人気ブログランキング | 話題のタグを見る

TOSSフェルマータ第178回例会

TOSSフェルマータ第178回例会_e0252129_20363631.jpg
178回例会を開催しました。

今回もオンライン開催でしたが、

Google meetを使ってみました。

画面共有やJamboardなど

機能をスムーズに使うことができました。

何事も経験だとあらためて学びました。

TOSSフェルマータ第178回例会

令和3年6月20日(日)15:30~17:00

Zoom開催

◇参加者3名


◇内容

1.近況報告

2.『新版 授業の腕を上げる法則』読み合わせP.144153

①吉田氏の文章・・・急所に絞り込む

②イメージを与える説明・・・一言で言う

 →子どもから「つまり、どういうこと?」という質問が出た経験

③もっと子どもを信頼して授業をつくる

④定石の組み合わせ・・・一つの技術は複数の技術・定石が組み合わされている

3.模擬授業

6年算数 分数のわり算

4.事例検討演習

5.雑誌紹介

週刊ダイヤモンド 2021612日号

次回例会はZoomで7月25日(日)午前に開催予定。


# by tosshkd | 2021-06-20 20:36 | 【胆振・日高】

グレードアップセミナー6月 ~伴一孝の最上授業理論「ネイミング」~

伴一孝先生をお迎えして、
最強の授業理論を学ぶセミナー、今回も盛会でした。
モデリング(お手本を示す)、ナンバリング(番号をつける)に続き
ネーミング(発問)の講座でした。

伴先生のお話に打ちのめされ
終了後はため息しかない…ような
圧倒的な内容でした。

そしてやはりここでも、
出来ない子への配慮がありました。
そうだったのか…と
どこまでのあたたかい
伴先生のお考えに心底感動します。

ここまででモデリング、ナンバリング、ネイミング、の
3つの授業理論が終了。
次回はいよいよ前半のしめくくり。
演習編です。

参加者のみなさまが
教材を選び、授業を作り、
それを伴先生にみていただく…という
形を考えています。

選んだ教材をLINEでシェアすれば
だれもが授業を考えることができますね!

今まで参加していなくても
3回とも映像でも学べます。

8月の講座へのご参加いかがでしょうか。
ぜひご検討ください。
勉強になること間違い無し!です。


お申し込み
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScl6S5ERbg3rI4GnRvygbk6jJX9Eus-KjDK88-nG-euG2G_1g/viewform

以下報告です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
【グレードアップセミナー】
1 日時
令和3年6月12日(土)20時00分〜21時15分
ZOOMによるオンラインセミナー

2 内容 モデリング・ナンバリング・ネーミング
     第3回「ネイミング」
  QA

3 参加者 一般40名 
  事務局    9名
  講師     1名
  計     50名

4 参加者の感想(抜粋)
ネーミングの基本5つについて勉強になりました。
これまで、100発問はやってきましたが、なんとなくの修行になっていました。しかし、今回の講座を受けて、「ネーミングの技能を上げる」という明確な目標ができました。
「発問の世界」「発問研究」「発問語彙」という新しい概念を得られました。
グレードアップセミナーは本当に素晴らしいセミナーだと思います。今回の3回を通して、授業についてよりシンプルに考えられるようになりました。
「発問セミナー」参加したいです!!!!

自分が理解していたネーミングと違っていたので、衝撃を受けました。方位のように上下先後と4方向で発問を考えてみたいと思いました

ネーミングも奥が深いですね。まずは基本の5つを使いこすことから始めます。基本の5つだけでも授業が激変しそうなので、2次元の発問ができるようになるとさらにすごい授業になりますね。発問セミナー、楽しみです。

伴先生の異次元の発問、圧巻でした。発問を考えるというのは、こんなにも奥が深いのかとあらためて感じました。この仕事を何年もやっているのに相変わらず未熟な自分に呆れるとともに、子どもたちに申し訳ないなあと思っています。研鑽を積みます。

正直今日の講座は私には難しかったです 講座中に2回、メモの書き直しをしました。 やはりよくわかりません。 思い出すのは 向山先生が 中学数学セミナーで、昔授業された 異次元の発問です。 井上好文先生が 向山型算数雑誌特別編、向山型数学 に載せていた 論文のことを思い出しました。 今から 探して、もう一度見てみたくなりました。 探します。

子どもの意見をたくさん出させるために、モデリング・ナンバリング・ネーミングをやるというお話になるほど!と納得がいきました。素晴らしい講座をありがとうございました

前回までのモデリングやナンバリングは見通しを持たせて子どもが答えやすいようにしていく技術のように感じましたが、今回のは発問でいかに子どもの心をゆさぶるか、教師の力がすごく試されるような内容でした。感性を磨くことが教師の仕事である理由も明確になったような気がしました。伴先生の大きなかぶからの発問100通りを聞いてみたくなりました。

伴先生からいろいろなお話をいただきとても勉強になりました。印象に残ったのは、やまなしのひみつについてでした。宮沢賢治さんの作品のなかで、教科書に取り上げられるような内容ではなかったということでした。でも、何回とされ、たくさん授業されていることの貴重さとすごさも感じました。ナンバリング、ネーミングとたくさん学べました。


~★。~☆。~★。~☆。~★。~☆。~★。 ~☆。~★。~☆。
TOSS石狩教育サークル https://toss-ishikari.blogspot.com/
TOSSインターネットランド(TOSS商標)http://tos-land.net
NPO TOSS石狩のセミナーラインナップ
【特別支援対応】
7日(金)20:00~21:15
特別学習会Web 定例の学習会が再スタートします!
(セミナーHPはこちら)
https://sites.google.com/toss2.com/ishikari-onlinesemi/2021%E4%B8%8A%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E3%81%AE%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

講座を申し込まれる方はこちらから!
https://forms.gle/CiyQNV28gZWLCURg9

★6月20日(日))13:00〜14:15(予定)
愛着形成などの分野でのトップランナー 友田明美セミナー

お申し込みはこちらから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d3a1cf58706013 

【授業・学級経営】
日()20:00~21:15
グレードアップセミナー
伴一孝の最強授業理論~授業が楽しく知的に進化!
HP
https://sites.google.com/toss2.com/grade-up2020/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0
お申し込み
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScl6S5ERbg3rI4GnRvygbk6jJX9Eus-KjDK88-nG-euG2G_1g/viewform

★6月18日(金)19:00~20:30
松崎オンラインセミナー 
松崎力の、元気が出る何より愉しいセミナー!
【申し込みフォーム】
https://forms.gle/Cn1sSRtQGegYjyEG8

【オンライン例会】
何でも聞けます。気軽で愉しい日常の勉強会。
★6月13日(日)20:00~
★6月25日(金)20:00~
~★。~☆。~★。~☆。~★。~☆。~★。 ~☆。~★。~☆。


# by tosshkd | 2021-06-13 00:09 | 【石狩】

特別支援学習会Web ~NPO TOSS石狩上半期オンラインセミナー始動!~

NPO TOSS石狩 特別支援学習会Web ~NPO TOSS石狩上半期オンラインセミナー始動!~_e0252129_18581866.png在田裕子です。

NPO TOSS石狩の上半期オンラインセミナー始まりました。
第1弾。
6月11日(金)に特別支援学習会Web。
ADHDの基礎知識とディープな事例対応をセットで学びました。

初参加の方も多かったです。
必要としている方が多いことを感じました。
リピーターの方も再び聴くことで、
知識の確認や日々の振り返りになり、
有意義な学習会となったことと思います。

当日が近づくにつれ申し込みが増え
49名の方にご参加いただきました。
盛会に終了することができ感謝しております。
ありがとうございました。


次回の特別支援学習会Webは7月です。

7月9日(金)20:00-21:15
【ASDの基礎知識と事例対応】

また、オンラインセミナーin石狩も合わせて実施しています。
こちらもぜひご参加ください。


以下、報告です。

------
〈上半期 特別支援学習会Web①〉

1 日時
  令和3年6月11日(金)20:00開始 21:15終了

2 会場
  Zoomによるオンライン学習会

3 講師
  高杉 祐之(NPO TOSS石狩 代表理事)

4 講座内容

テーマ
初級編【これを知って即対応〜ADHDの基礎知識】
対応編【じっとしていられない子〜すぐしゃべり出す・最後まで聞かずに動き出す/授業中に、先生が話す時は必ず注意を向けさせる】

20:00 講座1 初級編(基礎知識)
20:20 講座2 事例対応編(なぜそれが必要か)
20:50 休憩
20:55 事例検討・QA
21:15 終了

第1講座 初級編(基礎知識)
<これを知って即対応~ADHDの基礎知識>
①ADHDの子どもの特徴
②しつけや性格ではなく、脳の状態からくる特性であることを理解する。
③基本的な対応のポイント

第2講座 事例対応編(なぜそれが必要か)
<じっとしていられない子~すぐしゃべり出す・最後まで聞かずに動き出す。授業中、先生が話す時は必ず注意を向けさせる。>
①良い対応・悪い対応の具体例
②良い対応・悪い対応により、その後どんな影響があるか。良い対応の必要性
③教師に注意を向けさせることの重要性と方法

5 参加者

  49名(一般41名 事務局7名 講師1名)

6 参加者の感想(アンケートフォームから)

(1)
基本編ということでしたが、とても勉強になりました。この基本ができるできないで変わってくると思うので、不適応行動を減らせる教師を目指したいと思います。ありがとうございました!

(2)
本日は、深い学びをありがとうございました。久しぶりの講座参加で、自分には良い復習となりました。Qは本校の先生が困っている事例でして、大変参考になるAをいただけました。昨年度に来校していただいた際に、高杉先生が「あれは大変なクラスですね」とおっしゃっていたクラスです。次回も楽しみにしています。

(3)
ADHDの基本を学び直すことができ本当に良かったです。「楽しさ」と「緊張」のバランスの視点で自分の授業を見直してみます。今年、初めての特別支援学級担任で、「楽しさ」を優先しがちになっているように思います。授業をどう言ったパーツで組み立てるか、考え直してみます。「一人の例外もなく」という言葉、ずしんときました。1度や2度の注意でこちらがへこたれないように頑張ります。

(4)
今回もまたものすごくわかりやすい講座でした。20日の友田先生のセミナー、今後も続く高杉先生の学習会 楽しみにしています。ありがとうございました。

(5)
みなさんのQAがリアルでとても勉強になりました。具体的に提示されたほうがイメージしやすくて、引き出しが増えるようで楽しかったです。また参加します。

(6)
授業は楽しいのが大事であるけれど、「楽しい」だけではなく「緊張」がある授業の方がいい、ということが、なるほどと思いました。「楽しい」授業とは、テンポがいい・やることがわかるなど、「緊張」のある授業とは、評定・やり直し・隣とチェックなど、具体的に示してくださって、とても分かりやすかったです。「悪い対応」と「良い対応」の違い、そして、その結果子どもがどのような大人になっていくのかを想像したら、教師の責任は本当に重いなぁと実感しました。充実した講座でした。

(7)
ADHD児童への「良い対応」と「悪い対応」について教えていただきありがとうございました。私の学級のあの子への自分の対応に当てはめて聞いていました。QAについては,具体事例があまりにもリアルで,私の学級のあの子と重なりました。つまり,教師の対応に問題があるというところを教えていただきました。月曜の朝から自分の対応にいかしていきたいと思います。

(8)
じっとしていられない子の対応、だめだと思っていてもやってしまうことがありました。今回の講座で、もっとひどい子を育ててしまうことになると分かり、やってはいけないと肝に銘じます。対応策を教えてもらい、ありがたいです。また、1度や2度で教えた気になるな、の言葉にハッとしました。50回、教える気持ちになりました。

(9)
ADHDの子どもへの考え方や対応の仕方が分かりました。まず、ADHDの子がLDやODDを併発する割合が思ったより高かったことに驚きました。後天的に併発していることが多いと思うので、LDやODDを悪化させないためにも、支援や指導の仕方を見直さなければと思いました。問題がある行動に対して怒ってしまいがちですが、どうしてその子どもはそのような行動をするのかよく考えることが大切だと思いました。「その子どもの脳がさせている」「自分の授業は楽しいだろうか」「教師の指導や振る舞いが原因になっていないか」など、怒る前に考えることがたくさんあると思いました。ADHDの子どもに限らず、どの子も一人残さず大切にして、楽しい授業をめざそうと思いました。

(10)
本日はありがとうございました。久しぶりの講座参加でしたが、良い復習になるとともに深い学びもありました。Qは、本校の先生が苦労している事例です。大変ためになるAをいただけました。困っている子どもと先生方の一助として還元したいと思います。次回も楽しみにしています。


~★。~☆。~★。~☆。~★。~☆。~★。 ~☆。~★。~☆。
TOSS石狩教育サークル https://toss-ishikari.blogspot.com/
TOSSインターネットランド(TOSS商標)http://tos-land.net
NPO TOSS石狩のセミナーラインナップ
【特別支援対応】
7日(金)20:00~21:15
特別学習会Web 定例の学習会が再スタートします!
(セミナーHPはこちら)
https://sites.google.com/toss2.com/ishikari-onlinesemi/2021%E4%B8%8A%E5%8D%8A%E6%9C%9F%E3%81%AE%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

講座を申し込まれる方はこちらから!
https://forms.gle/CiyQNV28gZWLCURg9

★6月20日(日))13:00〜14:15(予定)
愛着形成などの分野でのトップランナー 友田明美セミナー

お申し込みはこちらから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d3a1cf58706013 

【授業・学級経営】
★6月12日(土)20:00~21:15
グレードアップセミナー
伴一孝の最強授業理論~授業が楽しく知的に進化!
HP
https://sites.google.com/toss2.com/grade-up2020/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0
お申し込み
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScl6S5ERbg3rI4GnRvygbk6jJX9Eus-KjDK88-nG-euG2G_1g/viewform

★6月18日(金)19:00~20:30
松崎オンラインセミナー 
松崎力の、元気が出る何より愉しいセミナー!
【申し込みフォーム】
https://forms.gle/Cn1sSRtQGegYjyEG8

【オンライン例会】
何でも聞けます。気軽で愉しい日常の勉強会。
★6月13日(日)20:00~
★6月25日(金)20:00~

~★。~☆。~★。~☆。~★。~☆。~★。 ~☆。~★。~☆。


# by tosshkd | 2021-06-12 19:03 | 【石狩】

【例会報告】TOSSシグナス21年6月Zoon例会

先日行った
第236回例会の報告です。

北海道が緊急事態宣言中で、いつもの会場が閉館されているため
オンラインで行いました。

■TOSSシグナス

 2021年6月4日(金)20:00~20:50
 オンライン(Zoom)

■内容

1.近況報告
 いろいろありますね…。

2.レポート検討

(1)(A4 7枚)GIGAスクール通信
 Microsoft Teamsの使い方について。
 オンライン授業で必須。

(2)(A4 1枚)基礎学力調査
 勤務校で実施する基礎学力調査の提案。
 今年度は、計算(九九)と視写を調査する。

(3)(A4 8枚)特別支援教育コーディネーター通信
 応用行動分析や、肯定の言い換え言葉、
 カリギュラ効果について。

(4)(A4 4枚+α)不登校対策
 不登校対策の提案文書。
 各種チェックリストなども一緒に提案。

(5)(A4 1枚)1学期終業式・2学期始業式
 一部オンラインで実施。

(6)(A4 1枚)参観日週間について
 分散で実施。
 1週間、5時間目を公開。
 
(7)(A4 1枚)Teamsを使おう
 児童向けの「Microsoft Teams」を使うためのプリント。
 チームへの登録など。

(8)(A4 1枚)社会科デジタル教科書
 社会科のデジタル教科書を使う手順。

(9)(A4 1枚)チャレンジテスト結果
 第1回チャレンジテストの結果分析。

(10)(A4 4枚)ABCチェックリスト・分析シート
 応用行動分析で活用するABCチェックリストと分析シート。
 児童の適切な支援のために使用。

(11)(A4 1枚)学級写真の撮影について
(12)(A4 2枚)入学式などの反省
(13)(A4 1枚)夏休みの教材購入について
(14)(A4 1枚)夏休み作品展について
 教務主任のお仕事関係

次回例会は、
2021年7月2日(金)に行う予定です。
緊急事態宣言が終われば、リアルで開催します。
参加希望の方は、田上までご連絡を!

# by tosshkd | 2021-06-07 01:32 | 【胆振・日高】

【例会報告】第129回TOSS轍ZOOM例会

■日時 令和3年5月29日(土) 8:55〜9:35頃

■場所 自宅(新潟・兵庫・日高・美深・苫小牧)

■参加者5名

⒈ 授業・実践発表

Teach U 特別支援教育のためのプレゼン教材サイトを紹介していただく。

大変優れたものである。
国語、算数、それ以外の教科もある。
今日紹介していたいたのは、言葉

ちかづく とおざかる おちる とぶ などの言葉の文字が、その動きをしてくれる。
これはみた方がわかったもらえると思うが、
みていて面白かった。
パワポのアニメーションで作っている。
しかも無料とのこと。
こういうのを作る方もすごいが、
こういう情報を見つけてくる先生のアンテナの高さがすごい。

「あたま元気のなぞなぞ」
楽しいクイズ。

先生方の感想
答えが見えているので、答えのところを小さくする。
2年生の子どもたちに紹介したい。
子どもたちが真似して作ることで裏文化になる。
ヒントとして、イラスト出したり、字が薄く出てくる工夫があると良い。

最後に謡を聞かせてくださった。
​素敵!

2年生の授業実践 

算数 2桁の計算
子どものノートがきれい。
筆算は、最初2問は先生と一緒に書き、
それ以降は自力で書かせる。
アルゴリズムを言わせる。

国語 漢字の広場の扱い
例のように文を書きなさいでは、難しい。
書き写すのに時差が出るので読ませながら、遅い子をまつ。

漢字テスト6回目まで全員100点のカラクリ
教える。
テストでやる気を持たせる。
送りがなは赤で丸をつける。(簡単な支援でわかりやすい)

教材の問いはテストから。
言葉を限定して引用する力が不足しているので
テストの問いで答え方を練習させる。
答えが分かれるものは検討させる。
例 ビー玉の大きさ
  ビー玉ぐらいの大きさ
の違い。

生活科の観察カード、国語で習った言葉がいくつ入っているかをみる。
評価に生かせる。

連絡ノート作文
先生が板書したことを連絡ノートに子どもたちに書かせる。
これを毎日続けていたら、板書力がつく。
こういう取り組みが学力の基礎を作るのだと思った。

支援学級のお子さんの言葉の学習の映像。

座り方は良くなくてもスルー
それを指導したら、やらなくなる。
大事なのは言葉の学習。
ただし、言っていなかったら、「言っていないよ」と言わせる。
その時間でねらうことについては、徹底する。
しかし、それ以外のところはあまり取り上げない。
私は、逆にしていたなと思った。

今日も皆さんの実践から学ばせていただいた。
土曜日の早朝から参加していただき本当にありがたい。


# by tosshkd | 2021-05-29 10:15 | 【胆振・日高】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】
NPO TOSS石狩
TOSS北海道中央事務局

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧