【教え方セミナー報告】札幌石狩・5/12(土)午後・第3回小野セミナー

e0252129_06114082.jpg
TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー最終日。
K会場《特別支援を核とした学級づくりセミナー》を行いました。

会場は白石区民センターホール。
岡山から小野隆行先生をお迎えする本セミナーも3年目です。

子どもの姿を通して具体的に語られる対応と実践の数々。
「あれども見えず」がすっきりと見えてくる分析と解説。

小野先生のお話をうかがうと、早く教室の子どもに会いたくなります。
教師の仕事の素晴らしさを改めて噛み締めます。

参加者からも、
「小野先生のお話を聞いて元気が出ました。」
「明日からの授業に活かしたいと思います。」
と、たくさんの感想をいただきました。

以下、報告です。


----------
第3回 特別支援を核とした学級づくりセミナー(小野セミナー)
兼 教え方セミナーK会場

1 日時:5月12日(土)午後 13:00〜16:30

2 会場:札幌市白石区民センターホール

3 講座内容

講座1 子役付き模擬授業
    (1)介入コース (2)映像コース
講座2 高速PDCAはアセスメントから始まる
(休憩 10分)
講座3 クラスが熱中する授業には原則がある
講座4 行事期を乗り切る学級経営と対応のポイント
講座5 小野先生の“校内研修”を体験しよう
(休憩 10分)
講座6 特別支援教育の最先端はこれだ
講座7 Q&A

4 講師

小野隆行 先生
高杉祐之 先生

5 参加人数
(1)参加者 40名
(2)事務局 12名
(3)講師   2名
(4)合計  54名

6 感想(アンケートから)

☆小学校男性
特別支援のことを何も知らないなと痛感させられました。香りや音のことなど、概念にもなく、驚きました。来週から「表情と動作で褒める」ことに気をつけていこうと思います。学ぶべきことが非常に多かったです。

☆小学校男性
小野先生のお話を聞いて元気が出ました。教師が元気で明るく大らかでいなければ子どもはたまらないなと思いました。小野先生の対応はどれもあたたかく優しくユーモアがありました。暴れる子どもの前でどう対応すればいいか悩み、ついつい硬くなっていることに気が付きました。月曜からまた頑張ろうと思います。子どもの味方でいられるよう学校で取り組みたいことがまた増えました。

☆小学校男性
安心感を与える場面、ピリッとさせる場面の使い分け、とても参考になりました。子どもも大人も同じなのに、子どもに求めすぎてしまっていた自分に大きく反省させられました。まずは指示の出し方、構成、対応術を見直して、明日からの授業に活かしたいと思います。また、校内研修の方法もとても勉強になりました。

☆小学校女性
小野先生や高杉先生の講座を何度か受け、教えていただいたことを子どもに実践し続け、子どもが大きく変わる経験を目にしてきました。こうやって教えていただけて、本当に本当にありがたいです。また必ず参加したいと思っています。

☆小学校女性
じゃんけんして負けた時の「偉い!」と間髪を入れない対応等、細かな所で、再確認させられる対応方法があり、とても充実した講座ばかりでした。大人のアンガーマネジメントは、とても興味深く、自分も参考にしてやらなければならないと思いました。子どもにも話して、お互いに実践していこうと思います。

☆小学校女性
いつも、見ている側でしたが、前に立つと、自分の傾向や子どもへの関わり方等、わかりました。特別支援の子どもへのアセスメント、自分も、少しずつ予想してみようとしているのですが、圧倒的に難しいなと思います。もっと、このセミナーや、読書、映像等を見て、勉強していきたいと思います。アンガーマネジメントについて、自分をセルフコントロールすることの大切さもわかりました。自分も、教室にアンガーコントロールの表を作りたいと思いました。

☆小学校女性
今、育休中ですが、教師は本当にに素晴らしい仕事だと改めて感じました。育休中にしかできない学びをしていきたいと思いました。まずは、家で授業の練習そしてサークルで授業を見てもらいます。

☆高等学校男性
熱に触れ、空気に触れ、内面に小野先生、高杉先生の気迫や志が満たされたような気分になっています。具体的な対面スキルを発見したとか気がついたとかでは無いのですが、月曜からの活力で満たされた気分です。

☆小学校女性
様々な対応を学ぶことができました。小野先生も高杉先生も、対応のあたたかさが印象的でした。どの子も一人一人違います。アセスメントをとって仮説を立ててみる。そして手立てを打ってみる。また来週からがんばります。また、小野先生もカ〜!!ってなった時があったというお話、それをどうクールダウンさせるかのお話、なるほどでした!!また参加したいです。

[PR]
# by tosshkd | 2018-05-17 06:14 | 【石狩】

【例会 教え方報告】TOSSフェルマータ第140回例会兼教え方セミナー登別サークル体験会場

本日、登別市で

TOSSフェルマータ第140回例会

教え方セミナーサークル体験会場を開催しました。

学びを深め、技術について語り合う時間となりました。

e0252129_23111908.jpg
日 時:201851310:0012:00

会 場:若草つどいセンター

テーマ:サークル体験~TOSSフェルマータ

内 容:

第1講座 教育書の読み合わせで学びを深める

第2講座 持ち寄り文書で実践の質を高める

第3講座 模擬授業で技術を身に付ける

第4講座 おすすめ書籍の紹介

参加者:一 般2

    事務局1

    合 計3

感 想:

来週、子ども達に授業するのが楽しみになった。

代表の高橋賢治先生の授業も、とても楽しかった。

技術、技能があるとは、どういうことかを

まざまざと見せつけられた。

理論と技術のセットで、今回も学びがいっぱいだった。

体の疲れもスーッと消えていき、また来週から頑張る力が沸いた。

紹介してもらった本も、帰り道の本屋さんでゲット。


[PR]
# by tosshkd | 2018-05-13 23:12

【例会報告】TOSSシグナス18年5月例会

先日行った第199回例会の報告です。

(次回が200回目!!)

■TOSSシグナス
 2018年5月11日(金) 19:00~20:55
 苫小牧市民活動センター
  
■内容
 1.近況報告

 2.レポート検討
 (1)(A4裏表11枚) 学級通信
    ~参観日の授業の様子や、家庭学習の取組について。
     家庭学習の趣意説明が良い。

 (2)(B4 2枚) 家庭学習見本
    ~児童に配付する家庭学習の見本。
     やらせっぱなしではない、丁寧な指導がさすが。

 (3)(A4 2枚) 学習計画
    ~「言葉で遊ぼう」「こまを楽しむ」の学習計画
     問いと答えを学ぶのによい教材。

  ※先月紹介していただいた日案等の実物手帳を公開!
   勉強になります。

 (4)(A4裏表7枚) 学級通信
    ~総合、家庭科などの授業の記録や
     行事の紹介。
     算数テストの平均点がすごい!
  
 (5)(A4 14枚) 外国語活動推進通信4~17
    ~校務分掌のお仕事。
     英語好きの子どもを育てるポイントや
     クラスルームイングリッシュの紹介など。

 (6)(A4 3枚) 外国語自己評価カード
    ~単元ごとに行う、外国語活動の自己評価カード。
     通知表にそのまま転用できるようにしたところがポイント。

 (7)(A4 2枚) ALTとの打ち合わせ資料
    ~ALTとの打ち合わせがスムーズに進められるように
     作成した資料。

 (8)(B4 15枚) 学級通信「MILESTONE」No224~238
    ~先月持って行き忘れた5年生3月の学級通信。
     家庭学習調べの結果や「3.11」の授業など。

 (9)(B4 23枚) 学級通信「MILESTONE」No239~261
    ~各教科の授業開きや家庭学習の紹介、
     まちづくり・観光立国教育の授業など。

(10)(A4 2枚) 学年経営案
    ~学校の様式に沿ったもの。
     数値目標を取り入れる。

(11)(A4 1枚) 学級経営案
    ~学校の様式に沿ったもの。
     「教室環境」の項目があるのがいい。

(12)(A4 4枚) 総合的な学習の計画
    ~年間計画や「ようこそ、苫小牧へ」の指導案など。

(13)(A4 1枚) 学級懇談会資料
    ~6年生の主な行事、子ども達の様子など。
     その他、「そのまま保護者会資料」(騒人社)
     デジタルトークラインの資料なども配付。
その他、
勤務校のPTA資料、
産経新聞・解答乱麻「優れた授業は努力から生まれる」
など

 3.模擬授業
 (1)国語
    ~1画足して別の漢字にする授業。
     参観日に行ったもの。
     参観日用に、スモールステップで行っているのが良い。

 4.田上講座
    ~参観日に行った授業(画数)や
     その時の授業映像の視聴。

次回例会は、2018年6月1日(金)に行う予定です。
参加希望の方は、田上までご連絡を!

e0252129_01243487.jpg

















e0252129_01242303.jpg


[PR]
# by tosshkd | 2018-05-13 01:25 | 【胆振・日高】

TOSS教え方セミナー(根室会場)報告

日時 平成30年3月16日 18時~20時30分
場所 根室市成央小学校参加 3名(参加2名、講師1名)
内容 第1講座 始業式を迎えるまでにやっておきたいこと   
第2講座 新学習指導要領に対応!誰もが安心できる英会話の授業   
第3講座 テストはこう選ぶ!子どもたちに優しく教師にも優しい教材選択法   
第4講座 教室における特別支援を要するであろうお子さんへの対応   
第5講座 かゆいところに手が届く!QA  普段のサークル内容にほんの少し、新年度を意識した内容を盛り込んだ。

第1講座は、雑誌などの論文をもとに話を進めた。一時一事の原則から始まる。
論文に気づいたこと等に線を引いた際、優先順に番号を降らせる。Y先生が「教師の決断なき・・・」の部分を第1とした。
その理由を問う。第2、第3と聞いていき、自然と論文が言いたいことをその一人が話すことになる。
実はこれ、授業で私がよく使う手法である。メインは国語であるが、社会で使うことも多い。
それを伝えると、「なるほど!」の声。教材研究が間に合わなくても授業の骨格さえあれば何とかなるものである。
語り、ルール、教室に置きたいもの、当番活動について論文をもとにかいつまんで大切なことを話していく。
その中で当番活動にスポットをあてて、話をした。当番活動を子どもたちの規範意識をつくる活動として考えるとという視点である。
当番のさせ方には色々ある。一般的な方法(班)と私の方法(個人)を比較して話を進める。
丁度、私の方法に、小野論文の「もう一歩の突っ込み」を展開すると「そうだったんですね」
「確かにさぼる子がいなくなりますね」と感想をいただけた。
もう一歩の突っ込みは、私の経験上、そこまでさぼる子はいなかったので借り物にはなったが、参考になってよかった。

第2講座の英会話は、T先生は授業を用意してきた。その意気込みやよし!確実に伸びている証拠だ。視点もよかった。
ただし、圧倒的な教材研究不足!というよりも教室全体を知らない独りよがり的な授業となっていた。
英語を専門にしている先生でありがちな「とにかく、英語をしゃべって進む」というものである。
開始早々、私たちに「?」が立つ。Y先生に「最初、どう授業を展開する?」と問う。
Y先生はスラスラと出てきた。やれる?と聞くがそれは無理ということだった。
でもすっきりしていた流れだった。交流で入っている先生の授業の流れがそうだという。
いい先生の授業を吸収している証拠だ。私が代案を示す。
「そうやればよかったんですね」「青木先生のほうがわかりやすいです。」と感想をいただけた。
そして私が講座で体験してもらおうと思っていたサイトで授業を私もしてみた。
それに対してT先生は「外国語活動で大切なのは『反復』と『単純化』であることがわかった」と感想を書いていた。
この感想は、自分で教材研究し、模擬授業をするという汗を流したからこそ出てきた言葉だろう。

第3講座は、国語と算数のテストの選択法に絞ってみた。算数のテストの教材の視点を問う。
Y先生は「フォーカステストは今年やってみて本当に良かったです」という。
つまり、特別支援を要する子どもたちに本当に学力を図れるという視点をもって選ぶということである。
T先生は、「解きやすいもの、色んな余計な情報がないもの」という視点を持つという。
そこで、私が一つの視点を示した。

第4学年の割り算の筆算の個所を、会社を伏せて提示した。
T先生は「これだめ!見ずらいです」「これにマスがまだあればいいんですが」と言って、テストを選んだ。
筆算にマスがきれいについたテストを選択。会社を本物のテストで見てもらう。S社であった。
テストの見本を次々と見ていくと、「やっぱりこの会社は難しいですね」
「コンパス、分度器はこの単元テストをするならいらない情報ですよね」はと言いながら、
他の会社のテストを選択できない理由を話していく。
国語のテストでは、教材文だけをまずは読んでもらった。 
その後、1問目だけを印刷したものを提示し、解いてもらった。
「テストの第1問目からつまづいたら、やる気ゼロになっちゃうんだよね。
だから、第1問目は解きやすいものが子どもたちは『今日のテストはいけるぞ!』と
やる気が出てくると思うんだよね。それに視点を置いたら、どれを選ぶ?」 
いくつか候補が出る。
マスがあると、できない子どもたちの助けになってやっぱりいいですよねと感想が出てくる中、最終問題を印刷したものを渡す。
「これ、絶対にこたえられないじゃないですか!」「内面を聞いてもわからなかったらどうなるんですか?」という中、
答えの例を私が言って、〇です。×です。
微妙だけど〇でいいかな?と判定をしてもらった。
「こんなことを採点するとき、やってたら大変じゃない?しかも30人分。
それに隣のクラスと甘いだとか辛いとか採点方法が違ってもやだよね。」
すると、「子ども同士でもきっともめますよね」とT先生が言う。いい観点だ。 
1問目と合わせて選ぶとしたらどの会社?と問うとS社となった。 
私は視点を与えただけである。

第4講座は、特別支援にスポットを当ててみた。 
ワークシートを元にNG対応、OK対応を学んでいく。
解説もつけてあるので、答えを探すことも可能なのだが、一番はその解説がクラスのある子を想像しやすいということだ。
「あーだからだ」「わかります、これ」と答えを考えるけれども、子どもの姿が目に浮かび、自分のことのように考えられる。
T先生は、下妻論文と小嶋論文を読み合わせた。
「暗中模索でやってきたことが、ある程度認められることでよかった」という感想を書いた。
ここで大切なことは「ある程度」としたところだ。
まだまだ、自分の実践を「よし!」とはせずに上を向いている。
言葉は体を表す。その心構えがあれば、まだまだ伸びる!今が伸び時だと感じた。 
第5講座はQAだが、どの講座においても質問を聞いてきたのでなくし、私が10年前に特別支援学級での最後の授業を再現してみた。
T先生も卒業生を担任する。最後の語りをどうするのか?すでに、思いがあったようでどこで伝えるのかを迷っているようだった。楽しみである。

[PR]
# by tosshkd | 2018-05-10 06:52 | 【釧路・根室】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・5/8(火)夜間・サークル例会体験

e0252129_00054344.jpg
TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。


札幌石狩の教え方セミナー第10弾。
J会場《TOSS石狩教育サークル体験講座》を行いました。

会場は厚別区民センター会議室。
一般参加の方が5名いらっしゃいました。


学級通信や学校だよりから始まり、
図工の題材レポートに事例検討、お悩み相談など、
ご参加いただいた方からの提案や検討事例もありました。

「楽しかったです。明日から頑張ろうと、意欲が湧きました!」
「頭が整理できてとても助かりました。
 明日からまた具体的な動きを始めることができそうです。」
など、感想をいただきました。

事務局にとっても、充実した情報と学びが得られた会となりました。


次回、K会場は5月12日(土)。
小野先生を迎えて「第3回特別支援を核とした学級づくりセミナー」を開催します。

札幌石狩の教え方セミナーも大詰めです。

まだお席ご用意できます。
ぜひご参加ください!


以下、報告です。


----------
J会場 例会体験 《TOSS石狩教育サークル体験講座》

1 日時:5月8日(火)夜間 19:00〜21:00

2 会場:札幌市厚別区民センター会議室B

3 内容

(1)レポート検討
 学級通信3つ、学校便り巻頭文交流
(2)実践レポート
 題材のアイディアと授業の流れを追試できる形で紹介
(3)実践交流
 事例検討、お悩み相談、レポートについてのQAなど

4 参加人数
(1)参加者  5名
(2)事務局  8名
(3)合計  13名

5 参加者の感想

「楽しかったです。明日から頑張ろうと、意欲が湧きました!」
「頭が整理できてとても助かりました。
 明日からまた具体的な動きを始めることができそうです。」
「内容が濃くてあっという間に時間が過ぎた。」
「とても勉強になった。」

など、感想をいただきました。


[PR]
# by tosshkd | 2018-05-09 00:06 | 【石狩】

【例会報告】第93回TOSS轍例会




■日時
平成30年5月2日(水)18:45~20:15

■場所
苫小牧市民活動センター 研修室B

■参加者 1名

■内容

1.読み合わせ

子供を動かす法則
四 指導方法を工夫して子供を動かす

2.レポート

サークル通信「轍」95号

その後は、学級通信を発行して帰宅。

来月は、6月16日(土)午後の予定


[PR]
# by tosshkd | 2018-05-02 22:58 | 【胆振・日高】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・4/27(金)夜間・特別支援学習会オプション講座

e0252129_09580202.jpg
TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー第9弾。
I会場《特別支援学習会オプション講座》を行いました。

大好評、NPO TOSS石狩主催「特別支援学習会」のオプション企画。
明日からすぐに取り組める、特別支援対応の基礎について学びました。

会場は厚別区民ホール。
連休直前の金曜日。夜間にも関わらず多くの先生方にご参加いただきました。


次回、J会場は5月8日(水)。
TOSS石狩教育サークルの《サークル体験講座》です。

セミナーとは一味違ったDEEPで最新の情報交流。
楽しく元気が出ること間違いなし。

こちらも、ぜひご参加ください!

以下、報告です。


----------
I会場 特別支援学習会《オプション講座》

1 日時:4月27日(金)夜間 18:30〜20:30

2 会場:札幌市厚別区民ホール

3 講座内容

【講座内容】
講座1 その場でビデオ解説!子役付き模擬授業
※しゃべり続ける子への対応
講座2 教室でもできるアセスメントの方法
講座3 教室でもできるソーシャルシンキングの方法
講座4 特別支援に役立つお助けツール
講座5 保護者との連携のポイント
講座6 個人懇談、保護者面談の組み立て方
講座7 支援員、サポーターとの連携のポイント
講座8 Q&A

4 参加人数
(1)参加者 24名
(2)事務局 11名
(3)合計  35名

5 感想(アンケートから)

☆小学校 男性
ソーシャルシンキングの内容を学んでみたいと思いました。支援の必要な子への対応の仕方を多く学んで、校内の先生方や支援員さんにも伝えていけるくらいになりたいと思います。保護者との連携も、信頼関係を築けるように、子どものいいところを褒めて、伝えて、改善等を共有していきたいと思いました。

☆小学校 7年目 女性
特にQ&Aが今の学校にいる子どもたちの実態に役立つ内容がいっぱいで、よかったです。教材の情報もすぐ使えそうなものばかりでありがたかったです。

☆小学校 20年目 女性
支援員さんの連携は知りたいポイントでしたので嬉しかったです。QAもズバリ答えて頂きスッキリしました!

☆小学校 女性
講座1と7「支援員、TTの役割について」の説明がすごく納得できました。よく、人によってはTTが邪魔になると言われる理由がよくわかりました。講座5ではいかに前向きになるような言葉を発信していけるかが大切なのかな?と感じました。ポジティブな言葉を発信できるためにはしっかりとアセスメントをし、その中でその子の良さをしっかり見ることだと思いました。講座6常にメモを取ることを忘れないようにします。

☆高等学校 12年目 男性
ABC行動分析の講座が面白かったです。練習をすることで自分のこととして考えます。行動に対して、先行条件がどれだけあるのかを書く作業を素早くできるかどうかは授業での対応につながるという高杉先生の言葉に納得しました。高杉先生のさりげないアセスメントから学びたいと思いました。一つの事象に対して、どれだけ可能性を考えられるか、そして状況に応じてそれをらを消していくという作業していこうと思いました。

☆中学校 男性
初めて参加しました。授業のテクニックやSSTの展開方法など大変参考になりました。また、絵カードなどの小物はすぐにでも取り入れたいツールだと思いました。とても刺激的な研修に参加させていただきありがとうございました。

☆小学校 34年目 男性
今年、5・6年の算数のお手伝いに入っています。支援員のようです。子どもの支援と担任の支援をしています。赤井先生の講座の内容を参考に、出すぎないように注意して、学級の雰囲気をよくしたいです。

☆小学校 21年目 男性
今日のソーシャルシンキングは、初めて知った内容で、とても興味があります。自分でも勉強してみようと思いました。

☆中学校 21年目 女性
前回の講座が終わってからとても心待ちにしていました。勉強していても、忘れてしまっていることがあり、講座を聞いて「そうだった、明日から実践しよう」と思えてすごく有意義な時間となりました。複数の先生の講座、斬新でした。

☆小学校 2年目 男性
ソーシャルシンキングについて自分も勉強したいと思いました。「期待される行動」を意識させられるように、どこかの場面で取り入れてみたいと思います。

☆小学校 12年目 女性
支援員さんのすばらしい対応術は、自分が合同でT2になったときの参考になる対応でした。ソーシャルシンキングの絵本の内容が、わかりやすいと思いました。道徳の授業で活用する方法がとても効果がありそうですね。道徳の時数が増えたので、是非実際に授業で取り入れてみたいと思います。今日もとても勉強になりました。

☆小学校 1年目 女性
なによりも、まずは、自分の行う授業を面白くしなければ、何も始まらないと実感しました。学校で子どもたちの過ごす時間のほとんどである授業をもっと工夫して、いろいろなテクニックも学んで取り入れていかなければいけないと思いました。アセスメントの説明を聞いて、私は、問題行動にばかり目がいって、原因は何かを考えることがあまりなかったなと反省しました。こういう子だから仕方ない、と思わずに、もっと授業を面白くできるようにして、ふさわしい行動を身につけさせていこうと思いました!

☆小学校 30年目 女性
低学年はずっと側にいてもらっても嬉しいのでまだ良いのですが、中学年くらいになると、子どもがイヤがります。高杉先生のようにサポーターさんにサポートの仕方を伝えられるといいなあと思いました。ソーシャルシンキングの本、買おうと思います!大人にも見せたいです。

☆小学校 17年目 女性
特別支援の児童の担任をしている中で、ソーシャルスキルを身につけさせることは、本当に難しいので、参考になりました。子どもの動きや障害をしっかりと見極め、対応方法を明確にして、個別の指導計画が必要だと思いました。特別支援の子が、ヒーローになれることも目指していきたいと思います。

[PR]
# by tosshkd | 2018-04-29 09:58 | 【石狩】

教え方セミナー登別外国語道徳会場

昨日、登別市で教え方セミナー外国語・道徳会場を開催しました。

この4月から移行処置機関に入り、

各地で実践が始まったことをテーマにしました。

たくさんの方が興味関心を持っていることが分かりました。

e0252129_23352515.jpg

日 時:201842213:0015:30

会 場:若草つどいセンター

テーマ:徹底対応!外国語&特別の教科 道徳の授業

内 容:

第1講座 楽しくテンポよくできる単語練習

第2講座 会話を中心に進める中学年外国語活動

第3講座 読む・書くも入れた高学年外国語科1時間授業のイメージ

第4講座 教科書を使った道徳授業 低学年

第5講座 教科書を使った道徳授業 中学年

第6講座 教科書を使った道徳授業 高学年

第7講座 Q&A

参加者:一 般11

    事務局 8

    合 計19

感 想:

1.今年度はTOSSに理解のある先生と学年を組むことができ、

  また一緒にこのセミナーにも参加できました。

  音楽、外国語、道徳をいずれも2学級合同で行い、

  今回の学びを授業で具体化するということを

  してみたいと思いました。

2.今日もセミナーを受けさせて頂いて、

  たくさんの感動がありました。ありがとうございます!!

3.小学校でかわった英語がどのように取り組まれているか

  わかり、良かったです。

  道徳授業もおもしろかったです。

  やっぱり楽しいなあと思いました。

4.すぐ役立つ内容でよかった。

5.帰宅したらすぐ教材研究しなくちゃ、

  と前向きな気持ちになりました。

6.道徳の低・中・高の模擬授業がよかったです。

  教科書を使った道徳の授業のイメージがもてました。

7.外国語の講座がとてもためになり、自分が授業をやる時の

  イメージをもつことができて良かったです。

  今、6年生を担任していて、今週から外国語の授業があるので

  「We Can」の使い方などを学べて良かったです。

  フラッシュカードの使い方も今まで気づかなかったことがあり、

  ためになりました。

  道徳もどのような授業を行っていけばよいのかイメージを

  もつことができて大変良かったです。

  やっぱり発問が大事だということ、教科書に書いてある発問ではなく

  自分で多様な解が生まれそうな発問をして、

  思考をゆさぶることが大事だとわかりました。

  国語とは違うので価値項目に迫る発問を考える必要が

  あることが改めてわかって良かったです。

8.Q&A、自分だけかな?と不安に思っていることも

  「みなさん同じなんだ」と安心しつつ、

  アドバイス頂けてほっとしました。

  また参加させてください。

9.英語や道徳などタイムリーな話題に触れていただき、

  本当にありがとうございました。

  特に英語専門でない先生方が

  一生懸命英語を使って授業されるお姿に感動しました。

  勉強になりました。

10.英語はとても楽しかったです。

  教科書を使った流れやテンポが具体的によくわかりました。

  道徳もおもしろかったです。

  つい夢中で考えてしまいました。

  発問の力を感じました。

  内容項目を考えさせる発問を考えることが

  ポイントかと思いました。

  資料も充実していてとてもありがたいです。

  講座の途中にしばしばおこる笑いが楽しくて、

  明るい雰囲気がとってもいいですね!


[PR]
# by tosshkd | 2018-04-23 23:35 | 【胆振・日高】

教え方セミナー登別音楽会場

昨日、登別市で教え方セミナー音楽会場を開催しました。

楽しい音楽実践をご紹介。

感覚を大事にしながら

楽しさを感じられる仕掛けを

模擬授業を通して実感していただきました。

e0252129_23272467.jpg

日 時:201842210:3012:00

会 場:若草つどいセンター

テーマ:誰でもできる音楽授業

内 容:

第1講座 リズム感とコミュニケーション能力を向上させるわらべうた遊び

第2講座 行事で使える合唱曲紹介

第3講座 基礎技能を定着させるリコーダー指導

第4講座 誰でも評価ができる鑑賞指導

第5講座 音楽Q&A

参加者:一 般 5

    事務局 6

    合 計11

感 想:

1.音楽の歌唱指導とリコーダーの指導が

  とっても勉強になりました。

  一文字目の口の形で息を吸うことと、

  「言葉の最後はソフトクリーム」を

  子供に伝えていきたいです。

2.音楽の講座では、授業を通して

  コミュニケーションの輪を広げ、

  笑顔になれる活動、

  とても勉強になりました。

3.今日もすばらしかったです。

  毎回、登別、室蘭、苫小牧まで足を伸ばすと

  必ずその労力以上のたくさんのすばらしい学びを

  得られるので、大満足で帰ることができます。


[PR]
# by tosshkd | 2018-04-23 23:27 | 【胆振・日高】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・4/21(土)午後・討論DEEP講座

e0252129_22295877.jpg

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー第8弾。
午後のH会場は《討論DEEP講座》でした。

会場は厚別南地区センター集会室。
テーマは《討論の授業づくり》に特化した講座でした。

討論の授業は「高段の芸」と言われます。
しかし、討論の授業は挑戦しなければ、いつまでも実現しません。

講座では模擬授業と日常指導、発問づくりについてご紹介しました
参加された先生方が何度も発言されるなど、
少ない人数ながら熱気のある2時間となりました。


次回、I会場は4月27日(金)。
NPO TOSS石狩が主催する「特別支援学習会」《オプション講座》となっています。

次回もご期待ください!

以下、報告です。


----------
H会場 討論のできるクラス&授業づくり 《DEEP講座》

1 日時:4月21日(土)午後 14:00〜16:30

2 会場:札幌市厚別南地区センター 集会室

3 講座内容

【講座内容】
講座1 書く力倍増 日記指導の極意
講座2 討論になる授業 3連発
     ①ノート指導のポイント「春」
     ②論点を絞る「おにたのぼうし」
     ③発問のポイント「一年生教材」
講座3 討論の授業へのステップ
講座4 どんな意見も認める 指名なし発表の裁き方
講座5 発言力を高める 日常の指導
講座6 討論の基礎体力作り 見開き100発問
講座7 Q&A

4 参加人数
(1)参加者  3名
(2)事務局  9名
(3)合計  12名

5 感想(アンケートから)

☆小学校 男性
アットホームな雰囲気のセミナーでよかったです。最近は、ワールドカフェのような話し合いの手法を使った授業をよく見かけますが、やっぱり、討論の授業は知的で面白いなあと思います。

☆小学校 16年目 男性
討論の授業をやってみたいと思うのですが、なかなかうまくいかないことがあります。今日のように討論に特化したセミナーはなかなかないので貴重な機会だったと思います。討論に至るまでの細かなステップを具体的な授業を通して示していただき楽しく学ぶことができました。早速、教室で取り入れてみようと思います。今日は参加して良かったです。

☆小学校 6年目 女性
4月から毎日、指名なし発表をやっています。去年は発表でゆずれず、怒る・泣く子がいたので、私が途中心が折れ、やめてしまいました。今年、その子も譲ることができるようになり、全員発表が今できています。今度は討論ができるように、頑張ろうと思いました。

[PR]
# by tosshkd | 2018-04-23 22:35 | 【石狩】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・4/21(土)午前・ALL高杉講座

e0252129_22240830.jpg
TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー第7弾。
4月21日(土)午前はG会場《ALL高杉プレミアム講座》でした。

会場は厚別区民センター会議室A。

TOSS石狩教育サークル代表 高杉祐之 氏のALL講座。
支援を必要とする児童へ対応する圧倒的な指導技量。
豊富な知見と実践の数々。
それらを2時間半、たっぷりと学びました。

事例検討では参加者のクラス事例について、
ミニ「ケース会議」のような形で検討を行いました。

「この部分からどのような原因が考えられますか?」
高杉先生の問いに参加者や事務局それぞれが分析し、交流。
その上で、高杉先生の詳細な解説と対応策の提示がありました。

自分なりの見解をもつからこそ、その後の解説がより一層頭に残る。
事例をご紹介いただいた先生からも
「来週からやることを決める参考になりました。」
と感想をいただきました。

面談スキルやコーディネーター通信など、すぐに自分の実践に活かせる内容も、参加された方から好評をいただきました。

以下、報告です。


----------
G会場 ALL高杉祐之 《プレミアム講座》

1 日時:4月21日(土)午前 10:00〜12:30

2 会場:札幌市厚別区民センター 会議室A

3 講座内容

【講座内容】
講座1 事例検討講座 ※公募2名
講座2 面談スキル≪ベーシック≫講座 ※模擬面談と介入
講座3 面談スキル≪アドバンス≫講座 ※模擬面談と介入
講座4 高杉コーディネーター通信 一挙紹介&解説
講座5 高杉学級騒動記
講座6 高杉祐之の≪最新≫教師修行 紹介
講座7 聞きまくる30分 Q&A講座

4 参加人数
(1)参加者 10名
(2)事務局  9名
(3)合計  19名

5 感想(アンケートから)

☆小学校 31年目 男性
いずれの講座も目から鱗の落ちる話ばかりでした。高杉先生の最近のお話は、TOSSのセミナーでさえ、他ではお聞きすることのできないOnly Oneのプログラムになっているように思います。

☆小学校 7年目 男性
本日は、高杉先生の面談スキルやコーディネーター通信など、特別支援に関することが学べて大変いい機会になりました。来週からの家庭訪問で生かしていきたいと思います。

☆幼稚園 3年目 女性
面談や事例の検討など、職場でもいかせていけると思うので、しっかりと役立てていこうと思います。

☆小学校 5年目 男性
自分の指導している子どものことについて解説していただき、来週からやることを決める参考になりました。修業の「読む」を特にこれからやっていきたいです。子どもへの指導を考えていくためには知識や理論がもっと必要です。そのためにも「読む」ことをやっていきます。

☆小学校 1年目 男性
今後の子どもの支援に使っていけるようにしていきます。通信に書いてあることをさらに理解を深めていきたいです。

☆養護学校 6年目 男性
コーディネーター通信、良かったです。さっそく校内の学習サークルメンバーに還元しようと思います。

[PR]
# by tosshkd | 2018-04-23 22:26 | 【石狩】

教師力向上教え方セミナーIN空知

e0252129_12233149.jpg
TOSS空知の大沼靖治です。

本日北海道 空知地区 

最後のの教え方セミナーを岩見沢市で開催しました。

来年もセミナーの開催を切望しています!という感想をいただきました。

以下報告します。

①テーマ・会場名
テーマ 
「まったなし!道徳・英語の授業のポイント、残業をなくす仕事術、学級で発生する問題を予防するための教師の学び 」
会場
4月21日(土)岩見沢市生涯学習センターいわなび
②講座内容
  13:20~ 第1講座 特別な教科 道徳 指導のポイントはこれだ 
  13:55~ 第2講座 英語授業の基礎基本
  14:30~ 第3講座 英会話最先端セミナーから
  15:05~ 第4講座 残業をなくす仕事術の工夫
  15:40~ 第5講座 学級で発生する問題を予防するための教師の学び
  16:10~16:20 Q&A
③参加人数
     1)参加者 9名
     2)事務局 6名
     3)合計  15名
④アンケートに書かれた内容
・今年四年生を担任していますが、外国語活動を指導するのが久しぶりなので大変参考になりました。繰り返しにリズムをつけて言い回しをテンポよく言えるよう授業づくりを考えていきたいです。残業については・・・できることから早速月曜日からやっていきます!!
・特に英語セミナーを模擬的に行っていただいた授業では、ムダな言葉が一切なく、ここまで削れるのかと驚きました。
残業してしまう部分があります。すぐやる。短期記憶がたまり授業で頭が働かなくいも少々ありました。すぐやる。頭をクリアにするも大事ですね。
・ありがとうございました。おつかれさまでした。
・サークルのオリジナリティが増してきたなと感じました。
・特別支援担当でなかなか英語や道徳の授業ができませんが、大変参考になりました。予防支援、大変わかりやすかったです。どなる指導しかできない人もいるので学校統一してスキルを身につけさせるという考え方に賛成です。
・楽しい話も聞きながら学ぶことができて勉強になりました。ありがとうございました。
・道徳の教材紹介と取扱いのノウハウ提示がためになりました。多様なパターンを会得し使いこなすことが大事だなと思いました。
・英語授業は苦手なので実技を通してとてもいいトレーニングになりました。反射神経の良さが求められると感じました。吉川先生には心よりお疲れ様、ありがとうございましたと伝えたいです。これで英語指導のバリェーションを増やすことができそうです。
・仕事術「今できることをその場でやる」ができていないと自省しました。理論に裏付けられた仕事術。勉強になりました。
・知らない情報が盛りだくさん「なるほど!納得」でした。「予防」の大切さとその手法が大きな収穫となりました。
・道徳の授業スタイルが画一的な指導法にさせられる可能性がある中でTOSS型を広めたいと思いました。吉岡先生、いつもさわやかで勉強になります。ありがとうございます。
・TOSS型英会話、本当に楽しいです。一人で授業できる力を身に着けたいと思いました。壁は高いですが楽しく真剣に勉強しなくてはならないと思いました。ありがとうございます。
・すごくためになりました。次回もよろしくお願いします。プリントももらえてありがたかったです。勉強します。
・とても具体的で納得することばかりでした。脳が大きく関係しているのですね。頑張ります。
・気になる子、気になる職員、すべてを抱え込んでしまっていました。負のエネルギーを多く使っていたことが分かりました。あいrがとうございます。巻き込んで指導できる力を身につけたいと思いました。
・来年もセミナーの開催を切望しています!よろしくお願いいたします。

[PR]
# by tosshkd | 2018-04-22 12:24

教え方セミナーinオホーツク・教員採用試験会場終了!!

オホーツクの上田です。


教え方セミナーを開催しましたので報告いたします。


テーマ:教員採用試験

会場:網走市潮見コミュニティーセンター

日時:4月21日(水)14:00~16:00


②講座内容

講座1 戦い􏰀すでに始まっている!自己推薦書対策講座

講座2 忙しい中で結果を出す!採用試験1次突破へ􏰁道

講座3 教師に必要な力No1!模擬授業&教育実習対策講座

講座4 やんちゃ生徒􏰁上手をいく!反抗する子どもへ􏰁対応

講座5 些細なことが大差を生む!!現場で使える教師術

講座6 あなた􏰁思いを伝える!面接試験突破􏰁コツ

講座7 Q&A講座


③参加人数

 1)参加者 6名

 2)事務局 2名

 3)合計  8名


④アンケートに書かれた内容


教師1年目・男性

試験も授業でもとても参考になりました。

今後もこのような研修があれば参加したいです。


教師2年目・男性

何度聞いてもためになる講座でした。勉強を頑張ろうと思えました。また参加します。


教師2年目・女性

勉強になりました。ありがとうございました。


教師2年目・男性

採用試験対策から職場対策まで、幅広く話を聞けてとても勉強になりました。ありがとうございました。


[PR]
# by tosshkd | 2018-04-22 07:51 | 【オホーツク(網走)】

TOSSとびら第155回例会

e0252129_07133807.jpg
TOSSとびらの小西亮人です。
昨日の例会報告です。
教え方セミナーサークル体験会場も兼ねて行いました。

期日:平成30年4月20日(金)18:30~20:30

場所:日高町立日高小学校6年生教室

参加者:3名 

内容:
1.『新版 子供を動かす法則』読み合わせ
「教える」「育てる」「養う」こと。
自分の考えを軸に据えることで初めて有益な意見が生きてくる。
先人の知恵⇔自分の考え⇔経験
これが結びついた時に、「知」となるのではないか。

2.2年算数授業相談
 「時刻と時間」
スモールステップでの授業を紹介。
また、時計については単元の数時間だけでの定着は難しい。
毎日の生活や、算数の授業開始1分などで積み重ねていく。

3.学級通信Bright! Challenge27
5年生の学級通信。
PTAの役員の説明がとてもいい。
事情があり、出すたびに英訳せねばならないので、かなり大変。
それでも12号まで出している。

4.学級通信とびら
6年生の学級通信。
紫前先生と同じく12号。
黄金の3日間、その後の1週間に重点をおいたことを書いた。

5.模擬授業 一画足して漢字を作る
人、大など簡単なもので体感し、その後一気に。
子供が熱中する授業。
参観日で行ったものをそのまま公開。

6.話す聞くスキルの使い方(全員)
ユースウェアをの学習。
実際に模擬授業しながら。
群読のバリエーションが広がった。
また、群読に慣れている場合と初めて群読する場合の両方を行ったことで、幅ができた。
やはり、引き出しが多い方がいい。

7.あかねこ漢字スキルの使い方(全員)
1日目と2日目。
3日目のテスト練習。
そしてテスト。
まずはベーシックに。
指書き・なぞり書き・写し書き。
テストの練習ページの使い方。
テストの仕方。
裏面の使い方。
2回目テストの仕方。
漢字の缶詰やシールを使った時間調整。
すべて「セット」だ。

個に応じた応用編もあるが、まずはベーシックを身に付ける。


8.フラッシュカード演習(全員)
今回は、地図記号。
2回、1回、0回の基本から。
裏面をどう使うか。
1時間目、2時間目、3時間目・・・・とどう進化させるか。
カードの変え時はいつごろかなど。


終了後、近くの焼肉屋で懇親会。
安くて美味しい焼肉屋さん。

次回例会は、5月20日(日)14:00~16:00
門別公民館にて行います。

※セミナーと重なってしまいましたが、小西がこの日しか時間がとれないため・・・。
すみません。

[PR]
# by tosshkd | 2018-04-21 07:15 | 【胆振・日高】

【教え方セミナー報告】別海・4月14日・知的学級集団づくりへの道

e0252129_07310752.jpg
e0252129_07310297.jpg
1  会場 知的学級集団づくりへの道・別海交流館ぷらと
2  内容
    1「学級経営はカフェ経営である」
    2「学校力か教師力か」
     3「学級経営は目線である」
     4「学級経営は手順である」
    5 模擬授業「命愛しむ」

     ※講師は全て青坂信司氏

3  参加人数
     1)6名
     2)5名
     3)11名

4  アンケート
  
   1.「目線はプレゼントである」という言葉をこれから毎日心がけたりと思います。向山先生や青坂先生の魔法のイスのエピソードですごくわかりました。「学校経営は手順である」も勉強になりました。「教えて練習して強化する」の流れでしっかりできるんですね。具体的な場面で考えたので,よくわかりました。生活場面の指導大切なので,お話が聞けてよかったです。明日からやります。カフェの例から,学校経営の大切なことを聞いて,自分には,居心地の良い空間を作る意識が弱かったので,明日は参観日で出勤ですので早く行って居心地よくしたいと思います。青坂先生は,お話の描写がすごくて,目に浮かびます。私も少しでも近づけるよう,頑張って行きたいと思います。今日,来て本当に良かったです。本も楽しみです。またよろしくお願いします。

2.ずっとオホーツクサークルで青坂先生から繰り返し教えられて来たことだったと思います。でも,どれも初めて聞いたように新鮮でした。青坂先生がずっと取り組まれて来たことやサークルで教えて来たことが,最新の研究で証明され,裏付けがされた(『最高の学級経営』誌)のが驚き出し,ずっとオホーツクで学んで来てよかったと思いました。最近,サークルに参加できないことが多く,ずっと忘れていた感覚が蘇って来ました。すごく懐かしかったです。週末のサークルでたくさん脳を動かして,元気をもらって,また,学校生活を楽しく過ごす,という日々を思い出し,「やっぱりサークルっていいなあ。」って思いました。今日も参加できるかギリギリでしたが,参加できてよかったです。もっともっと青坂先生から学ばせていただきたいです。ありがとうございました。

3.学級経営は目線である,学級経営は手段である。TOSSで学んで,わかっているつもりでいましたが,全く別の方向からアプローチしてもらいました。4月,新しいクラスをもって一週間,私はずいぶん雑にやっているなぁ〜と反省しました。また月曜日から 教える→練習する→強化する の手順で仕切り直したいと思いました。目線はプレゼント。自分は管理する目線だったかなぁ・・・とこちらも反省です。最後の”命愛しむ”の道徳もとーってもよかったです。もっともっと若い先生たちにも伝えたい事が田草なりました。ぜひ青坂先生のお話を若い先生たちに聞いてほしいと思いました。ありがとうございました。

4.本日はありがとうございました。「システムでなくて,手順」という言葉は,大きの教師の共感を得られると思います。パクらせてください!教える・練習強化・褒めるのサイクルすごいなと思います。子供が荒れるのは,指示の一貫性のなさとはずっと思っていましたが。それを防ぐためにも,このサイクルは安定してかつ,いろんな広がりのある実践だと思います。講座も,この手順で進められていました!
命いとしむ  さんでるの正義の話をしよう的な導入から惹きつけられました。議論のある道徳授業,いいいと思います。調査官も「難しくて答えの出ない問題を真剣に考えるって大事だよね」っていう授業があっていい,そういうのが大事だと言っていました。根室に面白い奴がいます。飲み会,家でよければ止まる部屋を用意しますので,ぜひミニサークルを,と思っています。

5.目線のお話を聞いて今担任している子達の何人か目が行き届いていないと思いながら聞かせていただきました。練習という視点を持っていませんでした。子供達の動きが変わると思いました。学級でできることをやっていこうと思います。道徳の授業は考えさせられました。青坂先生の最後の授業ということで感慨深いです。

6.習得のための手順。あるいは,学級経営や生活指導の手順。とても勉強になりました。適時適切な指導を入れることの大切さがわかりました。すぐ実践します。教えて練習させて,強化する。覚えておきます。「手順が安定すると学級が安定する」「学級経営はカフェである」「目線はプレゼント」わかりやすくて,奥深いフレーズです。市教研,学級経営サークルで使わせていただきます。「塩狩峠」子供の頃に映画を見ました。子供心に何か釈然としない気持ちになりました。「教育の素晴らしさと恐ろしさ」改めて実感しました。なんとなく,木嶋カナエさんのことを連想しました。やはり青坂先生の道徳はモラルジレンマなのだなぁ・・・と思いました。素晴らしい模擬授業でした。やり残した一本の講座,またの機会を楽しみにしています。第2弾をぜひお願いします。ステキな本,ありがとうございました。色々あって,鬱になってましたが,今日のセミナーで天気が出ました。ありがとうございました。

7.学級経営の極意,若い先生たちにぜひとも聞いてほしい内容でした。いきなり,カフェが出て来たとき,ある程度想像はついたのですが,それが教師力ー目線ー手順と深化していきました。この分化されたところに青坂先生のこれまでの学びの暑さを感じざるを得ません。やはり,峰は高いです!!練習は「すぐ」という感覚は意識してなかったです。青坂先生に言われて,戸惑ったり,考え込むところが自分の実践の低さの表れだとおもいます。指導ー練習ー深化,これから意識して実践を深めていこうと考えました。「命を愛しむ」考えさせられました。やはり私は,どうあろうとやらないよりやったほうが良いという気持ちは同じで後悔はどちらにもついてくると思います。命どうのこうのとなると,子供達は軍と考えます。でもきれいごとで怒る,ここが難しいと思います。島秋人さんのことを考えると,やはり考えさせられますが,加害者に同情しては,被害者のこれからを考えると,ムリです。「罪」という事実で行かないと,どんなことも過去のことを持ち出して流されると思います。でも「教師」として考えると,教師の姿勢も改めないと襟を正すことだと強く思いました。教師
の言葉,大切です。青坂先生の講座は本当に身にしみます。これからの実践に深みが出るように精進します。

8.今日はありがとうございました。教師になって22年目,TOSSで学び出して18年です。学級経営について,特に4月の学級づくりについては,何度も繰り返す学び,本も読み,勉強して来たつもりでしたTOSSデーで講座を持ったりもしました。今日は本当は新卒の若い同僚を連れてくる予定でした。(空振りでしたが)「私はもう,いっぱい学んだから,次は初めての人を・・・」と,ベテランぶって連れてくる気持ちでした。それなのに!やはりメモをとる手が止まラズ・・・今日も新しい学びでいっぱいでした。教室はcafeである,目線はプレゼントである,叱る代わりに手順を練習させる,全てふに落ちました。とても新鮮な学びでした。なぜよくわかったのかというと,青坂先生の経験から出て来た原則を青坂先生の言葉で教えてくださったからだと思います。本に書いていることではなく,誰かが言っていたことでもなく,オリジナルの教えだけに,心に響きました。

9.本日はありがとうございました。学級経営の話は,当たり前のことだとは思いながら,深く考えず,指導してしまっていたかなと思いました。毎年,学級経営を始める前にこのようなことを話していただくことは自分のすることを考え深めて行くのに勉強になりました。そして,「こうすればうまく行くのではないか。」と前向きのイメージを持つことができ,もう一度学級を持ちたかったと思いました。今日のお話は,自分のしたことへの戒め(?)もちろん青坂先生は,そんなおつもりはないと思いますが・・・。昔から青坂先生先生のお話を伺うと,何より反省させられたり,勉強になったりしました。
退職後にまで,このような機会に恵まれたこと・・・まさにひととのつながりを感じました。まさに,自分にとっての”ひととのつながり”を感じました。ありがとうございました。

10.学級経営は,自分が思っていたより,もっともっと奥深いと感じました。手順は,教えて→練習して→強化する!
子供達にどう練習させるか?そこがうまくできるかどうかで教師の仕事の楽さが全然違ってくるな,と思いました。今日,青坂先生の講座でちょびっとだけイメージが湧きました。真剣に考えなきゃダメですね。
「命愛しむ」の授業,島秋人の人生の話は,教師であることがすごく恐ろしくなりました。子どもたちと接する一瞬一瞬を大事にしたいと思いました。本日は,ありがとうございました。また,ぜひ,講座してください。


[PR]
# by tosshkd | 2018-04-15 07:31 | 【釧路・根室】

第6回北海道横断教師力向上教え方セミナーIN日高門別

e0252129_18242451.jpg

TOSSとびら・NPO法人Let'sKidsうとねっとの小西亮人です。
本日の教え方セミナー北海道日高門別会場の報告です。
参加者の方もミニ模擬授業をし、体感しながらの講座でした。
小人数ですが、明るく和やかな雰囲気で、楽しく学びました。
----------
日高門別会場 4・5月の学級経営のポイント

1 日時:4月14日(土)午後 13:30〜16:00

2 会場:日高町門別公民館 第3研修室
 
3 講座内容

13:30〜13:50 講座1 褒め方には段階がある!4・5月の褒めポイント
13:50〜14:10 講座2 学級組織を機能させるポイント
14:10〜14:30 講座3 学級をまとめる初期段階の重点
(休憩10分)
14:40〜15:00 講座4 今が大事!ノート指導のコツ
15:00〜15:20 講座5 今が大事!学習規律を浸透させるコツ
15:20~15:40 講座6 発言力を鍛える!今からやっておくこと
15:40~16:00 講座7 Q&A茶話会

4 参加人数
(1)参加者 2名
(2)事務局 3名
(3)合計   5名

5 感想(アンケートから)

☆小学校 15年目 女性
どうもありがとうございました。久しぶりの参加になりました。しつこく指導しないとだめなんだなあと思いました。具体的なお話が聞けるので、やっぱりTOSSは勉強になります。
☆小学校 2年目 男性
演習や模擬授業があって、とても楽しく学ぶことができましあ。4月のこの時期だからこそ役立つことが多くて、明日からぜひ頑張ろうという意欲が高まりました。褒めるときは、しつこくあきらめずにやってみたいと思います。


[PR]
# by tosshkd | 2018-04-14 18:27 | 【胆振・日高】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・4/7(土)午後・教師の対応講座

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー第6弾。
午後のF会場は《教師の対応講座》でした。
e0252129_21531861.jpg
午前に続き厚別区民センター会議室が会場です。

今回は「対応の演習」をテーマにした講座でした。
いざ子どもを目の前にした時、咄嗟に対応できるのが技能です。
そうなるためには方法を知るだけでなく、練習も必要です。

今回の講座では、実際の指導場面を模擬対応で体験できるようにしました。
参加者の方もグループに別れ、実演や相談など積極的に加わっていただきました。

一緒に学ぶ先生がいるからこそ、演習が可能となります。
事務局にとっても大変貴重な機会となりました。

次回、GH会場は4月21日(土)。
サークル代表高杉先生の「ALL講座」と「DEEP討論」の講座です。

次回もご期待ください!

以下、報告です。


----------
F会場 子どもの成長を左右する 《教師の対応講座》

1 日時:4月7日(土)午後 14:00〜16:30

2 会場:札幌市厚別区民センター 会議室A

3 講座内容

講座1 やってはいけないNG対応 5つ
講座2 端的な言葉が子どもを動かす 削る演習
講座3 一時に一事は万能な原則
講座4 叱らなくても子どもは動く
   ①叱るな!チェックしよう ②叱るな!教えよう ③叱るな!点数を付けよう
講座5 技術習得講座 喧嘩両成敗
講座6 技術習得講座 セロトニン5
講座7 Q&A

4 参加人数
(1)参加者  8名
(2)事務局  6名
(3)合計  14名

5 感想(アンケートから)

☆小学校 女性 8年目
一時に一事をなるべく意識できるようにしているつもりでしたが(できていないことの方が多いですが…)、今度は「短く」も意識していこうと思いました。「こんなに短くていいんだ!」と驚きました。子どものトラブル対処は必ずありますが、「これでいいのかな…」と不安もありながらだったので、今回の具体例をお聞きし、前向きな気持ちになりました。

☆小学校 男性
NG対応の講座で、自分の授業の映像を持ってきたところが、すごいなあと思いました。喧嘩両成敗のやり方、小野先生のセミナーで体験していたはずが、だいぶ忘れていたなあと反省、自分のものにするには何度も練習しないとならないのだなあとあらためて感じました。

☆聾学校 女性 1年目
実践や話し合いが多く、他の先生と意見を共有できたことが大変勉強になりました。

☆幼稚園 女性 3年目
普段、よく、戦いごっこの延長線でよく、お互いにヒートアップしてしまって、そのテンションで話を聞いていたので、落ち着かせるためにも声の大きさに気をつけて話をさせるのは、いい方法だと感じました。

☆小学校 男性 31年目
在田先生の講座、すごいと思いました(講座2)。ご自分と子どもたちとのダメだった動画を観させていただいたのは、恐らく初めてです。普通は隠しておきたい場面をあえて講座で正直に公開する在田先生の姿勢に感動してしまいました。

☆小学校 女性 1年目
“叱らなくても子どもは動く”の講座の話を聞いて、すぐ実践しようと思いました。私は、叱っても怖くないため、できるだけ叱りたくないです。何か問題行動している子を対象にしなくても、反対にできている子どもをほめることで、できていない子どもを動かすことができているんだとわかりました。学級経営に生かそうと思いました。

☆小学校 男性 8年目
実際に体験することで、体にその技術が入っていく感覚がありました。技術習得講座は、とてもよいと思いました。また、子どもの立場でも受けられるので、子どもの気持ちがよくわかりました。

[PR]
# by tosshkd | 2018-04-07 21:55 | 【石狩】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・4/7(土)午前・授業スキル講座

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー第5弾。
4月7日(土)の午前はE会場《授業スキル講座》でした。
e0252129_21454929.jpg
会場は場所を戻して、厚別区民センター。
直前まで参加申し込みがありました。

たくさんの方にご参加いただき、会場が狭く感じられるほど。
模擬授業やクラス映像を通して、授業の基本スキルを学びました。

見開き2ページまとめの講座が特に好評でした。
子どもの「実物ノート」コーナーでは多くの方が熱心に見入っていました。

以下、報告です。

----------
E会場 これができれば授業の6割は大丈夫 《授業スキル講座》

1 日時:4月7日(土)午前 10:00〜12:30

2 会場:札幌市厚別区民センター 会議室A

3 講座内容

講座1 楽しい音読タイム バリエーション10
講座2 教科書を使えば誰でもできる「説明」の授業
講座3 指名なし発表で発言力を鍛える
講座4 子どもが熱中する見開き2ページノートまとめ
講座5 テキストを使った楽しい授業
   ①郵便テキスト ②くすりテキスト ③献血テキスト
講座6 参観日にお勧め 国語の授業
   ①うとてとこ ②春のうた ③漢字文化の授業
講座7 クラスが盛り上がる 学習ゲーム紹介
講座8 Q&A

4 参加人数
(1)参加者 14名
(2)事務局  8名
(3)合計  22名

5 感想(アンケートから)

☆小学校 男性 26年目
早速、新学期から使える内容が盛りだくさんでした。学校の若い先生達にも、教えてあげたいです。特に「春のうた」の「くも」の逆転現象が良かったです。3つの「新しい授業」では、こんなことも授業になるんだなあと思いました。

☆小学校 女性 26年目
忙しい中、楽しい授業の準備ありがとうございました。特に今年はノート作りを丁寧に見てあげようと思いました。また勉強に来ます。

☆小学校 男性 6年目
今回の講座を受講して、4月初めに、授業が楽しいと思ってもらえる進め方、どの子も参加できる授業の進め方を教えていただき、これから授業する際の参考になりました!また、ぜひ参加させていただきたいと思っています。

☆幼稚園 女性 3年目
子どもたちが実際に書いたノートを見させていただき、とても勉強になりました。自分たちの力で集中して取り組むことで学習したいという意欲にもつながると思うので、活かしていきたいです。

☆小学校 男性 31年目
いずれも知的で楽しい講座内容でした。また、学校に戻って同僚に紹介したい授業ばかりでした。今回、特に良かったのは、加嶋先生の実物ノートの紹介でした。ノートを拝見しながら、指導の細部まで質問させていただけるのは、今年度のニーズにぴったり合っていました。

☆小学校 女性 8年目
子どもが集中して楽しめる授業を、という思いはあるものの、毎回その工夫を考えるのは大変で…今回、様々な授業のアイディアを知ることができてよかったです。自分の授業で実践してみたいと思います。

☆聾学校 女性 1年目
授業の方法について、様々な形を知ることができ、大変勉強になりました。クラスで盛り上がる、面白い授業内容ばかりで、ぜひ活用していきたいと感じました。

☆小学校 女性 4年目
「うとてとこ」という詩を初めて知りました。興味をひかれるし、子どもが次の予想をたてられたり、自分で最後の文を考えられるのは面白いです。また、講座6の春のうた、クモだと思いませんでした。
知らずにいたら、こんなふうに授業ができないので、ぜひやってみたいなぁと思いました。他の詩についても教材研究をしっかりしなきゃなぁと思いました。実際にすぐ使えるような授業のネタを今日もたくさん教えていただき、やる気もアップしました。まだまだ知らないことがたくさんあるなと実感しました。

☆小学校 女性 15年目
どれも「楽しい!」「へえ!」と思う講座でしたので、(しかも新学期すぐにできそう)よかったです。この時期にありがたい講座でした。

☆小学校 女性 1年目
来週から実際に授業が始まるので、具体的な授業で使える技をたくさん知ることができました。一つでも多くの技を覚えて使いこなせるようになりたいです。「うとてとこ」や「春のうた」など、教科書の教材を深く調べて、教科書には直接書かれていないようなことに触れた授業は、大人でも興味を引くおもしろいものだったので、たくさん教材研究をしたいと思いました。

☆小学校 女性 3年目
算数の「説明」の授業となると最初から子どもたちに考えさせていました。きちんと型を示して、やると良いということが大変参考になりました。

☆小学校 男性 19年目
新学期明け早々のこの時期に、このようなセミナーを開いていただき、大変ありがたいです。月曜日からまた頑張ろうという元気をもらうことができました。新学期からは、6年生の担任なので、指名なし発表や見開き2ページのノートまとめなどを自分のクラスでもぜひ取り組んでみたいと思います。漢字ビンゴなどの学習ゲーム、とても楽しかったです。ぜひ今度クラスでやってみたいと思います。

☆小学校 女性 6年目
こういういつでも使えるネタなど、なかなか知る機会は多くないので、すごく有難いです。

[PR]
# by tosshkd | 2018-04-07 21:46 | 【石狩】

【例会報告】TOSSシグナス18年4月例会

先日行った第198回例会の報告です。

■TOSSシグナス
 2018年4月4日(水) 19:00~20:55
 苫小牧市民活動センター

■内容

 1.黄金の三日間レポート検討

 (1)(A4 5枚)
    ~どんなクラスにしたいか、ゴールのイメージを明確に、
     各教科での方針をしっかり立て、学級の組織を作っている。
     多くの人に参考にしてもらいたいレポート。

 (2)(A4 11枚)
   ①黄金の三日間
   ②学級通信2号分(+過去の通信も)
   ③時間割
   ④2018年タイムライン
    ~3日間の予定を時系列で示しているのが分かりやすい。
     また、タイムラインを作ることによって、
     1年間の見通しをもって取り組める。

 (3)(A4 12枚)
   ①黄金の三日間
   ②6学年 年度始めの学年会議
   ③1年生の朝のお世話について
   ④春休みチェックリスト
   ⑤給食当番の仕事掲示
   ⑥教室掃除の仕事の手順掲示
   ⑦外国語活動室等の仕事の手順掲示
    ~持ち上がりの6年生担任。
     前の学年のシステムを残しながら、新しいことに対応する。

 2.レポート検討
 (1)(A4 4枚) 学級懇談会資料
    ~涙、涙の最後の懇談会。
     子供達の成長の跡がうかがえます。

 (2)(A4 1枚) 学年通信
    ~シンプルで見やすく、必要な情報が盛り込まれた紙面構成。

 (3)(A4 6枚)
   ①「お話を、そうぞうしながら読もう」学習計画
   ②「音読はっぴょう会をしよう」学習計画
    ~校内研究に即した学習計画。
     リーダーが率先して取り組む姿勢がすばらしい!

 (4)(A4 3枚) 日案
    ~毎日の計画。システムがすごい!
     ノート1冊にまとめる情報活用が秀逸。
     質問攻め。
  
 (5)(A4 3枚) 外国語活動推進通信1~3
    ~新しいポジションのお仕事。
     外国語活動に関わる様々な情報提供を行う。

 (6)(A4 1枚) ALT活用カレンダー
    ~校務分掌のお仕事。

 (7)(A4 1枚) 田上流「仕事術6ヶ条」
    ~教え方セミナーの資料。 
     定時退勤のできる仕事術について。

 (8)(A4 1枚) 新学期準備をスムーズに進める仕事術
    ~教え方セミナーの資料。
     3月中にすること、4月に入ってすることのポイントを紹介。

 (9)(A4 1枚) 田上学級奮闘記
    ~教え方セミナーの資料。
     特別支援を要する子への様々な原理原則をまとめたもの。

(10)(A4 1枚) 短い時間で最大限の効果をあげる授業づくり
    ~教え方セミナーの資料。
     教材研究の時間が短くても、すぐに授業ができるポイントを紹介。

(11)(A4 2枚) 国語エース
    ~松崎先生のチームのお仕事。
     「海、売ります」の問題。

(12)(B4 7枚) 和の国・日本
    ~北陸中央事務局ライセンスで受検した、A表の指導案。
     二段に昇段。

その他、
「小学校に入るまでにできてほしいこと」、
保護者会資料 向山洋一が提唱する「向山式 ペアレンティングスキル10」
郵便テキスト・セミナーチラシ
ALL北海道教え方セミナーチラシ
第3期教育振興基本計画について(答申)
小学校プログラミング教育の手引き など

 次回例会は、2018年5月11日(金)に行う予定です。
 参加希望の方は、田上までご連絡を!

[PR]
# by tosshkd | 2018-04-07 00:00 | 【胆振・日高】

【報告】TOSS石狩教育サークル 黄金の三日間例会をしました。

e0252129_23044941.jpg
新年度を万全に向かえるため、
「黄金の三日間例会」をしました。
1年間の学級経営を決める大切な春休み。
新採用や胆振や日高の方など、
合計18名の皆様にご参加いただきました。

今回は、例会の様子を動画にしました。
例会開始から高杉先生のレポート検討の様子まで、
一部をホームページで公開します。
ぜひ、春休み中の視聴をお勧めします。
ご自身の「黄金の三日間計画の作成」の参考になれば幸いです。

動画はホームページより
TOSS石狩教育サークル ホームページ

------
TOSS石狩教育サークル 黄金の三日間例会

日時:2018年4月3日(火)18時〜21時

場所:北広島市花ホール 会議室

参加者
サークル員 11名
見学 6名
学生 1名
計 18名

内容
1 教え方セミナー講座検討
2 小野セミナー内容検討
3 模擬授業
4 黄金の三日間レポート検討(所信表明、日記、当番システム、席替えなど)


[PR]
# by tosshkd | 2018-04-03 23:05 | 【石狩】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・3/31(土)・仕組みづくり講座

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー第4弾。
D会場は《仕組みづくり講座》でした。

午前C会場に続き白石区民センターで実施しました。
e0252129_20105614.jpg
子どもが生き生きと活動し、褒める場面がたくさん生まれる学級づくり。
そのためには、子どもを動かす仕組みが必要です。

一年間の学級の仕組みをどのように設計するか。
そのうちやろう・・・ではなく、4月の最初に一気に仕組みを作る。

当番や係活動、仲間づくりなど一つ一つの場面に分け、
具体的な設計の方法を学級の映像を交えてご紹介しました。

4月の新学期準備に活かせる内容が満載でした。

具体的な仕組みづくりが知れるということで、
当日申し込みも含めて、たくさんの方の参加がありました。

次回、EF会場は4月7日(土)。
「授業スキル」と「対応スキル」に特化した講座です。

こちらもご期待ください!

以下、報告です。


----------
D会場 学級を安定させる 《仕組みづくり講座》

1 日時:3月31日(土)午後 14:00〜16:30

2 会場:札幌市白石区民センター 視聴覚室

3 講座内容

14:00〜14:10 講座1 新学期までの準備チェックリスト
14:10〜14:25 講座2 みんなが満足する給食のシステム
14:25〜14:40 講座3 子どもがどんどん動く 掃除時間のコーディネート
14:40〜14:50 講座4 子どもも教師も快適な教室を作ろう
14:50〜15:00 講座5 最初に子どもに決意を語ろう
(休憩10分)
15:10〜15:20 講座6 係活動で子どものやる気を引き出す
15:20〜15:30 講座7 指導は集団を味方に付けて行う
15:30〜15:45 講座8 子どもの仲が良くなる秘密兵器 百人一首
15:45〜16:00 講座9 趣意説明で子どもをやる気にさせる
(休憩10分)
16:10〜16:30 講座10 Q&A

4 参加人数
(1)参加者 14名
(2)事務局  7名
(3)合計  21名

5 感想(アンケートから)

☆小学校 1年目 女性
黄金の3日間がとても大切だとは知っていましたが、具体的にどうしていいのか分からない部分がたくさんあり、不安だったので、イメージをもつことができてとても勉強になりました。所信表明の場面を実際に見る機会はなかなかないのでとても参考になりました。自分も伝えたいことをしぼって練習をしっかりしようと思いました。また、自分は講座7のような指導の場面うまく作ることができなかったので、具体的に知ることができてよかったです。講師の方々のお話を聞いて意欲を高めることができました。

☆小学校 8年目 男性
どの講座も、大変勉強になりました。特に高杉先生の「詰め」の仕方、目からウロコでした。ちょっとした距離の違いで、こんなにも効果が違うんですね。一つ一つ行為を考えさせられます。今年は、距離も意識した対応していきます。身に付けられるように努力致します。本日は、後輩と一緒に来ました。後輩もものすごく刺激を受けていました。どんどん広めていきたいと思います。

☆小学校 男性
高杉先生の講座が最もためになりました。教室の様子を動画で見られたのもよかったです。

☆小学校 31年目 男性
毎年これらのセミナーに参加させていただくことで、年度始めの確認とモチベーションを上げることにつながっています。いずれの講座も大変よかったです。特に、在田先生の所信表明が貴重でありがたかったです。この部分をこれだけたっぷりまとめてお聞きできる機会はこれまでありませんでした。〈目線(本当にちゃんと合わせますね)〉〈笑顔と厳しい表情の使い分け〉〈強調したい局面で立ち位置を変えること〉〈語気を変えることで集中を促すこと〉〈一文が短いこと〉他にもまだあることと思います。素晴らしかったです。

☆中学校 1年目 女性
私は中学校教諭4月から2年目で初担任になるのですが、今日の講座でやらなければならないことが明確になったので、本当に来て良かったなと思いました。いろいろマネさせていただきます。

☆幼稚園 2年目 女性
どの活動でもそうですが、子どもたちを常に動かして、手持ち無沙汰にならないよう、4月からまた子どもたちと関わっていきたいと思いました。今は小学校教諭免許を取得中で学校教育について、全く知識がないので、これから沢山学ばせて頂こうと思います。

☆小学校 7年目 女性
初めて参加しましたが、学ぶことが多く来てよかったと思いました。学級経営について、当番の仕組みや子どものよくない行動への指導の仕方など、どうしたらいいんだろうと思うことがまだまだありますが、後輩がどんどん増えてくる今、なかなか相談ことも多く…このような機会があって良かったです。

☆小学校 4年目 男性
学級経営にかかわる様々なことを学ぶことができました。たくさんの講座の中でもやはり、黄金の3日間は大事だということも改めて確認することができました。

☆小学校 5年目 男性
午後の講座も、勉強になることばかりでした。4月のスタートがいかに大切であるか改めて実感しました。今日の講座を受け、子どもたちに会うまでの残り時間、できることを最大限行っていきたいと思います。

☆高等学校 5年目 男性
今回のセミナー、動画がたくさん盛り込まれていてとてもよかったです!その時の様子を見られると見れないでは全然違いました。4月のセミナーも楽しみにしています。

☆聾学校 1年目 女性
集団を味方につける話術がとても参考になりました。学級に入った際に、生かすことができるように練習をしていきたいと感じました。また、百人一首を今回初めてやらせて頂きましたが、大人の私でも夢中になってしまうぐらい楽しいものでした。学級でも活用していきたいと思います。

[PR]
# by tosshkd | 2018-04-01 20:16 | 【札幌市】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・3/31(土)・教材選びのポイント講座

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー第3弾。
C会場《教材選びのポイント講座》でした。

今回は会場を白石区民センターに移して実施しました。
e0252129_20054616.jpg
教材の良し悪しは一年間の学習の成否に大きく影響します。
4月2日からの教材採択は、

「子どもの一年を決める」

最重要ポイントです。

しっかりと準備をし、納得の形で採択を終える。
そのために、ユースウェアを中心に良い教材をどのように見抜くか、
じっくりと学びました。

以下、報告です。

----------
C会場 特別支援を要する子にも成功体験を保障する
《教材選びのポイント講座》

1 日時:3月31日(土)午前 10:00〜12:30

2 会場:札幌市白石区民センター 視聴覚室

3 講座内容

10:00〜10:10 講座1 教材は「ここ」を見て決めよう
10:10〜10:20 講座2 漢字指導は3段階で「漢字スキル」
10:20〜10:30 講座3 テストでこそ力が付く「ワークテスト」
10:30〜10:40 講座4 楽しく声を出そう「話す聞くスキル」
10:40〜10:50 講座5 どの子も100点が取れる「計算スキル」
10:50〜11:00 講座6 楽しく脳力を鍛えよう「アタマげんきどこどこ」
(休憩10分)
11:10〜11:25 講座7 これ一冊で授業ができる「社会科資料集」
11:25〜11:40 講座8 授業の導入はこれでバッチリ「フラッシュカード」
11:40〜11:55 講座9 教室中が熱中する「ペーパーチャレラン」
11:55〜12:10 講座10 毎日楽しく短時間でSST「ソーシャルスキルカルタ」
(休憩5分)
12:15〜12:30 講座11 Q&A

4 参加人数
(1)参加者  7名
(2)事務局  9名
(3)合計  16名

5 感想(アンケートから)

☆学生 女性
実際に教材を使った実演を見たり、自分が使ってみて良さを実感したりすることを通して教材選びの大切さを改めて感じました。

☆小学校 8年目 男性
改めて教材の大切さを感じることができました。ユースウェアを、他教材にもトレースし、子どもに力をつけていきます。こうした教材の見方を広めていくために、来週から先生方に今日の講座を伝えていきます。また、自分のクラスの親和的雰囲気を醸成していくために、今年はチャレランを継続してやっていこうと決めました。

☆高等学校 5年目 男性
どこどこ、買います!職場の若い人に広めていきます。

☆小学校 1年目 女性
自分が勤務している学校で使っている教材がたくさんあったので、新学期が始まる前に改めて使い方を確認できて勉強なりました。今年度参加したセミナーで学んだことをもとに、漢字スキル間と話す聞くスキル、フラッシュカードを使っていたのですが、今日の講座を通して新しい気付きがたくさんあったので、新年度からがんばりたいと思います。また、今まで知らなかった教材もあり、ぜひチャレンジしたいという気持ちになりました。

☆小学校 4年目 男性
教材の活用法の具体がわかりました。ドリルとかスキルとかも意図をしっかり考えて使う必要があると感じた。逆に意図があることで子どもが取り組みやすいのかな、とも思いました。

☆幼稚園 2年目 女性
現在幼稚園で働いています。なので家を出ると言う事は何もかもが初めてでとても貴重な学びとなりました。今の職場でも使用できそうなものもあったので聞かしていきたいです。また通信の大学だけでは学ぶことができないことがたくさん学べたのでまた参加させていただきたいです。

☆小学校 5年目 男性
これまでここまで深く考えず、教材を選んでいたり、教材を使って授業をしていたりしていました。今回のセミナーを受講して、教材それぞれに目的がしっかりあるということ、そして、その目的を達成するために、最大限引き出すための方法があることを学びました。もうすでに教材を選んでしまったことが、残念でなりません。今後も参加させていただきたいと思ってます。

[PR]
# by tosshkd | 2018-04-01 20:07 | 【札幌市】

【例会報告】第92回TOSS轍例会

■日時

平成3041日(日)10001200

■場所

苫小牧市民活動センター 研修室A

■参加者 6

■内容

1.近況報告

一人ずつ新年度のポジションなどを報告。

2.読み合わせ

子供を動かす法則

三 存在感が実感できてこそ子供は動く

「班作り・班競争」のことから学級経営のお話。

「万引き」のことか生徒指導のお話。

その他、席替えの回数や方法についても交流した。

3.レポート


①学級通信「志」

中学1年生の担任として、新入生につたえておきたいポイントがわかりやすく書かれており、

子ども、保護者が安心でき、担任への信頼にもつながるような通信。

小学校教師としても追試したい。

②学級目標アンケート

学級目標をクラスで考えるときどのようにするか。

キーワードをあげて、それを作文にする。などが多かった。

目標や計画立てることも大事だが、

目標や計画を立てることが目標になってしまっているので

計画どおりにできたのかを検証することの方が大事。

③郵便教育資料

郵便教育の模擬授業映像が見られるQRコードの添付のアイディアがすばらしい。

④学級通信「今、ここから始める」

⑤サークル通信「轍」94

時間の都合上①~③まで

4.道徳(講座)~新学期の道徳の授業提案として。

「私の道徳の授業」(ツーウェイ論文)

「妹は、靴をはけるようになった」(雑誌PHPより)

ツーウェイ論文を読み合わせた。

学級では、授業後に成長した自分について作文を書かせる。

その作文を学級懇談会や家庭訪問などにつなげる。

「妹は、靴をはけるようになった」

障害のある子のお兄さんが妹の担任の姿を回想して綴ったもの。

特別支援学級担任として、教師としての理想の姿があった。

できなかったことができるようになる。

自立させることとは何かを教えられた。

5.模擬授業

国語:俳句「春の日や庭に雀の砂あびて」

主発問「作者は、庭にいるのかいないのか。」

全員が同じ意見で、分かれない時、どのようにするのかがについて話題があがった。

すずめは1羽か2羽なのか、砂遊びとはどんなことなのか、場所はどこなのか

などたくさんの発問を考える。

同じ春をテーマにした俳句、すずめをテーマにした俳句を探して調べる。

道徳:「いのちのえんぴつ」豊島加純さんの詩の授業


北海道厚岸町の小学5年生の加純さんの詩集を教材。

手書きの詩を見せて

「何歳の人が書いたのか」という発問から始まり、

「この人はどういう人なのか」書いた乱れた文字からその人物を推測させるところから入ることで、

その人の状態を想像させる。

そのことでどんな思いで書いたのかを考えることもできる。

社会:経済「お金について」


1万円札の写真を見せて、この人の名前は

紙幣の裏に印刷されているものは何かなどクイズ形式で展開される。

外国の紙幣に書かれている人の名前など、知的好奇心をくすぐられおもしろかった。


例会史上初の6人という大人数での開催。

根室管内の先生がご参加くださった。

本来であれば、セミナーにすべきところを

先生のご厚意で轍例会でたくさんのお話や授業をしてくださった。

さらに、進行までもしてくださった。

本当にありがたくもったいないと思うほど贅沢な時間だった。

ふだんの私の例会の進行とは違って、

スピード感があり、参加者の方に話題をふるので、

みんなが発言し、初めての参加の先生も関わりを持つことができ

お客さんにしないという配慮が勉強になった。

また、読み合わせや資料の出し方、取り扱い方も

参加者にとっての有益な情報をうまく引き出されており、

みんなが満足できるサークルの進行で、

そういったところが私に足りない部分だと思った。

2時間があっという間だった。

終わった後の先生方の表情が明るく、

みんながんばろうという気持ちが表われていた。

参加された先生方のおかげで

サークルの楽しさを改めて実感したとともに、

地道にがんばっている先生方と一緒に学んでいきたいと思った。

新年度の初のサークルはいいスタートが切れた。

明日からは、怒濤のように忙しくなるが、がんばっていこう。


[PR]
# by tosshkd | 2018-04-01 19:48 | 【胆振・日高】

空知地区の教え方セミナー第1弾を開催しました。 砂川市・3月31日・テーマ「1年間を見越した学級経営と学習」

TOSS空知の大沼靖治です。
本日空知地区 第1弾の教え方セミナーを砂川市で開催しました。
30代の参加者からサークルを見てみたいという希望を複数いただきました。

①テーマ・会場名 「1年間を見越した学級経営と学習」
 砂川市地域交流センターゆう

②講座内容
   第1講座  戦略的学級経営(廣川)
   第2講座  どの学年でも1年間する指導 国語編 (吉岡)
   第3講座  どの学年でも1年間する指導 算数編 (大沼)
   第4講座  この運動こう授業する 動画で紹介 体育編 (廣川)30分
   第5講座  Q&A 

③参加人数
     1)参加者 7名
     2)事務局 6名
     3)合計  13名

④アンケートに書かれた内容

●徹底すべき所は見通しを持ってしっかりと取り組んでいかなければならない事を再確認できました。
体育はできることが大切なので、いろいろな工夫があって勉強になりました。
準備等いろいろとありがとうございました。

●新年度、子ども達とどのように過ごそうか・・・と想像しながら参加しました。
皆さんが、子ども達に成長してほしい具体的なイメージを持って様々な手立てを講じていることが一番の学びでした。
4月より登校してくるあの6年生たちにどのような願いをもち、どのような手立てで関わるかをイメージしたいと
思います。ありがとうございました。

●具体的な指導内容、方法を教えていただき、とても勉強になりました。特に国語の指導については、
漢字指導の一連の流れがわかり、4月からの指導に生かしたいと思います。ありがとうございました。

●新年度のスタートは、このセミナーに参加することが私のルーティンになっています。10年以上です。
今年もセミナーを開催していただき、本当にありがとうございます。廣川先生のCRTの数値すごいの一言です。
自分とは差が大きすぎます。吉岡先生の張りのある通る声、すばらしいです。
自分とはあまりにもちがいます。大沼先生の算数の数値、コンテンツすばらしいです。自分には作れません。
廣川先生の後転の指導、初めてでした。

●どの授業講座においても、スモールステップを踏ませて「できることを増やす」「できるレベルを上げる」ことの
大切さをお話されていたと、勝手ながら感じさせていただきました。どうもありがとうございました。

●大変学びとなりました。単元で使える内容は、担当学年でないといつ使えるかわかりませんが、
1年間通しての講座や実技はめどが立つため大変参考になりました。
準備等お疲れ様でした。ありがとうございました。





e0252129_20402059.jpg
 


[PR]
# by tosshkd | 2018-03-31 20:41 | 【空知】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・3/30(金)・スタートダッシュ講座

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

札幌石狩の教え方セミナー第2弾。
B会場《スタートダッシュ講座》でした。
e0252129_06412541.jpg
「学級開き」を充実したものにしたい!
一年を安定した状態で送りたい。

そのための準備と心構え、具体的な手立てをご紹介しました。

来春から教職に就く先生、そして学生さんの参加もありました。
子どもの前に立つために、できるだけのことをやろう。
学びの場に出かけ、準備を進めよう。
そのような先生方がいらっしゃることに、元気をいただきました。

私たちもそのような先生方と出会い、
また、自らの力量を高めるために、
より質の高い講座を準備していきたいものです。


次回は31日(土)のCD会場です。
「教材選び」と「仕組みづくり」の講座です。

特に午後からの「仕組みづくり」では、
学級経営の様々な場面を取り上げて、
詳細な計画と方策についてご紹介します。

こちらもご参加お待ちしています。

以下、報告です。

----------
B会場 一年を決める《スタートダッシュ講座》

1 日時:3月30日(金)夜間 18:30−20:30

2 会場:厚別区民センター 会議室A

3 講座内容

18:30~18:40 講座1 新学期までの準備チェックリスト
18:40~18:50 講座2 当番の仕組みを設計しよう
18:50~19:00 講座3 子どもも教師も快適な教室を作ろう
19:00〜19:30 講座4 これだけはやっておきたい三日間の勘所
①【1日目】最初に子どもに決意を語ろう
②【2日目】ほめてほめてほめまくろう
③【3日目】授業システムをスタートさせよう
(休憩10分)
19:40~19:55 講座5 三日間のスケジュールを組み立てよう
19:55~20:10 講座6 仕組みを機能させよう…4日目以降のポイント
(休憩5分)
20:15~20:30 講座7 Q&A


4 参加人数
(1)参加者  9名
(2)事務局 11名
(3)合計  20名


5 感想(アンケートから)

小学校 18年目 男性

このような日と時間帯にこのようなセミナーを開いていただきありがたいです。新年度に向けて頑張ろうという意欲をもらえました。同時に今のうちにやっておくことがよくわかってきました。黄金の三日間で大切なポイントも改めて確認することができて、大変有意義な時間となりました。やっぱり3日間でどれだけ子どもたちを褒めて、明確な方針を示せるかが重要だとわかりました。ぜひ、これから作戦を立てて良いスタートが切れるように全力を尽くします。高杉先生のお話は、非常に具体的で、自分の知らなかった情報もたくさんあって、とてもためになりました。ぜひ自分の実践に生かしていきたいです。


小学校 女性

どれもとても良かったですが、Q&Aでの高杉先生のお話すごくよかったです。特に最初の質問、私なんですが、高杉先生が定時で帰るのがびっくりしました!!働き方、見直します。


小学校 8年目 男性

ちょうど、一生懸命3日間の準備を進めているところでした。でも、書籍だけでは見えないところが、講座に来るとわかることに、改めてセミナーやサークルの大切さを感じています。何より、石狩サークルの先生方の質の高い講座におどろかされます。また一年間、しっかり勉強して、その背中を捉えられるように精進します。


小学校 1年目 女性

3日間が大事だというのは知っていましたが、具体的に何を準備したらいいか、何がわからないかも分からない状態でした。ですが、今日の講座を聞いて具体的なイメージをもつことができました。学級ルールを考えたり、環境を整えたり、わからないことが多い私でも、今からできることがたくさんあるので抜かりなく準備しようと思いました。私も普段から、時間ごとに細かく分けてやることをリストアップすることが好きなので、高杉先生がおっしゃってたように細かく自分の使える時間を計算して、効率よくやることを行っていこうと思いました。


小学校 4年目 男性

遅れてしまって残念でした。すべて目から鱗でした。しっかり準備して望みたいと思います。


聾学校 1年目 女性

具体的な取り組みを知ることができて、大変勉強になりました。細かな準備、シュミレーションを大切にしなくてはいけないことを実感する講座でした。


高等学校 4年目 女性

とても参考になりました。また、どの先生のプレゼンテーションが上手くて素晴らしかったです。

[PR]
# by tosshkd | 2018-03-31 06:42 | 【石狩】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・3/21(水)・教材選びのポイント

TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

「第6回北海道横断!教師力向上教え方セミナーin札幌・石狩」では、
全11会場の開催を予定しています。

21日がその開幕。
講座テーマは「教材選びのポイント」でした。
e0252129_03462738.jpg
素晴らしい教材を子どもたちに。そして使い方を先生方に。
それが、1年間の安定した授業のシステムを取り入れることになります。
このセミナーでシステムを学ぶことは、学級崩壊を防止し、
学級を軌道に乗せる手立てでもあります。

アンケートでは、
「新しい学校でのコーディネーターの仕事に役立てます」
という感想をいただきました。

良い教材とその使い方を知り、
職場で広めてくださる方がいることを心強く思います。

また、初講師をつとめた事務局の先生がいらっしゃいました。
初めてとは思えない、エネルギーいっぱいの講座。
教室の様子を動画でも紹介されていました。
子どもの事実は何より説得力があります。
私たち自身もまた、実践を通して学ぶことの意味を再確認できました。

次回は30日(金)のスタートダッシュ講座です。
「黄金の三日間」がテーマです。
こちらもご参加お待ちしています。

以下、報告です。

----------
A会場
特別支援を要する子にも成功体験を保障する
《教材選びのポイント講座》

1 日時:3月21日(水祝)午後 14:00~16:30

2 会場:厚別区民センター 会議室A

3 講座内容
14:00-14:10 講座1 教材は「ここ」を見て決めよう
14:10-14:20 講座2 漢字指導は3段階で「漢字スキル」
14:20-14:30 講座3 テストでこそ力が付く「正進社テスト」
14:30-14:40 講座4 楽しく声を出そう「話す聞くスキル」
14:40-14:50 講座5 どの子も100点が取れる「計算スキル」
14:50-15:00 講座6 楽しく脳力を鍛えよう「アタマげんきどこどこ」
(休憩10分)
15:10-15:25 講座7 これ一冊で授業ができる「社会科資料集」
15:25-15:40 講座8 授業の導入はこれでバッチリ「フラッシュカード」
15:40-15:55 講座9 教室中が熱中する「ペーパーチャレラン」
15:55-16:10 講座10 毎日楽しく短時間でSST「ソーシャルスキルカルタ」
(休憩5分)
16:15-16:30 講座11 Q&A


4 参加人数
(1)参加者  3名
(2)事務局  8名
(3)合計  11名


5 感想(アンケートから)

中学校 31年目 女性
教材の採択を紙質や記入欄で決めることが多かったです。正進社のシンプルな編集やあかねこの構成が好きで使っていましたが、今回使い方やシステムを理解できてよかったです。4月から新しい学校でのコーディネーターの仕事に役立てます。

小学校 13年目 男性
久しぶりにセミナーに参加させていただきました。ADHD傾向のお子さんと、どのように関わることで子どもの成長につながるか、たくさんのヒントをいただきました。さっそく実践してみたいと思います。

一般 女性
とても楽しく参加できました。今後職場に出たら使ってみたいと思うような教材がたくさんありました。教材を活用するとここまで楽しく学ぶことができるのかと実感し、教材選びがどれほど重要かということがわかりました。

[PR]
# by tosshkd | 2018-03-22 03:48 | 【石狩】

TOSSフェルマータ第138回例会

第138回例会を開催しました。

年度末、そして次年度に向けて

いろいろな話題を話しました。

TOSSフェルマータ第138回例会

平成30年3月17日(土)10:00~12:00

若草つどいセンター

◇参加者3名(敬称略)

◇内容

1.『授業の腕をあげる法則』読み合わせP.7083

①子供は「できるようにしてほしい」「わかるようにしてほしい」

 という期待が強い。

②自転車の指導~感覚の重要性

③鉄棒、跳び箱はあくまで一例。

④過程はあきらめないが、結果には執着しない。

2.雑誌紹介

プレジデントファミリー2018春号

3.模擬授業

①国語 部首

次回例会は4月8日(日)午前

若草つどいセンターにて。

e0252129_16583736.jpg


[PR]
# by tosshkd | 2018-03-18 16:59 | 【胆振・日高】

【例会報告】第91回TOSS轍例会

■日時 
平成30年3月11日(金)10:00~12:00

■場所
苫小牧市市民活動センター 2F 研修室B

■参加者3名 

■内容
1.レポート

向山塾沖縄会場の学び
サークル通信TOSS轍93号
特別支援学級の実態と講座の構想


2.模擬授業授業、講座検討

学級の子どもの様子の動画
北陸検定授業
教え方講座


3.読み合わせ

子供を動かす法則
二運動会応援団

応援団の発足から指導までの様子が書かれている。
この章には、子どもを動かす技術がたくさんちりばめられている。
何度も読み返しておきたい章である。


今日は、東日本大震災からまる7年の日。


轍サークルの教え方セミナーは、3月25日(日)午前に同会場にて行われます。
同日午後からは、同会場にてシグナスサークルの教え方セミナーです。

来月のサークルは、
4月14日(土)午後、同会場にて行う予定です。

[PR]
# by tosshkd | 2018-03-11 15:33 | 【胆振・日高】

【例会報告】TOSSシグナス18年3月例会

本日行った第197回例会の報告です。

■TOSSシグナス
 2018年3月2日(金) 19:00~20:55
 苫小牧市民活動センター
  
■内容
 1.田上講座
    TOSS北海道合宿の深夜2時のブレストで、
    加藤心先生からレクチャーを受けたTOSS型英会話の授業を
    レクチャー。

 2.レポート検討
 (1)(A4 8枚) 学級通信
    ~授業の実践記録が素晴らしい!
     通常は見られない6年生を送る会のプレゼント、発表のシナリオ
     これまでの積み重ねが表れている国語「お手紙」の検討など
     盛りだくさんの内容です。
     
 (2)(B4裏表1枚) 外国語活動指導案
    ~D表検定の指導案。
     小学生の「書く」内容をどう授業するかの提案です。
 
 (3)(B4 18枚) 学級通信No206~223
    ~メディア(スマホ)の授業、学級レクの紹介、
     長縄記録会の様子など。

 (4)(A4 1枚) 学級懇談会資料
    ~最後の懇談なので、春休みの日程や
     来年度の主な行事予定のお知らせなど。
 
 (5)(A4 2枚) 来年度の清掃と清掃用具の確認について
    ~校務分掌のお仕事。
     アンケートとその結果。

 (6)(A4 1枚) 宝塚「ブスの25か条」
    ~道徳の授業で活用した資料。

 (7)(A4 1枚) 総合指導案
    ~北海道合宿で授業した「人口減少に対応したまちづくり」の指導案。

 (8)(B4 7枚) A表指導案
    ~3月に福井県で受ける授業技量検定の指導案。

 3.模擬授業、講座検討
 (1)教え方セミナー講座検討(ほめ方)
 (2)教え方セミナー講座検討(年間計画)
 (3)模擬授業(外国語活動)
 (4)教え方セミナー講座検討(特別支援教育)
    ~どんな内容か知りたい方は、
     日高 https://osiekata-hidaka.jimdo.com/
     胆振 https://utonet.jimdo.com/
     の「教え方セミナー」にご参加ください!!

 次回例会は、2018年4月4日(水)に行う予定です。
 教え方セミナーのサークル体験会場として開催します。
 黄金の三日間のレポート検討を中心に行う予定です。
 参加希望の方は、田上までご連絡を!

e0252129_02080324.jpg
[PR]
# by tosshkd | 2018-03-03 02:08 | 【胆振・日高】

【例会報告】第90回TOSS轍例会

■日時 
平成30年2月16日(金)19:00~21:00

■場所
苫小牧市市民活動センター 2F 研修室B

■参加者1名 藤田

■内容
1.レポート
サークル通信TOSS轍92号 

2.読み合わせ
子供を動かす法則
一きびしく「教える」だけが動かす方法ではない
を音読。


今日も誰も来なかったので仕事をした。
学級通信を作成し、教材研究をした。

[PR]
# by tosshkd | 2018-02-16 21:38 | 【胆振・日高】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧