カテゴリ:【宗谷】( 18 )

【例会報告】第55回TOSS轍例会

北海道の皆様

こんにちは
いつもお世話になっております。
宗谷の藤田です。
第55回例会報告をいたします。

■日時
平成27年3月7日(土)10:00~12:00

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室

■参加者 3名 布村 T(勤務校支援員) 藤田

■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

①TOSS轍サークル通信第57号(藤田)

支援員さんが通信に書かれている
「英語の1分間フラッシュカードとは何ですか」と興味を示された。
この後の模擬授業で行った。


②M小 4月研修資料 (布村)


「全国学力テストB問題は本当に難しいのか?
対応するためには、指導法の工夫が必要だ。」

というタイトルの研修資料
大きく3つに分けて説明されている。

A問題形式について

B指導要領における「思考力」

C思考力を育てる指導方法例

本当によく分析して調べられ、
そして指導法につなげた提案まで、
一目でわかるようにまとめられていた。



2.模擬授業

①算数学力テストB問題(布村)

実際の問題を行う。
図形の証明問題。

②1分間フラッシュカード英語(藤田)

井戸先生の1分間単語フラッシュカードを行う。

③1分間フラッシュカード英語(布村)

状況設定フラッシュカードを行う。

井戸先生のDVDを見ていただく。
支援員さんが「リズムが大事ですね。」とおっしゃっていた。


3.読み合わせ

「学級を組織する法則」
Ⅰ学級づくり論三つの枠組み
四 組織論4・向山学級組織図


いつものように輪番で読み合わせた後
線を引いて交流。


支援員さんの引いた箇所をとりあげる。

支援員さんが教室に入っていて感じていることをお話くださった。



「当番活動と係活動を明確に分離する。
分離の基準は児童の自主性自発性創造性が保証できるかどうかにおく。」


☆何かを決めるのに、自信過剰と言うのか
「前にやったからいいよ」と言うのがなくゆずれない子どもたちが
多いような気がします。


「当番活動と係り活動のちがいは何であろうか。」

☆当番は、先生から与えられたもので自主性がなく
係りは、自主性があるのだと思いました。


支援員さんの読み合わせの感想に
私はいつも気づかされることが多い。
正直に思ったことをお話下さる。
いい感性をしている方だと思う。
[PR]
by tosshkd | 2015-03-07 16:51 | 【宗谷】

【例会案内】第54回TOSS轍例会

第54回の例会報告いたします。

■日時
平成27年2月7日(土)10:00~12:00

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室

■参加者(2名)
布村 藤田

■内容
1.レポート・原稿・通信等交流 

TOSS轍サークル通信第56号(藤田)
配布のみ

2.講座検討

①体育 リズム太鼓を使った運動(布村)

太鼓の音に合わせる運動の講座


②社会 TOSSランドをつかったクイズ・ゲーム(藤田)

講座ができておらず、構想のみ。


③社会 社会科資料集(布村)

社会科資料集を使った講座。
資料集のよさをたくさん見つける。


④社会 おてほんくん(藤田)

アドバイスを生かして導入の説明部分を変えた。
お手本くんを描く時間は1分間はほしい。
言葉を削る。


3.模擬授業

①算数学力テストB問題(布村)

学力テストが低い北海道。
解かずして、諦めてしまう子どもが多い。
やはり、B問題の過去問の解き方を教え、
問題に触れさせないとできないと思う。


②1分間フラッシュカード英語(藤田)

動物フラッシュカード。
自分だけで練習している時と異なり、
人を相手にすると対応が崩れてしまう。
1分12秒。

③1分間フラッシュカード英語(布村)

状況設定フラッシュカード。
最初1分4秒
DVDを視聴後、1分切ることができた。


4.読み合わせ

「学級を組織する法則」
Ⅰ学級づくり論三つの枠組み
四 組織論3・学級内の三つの仕事分野


一、当番活動
二、係活動
三、文化的な活動

について


疑問として

①どんなチェック機能とあるがどのようなチェックをするのか。
②向山先生は「教科は教師が教えるべきだ」という観点から教科の係は作らなかったというが
教科の係があったらどのように動かすつもりだったのだろうか。
③低学年と高学年で分離させるとあるが、どのように分離させるのか。
④最後の「自由研究」をどのようにやっていたのか。


読み合わせをすると色々な疑問が浮かんでくる。
自分たちの実践を振り返りながら話したりできるので勉強になる。
[PR]
by tosshkd | 2015-02-07 14:25 | 【宗谷】

【例会報告】第53回TOSS轍例会

第53回例会報告

■日時
平成27年1月31日(土)14:00~15:00

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室

■参加者(1名)
藤田

■内容
1.レポート・原稿・通信等交流 

①TOSS轍サークル通信第55号(藤田)
②教え方セミナーチラシ(布村)


2.読み合わせ

「学級を組織する法則」
Ⅰ学級づくり論三つの枠組み
二組織論1・四月の初めに何をするか

3.模擬授業 講座検討

①教え方講座 社会 お手本くん
②1分間、フラッシュカード




<内容報告>
1.レポート・原稿・通信等交流

①TOSS轍サークル通信第55号
②教え方チラシ

教え方のチラシをデーターで
送っていただいたので検討。

感想:QRコードが付いていたのがよかった。
文字ばかりなので、強調したい事については、
フォントを変えたりして際立たせるといいと思った。


2.読み合わせ

「学級を組織する法則」
Ⅰ学級づくり論三つの枠組み
二組織論1・四月の始めに何をするか。


学びのキーワード:

学級のしくみをつくること。
担任なしの一週間を思い描く。
何をするか。
いつするのか。

私も4月に向けて、イメージをしていきたい。



3.模擬授業 講座検討

①教え方講座 社会 お手本くん

前回の流氷例会でいただいたアドバイスを元に
話す内容を少し修正。



②1分間、フラッシュカード


井戸先生の映像を意識して。
最近、状況設定ではなく動物のカードの方を練習している。
リズムを体にしみこませたい。
そのためには練習、練習、練習・・・・・・。


通院後、すぐの例会で
用意も不十分、体調もすぐれなかったので
2時間できず、流すようにやってすぐに帰宅した。


次回は2月7日(土)
今度はちゃんと準備して行いたい。
[PR]
by tosshkd | 2015-02-01 08:56 | 【宗谷】

【例会報告】第52回TOSS轍例会

■日時
平成26年12月21日(日)10:00~12:00

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室

■参加者(1名)
藤田

■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

TOSS轍サークル通信第54号

2.模擬授業

算数 2年 1000より大きな数

年明けに行われるセミナー介入模擬授業用の授業である。
先行実践を調べ、参考にした。
流れは、ほとんど参考にさせていただいたが、
教科書会社が違うのでところどころの指示が変わる。

ビデオで撮影をして見返す。
8分ほど授業をした。
発問指示は、先行実践を元にしているので
そんなに長々となってはいないのに
なぜ、こんなまったりとした飽きてくる授業なのか。

自分の滑舌の悪さ、不規則な間、
そして、はなし方がゆっくり過ぎることに気が付く。

これを2度繰り返した。
2回目はほんのちょっと意識できたが、
最初の1分くらいだけで、それ以降はひどかった。

やはり、子ども相手に授業をしていないので
自分で意識的にやり続けないと本当にダメになっていくんだと
痛感する。



3.読み合わせ

「学級を組織する法則」
Ⅰ学級づくり論三つの枠組み
一学級づくり論の枠組み


今回から読み合わせは新しい本である。
読み合わせに何にするか迷ったのだが、
来年度、通常級の担任になった時に
学級経営ができるのだろうかと非常に不安を感じている。

そこで今回は学級経営を新たに学ぶという視点に立ち
「学級を組織する法則」に決めた。


前書きにこうある。

***************************

「担任として新学期の一週間が勝負です。
いや、勝負は三日間だと言ってもいいでしょう。
何にするかというと、クラスのしくみを作るのです。
しくみとは、大きく分けて二つあります。
一つはグループに分けてそのグループの仕事を決めること。
一つは生活をしていく上でのルールです。
最初の三日間、全力を挙げてこれを作るのです。・・・(略)」


(略)
問題なのは、最初の三日間で作りあげるということである。
これが大切だ。
もし、うまくいかなければ、直していけばいい。
これを「うまい考えが出てから」とか「ちゃんと整理してから」
などということで、先にのばすと失敗する率が高い。
まず、つくることである。不十分なのは、その後に直せばいい。

*******************************


**

これを「うまい考えが出てから」とか「ちゃんと整理してから」
などということで、先にのばすと失敗する率が高い。

                          **


特にここが、自分のことを言われているようでドキリとした。



4.映像視聴

向山洋一デジタルアーカイブDVD
授業篇【3】算数授業の方法①
4年・小数のかけ算とわり算
その1《第1時》


算数の導入部の5分間を視聴。
話し方、間のとり方、リズムを感じたかった。
やはり、皆さんがされているように何百回、何万回くらいも
視聴を繰り返さないと身に付かない。
小手先だけではいけない。


井戸先生1分間フラッシュカードDVD

流氷サークルで行ってるフラッシュカードの練習のために
井戸先生の映像を見る。
速い!

一緒に練習を試みたが、追いつかなかった。
カードの操作もかなり練習を積まないとできない。
井戸先生はすごい!



今年最後の例会である。
今日は、天候が悪かったため、参加者がおらず一人例会だった。
来年は、校内サークルにつなげられるようにしたい。
e0252129_1512568.jpg
e0252129_15131279.jpg

[PR]
by tosshkd | 2014-12-21 15:14 | 【宗谷】

【例会報告】第51回TOSS轍例会

■日時
平成26年11月1日(土)15:00~17:00


■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室


■参加者(敬省略)

布村 藤田


■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

①TOSS轍サークル通信53号(藤田) 配付のみ


②長谷川先生セミナーABC観察表(布村)

授業中での児童の行動を
先行条件(A)
行動(B)
結果事情(C)
に分け、
不適応になるきかっけになった出来事を探るという方法。
(違っていたらすみません。)
これはとても勉強になった。
実際にセミナーで話を伺いたかった。


③toss2.comの冊子について(藤田)

先日注文して送っていただいた冊子を交流。
カラーで見やすく、一般のPC関係の本よりもわかりやすいと
好評だった。



2.模擬授業・講座検討

①1年算数繰り下がりのひきざん(布村)

K社の教科書で12-9の計算。
流れはよかった。

教科書に書かれている基本形(計算の説明)が長いので
短くするのはどうなのだろうかという話になった。


②2年道徳検定用授業(藤田)

先日、50回目のサークルで検討していただいた指導案の
内容とは全く別なものにした。
ゴールをどうするのか。
最初の発問を答えを確定するようにしていかないと色々な意見が
出てしまうとアドバイスをいただく。


③英語フラッシュカード(布村)

時間はなかなか縮まらなかったが、表情が良かった。
前回よりも上達されていた。
練習の成果が見られた。
私もがんばろうと思う。


3.読み合わせ

続・授業の腕を上げる法則
Ⅲ プロの教師は歴史的存在である
8 生まれるものに生まれる必然がある


この本の最後の章となった。

今回共通して線を引いたところは

「江戸時代、寺子屋の支障は子どもと向かい合って対面のまま筆を動かしたという。
つまり逆に筆を動かすのである。」

漢字指導で子どもと向かい合って空書きをする時に鏡になることであるが、
実は私はそれができていない。
教師として身につけておくべき技術をしっかり身につけなければと思った。

以上例会報告でした。
[PR]
by tosshkd | 2014-11-01 20:45 | 【宗谷】

【例会報告】第50回TOSS轍例会

第50回例会報告をいたします。


■日時
平成26年10月25日(土)15:00~17:00


■場所
オホーツクミュージアムえさし 2F研修室

■参加者4名(敬称略)

染谷、高橋、布村、藤田


■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

①高橋先生の学級通信

写真が大きいのがよい。
様子がわかりやすい。

②布村先生は、先日の札幌のセミナーの報告。
直接お話が聞きたかったセミナーではあるが、
このように報告をしていただけることに感謝。

③染谷先生の学校祭通信と学級通信

学校祭通信、文書に配付することで、職員の共通化が図りやすいこと
来年引き継ぐ時にも残っているので継承しやすいこと
また自分の記録として振り返りになるので、
同じ失敗を繰り返さないということにもつながること。
学級通信は、毎日発行するからこそ、保護者が通信に気に掛ける。
保護者同士のネットワークで学級の様子を広げてくれるという効果もある。

④藤田(サークル通信 配付のみ)

2.模擬授業

布村先生の小1算数「大きな数」
アサガオのタネを数える内容。

10のまとまりでかぞえる、
5のまとまりでかぞえる、
1こずつ、2こずつなど色々な数え方がある。
それを○○方式というやり方はよいとのこと。

色々なやり方を取り上げてさせるのもいいけれど、
一度、10のまとまりで数えることを全員で確認することも大事。
授業はどこかで一つにまとめていくことが大事。


高橋先生は、学級の社会で行っている
「都道府県フラッシュカード」の授業映像を紹介してくださった。

学級の子どもたちはとても落ち着いている。
先生がめくるカードに元気よく反応していた。
日頃の先生の指導が行き届いていることがよく伝わる映像だった。


※本当は、私も献血の授業の始めの部分だけするつもりだったが
パソコンにいれてたサイトを削除してしまったらしく、できなかった。
残念・・・。


3.読み合わせ

続・授業の腕を上げる法則
Ⅲ プロの教師は歴史的存在である
7今は孤立の闘いなれど

交替に読み合わせた後、感想を交流。

本の中にもあるように
批判は、理念の批判ではなく子どもの事実を見てすること。
教育実践の多様性を認めることが大事。


4.指導案検討

藤田(C表ライセンス授業指導案)

セミナー指導案を持参。

理想としては、模擬授業をここでしたかったのだが、
できる状態まで作れていなかった。
そこで、下書きの指導案を持って行き、
見ていただくことにした。

道徳の授業である。

指導案の発問が目標に合っていないとのコメント。
道徳は先生が説明しているうちでは子どもには伝わらない。
資料に語らせる。
などなど

たくさんアドバイスをいただいた。
模擬授業はできなくて残念だったけれど
たくさんのヒントをいただくことができた。


50回目の例会。

3名の先生方に来ていただいた。
明日は学校祭、学芸会という忙しいさなかに
皆さん、2時間以上もかけて会場まで足を運んで下さった。
本当に本当にありがたいと思いました。
[PR]
by tosshkd | 2014-10-26 12:24 | 【宗谷】

【例会報告】第49回TOSS轍例会

■日時
平成26年9月27日(土)15:00~17:00

■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室

■参加者2名(敬省略)
布村、藤田


■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

①算数論文(布村)
②外国語セミナーレポート(布村)
③TOSS轍サークル通信第51号(藤田)

先日の旭川での外国語セミナーの学び
自分が記録していなかったことまでしっかり記録されており
大変貴重なレポートである。

2.模擬授業・講座検討

①算数論文の授業(布村)
②英語フラッシュカード(藤田)
③英会話状況設定フラッシュカード(布村)


3年算数「□を使った式」
テープ図を中心に話が盛り上がった。
テープ図一つにとっても色々なパターンがあり、とても勉強になった。


先日の外国語セミナーの学びを受けてフラッシュカードの練習。
動物のカードでセミナーで1分間フラッシュカードの練習。
互いに時間を測りあって練習をした。
たくさん練習をして身につけておきたい技術である。


3.読み合わせ

続・授業の腕を上げる法則
Ⅲ プロの教師は歴史的存在である
6法則化運動の誕生と未来


教育論文についての内容

この本が出版された80年代は、教育論文が雑誌に載ることは
相当の実力者であることだった。
教師として力をつけるためには、論文を書くこと
しかも百本も書くということである。
これが教師として急成長させる。


以上49回例会報告でした。
来月は、いよいよ50回です。
[PR]
by tosshkd | 2014-09-27 19:57 | 【宗谷】

【例会報告】第48回TOSS轍例会

第48回例会報告

■日時
平成26年8月13日(水)18:30~20:30


■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F実習室


■参加者3名(敬称略)

大平、布村、藤田


■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

①サークル通信第4号「明るい方へ」(大平)
②セミナーレポート(布村)
③TOSS轍サークル通信第50号(藤田)
④セミナーレポート(藤田)


2.模擬授業・講座検討

①障がい理解教育の授業(藤田)
②社会科フラッシュカード(大平)
③社会科フラッシュカード(布村)


3.読み合わせ

続・授業の腕を上げる法則
Ⅲ プロの教師は歴史的存在である
5ブームだから青年教師は参加するのか




この例会でちょうど4周年になりました。
お盆の時期に関わらず、
湧別から大平先生、
帰省先の旭川から布村先生(終わった後は稚内へ帰りました。)
が参加してくださいました。
[PR]
by tosshkd | 2014-08-14 06:26 | 【宗谷】

【例会報告】第47回TOSS轍例会

第47回例会報告をいたします。

■日時
平成26年7月13日(日)10:00~12:00


■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 1Fホビールーム


■参加者 1名 藤田


■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

TOSS轍サークル通信49号(藤田)

2.読みあわせ

続・授業の腕を上げる法則
Ⅲ プロの教師は歴史的存在である
4 朝日新聞・毎日新聞に紹介された法則化運動!


3.模擬授業

障がい理解教育 
特別支援学級のことについての話<低学年>(藤田)


<内容報告>

今日も一人例会。

1.レポート、通信
作ってはいたが、読まずに終わる。


2.読み合わせ

続・授業の腕を上げる法則
Ⅲ プロの教師は歴史的存在である
4 朝日新聞・毎日新聞に紹介された法則化運動!

を音読後、赤線を入れる。

この本は読んでいたけれど、
全く理解して読んでいなかったと思った。

法則化運動の基本理念を改めて知る。

特に

(4)法則化運動の基本理念

のページは赤線だらけになった。



2 運動の基本理念は次の四つである。

①教育技術はさまざまである。
できるだけ多くの方法を取り上げる。(多様性の原則)

②完成された教育技術は存在しない。
常に検討・修正の対象とされる。(連続性の原則)

③主張は教材・発問・指示・留意点・結果を明示した記録を根拠とする。(実証性の原則)

④多くの技術から、自分の学級に適した方法を選択するのは教師自身である。(主体性の原則)





この章の最後の文(以下)印象に残った。



つまり、法則化運動は、今までの教育運動にくらべれば、

比較にならないくらい幅が広いのである。

「いいものはいい」という主義なのだ。

だから、いろいろな立場の人が参加してきているのである。




3.模擬授業

今週、低学年で行う障がい理解教育の流れを考えていた。

原案は用意されていて
それを元に授業をやってみたが、
何となくすっきりしないので、少し直した。

誰かに見てもらえるといいのだが、
一人例会はそういう時、
意見をくれる仲間がいないことが残念だ。



例会としてはかなり手抜きではあるが、
今日も無事に終えることができた。

来月はいよいよサークル4周年。
[PR]
by tosshkd | 2014-07-13 13:46 | 【宗谷】

【例会報告】第46回TOSS轍例会

例会報告です。


■日時
平成26年6月22日(日)10:00~12:00


■場所
枝幸町中央コミュニティーセンター 2F楽屋

■参加者1名
藤田


■内容
1.レポート・原稿・通信等交流

TOSS轍サークル通信48号(藤田)
Kくんへの文字指導(布村)

2.読みあわせ

続・授業の腕を上げる法則
Ⅲ プロの教師は歴史的存在である
3 いかなる技術も長い時間かかって作られる


3.模擬授業

①地図記号フラッシュカード
②手遊び歌「むすんでひらいて」(かえうたバージョン)
③手話ゲーム「ばったりじゃけん」


e0252129_15232428.jpg

e0252129_1524561.jpg





















<内容報告>


1.通信・レポート

布村先生は不参加であるが、レポートの提出があったので
私が代読し、検討。
担任している子のひらがな指導についてのレポート。
なぞり書きから写し書きに移る前の段階として
「つなぎ書き」の指導の様子をまとめている。

2.読み合わせ


続・授業の腕を上げる法則
Ⅲ プロの教師は歴史的存在である
3 いかなる技術も長い時間かかって作られる

今日の読み合わせは15ページに渡る文で、
たくさん線を引きながら読んだ。
以下は私が引いた箇所である。


「足を思いきりけり上げなさいという指導方法は、何十年くらいの歴史があって、
何パーセントくらいの効果があるのですか。」

「効果があるかどうかわからないような方法を、しかも素人でもすぐ思いつくような方法を、教師はやっているのです。」

「足をけりなさいという教育技術は、どのくらいの歴史に支えられているのですか」という問いには、みんなびっくりしたらしい

「長い歴史をかけてみがかれてきた教育技術・方法もプロなら絶対に身につけておかなくてはならないのである。」

「いったい、このような指導技術・方法はいつの時代に開発されたのだろうか。
あなたが教育のプロならばぜひ考えを示していただきたい。
プロなら実力で勝負する、これがたしなみである。」

「私達教師が何気なくやっている小学校一年生の教育の方法でさえ、三、四百年の長い伝統に裏うちされているのだということを言いたいのである。」

「多くの教師の苦闘の歴史を自らの内にたくわえてこそ、教師のプロとしての一つの位置を自分も占めることができるのである。」

「他人の真似をすべきだ。
良いと思うものは、どんどん真似をすべきだ。
その上で考えるのだ。
「なぜこれはうまくいくのか?」
「もっとうまい方法はないものか?」と
芸道修業の鉄則「守・破・離」の「破」は「守」を通ることによってこそ、可能なのである。」


技術を身に付けることはもちろんであるが、
それらがいつから行われているのか、
その技術はなぜいいのか。
どうしたら、自分の子どもに生かせるのかまで突き詰めることが圧倒的に足りないと感じた。


3.模擬授業


①地図記号フラッシュカード

先日、教え方セミナーで教わった
フラッシュカードの使い方を元に練習。


②手遊び歌「むすんでひらいて」(かえうたバージョン)

あの「むすんでひらいて」の歌を
「むすんでちぢんで~♪」に変えて動作も入れる。

『子育て支援のための手遊び・指遊び42』より。


③手話ゲーム「ばったりじゃけん」

新沢よしひこのCDをかけながら
「ばったりじゃんけん」を歌う。
その後動作をつけていく。

始めは、一人で
次に、隣同士、
最後は、集団で
という流れにしていきたいが、
そのつなぎをどうするかまではできなかった。

『みんなで遊べる手話ゲームブック』より
(同CDもある。)

今日は参加者がいないのでデジカメで動画撮影。
取った自分の映像を見て、検証。
自分なりに改善点を探し、やり直しをした。
声に(喉の調子が悪いのもあるけれど)ハリがない。
笑顔だけれど、何か物足りない。
巻き込み感というかはじける感じがなかった。
特に手遊び歌はテンション低すぎた。
今日は久しぶりの一人例会だった。
一人で時間を持て余すのではないかと思ったが、
あっという間の2時間だった。
[PR]
by tosshkd | 2014-06-22 15:27 | 【宗谷】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧