カテゴリ:【石狩】( 100 )

【報告】特別支援学習会 第7期(3回目)12月8日(金)厚別区民ホール

NPO TOSS石狩の石田晃大です。

大雪の中でしたが、30名の方にお越しいただき、「特別支援学習会 第7期」3回目を開催しました。
e0252129_19282886.jpg
シリーズで学ぶ第7期のテーマは『ワーキングメモリ』

今回はワーキングメモリの「鍛え方」ということで、NBack課題や「アタマげんきどこどこ」の体験と高杉先生の解説。

参加者の方も近くの方と相談し合うなど、たくさん声を出し、頭フル回転で楽しく分かりやすく学び合いました。


・繰り返し学べて、何度学んでも新しい発見がある「プレイバック講座」
・大好評新企画「模擬保護者面談」
・圧巻、QA講座

など、毎回「来て良かった」と思える内容ばかりです。

次回は「ワーキングメモリに配慮した授業」についてDEEPに学びます!
そして、プレイバック講座は「リミットテスト」…学級の統率力を磨きたい担任の先生方には必見の内容です。

第4回もご期待ください。

----------

特別支援学習会 第7期(3回目)

■日時:平成29年12月8日(金) 19:00~20:45

■場所:札幌市厚別区民センター(区民ホール)

■テーマ『ワーキングメモリ』
 〜ワーキングメモリを知り、子どもに力を付ける指導法を探る~

■講師:高杉祐之 氏
(恵庭市立和光小学校 特別支援コーディネーター)

■講座内容

【0講座】開始前
高杉学級の授業ビデオ分析と解説

【第1講座】 19:00~19:20
プレイバック講座~ディスレクシア

【第2講座】 19:20~19:40
ワーキングメモリの鍛え方
  ~効果的な教材、教具、方法~

【休憩】 19:40~19:50
QA用紙、アンケート記入

※特別講座 高杉学級の授業ビデオ分析と解説

【特別企画~高杉学級参観記】19:45~19:55
レポート発表と高杉先生のコメント

【第3講座】 19:55~20:25
前半…ポジティブノーリアクションの実例集
後半…模擬保護者面談

【休憩】 20:20~20:25
QA用紙、アンケート記入

【第4講座】 20:25~20:45
Q&A講座


■参加者
一般 22名
学生  2名
事務局 6名
講師  1名
計  31名


■アンケートから

(1)
毎年3~4人の保護者の方と面談しますが、本当にケースbyケースです。
同じ職場の人でさえ、どのようにやっているのか分からない中、模擬でもどのような意図で、どのように進めているのかを見ることができて勉強になりました。もっといろんなケースのものを見せていただきたいです。

(2)
今、ちょうど保護者面談をしているので、高杉先生の面談のことを知ることができて、とても良かったです。ためになりました。
「保護者は味方です。」との言葉、その通りだなぁと思いました。
荒れている学年の保護者たちなので、他のクラスの担任は、どうも対決姿勢で面談に臨んでいるようで・・・、主任としてはハラハラの毎日です・・・。

(3)
LDの中でも算数ができない子に「女の子が多い」という話は「なるほど!確かに男の子は、結構できない子も算数は得意だなぁ。」と思いました。
女子と男子の傾向がわかってよかったです。
ポジティブノーリアクションの流れの中で集団の統率力を使う場面がはっきりわかった。とても参考になりました!
どんな質問でも的確に答えていただき、高杉先生は、本当にすごいなと思いました。

(4)
信頼関係を作るために時間を急がないことが大切というのに納得しました。
コーディネーターと担任の連携の大切さと、難しさを感じました。
普段からのコミュニケーションがいかに大切かと思いました。
(コーディエーターと職員間の。)

(5)
学習規律の必要性について考えることができました。
静かな環境は授業をしやすいという視点。学習効果を高めるだけではなく、刺激に弱い子どもたちにとっての視点で考えていきたいと思います
教科書を持つ、それだけにたくさん意味(有効な手立てになる)があることを、実感しました。


■次回以降の日程

2017.10.20~2018.2.9(月1回 計5回)

第4回  1月19日(金)
第5回  2月 9日(金)


(終了しました!)
第1回 10月20日(金)
第2回 11月10日(金)
第3回 12月 8日(金)


以上です。

[PR]
by tosshkd | 2017-12-10 19:30 | 【石狩】

【報告】特別支援対応&授業力向上セミナー

e0252129_20442730.jpg
e0252129_20443289.jpg
e0252129_20443584.jpg




NPO TOSS石狩 橋爪里佳です。

11月18日(土)特別支援対応&授業力向上セミナー
を開催いたしました。

以下、報告いたします。

1.日時 11月18日(土)11:00~16:40

2.場所 札幌 北海道建設会館

3.講師 伴一孝先生、木村重夫先生、千葉康弘先生、高杉祐之先生

4.参加者52人(参加者41人 講師4人 事務局7人)

5.内容

11:00~11:30『授業クリニック』3名

11:30~12:00『管理職からのエール』(千葉先生)

12:30~12:50『ビデオクリニック』2名

12:50~13:20『主体的・対話的で深い学び!「向山型国語」の分析』(伴先生)

13:30~14:00『主体的・対話的で深い学び!「向山型算数システム」の分析』(木村先生)

14:00~14:20『DEEP授業クリニック』2名

14:20~14:35『高杉氏が語る「特別支援教育最前線」』

14:45~15:05『これがプロの授業!高段者のTHE授業』(木村先生)

15:05~15:25『これがプロの授業!高段者のTHE授業』(伴先生)

15:35~15:55『高段者の日常を徹底分析「ビデオ映像」』(木村先生)

15:55~16:15『高段者の日常を徹底分析「ビデオ映像」』(伴先生)

16:15~16:40『早く子どもたちに会いたくなる! 講師が答えるQ&A』(講師4名)

6.感想

・来てよかったと思いました。
 言葉を削ること、国語の発問、行進の指導、マット運動の指導、来てみなければわからないこと
 を教えていただき、明日から少し希望が湧きました。ありがとうございました。

・どの講座も興味深く、勉強になりました。
 また来週から元気に仕事できそうです。
 自分は今、校内ミニ研修を行っています。
 講師の先生方の話し方に引き付けられます。
 そんなふうになりたいので、またセミナーに参加したいと思います。

・毎年楽しみにしているセミナーです。
 初めて参加セミナーということもあり、初心を思い出すだけではなく、一年間を振り返ることが
 できるからです。
 今回も講師の先生方の授業を多く見られたり、模擬授業に対する代案が具体的で明確だったりして
 わかりやすく、意識するポイントが大変勉強になりました。
 月曜日からの授業では工夫して生かしていきます。
 本日はありがとうございました。

・実践から学ぶことの大切さを再認識しました。
 今後もTOSSの素晴らしい実践から学び、自分のものにしていきたいと強く思いました。
 採用試験にも通じる部分は全力で試験で生かし、現場に出てからも使えるようにしたいです。
[PR]
by tosshkd | 2017-11-26 20:45 | 【石狩】

【報告】特別支援学習会 第7期(2回目)11月10日(金)厚別区民ホール

NPO TOSS石狩の石田晃大です。

「特別支援学習会 第7期」の2回目です。

テーマは『ワーキングメモリ』。
子どもの問題行動や発達の課題には、ワーキングメモリが密接に関わっています。

教室で見られる「あの状況」。

それらがワーキングメモリの
「どの領域の弱さから起こるのか」
について、詳細に学びました。
次回はそれらに対応する「具体的対応法」の講座が登場します。
e0252129_06500683.jpg

また、新企画として「模擬保護者面談」を行いました。
コーディネーターとして年間100件を超える保護者面談へ対応する高杉先生。

その面談のポイントや保護者との信頼関係の築き方について学びました。
アンケートでも保護者面談の講座は特に好評でした。

第3回もご期待ください。

----------

特別支援学習会 第7期(2回目)

■日時:平成29年11月10日(金) 19:00~20:45

■場所:札幌市厚別区民センター(区民ホール)

■テーマ『ワーキングメモリ』
 〜ワーキングメモリを知り、子どもに力を付ける指導法を探る~

■講師:高杉祐之 氏
(恵庭市立和光小学校 特別支援コーディネーター)

■講座内容

【第1講座】 19:00~19:20
プレイバック講座~誤学習

【第2講座】 19:20~19:40
ワーキングメモリが弱いと思われる状況
   ~わがままではない、叱るのは意味がない~

【休憩】 19:40~19:50
QA、アンケート記入

【第3講座】 19:50~20:20
模擬授業(前半15分)
模擬保護者面談

【休憩】 20:20~20:25
QA、アンケート記入

【第4講座】 20:25~20:45
Q&A

■参加者
一般 20名
学生  2名
事務局 8名
講師  1名
計  37名

■アンケートから

(1)
保護者として出向き面談を受けることもあり、逆にコーディネーターとして保護者とお話する機会もあるので、とても興味深かった。
母親は話を聞いてほしくて面談に行くので、聞いてくれたらすごく嬉しいです。

(2)
ごまかしの効かない大人と大人の真剣勝負だと思います。
初対面でどうコンタクトを取るのか、長い時間をかけてどう信頼を勝ち取っていくのか。
人間力を高めようと決意しました。

(3)
久しぶりに参加させていただきました。
今まで学習させていただいて、理解していると思っていたこともまだまだ全くわかっていないということ、
しっかり自分自身が勉強を続けなければいけないということを再認識させていただきました。

(4)
勤務している学校にいる生徒に、かなり当てはまっているので大変参考になりました。
保護者面談の記録の取り方、具体的な所を聞くことができ大変参考になりました。

(5)
信頼を基本として関わることが大切なことは分かっていたのですが、あまりHow toが分かりませんでした。
まずは話を聞くことからスタートして、会話から課題を共有する方向へつなげていくこと。
問題があって呼び出され、保護者も構えてしまうわけですし、どう話しやすくしていくかが分かってよかったです。

(6)
模擬でも、面談は緊張しました!
まず何を話すべきか、聞くべきか、見る観点は何かなど学生のうちには知れないことが体験できてよかった。
コミニュケーション能力は自分の課題だと思うので、こういった機会でトレーニングできるのはありがたいです。

(7)
机のエピソード・バッファと言うイメージとても分かりやすかったです。
今日、子どもが「どこが弱いのか見分け方」が分かりましたので、次回対応の仕方を学んで使っていきます!
早く次の講座を聞きたいです!

(8)
子どもとの接し方を具体的に学べ、実際に取り組みをしていこうと考えています。
職員でどう共有するか、教員スタッフと話をしていこうと思います。
保護者との面談は大変難しいのですが、話させることに方法を変えてみます。
複数回に分けて面談をすることについてなるほどと思いました。


■次回以降の日程

2017.10.20~2018.2.9 (月1回 計5回)

第3回 12月 8日(金)
第4回  1月19日(金)
第5回  2月 9日(金)


(終了しました!)
第1回 10月20日(金)
第2回 11月10日(金)


[PR]
by tosshkd | 2017-11-14 07:31 | 【石狩】

【報告】TOSS石狩教育サークル11月例会をしました。

e0252129_21283916.jpeg

TOSS石狩教育サークルです。
11月例会を行いました。

ライセンスセミナーの振り返り、
企画検討を中心におこないました。
次回は、
11月21日(火)北広島で行います。
よろしければ、ご参加ください。

また、
11月10日(金)19時〜21時
札幌厚別区民センターにて
「特別支援学習会in石狩 第7期」

11月23日(木・祝)
第16回 五色百人一首 札幌大会
を行います。
こちらもよろしければ、ご参加、ご紹介ください。
---
TOSS石狩教育サークル 11月例会

日時:2017年11月7日(火)18時〜21時

場所:北広島中央公民館 会議室1

参加者:サークル員10名
    学生1名

内容
1 ライセンスセミナー北海道 授業報告

2 学級通信『Advance』

3 百人一首札幌大会 内容確認

4 平岩幹雄先生 講演会報告

5 第6回TOSS教え方セミナー 企画検討

[PR]
by tosshkd | 2017-11-07 21:27 | 【石狩】

【報告】特別支援学習会 第7期(1回目)10月20日(金)厚別区民ホール

e0252129_00400925.jpg
NPO TOSS石狩の石田晃大です。

「特別支援学習会 第7期」がスタートしました。

今期のテーマは『ワーキングメモリ』。
最新の脳科学の見地を踏まえながら、
即教室での対応に活かせる具体的な内容が盛りだくさんでした。

・繰り返し重要な知識や対応が学べる「プレイバック講座」
・最新の研究や情報、エビデンスに基づく「ワーキングメモリ講座」
・超具体的!一度挑戦すると病みつきになる「介入模擬授業」
・教室の事例を基に、高杉先生の対応や判断を体感できる「対応解説」

これだけの情報量と質の高い講座を
毎月コンスタントに学べる場は、他にありません!

ぜひ、第2回もご期待ください。

----------

特別支援学習会 第7期(1回目)

■日時:平成29年10月20日(金) 19:00~21:00

■場所:札幌市厚別区民センター(区民ホール)

■テーマ『ワーキングメモリ』
 〜ワーキングメモリを知り、子どもに力を付ける指導法を探る~

■講師:高杉祐之 氏
(恵庭市立小学校 特別支援コーディネーター)

■講座内容

(受付 18:30~:同時進行で個別相談会)

【第1講座】 19:00~19:20
プレイバック講座~反抗挑戦性障害

【第2講座】 19:20~19:40
ワーキングメモリとは何か
   ~脳の仕組みと学習や生活に及ぼす影響~

【休憩】 19:40~19:50
QA、アンケート記入

【第3講座】 19:50~20:20
模擬授業&とっさの対応NG集

【休憩】 20:20~20:25
QA、アンケート記入

【第4講座】 20:25~20:45
Q&A

■参加者
一般 24名
学生  3名
事務局 9名
講師  1名
計  37名

■アンケートから

(1)ワーキングメモリの講座がとてもわかりやすく新しい学びがたくさんありました。ワーキングメモリを鍛えるNBack課題、家事、コミニュケーション、すぐにでも取り組みたいと思いました。家事を家庭に勧めてみるのもとてもいいなと思いました。自己受容感覚を育てるのは難しいなと思っています。子どもの内的な変容が必要なので、大きな成功体験とともに、小さな成功の積み重ねでいつの間にか感覚をスイッチングしていくようなことが必要だなと思っています。荒れている学年、子どもがいるのでなかなか手強いなと思っています。今回も来てよかったです。良い実践を広めます!

(2)子どもへの対応の仕方はとてもわかりやすかった。自分の対応の仕方を反省したり、これでよかったんだと確認したりすることができました。全ての講座がとても勉強になりました。

(3)実践に即した内容で、具体的でわかりやすい。動画を見ながら、実際的なアドバイスを聞けたのはとてもよかった。

(4)和久田先生のセミナーの復習ができてよかったです。(ワーキングメモリが弱いので)ワーキングメモリを強化する方法も学べ、早速やってみようと思います。意識して情報を処理しないと、記憶が残らないのは納得ができる。いつも具体的でわかりやすいです。

(5)知らなかった内容が盛りだくさんでした。実践的でわかりやすい事例でありがたいです。とても勉強なりました。


■次回以降の日程

2017.10.20~2018.2.16 (月1回 計5回)

第2回 11月10日(金)
第3回 12月 8日(金)
第4回 1月19日(金)
第5回 2月16日(金)


(終了しました!)
第1回 10月20日(金)

[PR]
by tosshkd | 2017-10-23 00:41 | 【石狩】

【報告】TOSS石狩教育サークル10月例会をしました。

e0252129_20502347.jpg
TOSS石狩教育サークル です。

10月例会をおこないました。
今回はレポートや模擬授業、
サークル主催イベントの準備を中心におこないました。

第16回五色百人一首札幌大会(11月23日開催)

特別支援学習会 第7期(10月20日 1回目)


次回は、10月17日(火)を予定しています。
お待ちしています。

−−−
TOSS石狩教育サークル 10月例会

場所 北広島市 花ホール

日時 2017年10月3日(火)18時〜21時

参加者 10名

内容
1 学級通信「Advance」
2 高杉学級参観レポート「おおらかさとゆったりさ」
3 学級通信「きみがわらえば」
4 模擬授業「高校生物 受精卵」
5 WISK−Ⅳの読み取り方講座
6 河田セミナー企画案

[PR]
by tosshkd | 2017-10-03 20:50 | 【石狩】

【報告】特別支援学習会in石狩 第6期(4回目最終回)

e0252129_23254977.jpg

TOSS石狩教育サークルです。


特別支援学習会第6期(最終回)を行いました。


実際の事例に対する講師の高杉先生の分析、

それをもとにしたレクチャーが大好評でした。


10月20日から第7期スタートです。

すでに15名の方からお申し込みいただいています。

申込み

https://ssl.form-mailer.jp/fms/9378d5a1454767


参加した方が職場や近くの方に声をかけて一緒にきてくださり、

参加者の広がりを感じます。


−−−−

特別支援学習会in石狩 第6期(4回目最終回)

■日時:9月29日(金) 19:00~21:00

■場所:白石区民センター 

■日程 (受付 18:30~:同時進行で個別相談会を設定)

■テーマ

『不適応行動を未然に防ぐ』

 ~脳科学に基づくアセスメントと対応術~


 

【第1講座】 19:00~19:15

プレイバック講座~肯定的フィードバック


【第2講座】 19:15~19:40

アセスメントする方法~対応の見極めと切り替え


【第3講座】 19:50~20:10

事例解説

【第4講座】 20:20~20:45

QA


■参加者

 一般  23名

 事務局   7名

 講師    1名

 合計   31名


■感想(アンケートより)

初めて参加させていただきました。

アセスメントの方法や、普段の指導の心がけ等、

ぜひ取り組んでいくたいと思いました。

事例検討は特に参考になることが多かったです。

勉強しなくては、と思っていましたが、

この講座が起爆剤になりそうです。


事例検討は、自分の引き出しの少なさを自覚し、

新たなアセスメントの視点を得る良い学びとなりました。

不登校の基本的な対応順をしり、学校に持ち込もうと思います。


分析の手本を見られてよかったです。

また来ます。

共感する、受容することの大切さを再確認できました。

明日からすぐ実行!


教師があらゆる想定をしなくてはいけないという言葉に

「はっ」としました。

子の人生、命を守る最前線に教師はいるのだとあらためて思い、

仕事の尊さを感じました。


合図、すごくいいなあと思いました。言葉で言っていたので

さっそく合図作ります。

アセスメント、録音します。遊びもサボっていました。

最近の自分を振り返らせてもらいました。


本事業所に通っている小学校の先生がきていました。嬉しいです。


[PR]
by tosshkd | 2017-10-01 23:28 | 【石狩】

【報告】特別支援学習会in石狩 第6期(3回目

e0252129_17231723.jpg
TOSS石狩教育サークル です。

特別支援学習会in石狩 第6期(3回目)を行いました。
今期は、アセスメントを中心に学習しています。
次回は、第6期(最終回)9月29日(金)19時〜白石区民センターです。
ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。

以下報告です。
−−−

第6期3回目
■日時:8月18日(金) 19:00~21:00
■場所:厚別区民センター(区民ホール)
■日程 (受付 18:30~:同時進行で個別相談会を設定)
■テーマ
『不適応行動を未然に防ぐ』~脳科学に基づくアセスメントと対応術~


 

【第1講座】
プレイバック講座~ポジティブノーリアクション

【第2講座】
アセスメントする方法~具体的な対応策

【第3講座】
事例解説

【第4講座】
Q&A

■参加者の方の感想
分析することがとても大切だと思いました。
アセスメントをとるために、どんどんメモを取るようにしたいと
思います。
注意喚起行動と思えるようなことでもASD傾向の子どもにとって
本当にその行動でよいと考えている、ということは、
大きな学びでした。
ワーキングメモリ4種、また覚えます。
「リミットテスト」「消去バースト」この2つが起きるなと
見通しをもって対応したら楽だと思いました。
実際の授業での具体的な指示を教えてもらって
勉強になりました。行動の原因を正確に把握することで、
具体的に対応することができるとわかりました。
日常でよく起こりうる児童の行動の原因や対応方法を学ぶことができ、
とても勉強になりました。
プレイバック助かっています。
ワーキングメモリのお話が興味深かったです。
「どこどこ」の良さが科学的に示され、とても納得しました。

[PR]
by tosshkd | 2017-08-18 17:22 | 【石狩】

【報告】田中康雄先生から学ぶ特別支援教育セミナーを開催しました。

e0252129_00244433.jpg
e0252129_00245120.jpg
e0252129_00245758.jpg


一昨日、2017年7月23日(日)
「田中康雄先生から学ぶ特別支援教育セミナー」
を開催しました。
以下、ご報告いたします。

1 田中康雄先生から学ぶ特別支援教育セミナー
2 日時 2017年 7月23日(日) 11:00~16:00
3 会場 札幌医科大学講堂
4 講師 田中康雄 氏、高杉祐之
5 参加者 242名(参加者229名、事務局11名、講師2名)
6 講座内容
講座1
  11:00ー11:15(15分)
  子役付きの模擬授業
講座2
  11:15ー11:30(15分)
  特別支援の必要な児童の現状と学校が抱える問題点
講座3
  11:30ー12:45(75分)
  田中康雄先生講座パート1   ADHD、ASDの児童への対応
講座4
   13:30ー13:50(20分)
   海外視察の報告
講座5
   13:50ー14:05(15分)
   身につけようセロトニン5と見ないで見る
講座6
   14:20ー15:45(85分)
  田中康雄先生講座パート2  それぞれの生活圏で求められる支援〜家庭、学校、放課後〜
講座7
   15:45ー16:00(15分)
  Q&A など

7.感想
(1)どの講座も大変勉強になりました。田中康雄先生のお話を聞く機会がなかなか無く、いつもお話を伺いたいと
思っていたので、今日は大きな意味のある日でした。診断名のとらえ方に、日々悩むところがありましたが、
医学の方はとらえ方がどんどん変わっていることを知り、教育現場でなかなkついていっていない感じがしました。
高杉先生の講座は楽しく、指導、対応のヒントがたくさんありました。
(2)田中先生のお話の中では子供一人一人のことを大切に指導していかなければならないと強く感じました。
そのためにより多く学んでいこうと思います。高杉祐之先生のお話では学習会での内容をよりパワーアップされていて
復習をしながら新しいことを学ぶことができ本当に良かったです。
(3)一番の授業は自分の息子の様子がわかりやすかったです。いつも「わからん」といっています。今は中学校の通常級でも
支援級でも、何もやっていない状況です。そして、できないのはやらないからだと言われ続けています。
診断ありきの支援です。このセミナーでそれは違うということがわかりました。ありがとうございました。
(4)今回、初めて参加させていただきました。模擬授業では要所要所で支援の方法、声かけの方法がわかりやすく、
端的に話伝えることが大切だと思いました。今の職場でも今まで以上に実践していこうと思いました。
また田中先生のお話の中で、「この子の言動は障害なのか、わがままなのかと捉えるのでは無く、その子の自己主張とも考えられると
いう話を聞き、何を望んでいるかというところから対話ができると思いました。支援者の一方的な思いだけでは無く、丁寧に
関わっていこうと思いました。ありがとうございました。

[PR]
by tosshkd | 2017-07-27 00:26 | 【石狩】

【報告】TOSS石狩教育サークル7月例会2回目をしました。

e0252129_20301200.jpg
TOSS石狩教育サークルです。

7月例会(2回目」の報告です。

今回は、模擬授業、レポート検討を中心に行いました。
次回は、8月1日(火)を予定しています。お待ちしています!

−−−−
TOSS石狩教育サークル 7月例会

日 時:2017年7月25日(火)18時〜21時

場 所:北広島市花ホール 会議室

参加者:
サークル員11名、学生2名、計13名

内容
 1 夏休みのくらし
 2 模擬授業
 3 教採の模擬授業
 4 各セミナー検討など
 5 おかねの作文コンクール 特選「大切に使うね」
 6 総合的な学習の実践
 7 一実践授業のふりかえり
 8 遠足の反省
 9 学年通信
10 本の執筆

[PR]
by tosshkd | 2017-07-25 20:21 | 【石狩】


週休日、勤務終了後などに全道各地の公民館などで勉強会を開いています。でも全く苦ではありません。授業について学ぶことが「子どもたちの笑顔」につながるからです。応援して下さい!


by tosshkd

プロフィールを見る
画像一覧

ホームページ

カテゴリ

全体
【札幌市】
【渡島・檜山】
【石狩】
【空知】
【後志】
【胆振・日高】
【上川・留萌】
【宗谷】
【オホーツク(網走)】
【十勝】
【釧路・根室】
【北海道】
【道外】

最新のコメント

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧