新学期の準備はこれで大丈夫!新学期準備セミナー

3月23日(土)にTOSS教え方セミナーを開催しました。

以下、ご報告です。

テーマ 新学期の準備はこれで大丈夫!新学期準備セミナー

会場名 かでる27

講座内容
  講座1 学級開きの語りを再現!
  講座2 私が行う学級開きへの徹底準備
  講座3 初日のスケジュールはこうだ!
  講座4 新年度初めの学級通信を公開!
  講座5 新年度、準備する物・購入する物一覧 一挙公開!
  講座6 私のおすすめ授業開き(模擬授業)
  講座7 給食当番、掃除当番のシステム
  講座8 Q&A

参加人数
 1)参加者 76名
 2)事務局 13名
 3)合計  89名

感想
学級開きに関することをわかっているつもりでも、案外わかっていなかったり
忘れていたりしました。今日のセミナーをきっかけに準備を始めようと思います。
松崎先生の学級目標について、小嶋先生の家庭訪問のポイント、黄金の3日間のアセスメントなど
どれも素晴らしい内容でした。ありがとうございました。

修了式直前の今から新学期の準備が始まっています。毎年、心機一転、力量アップとの思いで
参加しています。子供の前に立つ以上、自分の力量をあげられる自分であり続けたいと
思っています。本講座は、そういう意味で再確認できました。新しい知識・技術を知ることが
できました。ありがとうございました。

松崎戦士絵の笑顔を見るたびに癒されます。掃除の仕方を具体的に教えている動画を
拝見できて勉強になりました。高校になると、知っていて当たり前となり、「教える」という発想が
なかったです。知ることができ、大変勉強になりました。
小嶋先生の話すテンポ、リズムに引き込まれました。また、資料の配り方にも
あの様な技術があり、練習が必要であると思いました。
早速練習してサークルでもやってみたいと思いました。

子どもたちのためにもっと良い先生になりたい。でも、思いはあるもののその手立てがわからず、
結局、曖昧になってしまっているところが私にありました。セミナーを受け、その手立てを勉強
することができました。昨年からTOSSセミナーに色々を参加したくさん学ばせていただいています。
これからも参加していきたいです。春休みを新年度準備に費やします!!

一つ一つg歌的にご指導いただき、本当にありがとうございました。
パワーをいただき、気持ちが明るくなりました。
4月からは特別支援学級の担当することになりました。この1年は、
特別支援の知識・技術・を身につけるべく思い切り勉強します。
まずは、特別支援教育誌を再度読み直し、4月に備えたいと思います。





# by tosshkd | 2019-03-23 14:57 | 【札幌市】

【例会報告】第105回TOSS轍例会

【例会報告】第103回TOSS轍例会


■日時
平成31年3月17日(日)10:00~12:00

■場所
苫小牧市民活動センター 研修室B

■参加者3名


■内容
0.近況報告
次年度のことや検定のことなど。


1.レポート、通信
①春休み仕事術と黄金の3日間

授業前の様々な場面を想定し、ルールを考えているのがよい。
授業規律編、授業力向上と細かく分けて考えているのがよい。

②サークル通信轍105号

2.模擬授業、講座

①What do you want to eat
D表検定用授業

②Can you ~ ?
教え方セミナー介入模擬授業

板に付いてきて単語の発声もリズム良くなってきている。
内容はいいので、練習あるのみ。
あえて言えば、ダイアログを増やしてみるのもよい。

③北陸検定C表授業「生活力」

支援学級だけでなく、低学年にも授業ができる。
アレンジすれば。中学生にもできる。

3.読み合わせ
教師修業十年
第一部向山教室の授業実践記
二新卒時代の日記

3分の机間巡視で、できない子正確に見取る力はどのようにしてみにつけられるのだろうか。
「自分自身をぶつける」と言った実習生に
無内容さを気負った言い方でごまかすことが嫌いであると。
「がんばります」「責任を取ります」など安易な言葉で片付けてしまうことと同じなのではないかと思う。


4.演習
①『どこよりも簡単なWISCⅢ読み取り方基礎編』
9下位検査⑦「積木模様」
積木模様で視覚-運動の協応が測定される。

②『特別支援教育重要用語の基礎知識』
「音読ができない子どもへの対応」
「ノーマライゼーション」
「ドーパミン」

3分で暗記し、交流。

今日も充実した例会となった。
4月の例会は、未定。

# by tosshkd | 2019-03-17 14:12 | 【胆振・日高】

【教え方セミナー報告】札幌石狩・3/16(土)・高杉祐之セミナー

NPO TOSS石狩の石田晃大です。

「第7回北海道横断!教師力向上教え方セミナーin札幌・石狩」では、
全5会場の開催を予定しています。

その開幕は高杉祐之先生によるALLセミナー。
講座テーマは「プロ教師のコーディネート術」でした。

e0252129_20503750.jpg

4月からの高杉実践、そして高杉学級の現在の姿。
その指導段階と自由なクラスづくりの思想を存分に学びました。

「ピンチをチャンスに変える。」
「知は力なり。」
その圧倒的な事実は、一つ一つ地道な作業を確実に積み重ねた、
「執念」と「修練」の集積です。

誰もが必ず到達できると言う高杉先生。
今後に向けての勇気と志を共有した充実のセミナーでした。

次回は4月3日(水)、
B会場《学級開きは黄金の時間!三日間で学級を作り上げる》
「黄金の三日間」がテーマです。

以下、報告です。
---------
A会場
「保護者・子どもが信頼するプロ教師のコーディネート術」
高杉祐之セミナー

1 日時
2019年3月16日(土)14:00~16:30

2 会場
札幌市厚別南地区センター 集会室
(厚別区厚別南7丁目9番1号 上野幌小学校4階)

3 講師
高杉祐之 先生

4 講座内容
講座1 出会いから子どもを巻き込む
講座2 子どもが憧れる教師とは
講座3 保護者が笑顔になる面談のコーディネート
講座4 子どもが輝く「自由なクラス」のコーディネート
講座5 どの子も伸ばす教師の執念
講座6 高杉学級の「今」
講座7 Q&A

5 参加人数
(1)参加者 18名
(2)事務局  7名
(3)講師   1名
(3)合計  26名

6 感想(アンケートから)

(1)学級経営について、様々な技術を学ぶことができました。何よりも、子どものために様々な策をもっているということ。そして、それを使えるまで高めるということが大事だと感じました。良いキーワードをたくさん知ることができたので、自分でも調べ、学びを深め、実践していきたいです。(中学校 男性)

(2)今まで何となく、信頼されるために、手さぐりにやってきました。今日のセミナーをうけ、保護者、子どもへの的確なアプローチを行うことで、意図的に信頼を積み重ねていくのだなと思いました。今後も、アセスメントび方法を理解するため、セミナーに参加し、勉強し続けていきます。「知は力なり」言葉通り、自分の引き出しを増やし、もっと良い学級をつくっていきたいです。(小学校 男性)

(3)具体的な保護者への対応を学ぶことが出来、大変勉強になりました。保護者からの電話に対してはどうしても身構えてしまう部分があるのですが、ピンチではなくチャンスに変えることができるようなアセスメント力を身に付けなくてはいけないことがわかりました。また、子どもから聞いた事実に担任からの成長の視点を加えることで、保護者を味方につけることが出来ることがわかりました。保護者対応だけではなく、所信表明についても再度学ぶことが出来、大変参考になりました。(小学校 女性)

(4)先生は最初から上手くできるのではなく、日々、準備や練習を繰り返して成り立っているのだと知りました。教師の細やかな意識や考え方、視点を知れて、とても刺激的でした。今日、参加できてよかったと感じています。(学生 女性)

(5)適切な判断、対応、発言は、圧倒的な知識や理論に裏付けされているものだと思いました。一つずつ確実に、身に付けていけるよう、今後も学んでいきたいと思います。(小学校 女性)

以上です。

# by tosshkd | 2019-03-16 20:52 | 【石狩】

TOSSフェルマータ第150回例会

第150回例会を開催しました。

メンバーのお一人がお祝いのケーキをもって

駆けつけてくださいました!

感謝!!!

5人でおいしくいただきました。

これからも学び続けます。

TOSSフェルマータ第150回例会

平成31年3月9日(土)10:00~12:00

若草つどいセンター

◇参加者5名

◇内容

1.『新版 授業の腕を上げる法則』読み合わせP.154160

①全国の技術を学べる幸せを実感。

②教育系大学での教員養成システムがない。

③技術、情報を欲しがらない若手がいる。

④向山先生の語彙、文章リズム。

2.文書検討

①学級通信

②レク紹介

③学級通信

3.模擬授業

外国語

4.講座検討

3本

次回例会は4月14日(日)午前

若草つどいセンターにて。

3月27日(水)夜18時半から教え方セミナー学級経営講座

若草つどいセンターにて。

e0252129_21041964.jpg


# by tosshkd | 2019-03-09 21:04 | 【胆振・日高】

【報告】サークル「フレキシブル」2月例会


e0252129_19460948.jpeg

サークル フレキシブル2月例会の報告です。

今月は4月新採用の学生、
ベテランの先生にご参加いただきました。
5月の10連休で予想される学校問題、
黄金の三日間の話など、
教育について楽しく学ぶことができました。
次回は、
札幌エルプラザ OA研修室
3月21日(木・祝)9時〜12時
に行います。
ぜひご参加ください。
---
サークルフレキシブル 2月例会

日時 2019/02/28(木) 午後6時半〜9時まで

場所 札幌エルプラザ 特別会議室

参加者 計3名(新採用学生、同僚)

内容
1 新採用講座「春休みは新年度準備をしよう!
  やることチェックリスト」
2 WISK-Ⅳって何?基本編プリント
3 道徳「お母さんのせいきゅうしょ」と親守歌
4 特別支援や障がいに配慮した通知表所見
5 話題の書籍10冊紹介
6 模擬授業「話す聞くスキル・かずのことわざ」
7 特別の教科「道徳」研修テキスト
8 近況報告

# by tosshkd | 2019-03-04 19:45 | 【札幌市】

【例会報告】TOSSシグナス19年3月例会

本日行った第209回例会の報告です。

■TOSSシグナス
 2019年3月1日(金) 19:00~20:55
 苫小牧市民活動センター
  
■内容
1.レポート検討
(1)(A4 3枚) 学級通信
 ~参観日や学級レクについて。
  学級レクでマジックショーはすごい!(呼びたい…)

(2)(A4 14枚) 授業研に関わって
 ~授業研後の資料。
  国語授業のベーシックな進め方についての提案性がすばらしい。
  圧倒的な子供の事実。

(3)(A4 1枚他) つるす飾りのつくり方
 ~定番のつるす飾り。
  原版もいただけたので、すぐに使える!

(4)(A4 3枚他) 学習指導案・テキスト
 ~北陸検定のC表指導案とテキスト。
  よくまとめられている。

(5)(A4裏表1枚) ワクワク復習シート
 ~フラッシュカードを活用した、英会話の復習。
  これを短時間続けるだけで、かなり話せるようになるだろう。

(6)(B4裏表1枚)What's wrong?
 ~健康観察を英語でという視点が面白い。
  ジェスチャーがあるとより分かりやすくなる。

(7)(B4 23枚) 学級通信No409~431
 ~家庭学習やノートまとめの紹介、中学校体験入学、
  卒業記念の個人特集号など。

(8)(A4 1枚) 外国語活動推進通信55
 ~校務分掌のお仕事。
  外国語活動の研究授業について。
  
(9)(A4裏表1枚) 教え方セミナーチラシ
 ~胆振の教え方セミナーのチラシ。
  ビジュアルに作成。

(10)(A4 1枚) 学級懇談会資料
 ~学級懇談会の保護者向け資料。
  卒業までの日程や春休みの生活についてなど。

(11)(B4 7枚) 指導案
 ~北陸検定のA表指導案。

その他、
外国語活動の資料等

2.模擬授業、講座検討
(1)外国語活動「What sports do you like?」
 ~検定用の授業。
  流れがスムーズ。
  子どもの分かりやすい状況設定があるとよりよい。

(2)外国語活動
 ①フラッシュカード
 ②What's wrong?
 ③シングルエイジサイエンス
 ~小森先生の理科実験を英語で授業。
  面白い!
 ④教え方講座検討

(3)ライフスキル
 ~検定の授業。
  前半の流れ、教材が良い。
  サイトのつくりの精度、思考場面の設定をするとよい。

(4)教え方セミナー講座
 ~3月の室蘭での講座検討。
  講座テーマに正対し、趣意説明、数値での事実を示せると
  説得力が増す。

3.田上講座
 時間切れでなし。 

次回例会は、
2019年4月3日(水)に行う予定です。
参加希望の方は、田上までご連絡を!

e0252129_02435942.jpg
e0252129_02440065.jpg
e0252129_02440099.jpg
e0252129_02440037.jpg

# by tosshkd | 2019-03-02 02:44 | 【胆振・日高】

【報告】特別支援学習会第9期(4回目)を開催

e0252129_18485613.jpg
NPO TOSS石狩です。
特別支援学習会《第9期》の4回目を行いました。
今回も盛会で終了しました。

太田千穂先生の「作文が書けない子」への対応。
何が原因で書けないのか、
どのような手立てがよいのか、
わかりやすく示されました。
このようにする、というお手本があるとできる、ということが
よくわかりました。
子どもたちだけではなく、私たち大人も 、ですね。

今回のメインは
「授業以外での目線~給食・掃除」。
授業ではない日常で、
高杉先生がどのようにみているか、という講座です。
特別ではない日々の指導。
それでも以前(5月)と現在を比較して、
いかに子どもたちが成長しているか、
映像からはっきりとわかりました。
こちらも、どのように手立てを講じてきたのか
具体的にお話くださいました。

目の前の子どもにどう対応しようか、
迫られている事例検討。
限られた情報から状況を読み取り
子どもにとって、保護者にとってよりよい対応を選択されるのが
鮮やか!でした。

今回をもちまして第9期、すべて終了いたしました。
たくさんの方にご参加いただきました。
第10期もすでに参加ご希望が13名!

基本的な知識の習得、
そしてその知識を生かした効果的な指導・対応
それらを身につけるべくさらに学びを深めていきたいと思います。

ご一緒にいかがですか?
お申し込みお待ちしております。

以下ご報告です。

----------
特別支援学習会 第9期(4回目)

■日時:平成31年2月22日(金) 19:00~20:45

■場所:札幌市厚別区民センター(視聴覚室)

■テーマ『目線の技能を徹底解説!』
~特別支援の必要な児童が複数いる場合の対応~

■講師
高杉祐之 先生
太田千穂先生

■講座内容

1講座 19:00~19:10

     サークル員講座

     特別支援重要用語事典より


2講座 19:10~19:30 

     プレイバック講座

     アセスメントの見極め

      (わがままか障がいか)

     

3講座 19:30~19:50

      授業以外(休み時間、給食、掃除)はこのように見る。

      教室での居場所と目線。給食と掃除で特に見ること。

     

休憩   19:50~20:00

4講座 20:00~20:20

     事例研修

     

5講座 20:20~20:45 

     QA



■参加者
一般  19名
事務局  6名
講師   2名
計   27名

■アンケートから
・給食・掃除での進行状況、前進した仕事、偶発の問題の処理について
具体的な対応策をどのようにすればよいかと学ぶことができました

・高杉先生が何をチェックしているのか、どう対応するのか、が
とても勉強になりました。

・目線も言葉がけも教師自身の人となりが影響するのかな、と思いました。

・子どもの変化がよくわかりました。

・最近、原因をしることでその子への考えや対応が変わり、子どもとの
関係がよくなりました。

・放課後デイサービスで働いています。とても参考になりました。仕事に生かしていきたいと思います。

・不登校傾向の子への、担任、担任外、母親の対応を変え、登校できるように
なりました。わがままと障害の見極めは本当に大切だと再認識しました。

・ワーキングメモリがどれほど重要なのか、もっとまなばなければならないことがわかりました。

◆今後の日程
【第10期】不適適応行動への対応を習得するその1
         ~知識を得て正しい判断と対応を~

2019年
①6月14日(金)不適応行動の分類
②8月19日(月)不適応行動のアセスメント
③9月27日(金)不適応行動への対応

# by tosshkd | 2019-02-25 18:49 | 【石狩】

【例会報告】第102回TOSS轍例会

第102回例会報告

■日時
平成31年2月16日(土)14:00~16:00

■場所
苫小牧市民活動センター 

■参加者3名

■内容
1.レポート、通信

①学級通信ステップ
②サークル通信轍
③書籍分析レポート
④北陸検定指導案

2.模擬授業

①What sport do you like?
②自立活動「ゴクトレ」

3.読み合わせ

『教師修業十年』
第一部 向山教室の授業実践記
三 子どもに自由と平等を!
3人で交代読みをして、感想交流。

4.演習

『どこよりも簡単なWISCⅢ読み取り方基礎編』
7.下位検査⑥「算数」
算数では、簡単な言語反応、注意集中、不安、注意の範囲、被伝導性が測定できる。

『特別支援教育重要用語の基礎知識』

「チック症(TD)」
「ビジョントレーニング」
「絵画語彙発達検査」

それぞれの用語について
暗記したことを話すことで、理解が深まる。

103回目は、3月17日(日)10:00~12:00
同会場活動センターにて開催予定です。
# by tosshkd | 2019-02-17 09:59 | 【胆振・日高】

TOSSフェルマータ第149回例会

第149回例会を開催しました。

3連休の最後を

楽しく学びの時間で迎えました。

定石を組み合わせることの

すごさと大切さを学びました。

TOSSフェルマータ第149回例会

平成31年2月11日(月・祝)10:00~12:00

若草つどいセンター

◇参加者4名

◇内容

1.『新版 授業の腕を上げる法則』読み合わせP.144153

①指示を子どもの目の高さで言うことの意義

②立ち合い授業のチャンス

③30歳の向山氏の自信と実力

④技術の組合せが名人芸

⑤ダンスの指導~17項目全部指導したか

2.文書検討

①学級通信

②掛川合宿レポート第2

③学級通信

④千葉康弘セミナーレポート

⑤学級通信

3.書籍紹介

4.STEAM教育について

5.模擬授業

外国語

6.講座検討

授業準備


次回例会は3月9日(土)午前

登別市若草つどいセンターにて。

e0252129_18554122.jpg


# by tosshkd | 2019-02-11 18:56 | 【胆振・日高】

【例会報告】TOSSシグナス19年2月例会

本日行った第208回例会の報告です。


■TOSSシグナス
 2019年2月1日(金) 19:00~20:50
 苫小牧市民活動センター

■内容

1.レポート検討

(1)(A4 7枚) 青銅の三日間計画
 ~先月提出予定だったレポート。(手に入れられてよかった!)
  学級全体、子供達それぞれの現状を分析し、
  手立てを考えていて、とても勉強になる!!

(2)(A4 7枚) 国語「読むこと」領域の指導計画
 ~教科書をもとに、大切なポイントがシンプルかつ、しっかりまとめられた
  わかりやすい指導計画。

(3)(A4 10枚) 国語科学習指導案
 ~「モチモチの木」の指導案。
  分かち伝えられる指導案になっていて、秀逸!

(4)(A4 3枚) 6年生を送る会の発表
 ~当日までの計画、見通しがもてる計画。
  休み前にさっと作ってしまったとは思えない。

(5)(A4 6枚) 学年会議資料
 ~修了式までの大まかな予定が決まっている。
  これがあれば、ゆとりをもって活動に取り組める。

(6)(A4 3枚) 週案
 ~毎日の学習の計画。
  どこをポイントとするか、指導者の意図が分かる。

(7)(B4 13枚) 学級通信No396~408
 ~3学期開幕の様子や寒さとの戦い、祝日の授業、漢字50問テストの結果
  粂原名人の五色百人一首をしている子供達へのメッセージなど

(8)(A4 2枚) 外国語活動推進通信53~54
 ~校務分掌のお仕事。
  外国語活動室の整備や諸連絡等。
  
(9)(A4 2枚) 学習発表会のシナリオ
 ~松崎先生のチームのお仕事。
  学習発表会、2年生の劇のシナリオ。

その他、
プログラミング教育のポイント
教員の資質向上のための研修プログラム開発支援事業(道徳テキスト)
発達障害と愛着障害(杉山先生講演資料)
信用される人と信用されない人
道徳ふりかえりシート
など

2.模擬授業

(1)外国語活動「What sports do you like?」
 ~ライセンスで行った授業。
  教室で授業をするときにはどこをどう変えればよいか、
  効果的なアクティビティにはどんなものがあるかなどを検討。
  続けての挑戦に頭が下がる。
 
次回例会は、
2019年3月1日(金)に行う予定です。
参加希望の方は、田上までご連絡を!
e0252129_02463483.jpg

# by tosshkd | 2019-02-02 02:47 | 【胆振・日高】

【例会報告】サークルフレキシブル「初」例会をしました。

e0252129_23162157.jpg
サークル「フレキシブル」初例会の報告です。
勢いで立ち上げたサークルですが、
嬉しいことに3名の方にご参加いただきました。
これからも、こつこつと学びを続けていこうと思っています。

次回例会は、決まりましたらお知らせします。
真野まで連絡をください。

サークル フレキシブル例会(第1回目)
日時 2019年2月1日(金)18時~21時半

場所 札幌エルプラザ 特別会議室(札幌駅北口)

参加者 4名

内容
1 ライセンスC表授業検討
2 『授業の腕をみがく』どんな時、どのように作業させるかレポート
3 『「分析批評」で授業を変える』レポート
4 『新版 学級を組織する法則』(第1章)レポート
5 『すぐれた授業への疑い』概要レポート
6 算数B問題 追試実践報告
7 理科のノート指導・交流
8 近況報告などなど

# by tosshkd | 2019-02-01 23:19 | 【札幌市】

【報告】千葉康弘セミナーin石狩 2019.1.26(土) 東区民センター

e0252129_22522655.jpg
TOSS石狩教育サークルの石田晃大です。

TOSS石狩教育サークル 冬の拡大例会
《千葉康弘セミナー》を開催しました。

足元を大切にすること。
このセミナーではいつもそのことを強烈に意識できます。

千葉先生のマネジメント講座。
当たり前のことを当たり前で済ませず、見える形で分析する。
知っているようで、自分の学校の足元は見えていない。
そのことを強く実感しました。

遠く離れた魔法のような実践ではなく、
自分の足元にこそ大切なことが詰まっている。

高橋先生、赤塚先生、高杉先生も、
普段の仕事をどのように積み重ね、継続しているか。
そして、そのことがいかに現在の成果につながっているか。
講座で、資料で、伝えてくださいました。

だからこそ、勇気をいただけるセミナーなのだろうと感じています。

なお、次年度の開催も決定いたしました!
2020年2月8日(土)です。

すでに16名の方にお申し込みいただいております。
HP、申し込みフォームも次年度用にリニューアルしました。

https://sites.google.com/toss2.com/kakudai-ishikari/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0?authuser=1

今から楽しみで仕方ありません(笑)!
ぜひお申し込みください。

以下報告です。

-----------------------
TOSS石狩教育サークル 冬の拡大例会
《千葉康弘セミナー》

■日時: 2019年1月26日(土) 13:30ー16:40

■会場:札幌市東区民センター別館集会室C
e0252129_22514676.jpg
■講師
千葉 康弘 氏(北海道公立学校教頭)
髙橋 賢治 氏(北海道公立学校主幹教諭)
赤塚 邦彦 氏(北海道公立学校教諭)
高杉 祐之 氏(北海道公立学校教諭)

■講座内容

講座1 TOSS授業技量検定 D表・C表
(休憩10分)
講座2 校内研修が画期的に変わる『「重要用語の基礎知識」活用術』
講座3 音楽の授業が待ち遠しくなる『誰でもできる音楽の教材研究』
講座4 ムダな時間を作らない『学習進度のマネジメント』
(休憩10分)
講座5 学校づくりの新視点!『働き方改革はこう進める』
講座6 QandA

■参加者
一般  30名
学生   3名
事務局 10名
講師   4名
計   47名

■参加者の感想(アンケートより抜粋)

(1)
学校のマネジメントについて、具体的に考えたことがなかったので、大変刺激になりました。「時間」と「数字」という視点で見ていくと、もっと良い方法などが見つかりそうです。音楽鑑賞の方法は、悩むところなので、今回のような方法もあるんだなということを知ることができてよかったです。授業するときの「声」を意識していきたいと思いました。(小学校 男性)

(2)
4名の講師の先生の話は具体的ですぐに実践したり、意識したりすることで役立つ情報で助かりました。学校の中でもこのような研修ができたら働き方も変わり子供にも力がつくのではないかと思いました。(小学校 女性)

(3)
講師の講座ひとつひとつが感心して聞いていました。特にD表ライセンスに必要な「声の出し方」勉強になりました。また、千葉康弘先生の「働き方改革」の職員会議の削る箇所を提案などいろいろなことを学びました。一つ一つ追試して実践していきます。(高等学校 男性)

(4)
「学校づくり」「マネジメント」の話が勉強になりました。授業の事は、セミナーでよくあるのですが、マネジメントの話はあまりないので、よかったです。「やらないことを決める」…用意周到に進めていきたいと思います。「手段と目的」を混同しないようにします。(
小学校 男性)

(5)
「重要用語の基礎知識」を購入しました。校内研修での使い方を知り、ぜひやってみたいと思います。実際の活用法が体験できて、とても良かったです。タイムマネジメント講座は、数字を根拠に考えると、時間を増やす事は無理、やらないことを決めるが健全な方法と思いました。勤務校は、指導案の不毛な話し合いが多いです。若い人が多いので、日常の仕事の進め方などを交流する研修をしたいです。管理職の考え方は本当に大切で、学校を左右すると思いました。(小学校 女性)

(6)
特別支援学校勤務です。音楽の授業に関する講座では、音楽に合わせて身体表現をする方法やどんな内容があるのか、ビジョントレーニングを混ぜた指導方法など、特別支援学校の児童たちでも楽しめるような授業ありがとうございました。(養護学校 男性)

(7)
特別支援の対応について、自分の知識や対応はまだまだということが改めて理解できました。本日紹介していただいた書籍やセミナーに参加してさらなる学びを進めていきたいと感じました。技能を上げるための努力について学ぶことができました。自分の授業をビデオで撮って文字起こしをしたいと思います。(中学校 男性)

(8)
今日も時間があっという間に過ぎました。講座を進める先生方の歩きながら聞いている方法や、話し合うことの指示など、不勉強ながら、少しだけ授業でやってみたいと思いました。授業に締まりが出ると思ったので…。(小学校 男性)

(9)
「すぐに使える」「これからどうしていくか見る」質のよい学びの時間になりました。自分の成長と子供の成長のためこれからもたくさん学んでいければと思います。来年も必ず参加します!(小学校 男性)

(10)
どの講座も非常に楽しく参考になりました。マネジメントと言う視点から見ていくことで、効率化、無駄を省くことの大切さがわかったように思います。自身でも学び続けていきたいと思います。(学生 男性)

# by tosshkd | 2019-01-31 22:54 | 【石狩】

【例会報告】TOSSシグナス19年1月例会

先日行った第207回例会の報告です。

■TOSSシグナス
 2019年1月14日(月) 18:30~20:30
 苫小牧市民活動センター

■内容

1.レポート検討

(1)(A4 3枚) 豆まき実施計画案
 ~タイムスケジュール、やることが明確な計画。
  それとは別に、行事としての課題は大きい。

(2)(A4裏表1枚) 打ち合わせ資料
 ~誰が何をやるかが明確になっている。
  今後の方向性の布石を打っていることも非常に良い。

(3)(A4 1枚) 検定指導案
 ~3月の検定に向けての指導案。
  まず、手を付けているのがすばらしい。

(4)(A4裏表1枚) 検定指導案
 ~旭川での授業技量検定の指導案。
  2か月連続の挑戦、すごい!!

(5)(B4 10枚) 学級通信No386~395
 ~調理実習や伝統文化教室についてなど。

(6)(A4 2枚) 外国語活動推進通信51~52
 ~校務分掌のお仕事。
  研修の予定や、諸連絡等。
  
(7)(A4裏表1枚) 掛川合宿分科会レポート
 ~掛川合宿の分科会に提出した教え方セミナーのレポート。
  現状分析と、方策について。

(8)(A4 1枚) 北海道会議レポート
 ~TOSS北海道会議に用意したレポート。
  北海道メンバーを増やすための行動(TOSS北海道マガジン)の
  取組について。

その他、
掛川合宿の報告
分科会レポートなどの紹介
など

2.模擬授業

(1)外国語活動「Can you ~」
 ~ライセンスで行う授業。
  どんどん授業が上手になっている。
  細かいところをいくつかアドバイスし、
  その後でもう一度やっていただく。
 
(2)ライフスキル
 ~検定に向けての授業。
  まずやってみるということが大切。
  家庭生活に踏み込むのはなかなか難しい。 

3.田上講座
 外国語活動研究授業のVTR、研修内容の紹介
 
次回例会は、
2019年2月1日(金)に行う予定です。
参加希望の方は、田上までご連絡を!

e0252129_02491539.jpg
 
e0252129_02493857.jpg


# by tosshkd | 2019-01-19 02:51 | 【胆振・日高】

TOSSフェルマータ第148回例会

第148回例会を開催しました。

掛川合宿の熱と、

新しい年への希望を胸に

間もなく始まる3学期に向けて学びました。

TOSSフェルマータ第148回例会

平成31年1月14日(月・祝)10:00~12:00

若草つどいセンター

◇参加者4名(敬称略)

◇内容

1.『新版 授業の腕を上げる法則』読み合わせP.140143

①理論で事実は作れない。技術で事実は作れる。

②「守」を徹底的にやることが力を付ける。

③教育界における「定石」はあるのか?

2.文書検討

①掛川合宿レポート

3.掛川合宿Q&A

4.模擬授業

①外国語

5.道徳テキスト紹介

次回例会は2月11日(月・祝)午前

若草つどいセンターにて。

e0252129_17230984.jpg


# by tosshkd | 2019-01-14 17:23 | 【胆振・日高】

【例会報告】第101回TOSS轍例会

新年1回目の例会です。

■日時
平成31年1月11日(金)18:30~20:30

■場所
苫小牧市民活動センター 3F 和室

■参加者2名

■内容
1.レポート、通信
①轍サークル通信
②たいよう打ち合わせ
③30年度豆まき会実施計画案

2.読み合わせ
教師修業十年
第一部 向山教室の授業実践記
二新卒時代の日記


3.模擬授業

①「Can you~ ?」
②「Wha't this~ ?」
③1分間英語フラッシュカード

4.演習

『どこよりも簡単なWISCⅢ読み取り方基礎編』
7.下位検査⑤「絵画配列」
絵画配列では、有意味刺激の視知覚と社会的理解が測定される。

『特別支援教育重要用語の基礎知識』

「エビデンス」
「ドーパミン」

それぞれ用語の意味を5分程度で覚え、
見ないで相手に説明する。



# by tosshkd | 2019-01-12 15:02 | 【胆振・日高】

【報告】TOSS石狩教育サークル1月例会をしました。

e0252129_17180588.jpg
e0252129_17181002.jpg
TOSS石狩教育サークル です。

2019年度、1回目の例会報告です。
冬休み期間でも、16名の参加がありました。

次回例会は、
1月15日(火)18時〜21時
江別えぽあホール(大麻駅徒歩3分)を予定しています。
ご参加お待ちしています!
−−−
TOSS石狩教育サークル 1月例会

場所 札幌厚別区民センター会議室A

日時 2019年1月6日(日)15時〜17時40分

参加者 サークル員16名

内容
模擬授業、レポート検討、
教え方セミナーの意義、
特別支援学習会第10期、ライセンスセミナー北海道計画案、
サークル役割分担案などなど。
その後、懇親会。

ホームページ
http://toss-ishikari.blogspot.com/

# by tosshkd | 2019-01-06 17:40 | 【石狩】

【報告】特別支援教育・算数セミナー

e0252129_19365929.jpg
本日,札幌で特別支援算数セミナーを開催しました。ご報告いたします。


【1日時】平成30年12月23日(日)13:00ー16:00(12:30受付開始)
【2場所】札幌市かでる27 北海道立道民活動センター 730研修室 札幌市中央区北2西7
【3参加者】一般21名 事務局7名 計28名
【4内容】
13:00ー13:10 特別支援学級で効果のあった算数教材:100玉そろばん (渡邊)
13:10ー13:20 特別支援学級で効果のあった算数教材:ジャンボホワイトTOSSノート (渡邊)
13:20ー13:30 特別支援学級で効果のあった算数教材:かけざん九九の助(真野)
休憩
13:45ー14:15 特別支援対応模擬授業クリニック 授業者公募(介入&コメント 中田、片山)
14:15ー14:30 読み書き困難な児童に効果のあった指導法(片山)
休憩
14:40ー14:55  荒れた学級を立て直す。算数を軸とした学級再建記(小西)
14:55ー15:10 高校生が熱中した向山型数学の実践(海老井)
15:10ー15:40 中田先生講座
15:40ー15:50 教えてQA

【5参加者の感想】
1基本的なところの確認をずいぶんさぼってしまっているな・・・と確認するセミナーとなりました。基本的なだけに,ツッコミどころもたくさんあるなあと自分の技量について考えさせられました。赤塚先生のカチッとした授業も勉強になりました。何にこそ注目させるべきか。よく絞り込んで授業できるように,冬休み,考え続けます。講師の皆さん,本当にありがとうございました!

2 算数の指導法について様々な方法を学ぶことができて,とても勉強になりました。特に模擬授業はプログラミングと学テ🅱️問題という最新の情報が見れてとても良かったです。ありがとうございました。

3 授業の機会をくださり,ありがとうございました。全部scratch 上で工夫を考えて操作できれば良かったでしょうが,技術が足りませんでした。また学ばせてください。子供に合わせた工夫を考えることが教師として必要な勉強であると改めて学ぶことができました。ありがとうございました。

4渡邊先生の講座に出てきた「場の構造化」という言葉お恥ずかしながら知りませんでした。通常学級でもシステムを機能させるために意識して行きたいと思いました。真野先生の九九の助の講座は組んでいる先生に納得sてもらえるためにも,私も使い方をしっかりと頭に入れておきたいと思いました。片山先生の講座,支援が必要な子に対する微細に技術が見られたこと,片山先生の教態を直接感じられたことが学びでした。楽しさと厳しさを感じました。小西先生の講座,今の私に必要な内容でした。特に指導を「一つに絞る」というのは納得しました。言ったのにやらせてこなかったことが荒れにつながったのだと思いました。海老井先生の高校での実戦,すごいと思いました。良い実践は年齢を問わず熱中するのだと思いました。中田先生の講座,必ずなんの勉強なのかが語られていて,馬場先生と重なりました。「きまりを見つける」楽しさを味わわせたいと思いました。もっと向山型算数を学びたくなりました。ありがとうございました。

5教材,教具をあらかじめ用意しておくことでその子に合った指導がしやすいといことが具体的事例によりわかった。(ジャンボTOSSノートなど)指導を受ける側のみになれたのが良かった。説明を省くことの大切さに気づけた。目の前の実態に合わせた指導法を持っておくことで様々な子に対応できること。

6特別支援学級の担任をしていて,勉強を教えていますが,子どもによって「この子はこのくらいまでできればいいかな」」などと上限を決めてしまっているな,と反省しました。どんな子でもできるようになる可能性がある,そのために自分自身が色々な方法を勉強して行かなければならないなと思いました。

7身近な教材をもとに具体的な指導法を色々と学べました。ありがとうございました。

8渡邊先生,100玉そろばんというすばらしい教材の紹介,ありがとうございました。10玉そろばんいいですね。子どもに合わせるという視点がとてもいいなあと思いました。ジャンボTOSSノートの使い方が具体的にわかりました。個人スペース,私も行いたいのですが,教室が狭すぎて・・・。勉強になりました。「説明をしないほうが良い」名言ですね!そのための準備が必要なんですね!真野先生,今日のマウスはなんですか!?教えてください。実物を操作できたので,わかりやすかったです。「10分の1に削る」とても身にしみました。久しぶりにテープ起こしをしようと思いました。「巻き込む」私は難しいです。今後の課題だと思いました。片山先生のITPA仮説,知っているだけで活用できると思いました。音読よりも追い読みの方が入力が2倍になる。こういうことを職員に広めていきたいです。小西先生,ハードルを下げる,特別支援学級でも本当にその通りと思う原則です。荒れた学級で笑うのは大きな武器ですよね。海老井先生,高校の指導をみつことは皆無なので,貴重な映像ですね。ありがとうございます。チャレラン,難問,有効なんですね。中田先生,
ノート指導,見通し,合言葉,その子に合わせた工夫,自分で見つける喜び,キーワードがわかりやすかったです。約分のコツは2・3・5・7・9。これはいい!ですね!QAの自我因子,もっと勉強します。貴重な時間をありがとうございます。

9これまでに学んできた内容,教材の使い方など,再確認できました。どの場面で有効に働くかは実態によりますが,私も考え続けなくてはならないと感じています。中田先生がおっしゃっていた,最後の一人までできるようになるためにどうするか,それを考えるのが教材研究であるという考えは全く同感であります。それを忘れている自分がおります。更に精進いたします。

10渡邊先生の授業映像,先生の子どもへの言葉がけが温かいと思いました。教室の環境や教具の使い方など教えていただけて良かったです。真野先生,実は九九尺を使って指導したことがありませんでした。今年度受け持っている子に早速指導したいと思いました。量感の部分はなるほどと思いました。片山先生,ITPA言語発達検査の入出力,勉強になりました日々の積み重ね大事ですね。心します。小西先生,ノート指導のお話もっと聞きたかったです。担任の子のノート綺麗でびっくりです。指導のコツを知りたいです。海老井先生,話がお上手ですね。無駄な言葉がなくすごくスッキリした話し方ですごいと思いました。高校でも向山型算数の授業映像貴重でした。スキルの工夫もすごいです。中田先生,目の前の子供の実態に合わせた指導法の工夫とても勉強になりました。北海道のたくさんの先生が講師として色々な講座を聞けて良かったです。教え方セミナーを感じさせる基礎基本を学べて良かったです。講師の先生お疲れ様でした。

11ALL北海道メンバーでのセミナーとてもいいですね!小西先生と中田先生の講座が特に良かったです!中田先生の算数のお話は今まさに約分で苦しんでいるのでとても参考になりました!(我がクラスではフラッシュカードで毎時間鍛えてます)単位換算表もシンプルでとてもいいですね!追試します!スタート時間,勘違いして遅刻しました・・・。

12特別支援の目から算数を考えていくのは,とても良いと思いました。ジャンボホワイトノートがとの脱臼でも効果的に使われていてすごいと思いました。不登校の子で平仮名ができない子がいるのですが,トレース君等ですごく効果があったので,TOSS教材はすごいなと思いました。特別支援の子だけでなく他の子達にも役立つことがたくさんでした。今日はありがとうございました。

13いつも大変お世話になっております。北海道(札幌)で算数に特化したセミナーが開かれることがあまりないので,今日をとても楽しみにしておりました。そして,期待に違わず,あっという間にセミナーは終わってしまいました。今回は全体として駆け足で進んだ感がありました。もう少し一つ一つの講座で授業の具体と論理についてじっくり学べたらという思いを持ちました。いずれの講座も良かったのですが,特に中田先生の講座は,ALL中田セミナーのような機会にじっくりお聞きしたいです。事務局の皆様,いつも素晴らしい企画を立てて,得難い学びをいただけることに心より感謝しております。今年も1年大変おせわになりました。良いお年をお迎えください。

14特別支援学級担任です。昨年から学習していても今年2学期いっぱいかかっても九九を覚えきれない子を受け持っていて,表を見てやっても良いのだということが救いになりました。他,実践してみたい内容が盛りだくさんできて本当に良かった・・・。収穫いっぱいの1日でした。ありがとうございました。

15当日の参加でしたが受け入れていただき,ありがとうございました。小西先生の講座を始めとして,とても良かったです。また子供に優しく接することができそうです。

16 本日は2学期終了後のお忙しい中にセミナーをありがとうございました。算数の授業について,とても勉強になりました。普段4年生に授業をしていうまくいかないことが多かったので,今回のセミナー模擬授業で「言葉を削る」「やらされている感を出さない」ことなど,意識します。本当にありがとうございました!

17使ってみたい教具の具体的な指導法を聞けて良かったです。わかりやすく,子供に効果があるということがよくわかりました。B問題の指導法も国語と通じるものがあると思いました。ぜひ2回目も開催できるといいですね!

18LDおよびADHDの傾向があり,不登校になっている小4の子の父親です。放課後デイには通っています。何か家庭でもできることはないかと思い参加しました。

19算数の指導法について様々な方法を学ぶことができて,とても勉強になりました。特に模擬授業はプログラミングと学テB問題という最新の情報が見れてとても良かったです。ありがとうございました。

20基本的なところの確認を随分サボってしまっているな・・・と確認するセミナー^となりました。基本的なだけに,つっこみどころもたくさんあるなあと自分の技量について考えさせられました。赤塚先生のカチッとした授業も勉強になりました。何にこそ注目させるべきか。よく絞り込んで授業できるように冬休み,考え続けます。講師の皆さん,本当にありがとうございました!

# by tosshkd | 2018-12-26 19:37 | 【札幌市】

TOSSフェルマータ第147回例会

TOSSフェルマータ第147回例会を開催しました。

冬休みを学びの時間で

スタートさせることができました。

定石を学び、身に付けることが

実践を厚くすることを学びました。

TOSSフェルマータ第147回例会

平成30年12月23日(日)10:00~12:00

若草つどいセンター

◇参加者4名(敬称略)

◇内容

1.『新版 授業の腕を上げる法則』読み合わせP.136139

①同じような場面でもいくつかの定石を持っているから対応できる。

②「集会に集まった子を30秒で静かにさせる方法」いくつあるか。

③「守・破・離」のバランス

④向山洋一氏の文章は科学的である。

2.文書検討

①レポート

②学級通信

③レポート

④学級通信

3.教え方セミナー企画検討

4.おすすめ書籍紹介

5.模擬授業

①外国語

次回例会は1月14日(月・祝)午前

若草つどいセンターにて。

e0252129_18465063.jpg


# by tosshkd | 2018-12-23 18:47 | 【胆振・日高】

第3回特別支援教育・教え方セミナー

e0252129_12221852.png
TOSS海峡の渡邊俊郎です。
第3回特別支援教育・教え方セミナーを開催しましたのでご報告いたします。

1、セミナー名 第3回特別支援教育・教え方セミナー


2、日時 平成301222日(土)13:30~16:00


3、会場 北海道七飯町大中山コモン


4、参加者 参加者25名 

      事務局5

      講師1名(間嶋祐樹氏)

5、参加者 感想(抜粋して紹介します)

(1)間嶋先生の話を聞いて先生になりたいという意思が強くなりました。いろいろな子どもや保護者、先生方に頼りにされる先生になれるように頑張ります。(教師を志望している学生さんの感想)

   

(2)即、授業に生かせる指導の数々、ありがとうございました。

   スクリーンに写し出していた理論やポイントの数々を写真で残したかったです。

(3)行政に生かせる「事」を探しに来ました。まだまだ勉強が必要と感じました。PTAや一般の親にも参加してもらいたい。 

(4)非認知能力についてなるほどなあと思いながら聞いていました。何に対しても土台づくりが大切だと思いました。

(5)間嶋先生の子どもを見る細やかさにいつも感動します。またぜひ学びたいです。ありがとうございました。

(6)「参加して良かった。」これが一番の思いです。

(7)外国の話はためになりました。考えることが多く、頭にきざみました。ありがとうございます。

(8)特別支援教育での大事なことを聞くことができてとてもよかったです。たくさんの事例をもとにお話を聞くことができてとてもよかったです。

(9)アメリカの視察報告がとても面白かったです。「自我関与」というキーワード、現場で使いたいと思いました。

(10)今回は入学前の子どもたちへのペリー就学前計画のお話が印象的でした。言葉の習得に関わる家族の会話習慣、肯定的な声かけについては、ぜひ保護者の皆さんにも聞いていただきたい内容でした。

(11)アメリカの実践をどう現場で生かしているのか、強い興味をもって参加しました。具体的なところをうかがえて(参考にさせていただきます)うれしく思いました。一筆箋やはりよいですね!(戻ってからがんばり直します)

(12)特別支援に携わって20年ほどになりますが、学校現場では日々苦戦しています。子ども理解、保護者との連携もたいへんなこともありますが、学校の組織に沿ったり、構築したりするのが特にたいへんです。もっと自分に力があればなあと思い、研修に参加させていただきました。明るく、前向きにがんばりたいと思います。

(13)間嶋先生の講座を拝聴するたびに新しい知識を授けていただき、自分自身で新たな気づきがあります。何度でも聞きたいです。

(14)時間があっという間でした。今、どうして、どうしたら・・と悩んでいたことがクリアになっていきました。

(15)とても楽しいセミナーでした。非認知能力を育てることは幼児教育にとても大切な事だと改めて感じました。ぜひ、保護者の方にセミナーを受講してほしいと思いました。

(16)間嶋先生の話術に引き込まれました。事例をもとに分かりやすい内容でした。困り感を抱えた子供たちが年々増えていくように思います。私は「子どもに罪はない」と思っていて、環境が子どもたちをそうさせていると考えます。どの子も学校に来て、楽しく過ごせることを望みます。

e0252129_12244560.png
e0252129_12245953.png


# by tosshkd | 2018-12-22 13:30 | 【渡島・檜山】

【例会報告】第100回TOSS轍例会

e0252129_20530512.jpg
本日100回目の例会を開催しました。


年末、学期末のお忙しい最中に5名の先生方が集まってくださいました。

皆さん市内の方ではなく、地方や遠方からの参加です。
参加だけでもありがたいのにご友人を誘ってきてくださり、
お花、お菓子の差し入れをいただき本当にありがたく思いました。

会場にお花が届き、いつもサークルでお世話になっている先生が、
わざわざ差し入れを届けるためだけに会場に来てくださり
感激と感謝でいっぱいでした。

100回までの道のりは、順風満帆ではなく、
そのほとんどは、1人例会です。
自転車操業のような活動で、
私自身が不安定なところもあるので
やめようかなと思うこともありましたが、
続けていなければ、
先生方との出会いもありませんでした。

多くの先生方から支えていただいたことに
心から御礼を申し上げます。


■日時
平成30年12月16日(日)10:00~12:00

■場所
苫小牧市民活動センター 2F 研修室B

■参加者(敬称略)6名 

■内容
1.読み合わせ

教師修業十年
第1部向山教室の授業実践記 Ⅲ教師と修業 一放課後の孤独な作業

交代読みをし、感想を交流。

2.レポート、通信

①TOSS轍サークル通信102号
②2学期学級懇談会資料
③冬休み生活表
④2学期終わりの会・お別れの会、3学期始まりの会
⑤冬季休業中の動静予定表
⑥学級通信『心無限』271・272・273・278 
⑦所見
⑧外国語活動指導細案『What do you want to be』

職員会議の提案の仕方、ネットトラブル、所見の書き方が話題になった。

3.模擬授業

①外国語『Can you ~?』

サイトがあるから、何を言ったらいいのかがわかりやすい。
リズム、拍を切らさず授業するとさらによくなる。

②国語『蝶の羽のいくたび超ゆる塀の屋根』

無駄な言葉がなく、落ち着いた授業で安定感がある。
自分の答えの位置づけがわからない。
子どもは答えを求めたがるから、絵を描かせた後、読むだけでは消化不良になるのではないか。
状況を思い浮かべるための情報が少ないので、言葉の意味やその言葉の写真などを見せて補うことも
あったらよい。

いつもは、多くて3名か2人、1人例会もあるので
久々の大人数で、緊張してしまいぎこちなくなってしまった。
参加された先生のコメントでかなり助けていただいた。
私自身、授業を見る目、知識が不足しているので、
勉強しないといけないと痛感した。

来年は、101回目から再スタート。
新年の例会は未定。
# by tosshkd | 2018-12-16 20:54 | 【胆振・日高】

【報告】特別支援学習会 第9期(3回目)12月7日(金)厚別区民センタ ー

e0252129_14533267.jpg
NPO TOSS石狩の石田晃大です。

特別支援学習会《第9期》の3回目を行いました。

第3回の今回は「朝の目線」。
高杉先生が教室に入る瞬間の目線を動画で追うというものです。

教室に入った瞬間に何を見ているか。
そして、その一瞬で何を見取っていたのか。

毎日繰り返される何気ない教室の風景からも、
「なぜあの子は朝の課題に取り組んでいないのか」
「なぜ、その子は廊下にいたのか」
など、たくさんの情報とこれまでの実態把握を組み合わせながら、
瞬時に対応を判断していることが分かります。

毎回好評の「事例検討」。
たった数行の事例内容から、その子の発達や家庭環境、生育歴、症状までも想定できるところが圧巻でした。
事例分析の奥深さ、アセスメントの重要性を改めて感じさせられました。

第9期も残り1回。2月22日(金)を予定しています。

参加者同士で分析を交流したり、対応を検討したりと、
学んだ知識をその場で使う「出力」の講座。
「ケーススタディ」に対して、学んだ知識をすぐに使って分析する。
極めて実践的な講座。

どうぞご期待ください。

以下報告です。

----------
特別支援学習会 第9期(3回目)

■日時:平成30年12月7日(金) 19:00~20:45

■場所:札幌市厚別区民センター(視聴覚室)

■テーマ『目線の技能を徹底解説!』
~特別支援の必要な児童が複数いる場合の対応~

■講師
高杉祐之 先生(江別市公立小学校 教諭)

■講座内容

【第1講座】19:00~19:10
サークル員講座「特別支援教育 重要用語の基礎知識」(石田)

【第2講座】19:10~19:30 
プレイバック講座
「授業の中でのディスレクシア児童への対応」(高杉先生)

【第3講座】19:30~19:50
高杉先生はどこをどのように見ているか。
「朝、教室に入った時は、このように見る。気になる子がいる時の対応。」
(高杉先生)

休憩10分間
【第4講座】20:00~20:20
事例演習・・・
公募事例を参加者で検討(高杉先生)

【第5講座】20:20~20:45
Q&A(高杉先生) 

■参加者
一般  12名
事務局  7名
講師   1名
計   20名

■アンケートから

(1)
見るだけではなく、何かの行動の背景を考える、普段の様子との違いを把握するということが大切なのだと思いました。(小学校女性)

(2)
アセスメントが取れていないとすばやく子どもの様子が見れないと感じました。見るだけではなくそこからこちらの側が読み解く力がないと難しいと感じました。(中学校女性)

(3)
意識的に見るクセをつけようと思いました。個々の特性を知る必要があると思いました。(高等学校男性)

(4)
私のクラスにも特定のことが極端にできない子がいるので参考になりました。SLDの子への手立ての例が、どんな子にも有効だなと感じました。“ほめる”こと、できていないなと反省しました。小さいこと、どんどんほめて子どもと接します。(小学校男性)

(5)
子どもの実態にただ対処していただけだったなあと感じました。アセスメントは大事だなと改めて思いました。すぐ取り組みたいと思います。(小学校女性)


■【第9期】今後の日程

第4回… 2月22日(金)

(終了しました)
第1回…10月26日(金)
第2回…11月16日(金)
第3回…12月 7日(金)

以上です。

# by tosshkd | 2018-12-08 14:55 | 【石狩】

【例会報告】TOSSシグナス18年12月例会

第206回例会の報告です。

■TOSSシグナス
 2018年12月7日(金) 19:00~20:55
 苫小牧市民活動センター

■内容

1.レポート検討

(1)(A4裏表2枚) 学級通信、懇談資料
 ~授業の見どころを紹介しているのが「なるほど」!
  学年共通の懇談資料も分かりやすい。

(2)(A4 1枚) 研修だより
 ~研究授業・協議の記録。

(3)(A4 17枚) 国語科指導計画集
 ~市教研国語部会に提案した物語教材の指導計画集2学年分。
  圧巻の資料。
  お話をうかがって、教育実践を分かち伝えるという考えがない
  方がいるのに驚く…。

(4)(A4裏表2枚) SNSダイアリー
 ~発信されたダイアリーをまとめたもの。
  お気持ちがよ~くわかる。
  愛着の課題をどのように改善していくか、様々な意見が。

(5)(A4裏表1枚) 懇談資料
 ~学級懇談会の資料。
  細やかな記述がとってもいい!

(6)(A4裏表1枚) 検定指導案
 ~日曜日に受検する検定の指導案。
  初D表!

(7)(A4裏表6枚) 学級通信
 ~良い行動を分かりやすく示す写真の使い方、
  学習の仕方が明確になる紹介など、
  参考になることがたくさんある。

(8)(A4裏表1枚) 懇談資料
 ~いじめアンケートの追跡調査、学習内容等具体的な記述があり
  とても分かりやすい。

(9)(B4裏表2枚) 講座資料
 ~体育セミナーで提案する授業の指導案・講座資料。
  表現遊びが楽しくなりそう!

(10)(B4 22枚) 学級通信No364~385
 ~修学旅行の記録や、タグラグビー教室、児童会の行事についてなど

(11)(A4 1枚) 子どもわくわく教室活動報告
 ~11月に行った、子どもわくわく教室チャレラン大会の活動報告。
  チャレラン、電子絵本、どこどこシートと、外れのないラインナップ。

(12)(A4 2枚) 学習発表会のシナリオ
 ~松崎先生のチームのお仕事。
  すぐ使える行事のシナリオ集。

(13)(A4 4枚) 外国語活動推進通信47~50
 ~校務分掌のお仕事。
  外国語活動の研修の学びと研究授業について。
  
(14)(A4裏表2枚) 外国語活動学習指導案
 ~先日行った外国語活動の授業の指導案。
  「What do you want to be ?」の授業。

(15)(A4 2枚) 外国語活動研修資料
 ~校内で行った外国語活動の研修資料。
  「状況設定」を先生方に体験、実演してもらった。
その他、
産経新聞向山先生連載
新学習指導要領(外国語科・外国語活動)のポイント
戸田市の教育改革の取組
小学校プログラミング教育の手引き(第2版)の抜粋
など

2.模擬授業

(1)外国語活動「Do you like ~」
 ~ライセンスで行う授業。
  やるたびに洗練されていっている。
  身振りも一緒に付けると、より子供が活動しやすくなる。
 
(2)エネルギー教育全国大会授業
 ~北海道の事例の紹介だけでなく、「自分の地元だったら…」と
  考えられる主発問を用意するとよい。 

3.代表講座
 時間が無くなったので割愛。
 外国語活動研究授業のVTR、研修内容の紹介
 をする予定だった。

次回例会は、2018年1月14日(月)の予定です。
参加を希望される方は、田上までご連絡ください。

e0252129_04142604.jpg
e0252129_04143507.jpg
e0252129_04141105.jpg


# by tosshkd | 2018-12-08 04:15 | 【胆振・日高】

【報告】通算40回!特別支援学習会 第9期(2回目)11月16日(金)厚別区民センタ ー

NPO TOSS石狩の石田晃大です。

特別支援学習会《第9期》の2回目を行いました。
今回で通算40回。
参加者延べ1500名を超えました。
いつもご参加いただき、本当にありがとうございます!
e0252129_06452566.jpg

第9期のテーマは
「目線の技能」
そして
「複数児童への対応」
です。

「目線」と「立ち位置」の関係
「目線」と「指示」の関係など、

目線を軸とした教師の授業行為が、アセスメントの精度を高め、
授業を安定させることについて詳しく解説がありました。

そして、目線を鍛える修業の方法も紹介されました。
目線版「放課後の孤独な作業」とも言える方法です。

「自分の授業をビデオに撮る」
   ↓
「自分の目線を追い、何を見ていたのか思い出す」

すぐにでも取り組みたい修業です。

また、サークル員の加嶋先生から、
「特別支援教育 重要用語の基礎知識」の中から
「フラッシュカード」の項目について紹介がありました。

ページの内容を用いながら、実演を交えての講座でした。
参加者にもフラッシュカードが準備され、互いに見合うなど、
校内研修のように行いました。
e0252129_06453325.jpg
参加者同士で分析を交流したり、対応を検討したりと、
学んだ知識をその場で使う「出力」の講座。
「ケーススタディ」に対して、学んだ知識をすぐに使って分析する。
極めて実践的な講座。

第9期も楽しく、実践的に学べます!
今後の講座もご期待ください。

以下報告です。

----------
特別支援学習会 第9期(2回目)

■日時:平成30年11月16日(金) 19:00~20:45

■場所:札幌市厚別区民センター(視聴覚室)

■テーマ『目線の技能を徹底解説!』
~特別支援の必要な児童が複数いる場合の対応~

■講師
高杉祐之 先生(江別市公立小学校 教諭)
加嶋紘平 先生(恵庭市公立小学校 教諭)

■講座内容

【講座1】19:00~19:10
サークル員講座・・・
アマゾンで第一位になった重要用語事典の内容を解説(加嶋先生)

【講座2】19:10~19:30
プレイバック講座・・・
発達障害児の基礎知識「ADHDの対応」(高杉先生)

【講座3】19:30~19:50
高杉先生はどこをどのように見ているか
学級映像を見ながら解説(高杉先生)

休憩 10分間

【講座4】20:00~20:20
事例演習・・・
公募事例を参加者で検討(高杉先生)

【講座5】20:20~20:45
Q&A(高杉先生)

■参加者
一般  25名
事務局  5名
講師   2名
計   32名

■アンケートから

(1)
「目線」と「明確な指示」のつながりになるほど、となりました。目線を意識するために言葉を考えることを明日から修業したいと思います。(小学校男性)

(2)
目線や立ち位置に技術があるとは知らなかったです。また、聞きたいです。(小学校男性)

(3)
具体的な目線を鍛える方法を提示して下さり、とても分かりやすかったです。何をすればいいのか、自分でも取り組んでいけそうです。目線と立ち位置の関係の話、図入りで面白かったです。事例、QAでの対応の仕方を示して下さり、とても参考になりました。楽しく対応するというのがとてもいいと思いました。(小学校男性)

(4)
初めての参加でした。一番前で緊張感をもって受けることができました。どの講座も楽しかったです。ドーパミンとノルアドレナリンがいっぱいでました。次回も参加してみたいと思いました。(小学校男性)

(5)
3人のADHDを担当しています。3月からの当講座のお陰でこの半年を乗り切ってきました。ADHD2人は落ち着いてきて、授業ができるようになってきました。今の課題は、学力をつけること、本人にも学力がついてきたと実感させることです。9期も全ては参加できませんが、心の支えに精進して参ります。心から感謝です。(中学校女性)


■【第9期】今後の日程

第3回…12月 7日(金)
第4回… 2月22日(金)

(終了しました)
第1回…10月26日(金)
第2回…11月16日(金)

以上です。

# by tosshkd | 2018-11-22 06:46 | 【石狩】

【例会報告】第99回TOSS轍例会

■日時
平成30年11月18日(日)10:00~12:00

■場所
苫小牧市民活動センター 2F 研修室B

■参加者 3名

■内容
1.レポート、通信

中高向国初心者講座 レポート審査
②TOSS轍サークル通信101号(配付のみ)
③第2学年交流教育学習指導計画
④授業研道徳指導案(略案)

2.模擬授業

①外国語「Do you like」
②算数「3けた÷2けたの筆算で十の位から商が経つ場合」
道徳「はしのうえのおおかみ」
3.読み合わせ

教師修業十年
第1部向山教室の授業実践記 Ⅱ教師と問題児 二「ぼく死にたいんだ」情緒障害

暴力をふるう林くんの担任となり、
保護者との連携、詳細な記録の仕方
自分もやっているつもりだったが、全然足りないと思った。
この子のために授業の仕方、話し方も意識して変えている。
発達障害が世間的に広まってきた今となっては
TOSSの中では当たり前な対応を何十年も前から向山先生はそこに気が付いていたことにすごいと思った。

4.演習
(1)どこよりも簡単なWISC-Ⅲの演習(基礎編)

(2)特別支援教育「重要用語の基礎知識」を使っての演習


次回100回目は、
12月16日(日)10:00~12:00
同会場にて。



# by tosshkd | 2018-11-18 21:59 | 【胆振・日高】

TOSSフェルマータ第146回例会

第146回例会を開催しました。

サークルで学ぶことの大切さと

残り1か月半となった2学期まとめに

向けての英気を養いました。

TOSSフェルマータ第146回例会

平成30年11月11日(日)10:00~11:40

若草つどいセンター

◇参加者2名(敬称略)

◇内容

1.『新版 授業の腕を上げる法則』読み合わせP.132135

①異動した時こそ聞く。異動した人にこそ声をかける。

②どこでも本を読めるようにしておく。

③読書の習慣は宝物。

2.文書検討

学級通信

3.模擬授業

①国語

②外国語

次回例会は12月23日(日)午前

若草つどいセンターにて。

e0252129_22195013.jpg


# by tosshkd | 2018-11-11 22:20 | 【胆振・日高】

【例会報告】TOSSシグナス18年11月例会

昨日行った第205回例会の報告です。

■TOSSシグナス
 2018年11月2日(金) 19:00~20:55
 苫小牧市民活動センター

■内容

1.レポート検討

(1)(A4 8枚) 学級通信、学習計画
 ~「コーチング」の考えをいかした家庭学習のさせ方が
  とってもよい!

(2)(B4 2枚) 学年通信
 ~キーワードが目に入る工夫がされている。

(3)(B4 1枚) 道徳指導案
 ~教科書教材の指導案。
  子供にどう判断させるかの発問や順序について
  様々な意見が出る。

(4)(B4 9枚) 学級通信No349~363
 ~道徳の授業や学習発表会の取組、修学旅行についてなど

(5)(B4 1枚) 学習発表会ふりかえりシート
 ~子供達に活動を振り返させるための反省用紙。

(6)(A4 6枚) 外国語活動推進通信41~46
 ~校務分掌のお仕事。
  外国語活動の研修の学びについて。

(7)(A4 1枚) 修学旅行引率者打ち合わせ資料
 ~修学旅行の引率者最終打ち合わせのレジュメ。
  
(8)(A4 1枚) 修学旅行反省用紙
 ~引率者に書いてもらう反省用紙

(9)(A4 1枚) 公衆電話の使用について
 ~公衆電話の位置や使い方、電話番号について書いた
  修学旅行の児童向け資料。

(10)(A4 1枚) 自主研修チェックリスト
 ~自主研修のチェックポイントで使用する引率者用資料。

(11)(B4 1枚) 修学旅行のふりかえりシート
 ~子供達に活動を振り返させるための反省用紙。

(12)(B4 6枚) 修学旅行まとめ新聞資料
 ~修学旅行のまとめとして作成させる新聞を作成するための
  子ども向け資料

2.模擬授業

(1)算数「わり算の筆算」
 ~まずは、アルゴリズムを教師が意識し、
  子供にも身に付けさせることが大切。
  そのうえで、支援学級の子どもにあった工夫があると更によい。

3.代表講座
(1)学級の最新映像
 ~例会開始前に、タグラグビーの授業や
  ファッションショーの様子などを視聴。

(2)学習発表会
 ~先日行った学習発表会児童公開の映像。
  子供達が、グループごとに演技の工夫をした。

次回例会は、2018年12月7日(金)に行う予定です。
参加希望の方は、田上までご連絡を!

e0252129_02140610.jpg
e0252129_02141433.jpg



# by tosshkd | 2018-11-04 02:15 | 【胆振・日高】

【例会報告】第98回TOSS轍例会

■日時

平成301028日(日)10001200

■場所

苫小牧市民活動センター 2F 研修室B

■参加者2

■内容

1.レポート、通信

①ひまわり学級通信

ほめることのたいせつさについて

ほめることの意義やほめかたを具体的にかいてあり、

保護者にもわかりやすくてよい。

②轍サークル通信

配布のみ

③栃木検定の指導案

先日のALL段級の指導案。

④セミナーの感想

口頭で報告

2.模擬授業

国語「一秒の言葉」小泉吉宏の詩

この実践はとても面白いと思った。

「  」に言葉を書かせるときに

学級の実態によっては、

ふざけた言葉や悪い言葉が出る可能性もあるので、

言わせる前にノートに書かせ方がよい。

最初の発問で、

「あいさつの言葉ってどんなことばがあるか」など

あいさつの言葉と限定することで、教師の意図した言葉が

出やすくなるのではないか。

英語「Do youlike~?」


以前にも受けたが、

単語練習が滑らかになっていた。

例示をするときに、画面ばかりに目が行きがちなので

子どもの方も見る様にするとよい。

先生が手で画面を隠していたので、

白い画面を入れておく方法を紹介。

検定を目指して今後も練習を重ねるとのこと。

素晴らしい!

自立活動「感情脳を育てよう」

先日の栃木ALL段級位セミナーの授業の再現

言葉をすっ飛ばしたり、無駄な言葉を言って

再現になっていなかった。


3.読み合わせ

教師修業十年

1部向山教室の授業実践記

Ⅱ教師と問題児

一天井裏から音がかえった――登校拒否――

登校拒否の原くんの対応。

向山先生の優しさ、温かさを感じた。


4.演習

(1)どこよりも簡単なWISC-Ⅲの演習(基礎編)

演習、3回目。


①プリントの穴埋め部分をなぞり書き

②書いたところの文を読む

③まとめをして解答

この流れで行った。

「符号」について。

符号は、動作性の検査で、記号を書き写させる作業を通して

指示に従う力や事務処理の速度と正確さを測定できることがわかった。

(2)特別支援教育「重要用語の基礎知識」を使っての演習

①自分の好きな用語を選ぶ。

②選んだら、その内容の□囲み意味を2分で覚える。

(一言一句ではなく、内容の大体をつかむ。)

③お互いに説明し合う。


特別支援学級というだけで何でも知っていると思われるので

説明できるようになりたい。



# by tosshkd | 2018-10-28 15:30 | 【胆振・日高】

【報告】特別支援学習会 第9期(1回目)10月26日(金)厚別区民センタ ー

NPO TOSS石狩の石田晃大です。

特別支援学習会《第9期》が始まりました。
今回で通算39回。延べ1500名の参加をいただいております。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございます!
e0252129_08282845.jpg
第9期のテーマは
「目線の技能」
そして
「複数児童への対応」
です。

今回はプレイバック講座が復活しました!
参加者のリクエストで以前の講座をリバイバルするものです。
ただし、同じ内容をなぞる形ではなく、
参加者同士で分析を交流したり、対応を検討したりと、
学んだ知識をその場で使う「出力」の講座。

「ケーススタディ」に対して、学んだ知識をすぐに使って分析する。
極めて実践的な講座となりました。

また、サークル員の真野先生から、
「特別支援教育 重要用語の基礎知識」について紹介がありました。
アマゾンで1位を獲得した画期的な本。

その使いやすい構成と、
実際に原稿を執筆した真野先生の教室での実践。
それらを合わせて紹介いただくことで、内容の確かさが伝わってきました。
休憩でも実物を手にとってくださる参加者の方が多くいらっしゃいました。


第9期も楽しく、実践的に学べます!
今後の講座もご期待ください。

以下報告です。

----------
特別支援学習会 第9期(1回目)

■日時:平成30年10月26日(金) 19:00~20:35

■場所:札幌市厚別区民センター(会議室A)

■テーマ『目線の技能を徹底解説!』
~特別支援の必要な児童が複数いる場合の対応~

■講師
高杉祐之 先生(江別市公立小学校 教諭)
真野二郎 先生(札幌市公立小学校 教諭)

■講座内容

【講座1】19:00~19:10
サークル員講座・・・
アマゾンで第一位になった重要用語事典の内容を解説(真野先生)

【講座2】19:10~19:30
プレイバック講座・・・
発達障害児の基礎知識「ASDの対応」(高杉先生)

【講座3】19:30~19:50
高杉先生はどこをどのように見ているか
学級映像を見ながら解説(高杉先生)

休憩 10分間

【講座4】20:00~20:20
事例演習・・・
公募事例を参加者で検討(高杉先生)

【講座5】20:20~20:45
Q&A(高杉先生)

■参加者
一般  18名
事務局  3名
講師   2名
計   23名

■アンケートから

(1)
具体的な事例から読み取れることの多さを今回も学びました。前回より少し考えることができるようになっている気がして、訓練を繰り返していくことが大切なんだなと実感しました。それにしても高杉先生が読み取る情報の多さ、さすがだなと思います。(小学校 男性)

(2)
実際の授業場面を見ながら高杉先生の視線や考えを解説していただいたので、とてもわかりやすかったです。練習の場面もあり、身になりました。(学生 男性)

(3)
目線は日々の積み重ねであることがわかりました。一つ一つの動きに無駄がない、素晴らしいです。意味もなく目線を動かしていました。見ているようで、見ていないことを深く反省。「重要用語の基礎知識」が改めて価値ある本であることを再認識しました。(大学 男性)

(4)
どこに目線を向け、そのためにどのように動いているのかがよくわかりました。特別支援だからではなく、どの子にも対応できるもので来週からすぐに実践していきたいと思います。(小学校男性)

(5)
授業の組み立てがイメージできないと目線を全体、または部分に向けるのは難しいと感じました。授業力向上があって目線の技能になると改めて考えさせられました。自分に余裕がないとできないと思いました。(中学校 女性)

(6)
実際に見て、学級で真似できるような講座がとてもためになりました。音読時の巡回での圧力(?)のかけ方は自分もやっていましたが、ターンは初めて聞いたので、なるほどと思いました。事例演習、よかったです。Q&Aも良いですが、自分でも色々と考える力がつく気がします。今までの総復習の気がしました。(小学校 女性)


■【第9期】今後の日程

第2回…11月16日(金)
第3回…12月 7日(金)
第4回… 2月22日(金)


(終了しました)
第1回…10月26日(金)

以上です。


# by tosshkd | 2018-10-28 08:29 | 【石狩】

TOSSフェルマータ第145回例会

第145回例会を開催しました。

TOSS授業技量検定に挑戦する

先生方の授業検討を中心に進めました。

TOSSフェルマータ第145回例会

平成30年10月8日(月・祝)13:00~15:00

若草つどいセンター

◇参加者5名

◇内容

1.模擬授業

C表検定受検授業

2.『新版 授業の腕を上げる法則』読み合わせP.125131

①優先順位の大切さ。

②情報を整理することで見えてくることがある。

③分析のものさしの必要性。

④意図的、意識的な働きかけ。

3.文書検討

学級通信

4.模擬授業

①D表検定受検授業

②国語

次回例会は11月11日(日)午前

若草つどいセンターにて。

e0252129_21153251.jpg


# by tosshkd | 2018-10-08 21:15 | 【胆振・日高】

【例会報告】TOSSシグナス18年10月例会

第204回例会の報告です。

■TOSSシグナス
 2018年10月5日(金) 19:00~20:55
 苫小牧市民活動センター

■参加者 6名(敬称略)

■内容

1.レポート検討
(1)(A4 1枚) 学習発表会打ち上げ案内
 ~ほんのちょっとした記載が助かる。

(2)(A4 5枚) 週案
 ~仕事の見通しが持てる計画。
  私も追試した。

(3)(B4 7枚) 学級通信
 ~修平先生の「熱」が伝わる通信。
  子供達の頑張りの描写が素敵。

(4)(A4裏表7枚) 学級通信
 ~胆振東部地震に関する様々な情報提供、
  トラブル拡大防止のための手立てなど、参考になる。

(5)(A4裏表1枚) ステンドグラス
 ~ステンドグラスの指導について。
  かなり素敵。ぜひ追試したい!

(6)(A4裏表1枚) 石坂先生から学んだ道徳の発問づくりコツ10
 ~学んだことを自分なりにまとめ、アウトプットしているのがすごい。
  学校の研究授業でも活用できる。

(7)(A4 1枚) 外国語学習ゲーム
 ~村野先生のダイアリーの紹介。
  教室が盛り上がること間違いなし!

(8)(A4 1枚) 「素朴な琴」指導計画
 ~「月明り」に子供が気付けるか。
  (生活経験がないかも!?)

(9)(B4 9枚) 学級通信No340~348
 ~洗濯実習や道徳の授業についてなど

(10)(A4 10枚) 学習発表会台本
 ~6年生劇の台本。
  松村先生の台本を修正したもの。

(11)(A4 2枚) 外国語活動推進通信39~40
 ~校務分掌のお仕事。
  外国語活動の研修の学びなど。

(12)(A4裏表1枚) 学習発表会の衣装について
 ~保護者への学習発表会に向けてのお願いの文書。
  
(13)(B4 1枚) 役作りワークシート
 ~学習発表会の役作りを行うためのワークシート。

(14)(B4 1枚) 災害対応マニュアル抜粋
 ~苫小牧の災害発生時の学校の対応マニュアル抜粋。
  教師としてどう動くのか、その根拠は何かを考えるために
  目を通す必要がある。

(15)(A4 1枚) 第17回子どもわくわく教室IN苫小牧チラシ
 ~11月3日に行う子ども向けイベントのチラシ。
   毎年大人気。

2.模擬授業

(1)自立活動
 ~今月の検定に向けての授業。
  何を伝えたいのかを明確にし、どう提案するかがポイント。

(2)外国語活動「Can you ~?」
 ~リズム・テンポをキープするには、サイトに頼りすぎないことも必要。
  状況設定の声の使い分けも大切。

(3)4年算数「概数」
 ~教科書の構成がごちゃごちゃしている。
  確定させるところを確定させ、シンプルに扱う必要があり。

3.田上講座(時間切れでなし)

次回例会は、2018年11月2日(金)に行う予定です。
参加希望の方は、田上までご連絡を!

e0252129_16184733.jpg
e0252129_16184486.jpg
e0252129_16184127.jpg

# by tosshkd | 2018-10-06 16:19 | 【胆振・日高】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧