特別支援学習会 IN 石狩

特別支援学習会の第5回目を行いました。

今回もまた盛会。会場は満員でした。
テーマは『特別支援コーディネーターとは?』

忙しい年度末でしたが、参加者の方々は
みなさんとても良い表情で帰られたと思います。

以下、報告です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
e0252129_2335347.jpg

■日時: 3月6日(金) 19:00~20:30

■場所:厚別区民センター  http://www.atsukucen.jp/access.html
     会議室A 

■日程 (受付  18:30~)

19:00~19:15
第1講座  特別支援コーディネーターとは
①どんな立場にあるか
②管理職、担任、保護者それぞれとの連携

    
19:15~19:30
第2講座  ケース会議の持ち方
①どういう経緯でケース会議になるか
②その後のフォロー


19:30~19:40
休憩(QA、アンケート記入)

19:40~20:10
第3講座 コーディネーターはこう見ている
①担任の対応の善し悪し
②学級経営の善し悪し


20:10~20:15
休憩(QA,アンケート記入) 

20:15~20:30
QA

■参加者の感想(アンケートより)

特別支援コーディネーターという立場で参加させていただきました。もっと積極的な企画や活動が
必要であることがわかりました。

5回とも参加して、特別支援や授業、学級経営についてしっかりと学んでいかなければいけないと
強く感じました。やるべき方向がはっきりしたような気がしてきました。参加してよかったです。

講座の内容もさることながら、話の短さ、言葉の短さに感心しております。
ICレコーダーで録音されている力は違うな、と毎回お話を聴きながら、見習おうと思っています。

現在学生ですが、特別支援教育についてばかり学んでいました。しかし、人間性や授業力など総合的に
うでをあげていかなけれがいずれ崩れていくと感じました。
「言葉を削る」「特別支援教育が教育の基本」おtいう言葉が頭に強く残っています。


教師としての力量をいかに高めていくのか、ということをあらためて考えさせられました。
子どもの問題行動を注意するのではなく対応を変えていく、教えてほめるという原則に帰ることの
大切さが身に染みました。
e0252129_2335347.jpg

[PR]
by tosshkd | 2015-03-07 23:35 | 【石狩】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧