人気ブログランキング |

【報告】特別支援学習会 第9期(3回目)12月7日(金)厚別区民センタ ー

【報告】特別支援学習会 第9期(3回目)12月7日(金)厚別区民センタ ー_e0252129_14533267.jpg
NPO TOSS石狩の石田晃大です。

特別支援学習会《第9期》の3回目を行いました。

第3回の今回は「朝の目線」。
高杉先生が教室に入る瞬間の目線を動画で追うというものです。

教室に入った瞬間に何を見ているか。
そして、その一瞬で何を見取っていたのか。

毎日繰り返される何気ない教室の風景からも、
「なぜあの子は朝の課題に取り組んでいないのか」
「なぜ、その子は廊下にいたのか」
など、たくさんの情報とこれまでの実態把握を組み合わせながら、
瞬時に対応を判断していることが分かります。

毎回好評の「事例検討」。
たった数行の事例内容から、その子の発達や家庭環境、生育歴、症状までも想定できるところが圧巻でした。
事例分析の奥深さ、アセスメントの重要性を改めて感じさせられました。

第9期も残り1回。2月22日(金)を予定しています。

参加者同士で分析を交流したり、対応を検討したりと、
学んだ知識をその場で使う「出力」の講座。
「ケーススタディ」に対して、学んだ知識をすぐに使って分析する。
極めて実践的な講座。

どうぞご期待ください。

以下報告です。

----------
特別支援学習会 第9期(3回目)

■日時:平成30年12月7日(金) 19:00~20:45

■場所:札幌市厚別区民センター(視聴覚室)

■テーマ『目線の技能を徹底解説!』
~特別支援の必要な児童が複数いる場合の対応~

■講師
高杉祐之 先生(江別市公立小学校 教諭)

■講座内容

【第1講座】19:00~19:10
サークル員講座「特別支援教育 重要用語の基礎知識」(石田)

【第2講座】19:10~19:30 
プレイバック講座
「授業の中でのディスレクシア児童への対応」(高杉先生)

【第3講座】19:30~19:50
高杉先生はどこをどのように見ているか。
「朝、教室に入った時は、このように見る。気になる子がいる時の対応。」
(高杉先生)

休憩10分間
【第4講座】20:00~20:20
事例演習・・・
公募事例を参加者で検討(高杉先生)

【第5講座】20:20~20:45
Q&A(高杉先生) 

■参加者
一般  12名
事務局  7名
講師   1名
計   20名

■アンケートから

(1)
見るだけではなく、何かの行動の背景を考える、普段の様子との違いを把握するということが大切なのだと思いました。(小学校女性)

(2)
アセスメントが取れていないとすばやく子どもの様子が見れないと感じました。見るだけではなくそこからこちらの側が読み解く力がないと難しいと感じました。(中学校女性)

(3)
意識的に見るクセをつけようと思いました。個々の特性を知る必要があると思いました。(高等学校男性)

(4)
私のクラスにも特定のことが極端にできない子がいるので参考になりました。SLDの子への手立ての例が、どんな子にも有効だなと感じました。“ほめる”こと、できていないなと反省しました。小さいこと、どんどんほめて子どもと接します。(小学校男性)

(5)
子どもの実態にただ対処していただけだったなあと感じました。アセスメントは大事だなと改めて思いました。すぐ取り組みたいと思います。(小学校女性)


■【第9期】今後の日程

第4回… 2月22日(金)

(終了しました)
第1回…10月26日(金)
第2回…11月16日(金)
第3回…12月 7日(金)

以上です。

by tosshkd | 2018-12-08 14:55 | 【石狩】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】
NPO TOSS石狩
TOSS北海道中央事務局

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧