

第42回例会報告

■日時
平成26年2月11日(火)10:00~12:30

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F楽屋
 
■参加者4名(敬省略)
 大平、布村、U(学校支援ボランティア)、藤田
 
■内容
1.レポート・原稿・通信等交流
 TOSS轍サークル通信44号(藤田)

2.模擬授業
 ①国語 名句百選かるた(布村)
 ②道徳 君原選手の授業(大平)
 ③音楽 いちばんのりはだれでしょう(藤田)
 ④国語 鳥のちえ(布村)

3.映像視聴
 大平先生のDVD

4.読み合わせ
 続・授業の腕をあげる法則 
 Ⅱ新卒教師のための新五ヶ条
 4 第四条=プロの教師になりたいのであれば他人より10%程多くの努力をせよ。

<内容報告>
 1.レポート・原稿・通信交流
 TOSS轍サークル通信44号(藤田)配布のみ

 2.模擬授業
 ①国語 名句百選かるた(布村)
  教え方セミナーの講座
  大平先生も、Uさんも初めて体験されていたようだったが
   とても楽しんでいらっしゃった。
  かるたを絶賛されていた。やはり、いいものはいい。

 ②道徳 君原選手の授業(大平)
  五輪選手君原さんを通じて努力することの大切さをねらいに
   した授業。題材がとても良かったので、
  授業後の交流では、色々な意見がたくさん出た。

 ③音楽 いちばんのりはだれでしょう(藤田)
  今朝準備した授業というのもあり、練習不足の授業だった。
  みなさんからいただいたアドバイスを元に修正する。
  
 ④国語 鳥のちえ(布村)
  3種の鳥がはたらかせているちえを選び、
  文末を「~というちえをはたらかせています。」と直させる。
  全体を貫く問いの段落になっていないということで
説明文でおなじみの問の段落についての発問がないことを知った。
   とても勉強になった。
 


3.映像視聴
  大平先生の生い立ち映像
  大平先生が、技術の学習で生徒さんのために作ってきた
   ご自身の生い立ちのスライド映像で、
   幼い頃から現在に至るまでの先生の写真を見せていただいた。
  スポーツ万能少年・青年であることがうかがえた。
  とても楽しく拝見した。
  生徒のためにここまでの映像を作られる先生のエネルギーに脱帽。
  

4.読み合わせ
 続・授業の腕をあげる法則 
 Ⅱ新卒教師のための新五ヶ条
 4 第四条=プロの教師になりたいのであれば他人より10%程多くの努力をせよ。

  いつものように、読み合わせのあと線を引いて交流。

  改めて読むとこの章は、
  今一番自分が求めていることがぎっしり詰まった内容だった。

 
  自分で変革していくという方向での努力こそ大切である。



 この言葉が一番心に響いた。
 私も変わりたい。
by tosshkd | 2014-02-11 16:26 | 【宗谷】

【例会報告】第41回TOSS轍例会

第41回例会報告

■日時
平成26年1月18日(土)13:30~15:30

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室

■参加者5名(敬省略)
伊藤、伊藤先生のお嬢さん、布村、U(学校支援ボランティア)、藤田


■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

①TOSS轍サークル通信43号(藤田)

配布のみ

②冬休みに参加したセミナーのまとめ(藤田)

12月の長崎のセミナーと埼玉のセミナー、1月静内の算数セミナー
をまとめたもの。

③ハードル指導のポイントはただ一つ「足の裏を見せなさい」(伊藤)

A4枚に渡ってびっしり記録されている。
指示や子どもたちの様子や反応が細かく書かれている。
記録と言うものはこのように書くのだと伊藤先生のレポートを
見せていただき勉強になった。


2.模擬授業


①低学年道徳「手で話そう」(藤田)

12月の釧路セミナーの検定の授業をした。


②2年算数「テープ図」(布村)

授業後の話し合いは、テープ図の書かせ方で活発な話が出た。

◇ 大きさをしていなくてもテープ図がかけるのか。

◇テープを書かせる時に間の線を引かせる時は
子どもは数の大きさを考えて引けるのか。

◇○を書いてから、テープを囲む作業を繰り返していくうちに
子どもは理解するのではないか。

◇ 2と8などあきらかに大きさがちがえばテープ図をかけるかもしれないが、
5と6などの微妙な数の場合、大きさを変えて書けるのか?

色々な意見が出ていい授業を持ってきてくださったと思う。

③6年総合「国歌」(伊藤)

色々な国の国歌を提示してから日本の国歌を提示。
初めて他の国の国歌の歌詞を見た。
他の国の歌詞と日本の歌詞にはずいぶん違いがあることがわかった。
日本について教えていくことは私たち教師の重要な役目なのだと
再認識させられた。


④2年道徳「さっちゃんのまほうの手」(藤田)

障がい理解教育のための
絵本「さっちゃんのまほうのて」を使った授業。
指導案は作っていたが、まだ固まっていない状態。

まずは、私自身が何を教えていきたいのかという方向性を
持つことをアドバイスいただいた。
展開を変えた方がいいという事。



3.読み合わせ

続・授業の腕をあげる法則
Ⅱ新卒教師のための新五ヵ条
3 第三条=プロの技術を身につけたいのなら身銭を切れ

いつものように、交代に読み合い、線を引いて交流。
本日、みんなが引いた箇所


・子どもにとってより価値ある仕事をしたい
・自分の技量を向上させたいのであれば、身銭を切ることだ。
・教育とは知性的な仕事なのだ。
・大声を出さなくたって子どもはちゃんと動くものなのだ。
・しかし出かけて行って人にあうのもまた勉強である。
・本を読む教師と読まに教師は歴然とした差がつく


同じ本を読んでいてもみんなそれぞれが、違うところに引いている。
同じところを引いていても、また違った解釈をして読んでいるのが
とても勉強になり、読み合わせのおもしろさだと思う。
by tosshkd | 2014-01-18 18:38 | 【宗谷】

【例会報告】第40回TOSS轍例会

第40回例会報告

■日時
平成25年12月8日(日)10:00~12:00

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室


■参加者3名(敬省略) 布村、U(学校支援ボランティア)、藤田


■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

①TOSS轍サークル通信42号(藤田)
②検定授業指導案(藤田)


2.模擬授業

①2年算数「1を分けて」(布村)
②低学年道徳「手で話そう」(藤田)

3.読み合わせ

続・授業の腕をあげる法則
Ⅱ新卒教師のための新五ヵ条
2 第二条=わからない時は自分から教えてもらえ

4.映像視聴

向山洋一デジタルアーカイブス
授業篇【3】算数授業の方法①
4年・小数のかけ算とわり算
その1≪第1時≫


<内容報告>


1.レポート・原稿・通信等交流

配布のみ

2.模擬授業

①2年算数「1を分けて」(布村)

第1時の部分。
正方形を二つに分けたものを選び、
ノートに2分の1を作図するという流れ。


②低学年道徳「手で話そう」(藤田)

14日の検定で行う授業。
明日は、交流学年で実際に授業をする。


3.読み合わせ

続・授業の腕をあげる法則
Ⅱ新卒教師のための新五ヵ条
2 第二条=わからない時は自分から教えてもらえ

いつも読み合わせは線を引いて、交流している。
1人で読むよりも色々な考え方や感想があって学びが深まる。



4.映像視聴

向山洋一デジタルアーカイブス
授業篇【3】算数授業の方法①
4年・小数のかけ算とわり算
その1≪第1時≫

DVDを5分間視聴しながら、
わかったこと気が付いたこと思ったことをノートに書いて交流。


初めて向山先生の授業映像を見たUさんの感想。

テンポがあって、メリハリがある。
それであって、厳しい感じがしない。
にこやかな感じでよい。
子どもたちが活発に参加している。
無駄がなくて、いい授業とはこういう授業なんだと思った。
ここまでになるためにいろいろな研究をされているのだと思った。


教員ではないUさんのストレートな感想が
とても勉強になった。
自分の授業にたくさんの意見を下さったので方向性が見えてきた。

以上例会報告でした。
by tosshkd | 2013-12-08 14:16 | 【宗谷】

教師力向上セミナー浜頓別会場

「第10回北海道横断!春の教師力向上セミナーIN宗谷」
(第10回TOSS全国1000会場一斉セミナー)
の報告です。

日 時 4月7日(土) 13:00~15:00
場 所 浜頓別町多目的アリーナ
テーマ 『だれでも簡単にできる工作・実験やってみよう講座』

講座1 誰でも簡単にできる!佐藤式工作3連発
     (1)びっくりパタパタ
     (2)おきあがりマスコット
     (3)モンスターアタック
講座2 おもしろ理科工作・実験コーナー
     (1)水溶液の実験
     (2)電池の実験
講座3 TOSS保険、Q&A、ティータイム

参加人数 6名

【アンケートより】

新学期がはじまってのこの時期の図工の講座が良かったです。
授業開きの参考になりました。身近な物を使った実験なので役立ち
そうです。(18年目・男性)
by tosshkd | 2012-04-07 22:05 | 【宗谷】

教師力向上セミナー浜頓別会場

「第10回北海道横断!春の教師力向上セミナーIN宗谷」
(第10回TOSS全国1000会場一斉セミナー)
の報告です。

日 時 4月7日(土) 10:00~12:00
場 所 浜頓別町多目的アリーナ
テーマ 『3割増しの算数の教科書をこう教える~計算編~』

講座1 気軽にできる算数ゲーム
講座2 3割増しの教科書をこう教える1~3年計算
講座3 3割増しの教科書をこう教える4~6年計算
講座4 「説明する」算数の授業
講座5 手紙の書き方体験授業

参加人数 5名

【アンケートより】

3割増しの教科書をこう教える講座では、1・2年生の担任をしているので
身近でためになりました。
特に単元内などの見通しの話がよかったです。(8年目・男性)
by tosshkd | 2012-04-07 20:00 | 【宗谷】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】
NPO TOSS石狩
TOSS北海道中央事務局

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧