【例会報告】TOSSウトナイ日高サークル合同例会

2013年月5月10日(金)19:00~20:30
浦河町勤労青少年ホーム

◇参加者2名
千葉康弘 高橋佳織 小西亮人 紫前明子 高橋賢治 他2名

0.自己紹介
1.向山先生論文読み合わせ
2.TOSS岡山MAKのワークシートを活用した
  特別支援対応演習
3.レポート検討
4.模擬授業
5.持ち寄り教材での授業づくり

論文は過去の教室ツーウェイから小西先生が
二つ、巻頭論文を持ってきてくれた。
なぜTOSSで学び続けるのか、ということが
わかる論文だった。
『教室ツーウェイ 2011年6月号
 志ある教師なら、努力すれば誰でも算数クラス平均90点以上を実現できます』
『教室ツーウェイ 2010年9月号
 TOSS教師に日本一が多いのは、上達論を理解しているからである。』

続いて龍馬君冊子に対応した
TOSS岡山MAK作成のワークシートを使って
特別支援対応演習。
『絵が描けない子』への対応。
様々な手を持っておくこと、限定すること、
失敗させないこと、ほめることがポイント。

レポート検討は紫前先生と佳織先生が
学級通信を持ってきてくれた。
千葉先生が描写をしてほめること、主義主張を1、2文入れること
を解説してくださった。
高橋は夏の教え方セミナー案を持って行った。

そして、模擬授業。
佳織先生の数学授業。
開始30秒でストップをかけた。
どこでテンポを変えていくのかコメント。
そのコメントを受けて、すぐに千葉先生が代案を示してくださった。
次に小西先生の算数授業。
開始3分ほど、
問題文を読むところでストップをかける。
キーとなる問題文は必ず子どもにも読ませる。
それをしなかった理由を聞いた。
千葉先生がこのコメントに介入。
教科書の構造にメスを入れるコメント。
参加者一同のモヤモヤがすっきりした。

続いて持ち寄り教材での授業づくり。
中学1年英語 英和辞典の扱い方を掲載した教科書ページ。
点ではなく線で教える、
短時間の辞書引きを毎時間入れていく、
といったアドバイスがあった。

最後に千葉先生から総括。
価値ある教師、人の縁、志、
そういったキーワードが心に刻まれた。
e0252129_17412664.jpg

[PR]
by tosshkd | 2013-05-12 17:41 | 【胆振・日高】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧