人気ブログランキング |

カテゴリ:【石狩】( 141 )

【報告】5/29特別支援学習会Web①を行いました

NPO TOSS石狩の石田晃大です。

通算49回開催。
大好評の「特別支援学習会」をオンラインで!
・・・ということで、
5月29日(金)にZoom講座を行いました。
【報告】5/29特別支援学習会Web①を行いました_e0252129_22594363.png
テーマは
「今の状況で考えなければならない特別支援対応の基本プラス@」
です。

33名の方にご参加いただきました。
ありがとうございました。

参加した先生から、
「メモを取る内容がたくさんあった。」
「1日1日のポイントを端的に示していただいた。」
など、感想をいただきました。

具体的で、イメージしやすい平易な事例を取り上げながらも、
「セロトニン5」
「黄金の三日間part2」
など、優先度の高い対応を分かり易く示していただきました。

先生方でさえ不安と闘いながらの毎日です。
子どもたちならばなおさらです。
それぞれの先生方が自信をもって休校明けの子どもを迎える。
今回の講座が、その一助となれば幸いです。

次回の特別支援学習会Webは6月です。
6月26日(金)19:00-20:15
テーマは「ADHD児童の対応~やる気にさせるポイント5」です。

また、オンラインセミナーin石狩も合わせて実施しています。
こちらもぜひご参加ください。

(セミナーHPはこちら)
https://sites.google.com/toss2.com/ishikari-onlinesemi/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0


以下、報告です。

------
特別支援学習会Web①
「今の状況で考えなければならない 特別支援対応の基本プラス@」

1 日時
  5月29日(金)20:00開始 21:15終了

2 会場
  ZOOMによるオンライン学習会

3 講師
  高杉祐之(NPO TOSS石狩 代表理事)

4 講座内容

  講座1 20:00~20:45
  今の状況で考えなければならない特別支援対応の基本プラス@
  ①黄金の3日間part2と心得て子どもに会う。
  ②3日間それぞれの配慮事項ひとつずつ。
  ③講座に対するQA。

  講座2 20:45~21:15 
  ①事例・QA(Qは公募)

5 参加者

  33名(一般26名 事務局6名 講師1名)

6 参加者の感想(アンケートフォームから)

(1)
いつも「参加してよかった」と強く感じます。教室で使いたい、やってみたいと思える内容ばかりで、勉強になります。知識が少なかったり、久しぶりの参加だったりしても、いつも優しく受け入れてくださるのも、大変ありがたいです。またぜひ勉強させてください。今日はありがとうございました。

(2)
札幌は、いよいよ来週の月曜日から分散登校がはじまります。黄金の3日間part2だという話、3日間それぞれの配慮事項、しっかり頭に入れて臨みます。

(3)
途中からの入室失礼しました。休校開けで、子どもたちをいかに安心させるかの大切さを学びました。話しすぎず、非言語コミュニケーション(セレトニン5など)を意識して臨みたいと思います。文献の紹介ありがとうございます。Tチューバー全部見ていないので、これから見ていきます。この土日でやることが定まりました。今日はありがとうございました。

(4)
休校明け直前にセミナーを開いていただきありがとうございました。期待と不安が混ざった心境でしたが、今回のセミナーで希望をもって挑める気がします。黄金の3日間part2のキーワードがとても分かりやすかったです。「安心」「焦らせない」は、本当にその通りだと思います。でも、まずは教師が安心して、焦っていないことが大事。子どもに負の感情が伝わらないように、私自身が心と身体の健康を保たなければと思いました。休校明けは、特別支援が必要な児童、必要ではない児童関係なく、安心させる指導が必要だと思いました。まだ数回しか会っていない児童が多く、互いにどんな人間なのか探っている状態ですが、子どもたちが「学校は楽しい」と思えるような授業や声掛けをしていきたいと思います。

(5)
コロナということを全く考えずに、高校での対応は進んでいます。子供の行動や心理に及ぼす影響について、聞くことができ、「あぁ、あの行動はこういうことだったのか」と考えることができました。いつもの日常とは違うけど、早く日常に戻す、そのことを意識して行動していきたいと思います。

(6)
素晴らしいご指導、心より感謝申し上げます。笑顔で安心させセロトニン、時間割に追われてかりかりせず、来校、登校から褒めて コロナは大丈夫、と言い切ること。また、我々教師の寄り添う姿勢が大事と改めて学びました。心より感謝申し上げます。おかげ様で心得ができてまいりました。また機会があればどうぞよろしくご指導くださいませ。

(7)
来週からスタートする学校生活前に,すばらしい講座を受けさせていただきました。休校明けにどのようなことを意識すべきかが端的にまとめられていて,大変わかりやすかったです。どのように生徒に会う心や体の準備を整えるべきなのか考えることができました。高杉先生がおっしゃったように,休校分を取り戻さなければと焦る自分がいたので,ゆったり構えて子どもたちにも安心感を与えられるような言葉がけや行動を意識します。また,特別支援についての知識が全く不足していますので,色々な用語を丁寧に解説してくださりありがたかったです。来月も楽しみにしております。zoomでのセミナー開催が本当にうれしいです。ステキな時間をありがとうございました。

(8)
安心させ焦らせないで、そして通常通りに。目指すべき道がはっきりしました。ありがとうございました。

(9)
勤務している学校は、休校中ZOOMを使ってHRや授業をしていたので、生徒の様子がある程度伺うことができましたが、学習会に参加して、ZOOMを通してわかりにくい部分が登校後どのような形で現れるのか、チェックすべきポイントが確認できて良かったです。個人的にはチャットのほうが質問しやすいです。

(10)
ずっと参加させていただきたかった学習会、本当によかったです‼︎次回も楽しみにしています。よろしくお願いいたします‼︎

(11)
先が見えない状況で、連日の準備や会議等で疲弊している中、具体的な心構えと対応を学ばせてもらいました。勇気とやる気が湧きました。

(12)
来週から、分散登校がはじまりますが、その前にこの講座に参加させていただきとても勉強になりました。高杉先生が最初の方で言った、これか先の研修会はパソコンが主で、よほどの時以外はこの形で、さらに子ども達もそういう方向に移行する…。とチラッと言った言葉が一番の衝撃で、さらに深く聴きたいと思いました。きっと高杉先生の中には、この先の教育の形が見えているのだと思います。コロナを機に、世の中のスタンダードが変化することに恐れもありますが、学び続けて自分自身が成長することへの欲求がより高まってきました。ピンチをチャンスに変え、より充実した学びの場を子どもたちに提供できるよう頑張ります。今日は貴重なお話をありがとうございました。

以上です。

by tosshkd | 2020-05-29 23:02 | 【石狩】

【報告】石狩オンラインセミナー5/15〈WEB授業〉講座を行いました

【報告】石狩オンラインセミナー5/15〈WEB授業〉講座を行いました_e0252129_10584788.png
NPO TOSS石狩の石田晃大です。

5月15日(金)19時よりオンラインセミナー
「WEB授業はこう作る オンラインツールの使い方」
を行いました。

23名の方にご参加いただきました。
ありがとうございました。

オンライン授業。
漠然と一括りに考えるのではなく、目的に応じてツールを選択、組み合わせる。
子どもの立場、目線ではどのツールや方法が有効なのか。
オフラインで配慮すべきことは、オンラインでも当然配慮が必要です。

WEB授業の利点と弱点を理解した上で、選択できるのも教師の力量となります。
そのことを再確認できたセミナーでした。

ZOOMホストをつとめた石田の端末が不調で、URL配信が遅れてしまいました。
運営については仕組みの見直しにより、滞りのない進行ができるよう改善します。

次回のオンラインセミナーは6月です。
6月12日(金)19:00-20:45
臨休に負けない 授業進度のコーディネート

また、特別支援学習会もオンラインで実施します。
こちらもぜひご参加ください。

(セミナーHPはこちら)
https://sites.google.com/toss2.com/ishikari-onlinesemi/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0


以下、報告です。

------
石狩オンラインセミナー①
「WEB授業はこう作る オンラインツールの使い方」

1 日時
  5月15日(金)19:00開始 20:50終了

2 会場
  ZOOMによるオンラインセミナー

3 講座内容

  講座1「オンライン授業とは」
  講座2「リアルタイムでつながるZOOMの基本的な使い方」      
  講座3「オンラインで進める算数授業」
  講座4「オンラインで進める国語授業」
  講座5「何でもQandA」

4 参加者

  23名(一般16名 事務局2名 講師5名)

5 参加者の感想(アンケートフォームから)

(1)
OBSについて、勉強しようと思いました。近々新しいパソコンを買うので、早速入れます!密かにYouTubeのアカウントをとって、授業動画を作ってみましたが、原始的なやり方しかできていません。いろんなツールを使いこなし、少しでも効果が上がる遠隔授業ができるようになりたいです。デジタルとアナログをうまく組み合わせて、今のマイナスを少しでも減らしていきます。

(2)
自宅にいながら沢山学ぶ事ができ、嬉しいです。

(3)
OBSについてもっと勉強したいです。TOSSの中で出遅れてしまって焦っていました。高杉先生のお話を聞いて、やる気が出ました。ありがとうございました!

(4)
ズームの使い方やOBSの利点など、初心者がわかるように丁寧に説明してくださり、すぐに実践していきたいと思いました。コロナをきっかけに、教育が大きく動いているのが肌で伝わってきました。しっかり勉強して使いこなせるようになりたいと思います。

(5)
OBSを是非使えるようになりたいと思いました。

(6)
つい先日OBSについて知り、動き出したはずなのに、と心底驚きました。今日は、その点にあまりに衝撃を受けてしまい、講座の中身を冷静に受け止めることができませんでした。みなさんはモンスターです(笑)。いや、ウルトラマンかな!(笑笑) この困難な状況の中でも立ち止まらず、常に自分を磨き、子どもたちのためにチャレンジし続けるその姿勢に感動しました。近くにいることができて、本当に良かったです。ありがとうございました。また、職場の仲間を誘います。よろしくお願いいたします。

(7)
Google class room、zoomの授業を体感できて勉強になりました。また、obsの良さがわかりました。ありがとうございました。

(8)
始めての事もあり理解するのに頑張りました。

(9)
オンライン授業とは何のか漠然としか考えていませんでした。様々なタイプのものがあり、用途に応じて、とりあえず挑戦してみることが大切なのだと思いました。また、どこを隠して、どこを見せるのか、何を見せるのか、普段の授業と同じように見せ方の工夫が必要であり、教師の力量がモロに出るのがオンライン授業なのだとも感じました。新しいものに挑戦しつつ、教師修業も続けていきます。ありがとうございました。

(10)
学校再開後も活動が不明瞭の中、教師としてオンライン授業についても勉強していく必要性を改めて実感しました。ありがとうございました。


以上です。


by tosshkd | 2020-05-16 10:59 | 【石狩】

【報告】石狩zoom例会をしました。

【報告】石狩zoom例会をしました。_e0252129_20553040.jpg
NPO TOSS石狩です。

オンラインアプリ「ZOOM」
を使用した例会体験を行いました。
19名の方にご参加いただきました。
(写真はZOOM画面です。顔は隠しています。)

画面共有の機能を活用し、
各自のPCで開いたデータを一斉に参加者に提示できます。
提案する方からの説明、参加者のコメント、
QA、そして高杉代表の解説。

普段の例会そのままの流れで実施することができました。
距離が離れている方とも、
まるで側にいるかのように一緒に学ぶことができる。
まさに、北海道にこそふさわしいツールだと感じました。

今回は3月31日(火)に予定している、
石狩【教え方】WEB講座の事前体験として実施しました。

教え方セミナーの参加者MLを中心に、
特別支援学習会にご参加いただいた方へご案内し、
すでに、キャンセル待ちの状況です。
(33名の方にお申し込みいただいております。)

3月28日(土)にも、2回目の例会体験を予定しています。
私たち自身もZOOMスキルを向上させ、
精度を上げて31日を迎えたいと思います。

以下、報告です。

《TOSS石狩教育サークル ZOOM例会体験》

1 日時:3月24日(火)19:00〜20:20

2 会場:ZOOMを使用したオンライン例会

3 内容
 (1) 学年だより「GRIT」
 (2) 通信「わくわく」
 (3) 通信「一匹狼のたくましさと、野武士の如き集団を!」
 (4) 学力向上年間計画「スマイル計画全体図」
 (5) 教務規定に対する改正意見書
 (6) 書籍分析「授業の腕を上げる法則」
 (7) ML配信「一人一当番」検討

4 参加者 19名

5 参加者の感想

(1)
高杉先生のお話が聞くことができて嬉しかったです!

(2)
本日は、年度末の大変お忙しい時期に、zoom例会を開いてくださり、誠にありがとうございました。教え方の前の体験例会に参加させてくださったこと札幌や石狩にいなくとも、例会で学べる場を設けてくださったこと、心より感謝申し上げます。例会での資料、お話をお聞きして、とても勉強になりました。すごく前向きな気持ちになりました。これからも学ばせてください。本日は、誠にありがとうございました。

(3)
初めてzoomでの例会に参加しました。新しい感覚にわくわく感があったのと同時に少し緊張してしまいました(汗)実際に面と向かって話すのとは違い、発言がかぶってしまいそうになりあたふたしてしまいました。真野先生のように発言する前に「はい」や名前を言ったあとで発言するとよいのかも知れないと気づきました。次回実践してみたいです。次は発言、または提案をしてアウトプットすることで学びを深くしていきたいと思います。ありがとうございました!

(4)
以前自分でzoomを使ってみたとき、あまり使いこなせなかったのですが、今回参加して、可能性を見いだすことができました。 直接集まれない現状ですが、少しでも学べるよう、自分のサークルでも試行錯誤しながらzoom例会をします。皆さんと画面を通して顔を合わせることができ、嬉しく思いました。

NPO TOSS石狩ホームページはこちら

by tosshkd | 2020-03-27 20:56 | 【石狩】

【報告】特別支援学習会第11期(3回目)を開催!

【報告】特別支援学習会第11期(3回目)を開催!_e0252129_07130267.jpg
【報告】特別支援学習会第11期(3回目)を開催!_e0252129_07125530.jpg

NPO TOSS石狩 在田です。


特別支援学習会第11期(3回目)が終了しました。

参加した方からのお誘い、同僚の方と一緒に参加…など

近くの方に広がることが、素晴らしいと思います。

誘った方への信頼感がなければ、このようにはなりません。


今回は不適応行動を減らすための教師の行為ポイントを学びました

演習がたっぷり!

問いに答えながら、普段の自分の対応を振り返り「………。」

具体的な対応策を聴き、「明日からやってみよう!」と

元気が出ました。


前回の授業のポイントを合わせて必修項目!でした。


これで、11期も盛会にて終了。

次はいよいよ50回記念です。

豪華講師陣をお招きして開催します。


これからみなさまと日常に必要な方法を

子どもたちのために学んでいきたいと願っています。

お近くの方へどうかお声かけください。

お待ちしています。


以下、報告です。

■日時:2月21日(金)19:00~20:45

            (受付18:30~)


■場所:札幌市厚別区民センター 会議室A


■テーマ:不適応行動を減らす教師の行為ポイント5

          ~先生はこう動く!


第1講座 19:00~19:10 

事典活用講座


第2講座 19:10~19:35 

不適応行動を減らす教師の行為ポイント5~その1


第3講座 19:40~20:05 

不適応行動を減らす教師の行為ポイント5~その2


第4講座 20:25~20:45 

QA    

特別支援学習会HP

https://sites.google.com/toss2.com/tokubetushien-ishikari/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

お申し込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/198b82b7636638

■参加者

一般 20名

事務局 6名

講師  2名

合計 28名


参加者の方の感想

支援の必要な子に配慮できるために初めの全体の流れが大切だということが納得でした。

数学の授業のはじめにナンプレをさせると過集中してしまう子がいるので、やめてしまいました。やめるのではなく、支援を続けるべきだと感じました。

今までの発言を振り返り、たくさんの嫌みで子どもたちを傷つけていたことに気づきました。子どもたちに「支援」をしていくことの大切さを学びました。

演習形式で具体的な手立てがわかりました。若い先生に聞かせたいと思いました。

QAではその子の行動が理解できるような回答でよくわかりました。2時間あっというまでした。

「教師の無駄な言葉が子どもWMを食いつぶす」という言葉が印象に残りました。

具体的に子どもの姿を思い起こしで話を聞けるので、実践してみようと思います。

笑顔の練習がよかったです。ほおを持ち上げて10秒維持、筋トレになる、この方法を取り入れていきます。

支援を続けること、「慣れるな」「めんどうくさがるな」「やめるな」を肝に銘じます。この勉強会は自分の教育の確認の場、修正野庭としていつも勉強させていただいています。

「正しく関わる」のお話で皮肉はだめ、ということ。言っていると思いました。来週からただします。

演習は頭を使うので、たくさん考えました。

授業作りで「言葉を減らすこと」なかなか難しいことだと思っていましたが、やらねば、と思いました。

いつも笑顔でいると思い込んでいましたが、真顔もあった反省しています。練習していきたいと思います。集中して聴けるような環境も提供できる支援者でいるように努力します。

初めての参加、あっというまでした。

久しぶりの参加でした。日々の授業や対応が不安になってきたからです。ここでお話を聞くといつも我流に気づかされ、次の週でやってみようと思います。


NPO TOSS石狩ホームページ

http://toss-ishikari.blogspot.com/


by tosshkd | 2020-02-24 07:17 | 【石狩】

【報告】TOSS石狩教育サークル2月北広島例会をしました。

【報告】TOSS石狩教育サークル2月北広島例会をしました。_e0252129_00222605.jpg
TOSS石狩教育サークルです。

2月例会の報告です。
見学者3名のご参加をいただき、楽しく交流できました。
次回は、2月28日(金)札幌厚別区民センターです。
ぜひお越しください。お待ちしています!
ホームページ
−−−
TOSS石狩教育サークル 2月北広島例会

日時 令和2年2月13日(木)19時〜21時

場所 北広島市 花ホール会議室(駅徒歩1分)

参加者 サークル員6名 見学3名
    計9名
内容
1学級通信「トリプルチェンジ」
 会社活動の良さ、図工鑑賞のポイント
2学級通信「一匹狼のたくましさと、野武士のごとき集団を!」
 最近気になること
3千葉康弘セミナー2021(TOSS石狩冬の拡大例会)企画案
 提案は早く!それが第一。
4理科教科通信「知的楽しさの追求」
 空白禁止の原則を意識した授業を。
5教え方セミナー講座検討
6模擬授業 1桃太郎の要約指導
      2すっとびとびすけ谷川俊太郎
      3カンジーはかせの音訓かるた
7特別支援学習会の講座検討

by tosshkd | 2020-02-14 00:23 | 【石狩】

【報告】2/8 千葉康弘セミナーin石狩(TOSS石狩教育サークル拡大例会)

【報告】2/8 千葉康弘セミナーin石狩(TOSS石狩教育サークル拡大例会)_e0252129_10271360.jpg
NPO TOSS石狩の石田晃大です。

2月8日(土)。
北海道立道民活動センター「かでる2・7」にて、
「千葉康弘セミナー」を開催いたしました。

千葉康弘先生が講座の最後に語られた一言。
心が揺さぶられました。

「教師の仕事の魅力を取り戻しましょう。」

これほどに楽しく、やり甲斐があり、価値のある仕事は他にありません。
本来、教師の仕事とはかくあるべきです。

原点
初心
足元

いつでも自分をスタートラインに立たせてくれる。
志を新たにして子どもの前に立てる。
そんな気持ちを共有できるセミナーでした。

次回の日程も決まりました!
HPもリニューアルし、申し込みも開始しております。
ぜひ、お申し込みをお待ちしています!

以下報告です。
---
TOSS石狩教育サークル冬の拡大例会
「千葉康弘セミナー in 石狩」

1 日時
2020年2月8日(土)11:00~15:30

2 会場
北海道立道民活動センター「かでる2・7」710研修室

3 講師
千葉康弘先生 高橋賢治先生 赤塚邦彦先生

4 講座内容
講座1 TOSS授業技量検定 D表 C表
講座2 子どもを巻き込み熱中させる授業の技能と組立て
    ①高橋先生の音楽授業と技能
    ②赤塚先生の算数授業と組立て
講座3 ムリ・ムラ・ムダを省いて安定した授業を継続する
講座4 時短を目指すならここから手を入れろ
    ①学級担任仕事術
    ②担任外仕事術
    ③学校運営仕事術
講座5 教師が目指すべきこれからの学校づくり
講座6 Q&A

5 参加者

一般  28名
学生   1名
事務局 11名
講師   3名
計   43名

6 参加者の感想(アンケートから)

(1)本当に久しぶりにTOSSのセミナーに参加しました。普段、デスクワークや様々な対応に追われ、授業のことを考えたりする機会がないので、授業に一参加者として参加することが大変楽しかったです。長年使っていない脳の機能を使い、なかなかついていくことができませんでしたが、授業検定、各講座…大変勉強になりました。自分の学校の職員に聞かせたい内容満載でした。もし、よろしければ自分の学校にどなたか来ていただいてお話をしてくれるとありがたいです。その時は、よろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。(養護学校 男性)

(2)康弘先生の「検定は楽しくなければいけない」と言う言葉が印象に残りました。TOSS音楽の「リズム」はTOSS英語と同じく大切だと思いました。学テ算数の「たしても」を「かけても」、「から」を「を」に変えさせるのはかなり難しいと思いました。普段からの鍛えが必要だと思いました。授業の第一声に何を言ったか覚えておく、月曜日からやってみます。難しい中身の授業こそシンプルに組み立てる。仕事の時間の最も根本は「学級を安定させる」こと、安定させるスキルがそのまま時短の方法だと思いました。そして他の学級を助ける。仕事を共有し、優先順位をつけて行うことで学校運営する。自分が楽な方法を考えるのは良いことだと考えられるようになりました。教師が楽をするのが向山型の指導法だと思いました。(小学校 男性)

(3)検定を受けさせていただきました。千葉先生、赤塚先生、高橋先生に見ていただき、評価をいただけることで私の弱点をはっきりと確認することができました。受検者、評価者ともに真剣だからこそ得られるものが大きかったです。今年1年の教師修行のテーマになりました。講座の中で、「楽をする」話をされて驚きました。官製研修では絶対聞かない言葉でした。手抜きできることを手抜きして、生徒の学力向上に絞っていきたいと思います。(高等学校 男性)

(4)今年も楽しみにして参りました。千葉先生のセミナーは、毎回、自由奔放でありながら、知的で楽しいです。今回は、仕事術が中心となる内容でした。TOSSでは優れた実践を生み出すために、仕事術を身に付けるのは不可欠のようです。しかし、これまで他の研究団体や職場で仕事術についてまとまった話をお聞きする機会は皆無でした。しかもTOSSは子どもが力をつけ、自己肯定感を高め、学校や学級が楽しいと思えることが前提になっています。「大きな成果を上げながら、スマートに(退勤時刻を超過せずに)仕事をする」自分の苦手なことです。今回も大いに仕事への関わり方を揺さぶられました。爽快なセミナーかと言われたら、YESとは言えないのですが、課題をしっかり持ち帰ることができました。今の自分の仕事ぶりが本当にやりたいことに力を入れられるのか。しっかり向き合っていきます。皆様、今回も素晴らしいセミナーをありがとうございました。千葉先生がお元気そうだったのが何よりでした。またよろしくお願いいたします。(小学校 男性)

(5)「それは子どものためになっているか?」このことをたくさん考えることができました。幸いにも、楽しく仕事をすることができています(ありがたいことです)。しかし、どこか、若い頃の志、熱が冷め、どこか淡々とやっている自分がいます。10年前、5年前…今と、状況も、学校での仕事も変わってはいますが、自分がなぜ教師を続けているのか、もっとやりがいを求めても(若い頃のように)良いのかと思いました。たくさん考えるきっかけをいただきました。綺麗事はいません。もっと楽しく、もっと充実した教師人生を送れるよう、学び続けます。(小学校 男性)

以上です。

by tosshkd | 2020-02-11 10:29 | 【石狩】

【報告】特別支援学習会第11期(2回目)を開催!

【報告】特別支援学習会第11期(2回目)を開催!_e0252129_15563393.jpg
【報告】特別支援学習会第11期(2回目)を開催!_e0252129_15563778.jpg

NPO TOSS石狩です。

特別支援学習会第11期2回目を行いました。

新規のお申し込みの方が少しずつ増え、

同じ志で一緒に学べることをとても嬉しく思います。

今回は、教師の仕事の大部分を占める「授業」のポイントを5つ、

具体的に学ぶことができました。


ポイントとして

端的な言葉で示されると、頭に入ってきます。

それにエピソードや具体例が加わると、

納得とともに、やってみよう!という気持ちにつながります。


不適応行動を防ぐにも減らすにも

やはり基本は授業。

この一番大切なことを、再認識できる講座でした。


演習の中では笑いもたくさんあり、

時間がたつのが速かったです。


次回は不適応行動を防ぐ教師の行為ポイント5

今回の授業と併せて、

次の黄金の三日間はこれで準備万端!ともいえる講座群です。

次回もお待ちしております。


以下、ご報告します。

^^^

特別支援学習会第11期2回目

■テーマ

不適応行動を減らす授業のポイント5~指示や発問はこうする!


■日時

1月16日(木) 19:00~


■場所

厚別区民センター

 

■講座内容

第1講座 19:00~19:10 

特別支援教育 重要用語の基礎知識活用講座


第2講座 19:10~19:35

不適応行動を減らす授業のポイント5~その1

        

第3講座 19:40~20:05 

不適応行動を減らす授業のポイント5~その2

           

第4講座 20:25~20:45 

事例研修・QA


■参加

一般  16名

事務局  8名

講師   2名

合計  26名


■感想

非常に具体的で実践的な講座だったと思います。

高杉先生のような教師をあらためて目指したいと思いました。

3学期に向けて気持ちの準備ができました。

とても具体的で手立てを学ぶことができました。

この学習会はとても学びになります。

「インタリーブ」「アンカリング」という言葉を

初めて聞きました。

不適応行動を減らすためのポイントを知っていることと

できることは別なので、実習でやってみると苦手なところが

わかって勉強になります。

集中させる技、余裕をもつための事前準備、

大切なことを学ばせていただきました。

4つの不適応行動について、すごく考えました。


みなさまのご参加いかがでしょうか。

お申し込み、お待ちしております。

HP
https://sites.google.com/toss2.com/tokubetushien-ishikari/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

お申し込み
https://ssl.form-mailer.jp/fms/198b82b7636638


by tosshkd | 2020-01-20 16:30 | 【石狩】

【報告】特別支援学習会第10期(3回目)を開催!

【報告】特別支援学習会第10期(3回目)を開催!_e0252129_10514948.jpg
【報告】特別支援学習会第10期(3回目)を開催!_e0252129_10514555.jpg

特別支援学習会第10期(3回目)をおこないました。

今回で、

のべ45回、1645名にご参加いただきました!


2014年に始まった学習会、

まる5年たちました。

最近は新規の方も増えてきています。

参加した方が、同僚の方を誘って来られることも。

ニーズがあるのだと思います。


不適応行動への対応をテーマにした今回

第10期の最終回です。

不適応行動は、環境や教師の対応によって

スムーズに解決したり、

減らしたりすることができる、ということを

いつものように

具体的に聞くことができました。

事典講座も連続して好評で、

講座の後は手に取る方もいらっしゃいます。


トラブル解決の方法は

わかりやすく、若い先生の中には

すぐに試してみた、という方もいました。

以下報告です。

−−−

特別支援学習会第10期3回目


◆日時 9月27日(金)

◆場所 厚別区民センター 和室C

◆テーマ

 不適応行動への対応

 環境調整の大切さ

 トラブルが起こった時の初期対応、当事者、周りの子、

 保護者への対応


◆講座内容
 【講座1】19:00〜19:25
 不適応行動は環境調整により防ぐことができる
 トラブルが起こらない環境調整とは何か
 種類と方法

 【講座2】19:25〜19:50
 トラブル(けんか、パニック)が起こった時、まず何をするか。
 当事者、周りの子、保護者への対応

 【休憩・アンケート】19:50〜20:00
 
 【講座3】20:00〜20:10
 事典の活用講座

 【講座4】20:10〜20:25
 子役付き模擬授業または事例検討

 【講座5】20:25〜20:40
 QA


参加者

一般 25名

事務局 6名

講師  1名

合計  32名


アンケートより

子どもの実態をつかんで考える重要性を

学ぶことができました。
書いて、視覚的に指導する、ということを取り入れていきたいです。


毎回、子どもへの対応のきめ細かさが学びになります。

具体的に知識を誰にたいしてどのような状態の時に使うのかが

学べました。


前回相談した不登校の男の子が、遠足に参加したのを機会に

毎日学校に来るようになりました。


日常よくあるトラブルにどのように対応すればよいか、ということを

教えてもらうことはほとんどありません。このような講座で

自分の対応を確認することができてとてもよいです。


教師の言葉も妨害刺激になる…月曜日

から意識します。


保護者にどう連絡しどう話すか難しいと感じていて、

本もあまり載っていないので今回教えてもらって大変勉強になった。


次回、第11期

「不適応行動への対応を習得する!」をテーマに

11月29日(金)19時〜20時45分

札幌厚別区民センター(予定)でスタートします。

お申し込み、お待ちしています!


NPO TOSS石狩ホームページ

http://toss-ishikari.blogspot.com/


by tosshkd | 2019-10-14 10:59 | 【石狩】

【報告】特別支援学習会第10期(2回目)を開催!

【報告】特別支援学習会第10期(2回目)を開催!_e0252129_18103373.jpg
特別支援学習会第10期(2回目)を行いました。

2学期を目の前にして、日常の教室に見られる
不適応行動について学びました。
子どもの不適応行動の8割は
こちら(教師の責任)という考えのもと
子どもの行動を分析し、
なぜこうなるのか、どうすればよいのか
原因や対応を考えることが大切、という
基本的で貴重なお話でした。

特別支援教育。重要用語の基礎知識の活用講座は
好評で回数を重ねています。
このような学習会に来られていると
勤務校で研修を担当することなどもあるかもしれません。
そのときにとても役立つ、と思われる講座でした。

子役付き模擬授業では、初任者の先生が
落ち着いた授業を見せてくれました。
全体を優先する
1人に縛られない
集中する様子がみえるとすぐに的確な指示を出す、など
良い対応をたくさん学ぶことができました。
次回は9月27日、第10期の3回目(最終回)です。

申し込みはこちら!


以下、報告です。

特別支援学習会第10期(2回目) 

◆日時  8月19日(月)19:00~21:00

◆場所  厚別区民センター

◆テーマ 不適応行動のアセスメント

     ABC行動分析(知識と演習)


【講座1】19:00〜19:25

不適応行動のアセスメント
どのような行動が不適応行動なのか。
困り感か注意喚起か、の見極め方
見極めかたの原則

【講座2】19:25〜19:50
ABC行動分析(知識と演習)
ABC行動分析とは何か。
事例をもとに実際に書き込む演習

【講座3】20:00〜20:10
事典の活用講座

【講座4】20:10〜20:25
子役付き模擬授業

【講座5】20:25〜20:40
QA

参加者
一般   26名
事務局   7名
講師    1名
合計   34名

【参加者の感想】
・ABC分析シートの使いかたが演習を通してよくわかりました。
 アイディア、知識ともにたくさん得られ、よかったです。

・高杉先生の対応が具体的、実践的でとても参考になります。
 ABC分析シートの使い方が具体的に理解できました。

・ABC分析シートの原因は思いつきますが、環境調整や代替行動が
 考えつきません。もっと対応策を思いつくように学んで行きたいと
 思いました。

・聴いているだけよりも隣の人と話しをすることで、
 自分の知識がどれだけあいまいなのかわかります。
 人に説明できるくらい身につけていきたいです。

by tosshkd | 2019-09-10 18:11 | 【石狩】

【報告】TOSS石狩教育サークル7月例会をしました。

【報告】TOSS石狩教育サークル7月例会をしました。_e0252129_21021378.jpg
TOSS石狩教育サークルです。

7月例会の報告です。
学期末までの実践紹介やセミナー報告など、
楽しく交流ができました。

次回例会は、
8月9日(金)19時〜21時
札幌厚別区民セミナー和室C(新さっぽろ駅 徒歩1分)
で行います。
また、
「TOSS石狩 夏の拡大例会」
8月17日(土)10時〜16時30分
札幌厚別区民センター
講師に、
「全国学力テスト算数B問題の解き方指導」赤塚邦彦先生
「TOSS型英会話 英語の指導法」加藤心先生
をお呼びして開催します。
こちらもぜひご参加ください。
申し込みはこちら↓

ーーー
TOSS石狩教育サークル 7月例会

日 時:令和元年7月23日(水)19時〜21時

場 所:北広島市 花ホール 会議室(北広島市駅徒歩1分)

参加者:サークル員9名

1 部活動通信「一本集中」
2 学級通信「TRIPLE CHANGE」
3 学級通信「一匹狼のたくましさと、野武士のごとき集団を!」
4 UDデジタル教書体
5 NPO経過報告
6 国語Bセミナー北海道の報告
7 ミニ講座「子どものトラブル処理」
8 授業検討
9 模擬授業
10 国語B問題模擬授業

以上です。

by tosshkd | 2019-07-23 21:03 | 【石狩】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧